※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

楽天モバイル初期費用いくら?2024年最新版

2024年最新版の楽天モバイル初期費用についてまとめたページです。

リーズナブルな料金設定で人気の楽天モバイルは、通信大手3社に続く新たな選択肢として注目されていますが、なんと初期費用がかかりません。

今回は、楽天モバイルを契約する際の初期費用や、関連する手数料に焦点を当てて、本当にお金がかからないのかを確認していきましょう。


楽天モバイルは つながりやすさを改善
Rakuten最強プランでSIMのみ変更もあり!
楽天モバイルの基地局確認はこちら

SIMのみ契約できる
Rakuten最強プラン詳細はこちら

1円スマホなど在庫切れ発生中
楽天モバイル在庫切れ・在庫状況はこちら

楽天モバイルのサービスと初期費用

まずは楽天モバイルのサービスの特徴と、それに伴う初期費用について紹介します。

具体的なサービス内容と初期費用の詳細を理解することで、新規契約に対する理解を深めることができます。

楽天モバイルのサービス概要

楽天モバイルは、国内で4番目の大手携帯キャリアとなり、近年スマホ市場に新たな風を吹き込んでいます。

楽天モバイルの特徴は、シンプルで低価格な料金プランと、無料通話アプリ、そして楽天の総合サービスとの連携によるポイントの活用です。

ネットワーク通信の環境にも力を入れており、楽天回線の対応エリアを順次拡大中です。

5G通信を利用した高速ネットワークにも対応しており、ますますユーザーの支持を集めています。

楽天モバイル人気の秘密

楽天モバイルが選ばれる最大の理由としては、料金プランが安いため、スマホにかかる費用を抑えられることが挙げられます。

3GB以下なら月額たったの税込1,078円ですし、データ使い放題でも税込3,278円と、格安の料金設定でユーザーから支持されています。

さらに、無料通話アプリを提供しているため、電話の機会が多いユーザーにも人気があります。

また、楽天モバイルは楽天関連サービスなので、楽天ポイントを貯めたり使ったりして活用することができます。

これにより、楽天会員はスマホも楽天モバイルに取りまとめることで、より効率的にポイントの運用が可能になります。

楽天モバイルは一部のエリアでは自社回線でなくパートナー回線を使っていますが、パートナー回線であってもデータ容量は無制限で使えます。

このため、より多くの地域で楽天モバイルのサービスを享受できるようになっており、広範囲なエリアで通信品質を確保しています。

楽天モバイルの初期費用いくら?

結論から言うと、楽天モバイルでは初期費用はかかりません。

オンラインショップでも、実店舗でも同様に、契約に関する手数料は無料です。

楽天モバイルは、煩雑な手続きを撤廃してシンプルな仕組みを導入する「ZERO宣言」という取り組みを2020年に開始しました。

その一環で初期費用などの手数料が見直され、よりユーザーフレンドリーな料金設定になっているのです。

契約事務手数料は無料

楽天モバイルにおいて、契約事務手数料は無料です。

まず、一般的には新規契約の際に、契約事務手数料がかかるものです。

楽天モバイルでも2020年までは税込3,300円の手数料がかかっていましたが、現在は0円になりました。

楽天モバイルにはオンラインショップと実店舗の両方がありますが、どちらで購入したとしても同様に手数料は無料です。

MNP転出手数料・契約解除料は無料

さらに、楽天モバイルでは番号そのまま持ち運びの「MNP転出手数料」および契約解除料も無料です。

そのため、他社に乗り換える場合にも手数料はかかりません。

契約期間の縛りや違約金がないので、気軽に新規契約できるのも楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。

SIM交換・再発行手数料は無料

物理SIMからeSIMへのSIMカードの交換費用や、紛失や盗難によるSIMカードの再発行についても、手数料はかかりません。

契約事務手数料についてはキャッシュバックなどで補う会社もありますが、SIMカードの発行手数料がかかるキャリアは多いです。

その点、楽天モバイルはかなりユーザーフレンドリーと言えるでしょう。

初期費用は端末代金だけ

つまり、楽天モバイルで契約する場合にかかる初期費用としては、新たに端末を購入する場合は、デバイスの購入費用だけです。

つまり、楽天モバイルに従来の端末を持ち込んでSIMカードのみ契約するなら、初期費用は無く、月々の利用料金だけが請求されるということです。

ちなみに、楽天モバイルのプランにおいて端末購入は任意ですから、プランだけの契約でもかまいません。

SIMフリー端末を持ち込んで、新たに端末を購入せずに楽天モバイルのSIMカードだけを購入すれば、初期費用を大幅に抑えることができるのです。

楽天モバイル初期費用を抑える方法

楽天モバイルを利用する際、契約にかかる事務手数料はありませんから、初期費用を抑えるには、端末の購入代金を節約するのが対策となります。

ここからは、具体的に端末の購入費用を抑える方法について紹介します。

キャンペーンや割引の活用

楽天モバイルは定期的に新規契約者向けのキャンペーンを実施しています。

これらのキャンペーンは、端末購入代金の割引や楽天ポイントによるキャッシュバックなど、様々な形で提供されます。

これらのキャンペーンを活用することで、初期費用のスマホ代金を大幅に節約することが可能です。

キャンペーンの詳細や実施期間は、楽天モバイルの公式ウェブサイトやSNSなどで随時更新されるため、定期的にチェックしておけばお得な情報を逃さず済みます。

また、一部のキャンペーンは開催期間が限られており、あるいは予告なく終了する場合もあります。

お得なキャンペーンを見つけたら、適用条件を確認して早めに契約するのがおすすめです。

楽天ポイントの活用

楽天モバイルでは、端末の購入費用に楽天ポイントを充てることができます。

適用できるポイント数は、楽天会員のランクによりますが、たとえばレギュラー会員であっても30,000ポイントまでは充当できます。

楽天ポイントが貯まっていれば、端末の購入に充てることで、本体代を実質的に節約して初期費用を抑えることができます。

ただし、端末を分割払いに設定した場合は、楽天ポイントは初回支払いにしか適用できません。

さらに、iPhoneのアップグレードプログラムを適用する場合は、楽天ポイント支払いは選べないので注意が必要です。

普段から楽天グループのサービスを利用していて、ポイントが貯まっている方は、ぜひ活用してみてください。

楽天モバイル初期費用でよくある質問

楽天モバイルの初期費用(端末購入費用)は、キャンペーンや割引の活用、さらには楽天ポイントの充当によって節約することが可能です。

しかし、楽天モバイルの初期費用について疑問点や不明点が残っている方もいるでしょう。

そこで、最後に楽天モバイルの初期費用についてよくある質問と答えを紹介します。

楽天モバイルでかかる手数料はありますか?

基本的に事務手数料はかかりませんが、一部の場合に各種手数料が発生する事項があります。

たとえば、楽天モバイルで使いたい携帯番号の下4桁を設定できる「選べる電話番号サービス」を使う場合は、税込1,100円の手数料がかかります。

また、利用料金を口座振替にする場合の振替手数料や、代引購入した場合の手数料、名義の承継手続きなどには別途手数料がかかります。

製品支払いに楽天ポイントが使えない

先述のとおり、分割払いにしている場合や、iPhoneのアップグレードプログラムを適用している場合は、端末費用に充てる楽天ポイントの利用は制限されます。

また、製品の支払い方法を代引き払いにしている場合は、申し込み時に楽天ポイント利用が選べない仕様となっています。

楽天モバイル初期費用まとめ

今回は、楽天モバイルの初期費用について、2023年の最新情報をまとめました。

楽天モバイルでは、オンラインと店舗のどちらでも、契約の際に事務手数料は発生しません。

それだけでなく、SIMカードの再発行や、解約、MNPに関する手数料もありません。

他社では事務手数料がかかることは一般的ですが、逆行して様々な手数料を撤廃していることが、楽天モバイルが支持される理由とも言えるでしょう。

楽天モバイルにおいて、初期費用は端末を購入する金額くらいですから、気軽に申し込んでみてください。

関連情報

楽天モバイル乗り換えタイミングはいつがベスト?月末にすると損をするのかも解説

楽天モバイルiPhone で最大20,000ポイント還元中!条件と対象機種・申し込み方法を徹底解説

楽天モバイルで端末0円はある?一括0円・実質0円購入もできるか解説

楽天モバイルの料金シミュレーション!新規契約・乗り換えでどう変わる?

ドコモの新規契約で機種代を安くする方法

楽天モバイルiPhoneの注意点は?最新キャンペーンや乗り換えるメリットも

iPhone15でもminiが復活できなかった原因
楽天最強プランの落とし穴!デメリットがあるって本当?料金・サービスを解説
楽天モバイルでiPhoneが使えなくなる原因6つ!乗り換え前のチェックポイントを解説

-楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.