※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

楽天モバイルでiPhoneが使えなくなる原因6つ!乗り換え前のチェックポイントを解説

乗り換え先として楽天モバイルを検討している場合、以前から愛用しているiPhoneが引き続き使えるかどうかは大きな関心事です。

新たに購入したiPhoneが楽天モバイルで活用できないとなれば、非常に残念なことです。

そのため、乗り換えを考えている際には、いくつか確認しておくべき重要なポイントがあります。

今回は、楽天モバイルでiPhoneを使用する上での注意点として、iPhoneが使えなくなる可能性のある6つの理由、さらに乗り換えを検討している方が事前にチェックすべきことを解説します。

これらを前もって確認し、準備をしておくことで、楽天モバイルへスムーズに乗り換え、iPhoneを引き続き快適に使用するための手助けとなります。

目次

楽天モバイルでiPhoneが使えなくなる原因とは

楽天モバイルでiPhoneが使用できなくなる場合、それにはいくつかの具体的な理由があります。

これらの理由を理解することで、ユーザーは自身のiPhoneが楽天モバイルで使えるかどうかを事前に判断でき、必要に応じて適切な対策を講じることができます。

以下に、その6つの理由について詳しく解説します。

楽天モバイルの対応機種以外のiPhoneを選んでいる

乗り換えを検討している際には、使用しているiPhoneが同社のネットワークに対応しているかを確認することが必須です。

楽天モバイルでは、対応している特定のiPhoneモデルに限りサービスを提供しています。

もし対応機種リストに自分のiPhoneが含まれていない場合、通信サービスを利用することができなくなるのです。

そのため、楽天モバイルに切り替える前に、まずは公式サイトを訪れ、自分のiPhoneが対応しているかどうかをチェックすることが大切です。

この確認作業は、乗り換えプロセスの中で最も重要なステップの一つと言えます。

対応している機種であればサービスを問題なく享受できますが、そうでなければ他のオプションを検討する必要があります。

iOS14.4以降のバージョンに更新されていない

iOSのバージョンが古い場合、楽天モバイルで提供されているサービスを完全には利用できない可能性があります。

特定のiOSバージョンが要求されることがあり、特にiOS 14.4以降が必要な状況では、古いiOSバージョンを使用していると通信サービスが十分に機能しない恐れがあります。

このような状況に直面しないためにも、iOSを最新のバージョンにアップデートすることが推奨されます。

iOSのアップデートは、デバイスの設定メニューから簡単に行え、最新の機能や改善されたセキュリティ対策を享受することができます。

アップデートを行うことで、全サービスを問題なく利用できるようになり、より快適なモバイル体験が可能になります。

楽天モバイルの対応エリアではない地域で利用

楽天モバイルを使用する上で、サービスエリア内にいることは非常に重要です。

楽天モバイルは全国各地でサービスを展開していますが、まだ全域をカバーしているわけではありません。

そのため、楽天モバイルでiPhoneを使用したい場合、まず最初に確認すべき点は、自分が主に利用する地域がサービス提供エリア内にあるかどうかです。

もしネットワークエリア外であれば、そのサービスを利用することができません。

このことは、楽天モバイルの契約を検討している方々にとって、特に重要な情報となります。

もしサービスエリア外であった場合、通信サービスが利用できないため、乗り換え自体が適切ではありません。

利用可能エリアの確認は、公式サイト上で提供されている「都道府県別エリア情報」を通じて行うことができます。

ここでは、具体的なサービスエリアの地図や、提供中のサービス内容などが詳細に記載されています。

乗り換える前に、この情報をしっかりと確認し、自分の利用地域がサービスエリア内に含まれているかをチェックしてください。

楽天モバイル本体に通信障害が発生中

もし楽天モバイルで通信障害が起きた場合、iPhoneを含むすべての端末で通信サービスが利用できなくなります。

このような状況を確認するためには、公式サイトを訪れるか、Twitterなどのソーシャルメディアで情報を収集するとよいでしょう。

通信障害が起こる原因はいくつかあり、大量のユーザーが同時にアクセスすることでネットワークに負荷がかかり、通信速度が低下することがあります。

これは特に昼休みや夜間など、利用者が集中する時間帯に顕著に見られます。

また、基地局が故障した場合やメンテナンスが行われている時も、そのエリアの通信サービスに影響が出ることがあります。

さらに、システム自体に不具合が生じた場合、広範囲にわたってサービスが停止する可能性も考えられます。

これらの原因を理解し、通信障害の際は適切な対処を行うことが重要です。

iPhoneそのものにSIMロックがかけられている

2021年10月以前に購入したiPhoneの場合、デバイスにSIMロックがかけられている可能性があります。

SIMロックとは、そのiPhoneが特定のキャリアのSIMカードでしか動作しないようにする制限のことを指します。

もしiPhoneがSIMロックされていると、他の通信事業者のSIMカードを使用しても、正常に機能しないことがあります。

もしSIMロックされたiPhoneを楽天モバイルで利用したい場合は、まずそのiPhoneを購入した通信事業者に連絡して、SIMロックの解除を依頼する必要があります。

ただし、SIMロック解除には一定の条件が設けられていることが多く、例えば契約期間が終了している必要がある場合などは、解除手数料が発生することもあります。

そのため、解除の手続きや必要な費用の詳細については、購入したキャリアや店舗に直接問い合わせて確認することが重要です。

iPhoneの「キャリア設定アップデート」が未実施

iPhoneを利用して楽天モバイルのサービスを最適に活用するためには、キャリア設定のアップデートが重要です。

キャリア設定は、通信事業者から提供されるネットワーク関連の設定であり、これが最新でない場合、通信速度が遅くなる、接続できないといった問題が発生することがあります。

キャリア設定のアップデートを確認し、必要に応じて更新する手順は以下の通りです。

iPhone標準の「設定」アプリを開ける

iPhoneでキャリア設定のアップデートを確認し、必要に応じて更新するプロセスは、通信サービスの最適な利用に欠かせません。

以下に、キャリア設定を更新するための手順は、まずiPhoneの「設定」アプリを開きます。

「一般」メニューをタップする

設定アプリを開いたら、その後、「一般」に進みましょう。次は「情報」メニューを探してください。

「情報」タブを選択する

次は「情報」を選択します。情報セクションには、デバイスやOSに関するさまざまな情報が表示されます。

「利用可能なアップデートがあります」と表示があるかチェックする

ここで「利用可能なアップデートがあります」というメッセージが出ていれば、キャリア設定のアップデートが可能です。

このメッセージが表示されたら、画面の指示に従ってアップデートを実施してください。

もしアップデートのメッセージが表示されない場合は、現在のキャリア設定が最新であるということです。

ただし、最新の状態を保つためには、定期的にこのアップデートチェックを行うことが推奨されます。

キャリア設定が常に最新であれば、通信サービスを安定して利用し、最良の通信品質を享受することができます。

楽天モバイルのiPhoneでは使えない機能を確認しよう

iPhoneには多くの便利な機能が備わっていますが、楽天モバイルのネットワークではすべての機能が利用可能とは限りません。

次に、楽天モバイルで制限がある可能性があるiPhoneの機能について解説します。

一部のiPhoneだと回線の切替が自動ではできない

楽天モバイルのネットワークは、自社の楽天回線エリアとパートナー企業の回線エリアに分かれており、この二つのエリア間でのスムーズな切り替えが、サービスの利用において重要です。

特に、iPhone 12以前のモデルを使用している場合、これらのエリア間での回線切り替えが自動で行われないため、手動での切り替えが必要になるケースがあります。

楽天回線エリアからパートナー回線エリアへ移動する際、またはその逆の場合、データ通信を継続するには、ユーザー自身が回線の切り替えを手動で行う必要があります。

この手動切り替えは、「再起動」や「機内モードのオン/オフ」を利用することで実現できます。

具体的には、iPhoneを一度再起動するか、設定メニューから機内モードをオンにして数秒待った後、再びオフにすることで、回線の切り替えを試みることができます。

この操作により、デバイスが現在のネットワーク環境を再認識し、適切な回線に接続し直すことが期待できます。

楽天モバイルを利用する際は、特にエリアの境界にいる時や、通信状況に変化があった際には、これらの手動切り替えの操作を覚えておくと便利です。

Rakuten Linkアプリに着信してくれない

iPhoneを使用して楽天モバイルのサービスを利用する際、Rakuten Linkアプリは重要な役割を果たします。

このアプリを使えば、Rakuten Linkの利用者同士であれば通話料が無料となりますが、いくつか注意点があります。

まず、Rakuten Linkアプリを介しての通話は、そのアプリを使用している楽天モバイルユーザー間でのみ無料です。

つまり、Rakuten Linkアプリを利用している人からの着信は、同アプリを通じて受けることになります。

その一方で、Rakuten Linkの利用者以外、例えば他の通信キャリアを使用している人や固定電話からの着信は、iPhoneのiOS標準の電話アプリで受信します。

この違いにより、iPhoneの通話履歴から直接折り返しをかける場合、Rakuten Linkアプリを経由しない通話になる可能性があり、その結果、通話料が発生する可能性があります。

したがって、Rakuten Link利用者同士の通話であれば、折り返しをかける際もRakuten Linkアプリを使用することが推奨されます。

Rakuten LinkではSMSの送信・受信は対応できない

iPhoneを使用している楽天モバイルのユーザーの場合、Rakuten LinkアプリでのSMSの送受信ができないことは重要な情報です。

Rakuten Linkアプリは、通話やビデオ通話の機能を中心に提供しているアプリであり、特にiOSではSMS機能はサポートされていません。

これはAndroidデバイスでのみ利用可能な機能であり、iPhoneユーザーはこの点に留意する必要があります。

iPhoneでSMSを送受信したい場合は、iOSに標準搭載されているメッセージアプリを利用することになります。

このメッセージアプリは、iMessageサービスとSMSサービスの両方をサポートしており、iMessageが使用できない場合は自動的にSMSを利用するように設定されています。

そのため、iPhoneのメッセージアプリを通じて、SMSのやり取りを行うことが可能です。

また、必要に応じてサードパーティ製のSMSアプリをApp Storeからダウンロードし、使用することもできますが、通常はiPhoneに標準装備されているメッセージアプリで十分な場合が多いです。

楽天モバイルでiPhoneを使う・契約するとき確認すべきポイント

楽天モバイルでiPhoneを使用する際に完全に対応していないケースを見てきましたが、多くの状況でiPhoneは楽天モバイルのネットワーク上でうまく機能します。

楽天モバイルでiPhoneを快適に利用するために、契約前に確認しておきたいいくつかの重要なポイントをご紹介します。

楽天モバイルの対応端末かどうかをチェック

楽天モバイルでiPhoneを快適に利用するためには、まずそのiPhoneが楽天モバイル対応の端末であるかを確認することが重要です。

対応端末の確認は、楽天モバイルの提供するサービスをスムーズに享受するための第一歩となります。

以下に、確認方法について簡単な手順をご案内します。

楽天モバイルの公式ウェブサイトを訪れ、サポートページやFAQセクションを通じて、対応しているiPhoneのモデルのリストを探してください。

楽天モバイルでは、対応端末に関する情報を詳細に提供しており、ユーザーが自分の端末が使えるかどうかを簡単に確認できるようになっています。

万が一、自分のiPhoneが対応端末であるかどうか不明な場合や、リストを確認しても情報が見つからない場合は、楽天モバイルのカスタマーサポートに直接問い合わせるという選択肢もあります。

カスタマーサポートでは、端末のモデルやシリアル番号などを基に、具体的な対応状況を教えてもらえます。

対応していない端末の場合、楽天モバイルのサービスを利用することができないため、事前の確認は非常に大切です。

この確認作業をしっかりと行い、楽天モバイルでのモバイルライフを最大限に楽しむための準備を整えましょう。

iOS14.4より新しいバージョンになっているか

楽天モバイルでiPhoneを使用するには、端末のiOSバージョンが14.4以上である必要があります。

iOSバージョンがこの要件を満たしていない場合、楽天モバイルの機能をフルに活用することができないため、利用前には必ずバージョンの確認と必要に応じたアップデートが求められます。

「設定」アプリを開ける

iOSバージョンの確認方法を紹介します。まずは、iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開きます。

「一般」メニューを選んでタップ

「設定」メニューの中から「一般」を探してください。すぐに見つかるはずなので、選択して開きましょう。

「ソフトウェア・アップデート」を選ぶ

「一般」のオプション内には「ソフトウェア・アップデート」の欄があるはずです。そこをタップしましょう。

現在のバージョンを確認しよう

「ソフトウェア・アップデート」ページに進むと、現在インストールされているiOSのバージョンが表示されます。

もし最新バージョンが利用可能であれば、そこに表示され、アップデートが促されます。

もし既に最新のiOSバージョン(iOS 14.4以降)がインストールされている場合は、「ソフトウェアは最新です」というメッセージが表示されます。

もし最新版ではない場合は、画面の指示に従ってアップデートを実行し、楽天モバイルでのサービス利用に備えてください。

このようにしてiOSバージョンを適切に管理することで、楽天モバイル上でiPhoneを快適に利用でき、サービスの全機能を最大限に享受することが可能になります。

楽天回線が対応しているエリアをチェック

楽天モバイルでiPhoneを使用する際には、利用するエリアが回線に対応しているかを事前に確認することが大切です。

回線対応エリア外では、通信品質が低下するか、または通信障害が発生する恐れがあります。

まず回線対応エリアの確認方法は、最初に公式ウェブサイトにアクセスしてみましょう。

サポートページや、特に回線対応エリアに関する情報が掲載されているページを探して確認します。

ここでは、サービスが提供されている地域の詳細が記載されており、自分の住んでいるエリアやよく利用する場所がカバーされているかを把握できます。

また、公式アプリも活用し、手持ちのデバイスから直接、現在地やよく訪れる地域が回線対応エリア内にあるかを簡単に確認できます。

アプリ内の地図や検索機能を使って、詳細なエリア情報を見ることが可能です。

それでもまだ回線対応エリアについて不明な点がある場合は、カスタマーサポートに直接問い合わせることをお勧めします。

電話やメールでの問い合わせが可能で、専門のスタッフが回線対応エリアの詳細やその他の疑問について丁寧に答えてくれます。

楽天モバイルに乗り換えるときiPhone自体買い替えるのもアリ

楽天モバイルに乗り換える際にiPhoneを新しく購入することを検討している方には、「買い替え超トクプログラム」が非常に魅力的なオプションとなります。

このプログラムは、乗り換えを検討しているユーザーが、新しいiPhoneをよりお得に手に入れることができるキャンペーンです。

このプログラムのもとで新しいiPhoneを購入すると、対象となるiPhoneを48回分割払いで購入できます。

これにより、初期費用を大幅に抑えながら、最新のiPhoneを手に入れることが可能になります。

さらに、購入から25ヶ月目以降に端末を返却することで、残りの機種代金支払いが不要になります。

これにより、全体的な機種代金を削減でき、経済的な負担を軽減できます。

このプログラムを利用するかどうか判断するには、自身が現在使用しているiPhoneが楽天回線で使用可能かどうかを合わせて確認してみてください。

もし対応していない場合は、このお得なプログラムを活用して新しいiPhoneに乗り換えることを検討してみましょう。

楽天モバイルでiPhoneを使えなくなるときは原因を突き止めよう

正確に原因を特定し、適切な対処法を講じることは、楽天モバイルでiPhoneを使用する上で極めて重要です。

本記事で挙げた各種のチェックポイントや対処法を適用することにより、iPhone利用をより快適にすることが可能です。

記事で紹介した内容をまとめると、まずは自身のiPhoneが楽天モバイルの対応端末リストに含まれているかを確認しましょう。

そして、iPhoneがiOS 14.4以降のバージョンであることを確認し、必要に応じてアップデートを行いましょう。

他キャリアで購入したiPhoneを使用する場合は、SIMロックの解除が必要です。

楽天モバイルへの切り替え後は、キャリア設定のアップデートを行い、最新の設定を適用しましょう。

利用予定の地域が楽天回線の対応エリア内にあるかを確認しておくことも重要です。

ぜひ、本記事の情報を参考にして、楽天モバイルでのスマホライフを充実させてみてください。

関連情報

楽天モバイルおすすめ機種2024まとめ!おすすめしない機種も紹介

ドコモと楽天モバイルを比較した違いは?どっちが良いのか料金や回線品質で比較

楽天モバイルを使い続ける6つのメリット

楽天モバイルのショップ店舗は飛び込みで行ける?予約なしでOK?現在の空き状況を確認する方法も解説

-楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.