ソフトバンクiPad向けの料金プランは?維持費も解説

ソフトバンクiPad向けの料金プラン・維持費をまとめました。

ソフトバンクが出しているiPad向けの料金プランは3つあり、1つ目が「データシェアプラン」、2つ目が「データ通信専用50GBプラン」、最後が「データ通信用3GBプラン」です。どれも維持費がまったく違います。

他にもソフトバンクで取り扱っているiPadの機種についても説明しますので、自分の用途に合わせて購入の検討もしてください。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

ソフトバンクiPad向けの料金プラン

まず、ソフトバンクが出しているiPad向けの料金プランは3つあります。1つ目が「データシェアプラン」、2つ目が「データ通信専用50GBプラン」、最後が「データ通信用3GBプラン」です。

自分の生活スタイルで、どのくらいのデータ通信料が必要なのか、どのくらいの頻度で、どんな用途でiPadを利用するのかを考えて料金プランを選びましょう!

ソフトバンクiPad向けの料金プラン1.データシェアプラン

データシェアプランは、現在ソフトバンクで契約中のスマートフォンのデータ通信量をiPadなどの子回線にシェアして使うことのできるプランです。

もちろんiPad意外のPCなどに適応させることもでき、最大5台までデータのシェアをさせることができるため、「メインはスマホだけれど、外出先でiPadに切り替えて利用したい方」にピッタリなプランです。

スマーオフォンの契約プランが「データプランメリハリ無制限」の場合は、データシェア、テザリングができるのは子回線の全回線を含めた30GBまでとなっています。

30GBもあれば、毎日出先でゲームを楽しんだり、3時間ほど動画視聴しても問題ないデータ通信料となっているため、思う存分インターネットライフを満喫できることでしょう。

利用料金は、スマホの契約と別途で、月額税込み1078円で利用することができます。

適応されるデータプランは「データプランメリハリ無制限」「データプランメリハリ」「データプラン50GB+」「データ定額50GBプラス」「データ定額ミニ1GB/2GB」「データ定額5GB/20GB/30GB/50GB」「パケットし放題フラット for 4GB LTE」「パケットし放題フラット for 4G」の8プランです。

ソフトバンクiPad向けの料金プラン2.データ通信専用50GBプラン

データ通信専用50GBプランは月額使用料税込み5280円で月50GB使えるプランです。

このプランはiPad,タブレット,モバイデルデータ通信専用機種,モバイルデータ通信対応パソコンもしくはmobileシアターで利用できる料金プランです。

このプランでは、データシェアのプランには加入できないため、もし家族でデータを分けて使ったりしたい想定ならばやや注意が必要となります。

ソフトバンクiPad向けの料金プラン3.データ通信専用3GBプラン

データ通信専用3GBプランは、月額1408円で毎月3GBのデータ通信が可能なプランで、5年おトク割を適用すれば基本料金が5年間990円で利用できる上、契約の翌月から基本料金が3か月無料のッキャンペーンもついてお手軽にデータ通信プランを利用できるプランになっています。

「3GBじゃ物足りない……。」と感じる方でも、必要な時だけ「時間制ギガ無制限オプション」を好きな時間購入することで一時的に使えるデータ通信量をぐっと増やすことができます。

「時間制ギガ無制限オプション」では、1時間110円、3時間220円、6時間330円、12時間440円、24時間550円という料金設定になっており、集中して使いたい時だけオプションを購入することで我慢しすごずコスト管理ができるようになっているのが嬉しいポイントですね。

ソフトバンクiPadの維持費

ソフトバンクiPadの維持費は、契約するデータ通信プランや、購入する端末代金によっても変わります。

iPad Air(第5世代)の64GBモデル代金120240円の48回払いで月2505円として、今回紹介した各プランで月の維持費がどのくらいになるのかシュミレーションします。

もちろんプランやオプション、適用するキャンペーンによって大きく異なりますが、単純にモデル代+通信料でおよそ3500~8000円を目安に考えておきましょう。

データシェアプラン利用時の維持費

データシェアプランを利用した場合のiPadの維持費は、利用料金1078円+モデル代金(iPad Air代5世代の48回払い)月2505円で約3583円となります。

ただし、データシェアプランは親回線であるスマートフォンの契約があることが前提ですので、スマートフォンの通信費+3583円が実際のiPadの月額使用料となります。

スマホをメインで使い、時々iPadを利用したい方には一番リーズナブルなプランかもしれません。

データ通信専用50GBプラン利用時の維持費

データ通信料50GBプラン利用時は、利用料金5280円+モデル代金(iPad Air代5世代の48回払い)月2505円で合計約7785円となります。

このくらいの料金になると、データ制限を気にせずガンガン毎日iPadを利用したい方にオススメのプランになりそうです。

外出時、iPadでのオンラインビデオ通話や配信、クリエイティブな活動を頻繁にする方、データ通信速度が重要なオンライン対戦ゲームなどをよくする方向けですね。

データ通信専用3GBプラン利用時の維持費

モデル代金(iPad Air代5世代の48回払い)月2505円、ここにデータ通信料3GBの5年おトク割を適用して3か月無料期間を省いても+990円でiPadの維持費としては合計3495円となります。

また、3GBではやや足りない時に、月に2回3時間の「時間制ギガ無制限オプション」の購入を行ったとしても+440円の3935円となります。

頻繁にオプションを利用せず、日々の使用頻度も少な目な方に丁度いいプランではないでしょうか。

ソフトバンクで取り扱われているiPad機種

いざiPadを契約するとしても、ソフトバンクで取り扱いのあるiPadにはどんなものがあるのか気になりますよね。今回は人気モデルで取り扱いのあるiPadをピックアップして紹介します。

iPad(第9世代)

iPad(第9世代)は2021年9月24日発売のモデルです。カラーはスペースグレー/シルバーの2色展開となっており、ストレージは64GBと256GBの2つがあります。

64GBの端末総額は78480円、48回払いで月々1635円となり、256GBの端末総額は102960円、48回払いで月々2145円となっています。

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入し、25か月目で特典利用+端末をソフトバンクへ返却することで残りの24回分の支払いが免除となり、64GBの端末総額は39240円、256GBの端末総額が51480円で行うことができます。

スペック的には他のiPadよりも下がってしまいますが、イラスト作成やゲームをするにあたりそこまで気になるほどの性能差を感じさせないので、ライトな使い方をする方にはコスパも良く使い心地が良いでしょう。

イヤホンジャックなどがついている点も良いという声もあり、Bluetoothイヤホンの電池が切れていた時などにもあると使い勝手がいいかもしれません。

iPad mini(第6世代)

iPad mini(第6世代)は2021年9月24日発売のモデルです。カラーはパープル/スペースグレー/ピンク/スターライトの4色展開となっており、ストレージは64GBと256GBの2つがあります。

64GBの端末総額は108000円、48回払いで月々2250円となり、256GBの端末総額が13248円で、48回払いで月々2760円となっています。

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入し、25か月目で特典利用+端末をソフトバンクへ返却することで残りの24回分の支払いが免除となり、64GBの端末総額は54000円、256GBの端末総額が66240円で行うことができます。

他の製品と比べ、持ち運びに最適な小さく軽量なサイズ感が最も特徴的なメリットになります。

他の端末を触ってみて、大きさや重たさが気になる方は、スペックの面でも引けをとらないiPad miniを検討してみるのが良いかもしれません。

iPad Air(第5世代)

iPad Air(第5世代)は2022年3月18日発売のモデルです。カラーはパープル/スペースグレイ/スターライト/ピンク/ブルーの5色展開となっており、ストレージは64GBと256GBの2つがあります。

64GBの端末総額は120240円、48回払いで月々2505円となり、256GBの端末総額が144720円で、48回払いで月々3015円となっています。

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入し、25か月目で特典利用+端末をソフトバンクへ返却することで残りの24回分の支払いが免除となり、64GBの端末総額は60120円、256GBの端末総額が72360円で行うことができます。

iPad ProやMacBookシリーズにも採用されている高性能チップ「M1」を搭載しているため、軽いながらも処理速度やグラフィック性能に長けているため、「色々やりたいけど、どれを選んでいいかわからない」といった方に最適な万能iPadではないでしょうか。

12.9インチiPad Pro(第5世代)

iPad Air(第5世代)は2021年5月21日発売のモデルです。カラーはシルバー/スペースグレイの2色展開となっており、ストレージは128GB/256GB/512GB/1TB/2TBの5つとなっています。

128GBの総額は194400円、48回払いで月々4050円。256GBの総額は210240円、48回払いで月々4380円。512GBの総額が242640円、48回払い月々5055円。1TBの総額は306720円で48回払い月々6390円。2TBの総額が371520円、48回払いで月々7740円と幅広くなっています。

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入し、25か月目で特典利用+端末をソフトバンクへ返却することで残りの24回分の支払いが免除となり、128GBの端末総額は97200円、256GBの端末総額が105120円、512GBの端末総額は121320円、1TBの端末総額が153360円、2TBの端末総額が185760円で行うことができます。

11インチiPad Pro(第3世代)

iPad Air(第5世代)は2021年5月21日発売のモデルです。カラーはシルバー/スペースグレイの2色展開となっており、ストレージは128GB/256GB/512GB/1TB/2TBの5つとなっています。

128GBの総額は149760円、48回払いで月々3120円。256GBの総額は165600円、48回払いで月々3450円。512GBの総額が198000円、48回払い月々4125円。1TBの総額は262080円で48回払い月々5460円。2TBの総額が326160円、48回払いで月々6795円と幅広くなっています。

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入し、25か月目で特典利用+端末をソフトバンクへ返却することで残りの24回分の支払いが免除となり、128GBの端末総額は74880円、256GBの端末総額が82800円、512GBの端末総額は99000円、1TBの端末総額が262080円、2TBの端末総額が326160円で行うことができます。

ソフトバンクiPadの料金プランを安くするには?

ソフトバンクiPadの料金プランを安くするには、キャアリアショップや店頭で契約したときにつけられがちな不要なオプションはつけないように気を付けつつ、使用頻度など自分にあった料金プランを選ぶようにすることが最も重要です。

オンラインショップで購入すると、不要なプランの加入を勧められませんし、オンラインショップ限定の割引や頭金がかからないため、5000円~10000円程度安く購入できる場合があります。

この機会に是非、オンラインショップを活用してiPadの購入、データ通信プランの契約を行いましょう!

ソフトバンクiPadの料金プランは3種類

ソフトバンクiPadの料金プランは「データシェアプラン」、「データ通信専用50GBプラン」、「データ通信専用3GBプラン」の3つがあります。

それぞれの金額と、日々の使用頻度、用途などを踏まえて自分にあったiPadライフをお楽しみください!

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

関連記事

LINEMO(ラインモ)で機種変更できる対応機種・端末は?iPhone・iPad・Android・AppleWachは使える?
ドコモ iPad Proをお得にするには?価格・購入方法・キャンペーン・料金プランも解説
LINEMO(ラインモ) 申し込みいつから?申し込み方法・料金プラン・各社と比較
【2022年】ドコモiPad/iPad Proの維持費・価格は?月額料金を最安にする方法
ソフトバンクのiPad解約方法は?タブレット解約時の注意点も紹介

-ソフトバンク(softbank)

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.