※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

楽天モバイルRakuten Hand 5GとRakuten Handの違いを比較

楽天モバイルRakuten Hand 5GとRakuten Handの違いを比較してまとめたページです。

「Rakuten Hand 5G」と初代である「Rakuten Hand」は、楽天独自のスマートフォンですが、Rakuten Hand 5Gと初代では、いくつかの違いやアップデートされた点があります。

楽天ハンドのどこがどう違うのかまとめるので、購入の参考にしてください。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

Rakuten Hand 5GとRakuten Hand比較: 通信速度の違い

Rakuten Hand 5Gは高速通信が可能な5G回線に対応しており、4G回線のみとなる初代Rakuten Handよりも快適なデータ通信が期待できます。

Rakuten Hand 5Gの5G対応

Rakuten Hand 5Gは、その名前からもわかるように、5Gに対応した楽天独自のスマートフォンです。5Gは、従来の4G LTEに比べて圧倒的な通信速度が特徴です。

動画のストリーミングやオンラインゲームなど、たくさんのデータ通信が必要なシーンで重宝します。ただし、使う場所が楽天モバイルの5Gエリア内でなければ効果を発揮しない点には注意が必要です。

Rakuten Handの4G LTE対応

一方、Rakuten Handは4G LTEのみのスマホであり、5G通信は対象外です。4G LTEを使う地域や回線はまだまだ多いですが、5Gに比べると通信速度が劣ります。ただし、日常的な使用には十分な性能を持っています。

Rakuten Hand 5GとRakuten Hand比較:: デザインとサイズの違い

Rakuten Hand 5Gと初代は同じサイズですが、5G回線対応というスペックの高さからか、新機種の方が5gほど重たくなりました。

Rakuten Hand 5Gのデザイン特徴

5G回線に対応しつつも薄型化を追求した、スマートな端末です。

旧モデルと見た目やカラーバリエーションは同じです。デザインは一緒ですが、5G対応のスマホでありながら本体の厚みが薄く、持ちやすい点は評価ポイントでしょう。

Rakuten Handのデザイン特徴

Rakuten Handは、シンプルで使いやすいデザインが特徴です。コンパクトなサイズで片手での操作が容易であり、扱いやすい端末と言えます。

そのため、旧モデルのデザインがそのままRakuten Hand 5Gに採用されたようですね。携帯しやすいサイズ感を重視するユーザーには魅力的な端末でしょう。

Rakuten Hand 5GとRakuten Hand比較: パフォーマンスとスペックの違い

後継機であるRakuten Hand 5Gの方が基本的にはスペックが高いですが、一部のパフォーマンスについては旧モデルよりも劣る可能性があります。

プロセッサとメモリ

プロセッサはRakuten Hand 5GがSnapdragon 480、Rakuten HandがSnapdragon 720Gとなっており、意外に新機種の5Gがスペックダウンしています。

プロセッサだけを見れば、旧機種の方がパフォーマンスが優れている可能性があります。メモリ容量は初代の64GBと比較すると、後継機の5Gが128GBにグレードアップしています。

バッテリー寿命と充電速度

バッテリーについてはどちらの機種も2630mAhと、大容量ではありません。コンパクトで薄さを売りにしているスマートフォンなので、仕方のない部分かもしれませんね。

Rakuten Hand 5Gの方が通信機能が向上している分、若干バッテリーの消耗が激しくなっています。気になる方は携帯型バッテリーとの併用などもおすすめです。

カメラ性能

Rakuten Hand 5Gは、高画質なカメラを実装しており、美しい写真や動画が撮影できます。また、AI機能を利用した撮影モードや、光学手ぶれ補正などの高度な機能も備えています。

Rakuten Handのカメラも決してスペックが低いわけではありません。しかし、メインカメラの画素数が4800万→6400万にアップしているため、性能では後継機に軍配があがるでしょう。

Rakuten Hand 5GとRakuten Hand比較:: ソフトウェアと機能の違い

Rakuten Hand 5Gで使用しているソフトウェアや機能とRakuten Handの違いについて解説します。

OSの違い

Rakuten Hand 5Gと初代では、どちらもAndroid OSを採用しています。発売時のOSは後継機であるRakuten Hand 5Gの方が、より新しいバージョンのOSであるAndroid11を搭載しています。

耐久性の比較

Rakuten Hand 5Gでは、防水・防塵機能がアップしてIPX8・IP6X対応になりました。初代Rakuten HandではIPX2・IP5X等級でしたので、耐水性がアップしたと言えます。

Rakuten Hand 5GとRakuten Hand比較:: 機種代金や価格帯の違い

Rakuten Hand 5GとRakuten Handの機種代金や価格帯の違いについて紹介します。

Rakuten Hand 5Gの価格帯

Rakuten Hand 5Gは、5G対応というスペックから、旧モデルより価格帯が高めに設定されています。オープン価格は税込39,800円で、旧モデルと比較するとおよそ倍の値段で発売開始されました。

現在の端末価格は19,001円となっています。ただし、キャンペーンを利用すれば、実質1円で端末を購入できます。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

Rakuten Handの価格帯

一方、Rakuten Handは、最初からエントリーモデルとしてのポジションにありました。発売当初から価格帯が手頃で、オープン価格は税込2万円でした。

初めてスマートフォンを購入する方や、予算を重視する方には魅力的な端末として売り出されていました。

Rakuten Hand 5GとRakuten Handどっちを選ぶべきか

Rakuten Hand 5GとRakuten Handの違いを比べると、どちらがあなたに適したスマートフォンかは、ニーズや予算によって異なります。

Rakuten Hand 5Gは、楽天5G回線エリアにお住まいの方なら、高速通信が可能になる点がメリットです。一方Rakuten Handは、後継機よりCPUは優れており、非常にバランスのよい機種でしたが現在は取り扱いが終了してしまいました。

どちらの端末も、楽天独自のスマホとして、価格帯やスペックは十分に魅力のある機種と言えます。どちらもコスパが良く、サブ機や仕事用としてもおすすめのスマホです。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

楽天モバイル最新機種情報

楽天モバイルを申し込みキャンセルしたい!再申し込みできるのかも解説
楽天モバイルのSIMや製品が届かない原因まとめ!準備中のまま発送されない時の対処法も解説
楽天モバイルの入荷待ちはどのくらい?入荷通知の設定方法も解説
楽天モバイルの審査は2種類!審査なしのケース・審査落ちメールの有無・審査時間まで解説
楽天モバイルに申し込みできない時にすべきことはこれ!エラー原因や解決方法も解説
楽天モバイルは端末のみ購入ができる!手順・購入できる製品・買えない場合の対処法も解説
楽天モバイル在庫切れ!在庫・入荷状況まとめ。在庫復活・時間いつか入荷待ち解説
【2024年】楽天モバイル新機種まとめ!発売日いつ?価格予想機種も紹介
楽天モバイル機種変更の裏ワザ5選!お得に機種変更するには?
楽天モバイル機種変更はesim対応製品だとどうなる?初期設定方法も解説

auから楽天モバイルへの乗り換えガイド
楽天モバイル解約ガイド:手順と注意点を解説
楽天ハンド 5Gのサイズは?重さ・他機種やhand前モデルの大きさと比較
楽天モバイルRakuten Hand 5GとRakuten Handの違いを比較
ドコモから楽天モバイルへの乗り換えガイド

楽天モバイル新規契約の完全ガイド:手順と必要なもの
楽天モバイルでキャリア決済をする方法!利点と注意点も解説
楽天モバイルのeSIMへの切り替え方法は?メリット・注意点も解説
楽天リンク徹底解説!使い方から特徴まで紹介
ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えガイド
楽天モバイルSIMのみ契約のメリットと手順

irumoは通信速度は遅い?繋がりやすいのか

auの通信速度が遅い理由と対策

-楽天モバイル

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.