ドコモのワンナンバーフォン ON 01
ドコモからワンナンバーフォンON 01が発売されました。
2台目携帯と呼ばれ通話に便利といわれていますが、今までにないタイプの電話のためガラケーとは違います。

通話携帯としては見た目の通り軽くて便利なのですが、実は不便(デメリット)な所もあるのです。

ワンナンバーフォンを購入するなら初めに知っておきたいですよね!

購入を検討してるなら知っておきたい不便な所や価格やおすすめな人使い方を紹介します。

ワンナンバーフォン ON 01とは何か

2018年10月26日に発売したばかりの「ワンナンバーサービス」に対応したスマートフォン用の子機です。今までにはないタイプの機種となっています。

ワンナンバーフォンとは、スマートフォンを親機として設定を行い、スマートフォンで利用している電話番号でワンナンバーフォン ON 01が利用できるようになっています。要するに、1つの電話番号を2台(スマートフォンとワンナンバーフォン ON 01)で共有できる携帯電話です。
利用する際には「ワンナンバーサービス」の申し込みが必要となっています。このワンナンバーサービスを申し込み、スマートフォンとワンナンバーフォン ON 01を利用すると同じ電話番号で電話を着信したり発信したりすることがどちらの機種を使っても利用できるようになります。

ワンナンバーフォン不便(デメリット)とは

ワンナンバーフォンって最悪だったとかそういう重いデメリットではありません。

iphoneとワンナンバーフォンで契約した場合。
iphone ワンナンバーフォン着信画像

利用している電話番号に電話が掛かってきた場合、着信はiphoneとワンナンバーフォン同時に着信が鳴ります。着信が鳴った後、先に電話に出た方のみが通話の利用ができるようになります。なので同時に電話に出ることはできないようになっています。

なので、自宅にiphoneを置いて、知らずに家族が先にiphoneででてしまったらワンナンバーフォンではその通話を受けることができません。

かけ直せば良いんですけどね。

また両方一緒に鳴るため音量には注意が必要です。

ワンナンバーフォンとiphoneを使いこなしている女性
デメリットの部分だけでなく、ワンナンバーフォンで通話中に片方の手でiphoneは通常通り利用できるため、インターネット検索をしたりできます。なのでワンナンバーフォンで通話しながらiphone側で調べものをしたり、LINEやメールの連絡をしたり、アプリを利用することができます。

また、iphoneを忘れてしまってもワンナンバーフォンさえ持っていれば着信があってもワンナンバーフォンでその着信に出ることもできますし、発信することもできます。
ワンナンバーフォンはイヤホンは非対応ですが、スピーカーフォン(オンフック機能)には対応しているので、スピーカーフォンにした状態で通話をすることもできます。

ワンナンバーフォン外観
見た目はすごくシンプルに作られており、電卓のような押しやすい数字のボタン作りになっていて、方向キーもあり、ボタンの配置もガラケの時と同じようなボタンの配置になっているので誰もが使いやすいような作りとデザインになっています。

ドコモワンナンバーフォン ON 01のスペック

 

サイズ 110×54×7.0mm
重さ 55g
ディスプレイ 1.5インチ
製造メーカー ZTE corporation
ホワイトのみ

 

【主なサービスや機能】
・電話(通話)
・SMS(電話番号で送受信するメール機能)
・防滴対応
・Bluetooth対応
・エリアメール対応(災害情報)
・VoLTE対応
・プライオリティ着信に対応

ワンナンバーフォン クレジットカード比較
サイズ感としてはクレジットカードの一回り大きいサイズ感です。なので、『機種』というよりもイヤホンなどと同様な『付属品』として利用していくような感覚です。

ドコモメール、インターネット接続、カメラ機能などは利用できないようになっています。もし必要であったとしてもスマートフォン側で利用できるので支障はないですね。一応、電卓とアラームの機能は付いています。

充電器の差し込み口はmicro USBに対応していて、タイプBという差し込み口になっています。(台形のような差し込み口)
本体の角にはストラップをつけるストラップホールも備わっているため、好きなストラップをつけたり、首から下げるようなストラップをつけることもできます。

番号を押す時はガラケのようにバックライトが光るので暗い場所でも電話をかけたり、SMSを送信したり問題なくできます。

スマートフォン側で必要なサービスは「ワンナンバーサービス」と「Android8.0」以上のOS利用が最低限必要となります。もちろんドコモの契約者でないと利用することができません。

ワンナンバーフォン購入後は、専用のアプリをスマートフォンにダウンロードと設定を行い、Bluetoothでスマートフォンとワンナンバーフォンを接続するだけです。専用のアプリを使うことによって、電話帳の移行もワンナンバーフォンに行うことができます。

VoLTE機能、プライオリティ着信とは

プライオリティ着信
VoLTEとは、「Voice Over LTE」の略で、ボルテと呼びます。簡単に言うとこの機能が対応していると、通話品質が良く、クリアの音質、途切れることなく安定した通話をすることができるようになっています。ちなみに、iモード携帯(ガラケ)は非対応のサービスです。スマートフォンに関してはほとんどの機種が対応となっています。

プライオリティ着信とは、大切な人からのみの着信をさせることができます。要するに設定をONにすると、設定に登録した人からのみの着信がワンナンバーフォンで共有することができます。

ワンナンバーフォンおすすめな人・使い方

ガラケーから初めてスマートフォン・iphoneに変える方

ワンナンバーフォン使っている女性
ガラケーからスマートフォンにしてインターネットや地図検索、レストラン検索、オススメ旅行スポット検索、LINEなどは便利に使ってみたいけど、電話やメールが使いづらくなるのが不安・・・という方にオススメです。
ガラケーと同じ操作で、むしろガラケよりも操作は単純なワンナンバーフォンなので、電話やメール (SMS)はワンナンバーフォンで利用して、それ以外の機能はスマートフォンで徐々に使い慣れていくというのもいいと思います。ガラケからスマホに機種変更すると慣れるまでに時間がかかってすぐ使えないから連絡したい時や、待ち合わせの連絡など急を要する時に使えないのが嫌で機種変更をしない方もいらっしゃると思うのでこう言った使い方もあります。

電話を頻繁に使うビジネスマン

ワンナンバーフォン使っているビジネスマン
ビジネスマンはスマートフォンで電話を使っていると充電の減りなども気になるし、何か電話の最中にメールの中身を確認したい時やスケジュール入力をしたいときなど、ワンナンバーフォンがあれば問題解決できます。
ワンナンバーフォンを利用するとビジネスでの電話中でも大事なメールのチェックや、メールの添付ファイルの確認や、その時にすぐスケジュールの登録や、インターネット検索などざまざまなことが電話を使いながら簡単にできるので便利に使うことができます。

スポーツを頻繁にする方

スマートフォンを持たずにランニングなどのスポーツを行ったり、スマートフォンを置いて外出する際も大切な連絡は取れるのでオススメです。ランニング時にスマートフォンを持って出るとかなりの重量感があり結構気になる場合もあると思いますが、このワンナンバーフォンなら重さが軽いので気にせず持って出かけることができます。

ゲーム+通話をしたい方

友人とのオンラインゲームの時にも通話をしながら実況中継のようにスマホでゲームも可能です。

価格・値段

・端末代金と月額料金
端末代金:9,000円(税抜)
月額料金:500円

機種変更という扱いではなく、「アクセサリ端末」という形式になるので、イヤホンを購入するような感覚と同じ感覚で購入することができ、また値段も気軽に試せる値段となっています。
俗にいう「縛り」もないため、気に入らなければすぐ「ワンナンバーサービス」のオプションを廃止すれば良いのです。また使いたくなったら「ワンナンバーサービス」の申し込みをすれば気軽に使い始めることができます。

カードケータイとの違い

ワンナンバーフォン カードケイタイ
「ワンナンバーフォン ON01」と「カードケータイ KY01L」は同時期に発表されたもので色は違うのですが見た目が同じなため混同しやすいです。

カードケータイはガラケーに近いもので、ワンナンバーフォン はスマートフォン用の子機という位置付けです。

【カードケータイ】
2台目携帯電話として利用できるようになってます。通話メインで利用できるような携帯電話で、今利用している電話番号の携帯電話を機種変更するか、新規契約として新たに番号を発行し利用できるようにするかどちらかになります。

【ワンナンバーフォン】
カードケータイと違って、ワンナンバーフォンはメインのスマホを利用していることがワンナンバーフォンを使う上での最低条件となります。今利用しているスマートフォンの電話番号とペアリングを行い、同じ番号を共有して利用するためのものです。

まとめ

ワンナンバーフォンの不便な所や価格やおすすめな人使い方をお伝えしました。

ワンナンバーフォンは、一般的な携帯とは違って家電話の子機のイメージと思ったほうが早いです。

端末代金はかかってしまうのですが、同じ電話番号を利用するということでドコモで毎月かかる費用も月額500円です。

着信の場合同時に主電話も鳴ってしまうというデメリットのあるのですが、どこでも通話をとれるため家用の固定電話を解約してワンナンバーフォンにするというお得な使い方もできます。

発売して間もないためまだまだ、認知度が低いですがワンナンバーフォンは使い方によってかなり節約お得なので、これから使う方が増えそうな予感がしますね^_^

ワンナンバーフォンをお得に機種変更するなら

ワンナンバーフォンをお得に機種変更をしたい方はドコモオンラインショップでしましょう。

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更がネットから出来ちゃいます。

ドコモオンラインショップがなぜおすすめなのかというと・・・

メリット①時間的なメリット

近くのドコモショップ…いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが

順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

メリット②金銭的なメリット

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金や事務手数料という謎のお金が取られます。

機種変更の頭金についてもっと詳細が知りたい方は
ドコモの機種変更頭金は違法?頭金を支払わないで機種変更する方法

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

そもそも、家電量販店で機種変更するのって直営店のドコモショップよりもデメリットが多いって知ってましたか?
機種変更は直営店と家電量販店どこがいいのかを調べました

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

メリット③受取場所を選べる

機種変更をする際、初期設定や電話帳の移行が不安で

お店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を自宅以外にもドコモショップから選べます。

なのでドコモショップでの受け取りにすれば金額はドコモオンラインショップの安いままでドコモショップのスタッフに初期設定や相談も出来てしまうという裏技が出来ちゃいます!

もちろん、頭金や機種変更の事務手数料がいらないのです!

ワンナンバーフォンが届いた時に詳しい説明書も一緒にが届くので自宅で自分1人でも簡単に設定はできます。

もし、やってみてわからない場合は届いた後でも、ショップに持ち込みで相談に行っても大丈夫です!

ドコモオンラインショップでの機種変更の流れと方法を画像つきで紹介しているのでこちらのページを見ながら機種変更をしたら間違えないでできますよ
ドコモオンラインショップでの機種変更の流れと方法!

機種変更される方は是非ドコモオンラインショップを使ってみてくださいね♪
ドコモオンラインショップはこちら