※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

楽天最強プランの落とし穴!デメリットがあるって本当?料金・サービスを解説

2023年6月1日から楽天モバイルが始めた「Rakuten最強プラン」に対して、ユーザーからは疑問点も多いのではないでしょうか。

「新プランは前のプランより劣っているのか?」「新旧のプランの違いは何か?」「パートナー回線でもデータを無制限に使えるのか?」など、悩ましいユーザーも見られます。

実際、「Rakuten最強プラン」のサービスは充実しており、パートナーエリア(au回線)でもデータを無制限に利用できるようになったり、Rakuten Linkがデスクトップでも使えるようになったりしています。

楽天モバイルの強みを見てみると、楽天エリアとパートナーエリア(au回線)でデータを無制限に使え、なおかつカバー率は99.9%と業界内で非常に高い水準です。

さらに、低価格である3,278円でデータ無制限を維持していますし、 海外利用時も毎月最大2GBの高速データ通信が可能です。

Rakuten Linkアプリを使用することで、国内通話が無料になり、Rakuten Linkがデスクトップ版でも利用可能になっています。

もちろんMNPワンストップサービスを導入しており、会員は楽天市場でのショッピング時に最大3倍のポイントがもらえます。

これらの改善により、「パートナー回線の使用制限がなくなったことが嬉しい」とか「楽天モバイルに戻るかもしれない」といった前向きな反響も多いです。

しかし、契約を考える前には理解しておくべき欠点や注意点もあります。

そこで本記事では、「Rakuten最強プラン」の具体的な内容や、旧プランとの差異、そして注意すべき点について詳細に解説していくので、ぜひこの情報を参考にしてみてください。

目次

楽天モバイルの新しい料金プラン「Rakuten最強プラン」を解説

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は、利用者が楽天回線エリアでもパートナー回線エリア(au回線)でもデータを無制限で使用できるようになった新しい料金プランです。

料金体系は従来のプランを踏襲しており、使用データ量に応じて料金が変動します。

具体的には、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GBを超える使用の場合は3,278円となっています。

さらに、このプランではRakuten Linkを通じた国内通話が無料となるメリットや、海外でのデータ使用が毎月最大2GBまで無料という特典も提供されています。

また、楽天市場でのショッピング時には最大で3倍のポイントが還元されるなど、従来のサービスも多く継続されています。

これらの改善点から、サービス内容が全体的に向上していると考えても良いでしょう。

ユーザーにとってはより魅力的なサービスとなり、データの使用量に応じた柔軟な料金設定に加え、追加の特典も享受できるようになっています。

Rakuten最強プランはついに2023年6月1日より提供開始に

「Rakuten最強プラン」の提供開始は2023年6月1日からで、この日以降に楽天モバイルへ新たに申し込む人は自動的に「Rakuten最強プラン」を利用することになります。

また、すでに楽天モバイルのサービスを利用しているユーザーについては、自動的に「Rakuten最強プラン」への移行が行われます。

これにより、既存のユーザーも新プランの恩恵を享受することが可能になり、楽天回線エリアおよびパートナー回線エリアでのデータ無制限利用など、改善されたサービスを利用できるようになります。

プランの自動移行により、ユーザーは追加の手続きを行うことなく、新しいプランのメリットを受けられるため、より便利でお得なモバイルライフを楽しむことができるようになります。

Rakuten最強プランにデータタイプ登場!2023年7月3日より提供開始

2023年7月3日から、楽天モバイルは「Rakuten最強プラン(データタイプ)」の提供を始めています。

このプランは、音声通話機能付きプランと月額料金が同じであり、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、そして無制限使用が3,278円と設定されています。

お客様はeSIMまたは従来のSIMカードのどちらかを選択することができます。

契約期間に縛りがなく、解約金も発生しないのも大きな魅力の一つです。

ただし、「データタイプ」と「音声通話機能付きタイプ」の主な違いは、OS標準アプリを使った電話が可能か否かにあります。

データタイプは、主にタブレットやPC、副回線としての利用に適しています。

月額料金が音声通話機能付きプランと変わらないため、データタイプを選択する明確なメリットは少ないように思われがちです。

しかし、データタイプはワンクリックで申し込むことが可能で、本人確認書類の提出が免除される点が利点です。

ただし、この申し込みには楽天カードが必要であることに注意が必要です。

また、「ギガプレキャンペーン」を実施中で、アンケート回答で翌々月末に1,081円分の楽天ポイントを獲得でき、データ使用量が3GB以下の場合、一ヶ月分が事実上無料になります。

しかし、初回申し込みで3,000ポイントを獲得できる音声通話機能付きタイプと比較すると、後者が長期的に見てよりお得です。

特に、将来的に音声通話を利用したくなる可能性を考慮すると、より多機能な音声通話機能付きタイプが推奨されます。

楽天最強プランと「Rakuten UN-LIMIT VII」は何が違う?

楽天モバイルの新しい「Rakuten最強プラン」と以前の「Rakuten UN-LIMIT VII」を比較することで、いくつかの重要な違いが見えてきます。

両プランに共通するのは、料金体系が変わらない点で、どちらも3GBまでが1,078円、20GBまでが2,178円、そして無制限利用が3,278円と設定されています。

最も顕著な変更点は、データ無制限エリアが拡大されたことです。

「Rakuten最強プラン」では、楽天エリアに加えてパートナー(au)エリアでもデータ無制限を楽しむことができるようになりました。

これに対して、「Rakuten UN-LIMIT VII」では無制限のデータ利用が楽天エリア内でのみ可能でした。

この拡張により、データ無制限で利用できる地域が格段に広がり、楽天モバイルユーザーはほぼ全国どこでもデータを気にせずに利用できるようになりました。

これによって、ユーザーからの評価も上がっており、多くの人が楽天モバイルへの乗り換えや復帰を検討している様子が伺えます。

さらに、「Rakuten最強プラン」にはRakuten Linkのデスクトップ版が使用可能となるなど、新たな機能が追加されました。

また、MNPワンストップサービスが導入されたことで、電話番号の移行もより簡単になりました。

これらの機能向上は、ユーザーがより快適に楽天モバイルのサービスを利用できるようにするための改善点と言えるでしょう。

これらの変更は、利用者にとって非常にメリットの大きいものとなっており、楽天モバイルのサービス全体の価値を高めています。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の落とし穴とは?デメリットもあり

「Rakuten最強プラン」が提供する数多くのメリットにもかかわらず、楽天モバイルを契約する前には、いくつかの注意点やデメリットも理解しておく必要があります。

「Rakuten最強プラン」では、auのネットワークを利用する際、auが提供するすべての周波数帯が使用できるわけではありません。

そして楽天モバイルは、プラチナバンドとして知られる周波数帯にまだ対応していません。

さらに、通話料金を無料にするためには、Rakuten Linkアプリを使用する必要があります。

これらの点を踏まえ、楽天モバイルを選択する際には、自身の使用状況やニーズに最も合ったプランかどうかを慎重に検討することが勧められます。

auの周波数帯は全部使えるわけではない

楽天モバイルユーザーがauの回線を利用する際にアクセスできるのは800MHz帯の周波数だけで、これはauの4G LTEネットワークの中核をなす重要な周波数帯です。

この800MHz帯は、いわゆるプラチナバンドとしても知られ、その信号の到達範囲の広さや建物内への浸透力が高いことで評価されています。

具体的に、楽天モバイルはauのバンド18(800MHz)、そしてバンド26(800MHz)を利用しています。

ただし、このプラチナバンドによるローミングサービスは、東京23区、名古屋市、大阪市など限られた地域に提供されているため、全国的にこの恩恵を受けられるわけではありません。

また、既に東京の一部地域や他の都道府県ではローミングサービスの提供を終了しており、将来的には楽天モバイル独自のエリア拡大が計画されています。

このため、楽天モバイルを利用する際には、「au回線が無制限で利用できる」と期待しても、実際には楽天回線に自動的に切り替わることが多いので、その点を理解しておくことが重要です。

楽天モバイルのエリア内では楽天回線が優先され、より広い範囲でのサービス提供を目指しているので、自分のよく使う場所での接続状況を事前に確認しておくと良いでしょう。

楽天モバイルはまだプラチナバンドに対応できていない

「Rakuten最強プラン」の導入にもかかわらず、楽天モバイルがプラチナバンドにまだ対応していないことは、特定の状況下で通信品質に影響を及ぼす可能性があります。

プラチナバンドは特に建物内や地下での接続性を向上させるため、この帯域に未対応の場合、楽天エリア内で建物が密集している場所や地下では、通信が不安定になることが予想されます。

ただし、東京23区をはじめとする特定の地域では、パートナー回線(auの回線を指す場合が多い)の恩恵を受けられるため、これらの地域では楽天モバイルのサービスに大きな不便はないと考えられます。

しかし、プラチナバンドに対応しているパートナー回線が利用できないエリアでは、特に建物内や地下での通信が困難になる可能性があるため、その点を理解しておくことが重要です。

2023年頃に楽天モバイルがプラチナバンドの周波数を割り当てられるという吉報があったため、将来的にはこれらの問題が解消される可能性は高いです。

プラチナバンドの導入は、楽天モバイルのサービスエリア内での接続品質と範囲を大きく改善することが期待されるため、楽天モバイルのユーザーは今後のアップデートの具体的な時期に注目しておくと良いでしょう。

通話費用を無料にするならRakuten Linkアプリを利用しなければならない

Rakuten Linkアプリを使用することによる通話料金無料のサービスは、楽天モバイルユーザーにとって大きなメリットの一つですが、このアプリを通じたときのみ無料通話が可能です。

Rakuten Linkを使用しない通話には、30秒ごとに22円の通話料がかかります。特にiPhoneユーザーは、注意が必要です。

iPhoneでは標準の電話アプリを使って通話すると、自動的にRakuten Linkを経由しないため、通話料金が発生してしまいます。

このため、楽天モバイルの無料通話サービスを利用する際は、通話を行う際は必ずRakuten Linkアプリを使用するようにしましょう。

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話料が無料になります。

iPhoneを使用している場合、折り返しの通話や新たに通話を開始する際は、直感的に標準の電話アプリを使用しがちですが、これでは通話料が発生してしまいます。

したがって、通話を開始する前にはRakuten Linkアプリを開いてからかけるようにしましょう。

これらの点を意識しておくことで、楽天モバイルの無料通話サービスを最大限に活用し、余計な通話料を支払うことなく、コスト効率よくスマートフォンを利用することが可能になります。

楽天モバイル・Rakuten最強プランが本当に最強なポイントを7つ紹介

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」が提供する7つの魅力的な特徴をご紹介します。

このプランは、既存のサービスを踏襲しつつ、さらなるメリットを加えていますので、是非チェックしてみてください。

楽天モバイルは、楽天エリアとパートナーエリア(au回線)の両方でデータ通信が無制限に利用可能です。

人口カバー率は業界トップクラスの99.9%に達し、広範囲で安心してインターネットを楽しめます。

月額3,278円という手頃な価格でデータ無制限プランを継続しています。コストパフォーマンスに優れたプランとして、多くのユーザーに選ばれています。

海外での使用にも配慮されており、毎月最大2GBまでの高速データ通信を利用できます。海外旅行や出張時にも便利です。

Rakuten Linkアプリを使用することで、国内通話が無料かつ無制限になります。

スマートフォンだけでなく、Rakuten Linkのデスクトップ版も利用可能になるため、さまざまなデバイスからの通話が容易になります。

楽天モバイルはMNP(携帯電話番号ポータビリティ)の手続きを簡単に行えるワンストップサービスを開始したため、他社からの乗り換えもスムーズです。

Rakuten最強プランを利用することで、ポイント還元率が最大3倍になり、楽天市場でのお買い物がさらにお得になって、ショッピングがより楽しくなります。

このように、データ通信の無制限利用や低価格、便利な通話オプションなど、魅力的なポイントが盛りだくさんです。

最強な理由1:パートナーエリアの5GB制限なしでデータ無制限の利用が可能

楽天モバイルのサービスは、自社の楽天回線とパートナーであるau回線の両方を利用して提供されています。

以前の「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」プランでは、au回線を利用する際のデータ量に月5GBの制限が設けられていました。

しかし、新しく導入された「Rakuten最強プラン」では、この制約がなくなり、パートナー回線エリアでもデータを無制限で利用できるようになりました。

月5GBの制限撤廃は、多くのユーザーにとって非常に喜ばしい改善点です。

テザリングを利用する際も、これによりエリアに左右されずにより快適にインターネットを利用できるようになります。

加えて、楽天モバイルは人口カバー率99.9%という業界トップクラスの広範囲にわたる電波の提供を実現しており、ほぼ全国どこでも安定した通信環境を享受できます。

特に、屋内や地下など従来通信が難しかった場所でも、改善された通信環境により繋がりやすくなっているとのことです。

楽天モバイルユーザーにとって、これらの進化は日常生活やビジネスシーンにおいても大きなメリットと言えるでしょう。

最強な理由2:シンプルかつ低コストなワンプラン制が継続される

楽天モバイルが提供する「Rakuten最強プラン」は、シンプルかつ手頃な価格設定が魅力的なワンプランを維持しています。

このプランでは、月額料金が使用データ量に応じて変動し、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、そしてデータ使用が無制限の場合でも月額3,278円となっています。

従量制に基づくこの料金体系は、月によってインターネット使用量が大きく変わるユーザーにとって非常に便利です。

特に、データ使用量を3GB以内に抑えることができれば、1,078円という低価格でサービスを利用することができます。

これは、サブ回線として楽天モバイルを選ぶユーザーにとって大きなメリットとなっています。

また、データ使用量が多い月でも、最大で3,278円というコストで無制限にデータを利用できるのは、同様のサービスを提供する他の携帯会社と比較しても非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

このように、単独で利用する場合でも家族回線や自宅のインターネットと合わせても、手頃な価格で高品質な通信サービスを享受できる点は、多くのユーザーにとって魅力的な要素です。

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は、コストを抑えつつも柔軟にデータ通信を利用したいと考える方に最適な選択肢といえるでしょう。

最強な理由3:海外でも高速データネットワークが2GBまでOK

「Rakuten最強プラン」は、海外での使用においても非常に便利な特徴を持っています。

このプランでは、海外でも月に2GBまでの高速データ通信を利用でき、この点は旧プランから継続されているため、変更はありません。

さらに、Rakuten Linkアプリを利用することで、アプリ同士の国際通話やSMSの送受信が無料になります。

このため、海外でのデータ使用が2GB以内であれば、ポケット型WiFiのレンタルや海外SIMの契約といった追加の手配をする必要がありません。

特に海外へ頻繁に渡航される方にとって、楽天モバイルの契約は大きなメリットをもたらします。

旅行やビジネスでの海外利用を考慮すると、楽天モバイルは非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

最強な理由4:Rakuten Linkアプリなら国内通話が無料に

「Rakuten最強プラン」におけるRakuten Linkアプリを利用した国内通話の無料サービスは、依然として提供されています。

通常の電話アプリを使用して発信する場合、30秒ごとに22円の通話料がかかるため、Rakuten Linkアプリの使用が強く推奨されます。

確かに、アプリを通じて通話を行う必要があり、少々手間に感じるかもしれませんが、通話料が無料になる大きなメリットを考えれば、その手間も大きな問題ではないと多くのユーザーが感じています。

特に長時間の通話が多い方にとって、楽天モバイルは非常に魅力的な選択肢です。

このサービスにより、通話料を気にすることなく、ゆっくりと話すことができます。

最強な理由5:Rakuten LinkアプリがPCでも使えるようになる

「Rakuten最強プラン」の一環として、Rakuten LinkがデスクトップPCにも対応するようになりました。

これまでスマートフォン用のアプリとしてのみ利用可能だったRakuten Linkの機能が、WindowsおよびMacのデスクトップ環境でも使えるように拡張されました。

これにより、音声通話、ビデオ通話、チャット機能、グループチャット、E-Mail機能、クラウドストレージの利用といった主要機能がPC上で直接利用可能になります。

この新たな対応により、ビジネスツールとしてRakuten Linkの導入を検討する企業や個人も増えるかもしれません。

特に、Zoomなど他のビデオ通話サービスに費用を支払う代わりに、楽天モバイルを契約し、データ使用量を3GB以下に抑えてRakuten Linkを活用することで、年間約7,000円の節約が見込めるというのは魅力的なポイントです。

Rakuten Linkのデスクトップ版は2023年8月1日からの提供開始が予定されており、多くのユーザーにとって待望の機能拡張となるでしょう。

最強な理由6:MNPワンストップサービスの開始により申し込みが簡単に

2023年5月下旬から、「MNPワンストップサービス」の利用が可能になり、楽天モバイルへの乗り換え手続きが大幅に簡素化されました。

従来、携帯会社を変更する際には、現在のキャリアからMNP(モバイルナンバーポータビリティ)予約番号を取得し、新しいキャリアでその番号を提供して契約を行う必要がありました。

この予約番号を用いることで電話番号の引き継ぎが可能になっていたのですが、新設された「MNPワンストップサービス」を利用すれば、MNP予約番号の発行なしに直接手続きを完了させることが可能です。

さらに、2023年6月末からは「ワンクリックお申し込み」サービスも開始される予定です。

楽天会員であれば、楽天市場のトップページからわずか1クリックで楽天モバイルへの申し込みが行えるため、非常に手軽にサービスを始めることができます。

ただし、この便利さゆえに、意図せず契約を進めてしまう可能性もあるため、操作には注意が必要です。

最強な理由7:楽天モバイル会員のショッピングはポイント最大3倍

楽天モバイルユーザーは、楽天市場でのショッピングにより、最大で3倍の楽天ポイントを獲得することができます。

この特典は、「Rakuten最強プラン」を利用しているユーザーにも適用されます。

具体的には、ダイヤモンド会員の場合、購入金額に応じて最大3倍(上限7,000ポイント)、ダイヤモンド会員以外では最大2倍(上限6,000ポイント)のポイントが付与されます。

さらに、楽天カードや楽天ひかりをはじめとする他の楽天サービスを利用することで、ポイント還元率を最大15.5倍まで高めることが可能です。

このようにして貯まったポイントは、楽天モバイルの通信料金の支払いにも使用できるため、実質的にモバイルサービスを無料で利用することも夢ではありません。

このポイントプログラムは、楽天経済圏内での活動をさらに充実させ、お得に楽天サービスを利用するための大きなインセンティブとなります。

楽天モバイルユーザーであり、楽天のさまざまなサービスを日常的に使用している方は、この機会にポイント獲得のための活動をさらに積極的に行うと良いでしょう。

楽天モバイル・Rakuten最強プランについてよくある質問

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」についてのよくある質問を解説します。

このプランに関心がある方や疑問を持っている方は、以下の情報で疑問が解消されるかもしれません。

楽天モバイルユーザーである場合、新しくプラン変更は必要か?

すでに楽天モバイルを利用しているユーザーは、2023年6月1日より自動的に「Rakuten最強プラン」への切り替えが行われます。

そのため、既存ユーザーは自身で特別なプラン変更手続きを行う必要はありません。

この自動切り替えにより、新プランの恩恵をすぐに享受することができ、手間をかけずに最新のサービスを利用できるようになります。

auパートナー回線はサービス終了したのでは?

楽天モバイルは、2022年10月以降、パートナー回線(au回線)から自社の楽天回線への切り替えを順次進めています。

ただし、完全に楽天モバイルの自社回線のみでサービスを提供する段階にはまだ至っておらず、その実現にはさらに時間が必要でしょう。

新しく導入された「Rakuten最強プラン」では、この過渡期においても、パートナー回線エリアであってもデータ無制限での利用が可能になっています。

これにより、楽天モバイルのユーザーはより広いエリアでデータ使用に関する心配なくサービスを享受できるようになりました。

楽天モバイルの新プランは改悪・値上げされたの?

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」における料金体系は、前プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」から変更がなく、そのまま継続されています。

具体的には、月額料金は3GBまで利用の場合、月額1,078円、20GBまで利用の場合、月額2,178円、データ無制限の場合、月額3,278円です。

この料金設定により、ユーザーは自分のデータ使用量に応じて、最適な料金プランを選択できます。

特にデータ無制限プランは、月額3,278円という手頃な価格で提供されているため、重度のデータ使用者にとっても魅力的な選択肢となっています。

楽天最強プランで月々のスマホ料金をお得にしよう!

本記事で紹介した楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は、月額料金を旧プランから変えずに、パートナー回線エリアでのデータ無制限利用が可能になるという大きな進化を遂げました。

これにより、楽天エリアの制限を超えて、どこにいてもデータ使用量を気にすることなくインターネットを楽しむことができるようになります。

また、スマートフォンをポケット型WiFiのようにテザリングで利用することも無料で可能です。

Rakuten LinkがスマホだけでなくPCにも対応し、大画面でのビデオ通話が楽しめるようになったことも、新プランの魅力的なポイントの一つです。

加えて、楽天ポイントの最大3倍還元や海外での2GBデータ使用など、利用者にとって嬉しい特典も旧プランから継承されています。

さらに、「MNPワンストップサービス」の導入により、他の携帯会社から楽天モバイルへの乗り換えがより手軽に、そしてスムーズに行えるようになりました。

これらの特徴を考慮すると、楽天モバイルへの申し込みを検討する絶好のタイミングと言えるでしょう。

高品質なサービスをリーズナブルな価格で提供する楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」、この機会にぜひご検討ください。

関連情報

楽天モバイル機種変更の裏ワザ5選!お得に機種変更を安くするには?

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」のデメリットは?旧プランとの欠点も比較

楽天モバイルは端末のみ購入ができる!手順・購入できる製品・買えない場合の対処法も解説

楽天モバイル1円キャンペーンの最新情報!1円で手に入る機種は何?

-楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.