docomo with契約者400万人突破

docomo with・月々サポート終了すると、NHKニュースなどで流れて驚いた方も多いのではないでしょうか。

docomo withは特に、開始から急激に契約者を伸ばし400万契約を突破しています。2月末には新しくiphone7が対象機種になったのでこのままプランが続くと思った方も多いのではないでしょうか。

そこで気になることといえば、月々サポートとdocomo withが終了するので今のうちに機種変更をしたほうが良いのか、それとも分離プランの料金改定後どちらがお得なのではないでしょうか。

調べた結果、私独自の見解もありますがdocomo withを考えているなら、料金改定前に機種変更をするのがおすすめです。

ココではなぜ、機種変更をするのがお得なのかとdocomo with・月々サポートが終了してしまうのかについてお伝えします。

最後まで読んで納得された方は後から後悔する前に機種変更をして下さい。

docomo with・月々サポートがなぜ終了する原因とは

そもそも、分離プランという言葉を知っていても総務省は何をさせたいのかという内容を知らないと今回のdocomo withと月々サポートが終了してしまう原因というのがわからないのでまずは政府の提言についてわかりやすく説明します。

「シンプルで分かりやすい携帯電話に関わる料金プランの実現」ということで総務省から提言されたことはこちらです。
モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言(案)概要

引用元:総務省「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言(案)概要」

大きく変更させたいことは2つのことです。

①端末購入を条件とする通信料金の割引を廃止
②通信契約の一定期間の利用継続を条件とした端末代金の割引きの見直し

簡単に説明すると
ユーザー(使っている方)に料金プランをわかりやすく、どの端末機種でも一律同じ料金にしましょうというのが政府からの提言なのです。

ココを理解して頂けるとなぜ、終了するのか今機種変更をするべきかどうか自分で納得できる判断ができます。

月々サポート廃止について

月々サポート

月々サポートとは

ご購入日の翌月を1か月目とし、最大24か月間、機種ごとに設定した一定額を毎月のご利用料金から割引くサービスです。
FOMA/Xiの基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料(一部を除く)の合計額から割引きます。合計金額が割引額に満たない場合は、当該月の割引対象金額を上限に割引します。

【割引き支払い料金方法】
月々サポート支払い方法
ドコモの公式月々サポートを引用

ご覧の通り

①端末購入を条件とする通信料金の割引を廃止
②通信契約の一定期間の利用継続を条件とした端末代金の割引きの見直し

どちらについても触れているので終了予定になったのです。

月々サポートは、政府からの発表があった時から廃止のニュースはでていたので無くなるというのではと思っていた方は多いと思います。

docomo with(ドコモウィズ)廃止について

docomo withとは
月々サポートよりもdocomo with(ドコモウィズ)が廃止になるニュースについて驚いたかたが多いのではないでしょうか。

2月末にiphone7がdocomo withが対象機種になり、かなり話題になり、今は落ち着いてますが発売当初は在庫切れになるほどでした。その中で廃止のニュースはインパクトが大きいですよね。

そもそもdocomo withとはプラン内容を説明すると

対象機種ご購入で、月々のご利用料金から1,500円/月割引

されるプランです。

この1500円の割引きが「端末購入補助ではない」との考えから、ドコモ側で分離プランとしていました。
しかし、docomo withは料金が明確に分離されていなく、端末の購入を条件とする通信料金の割引に該当するという見解があったため廃止にならざなくなったのです。

料金値下げが料金値上げに?料金改定後安くなるのか

月々サポートとdocomo withが料金改定後値下げになるのか調べました。
分離プランの後の料金は予想料金のためご了承下さい。

月々サポートの場合

ドコモの公式サイトの料金シュミレーションで、iphoneXS 64GBをの料金プランをシュミレーションしました。

iphoneXSを分割払いした時の料金です。

25か月から料金が変わっているのは分割払いが無くなり月々サポートが無くなるからです。

今現在の内訳は

iphoneXS64GB料金プラン

分離プランなって、料金改定で4割引きをされた場合現行の料金プランのままなら月々サポートよりも支払い料金は安くなる可能性もあります。

ただ、現行の料金プランだった場合で、2~4割引きです。

月々サポート料金が高い端末機種を購入していたら、ドコモの改定後の基本プランが高くなる可能性もあります。

docomo withの場合

ドコモウィズ 家族プラン
docomo withの料金プランの場合は月々サポートとは料金体系が違います。

ずっと毎月1500円が割り引かれるのはもちろんなんですけど、家族やグループでdocomo withにすると二台目から280円~になります。

分離プランなって、料金改定で4割引きなったとしても、280円以下になるというのはさすがに難しいのではないでしょうか。

※ずっとドコモ割プラスの割引とは、契約のパケットパックが利用年数に応じて自動的に割引される長期ユーザーに嬉しいサービスです。
詳しくは公式サイトをご覧下さい
ずっとドコモ割プラス詳細はこちら



一人の場合でも
ドコモウィズ 一人料金プラン

料金プランは2,480円~です。

元々docomo withは、格安シムに対抗してできたプランです。

ドコモから格安シムに乗り換えようと思っている方を対象にしているため、対象機種もiphoneXSやXRのようなハイスペックではなくiphone7やAQUOS sense2やGalaxy Feel2 SC-02Lのようなミドルスペックを対象機種にしているのです。

全員docomo withと同じような料金になってしまったらさすがのドコモ潰れてしまうといのは想像できますよね。

もしかしたら、ドコモが画期的なプランをだしてくる可能性もありますがおそらく全員に等しい定額プランというのは難しいのではないでしょか。

ドコモの料金・維持費を安くしたいならdocomo with


docomo withで機種変更を考えているなら料金改定の前に機種変更をすることをおすすめします。

月々サポートのように、料金改定で料金プランが2~4割引きで安くなる可能性はありますが、docomo withのように元々料金プランが安いのがこれ以上安くなることはのぞみが薄いからです。

また総務省からの『シンプルで分かりやすい携帯電話に関わる料金プランの実現』にあるように確かに端末機種によって料金が違っていることは否めません。

その安いのがドコモの場合、docomo withということではないでしょうか。

もしも、docomo withに機種変更をして料金プランの改定で家族で使っていて280円以下の料金プランがでてきてしまった場合、その時はまた機種変更をすれば良いのではないでしょうか。

しかし、毎月1,500円割引きというのはdocomo withが廃止されてしまった場合は絶対に契約をすることはできません。

docomo withに機種変更をしようかと考えている方は料金プランの改定発表後に高くなった安くなったのを見てから考えても遅くないのではないでしょうか。
今年ではなく1500円割引きは無くならないので来年機種変更をしても良いですし。
ゆっくり考える時間ができていいですよね。

docomo withのプランになるためには、対象機種を購入しないといけません。対象機種を購入すると自動的にdocomo withに入ることができます。

料金プラン発表前に駆け込み需要でトラブルになる恐れを考えるとdocomo withの新規の契約が先に終了されることも十分考えられるので早めに機種変更をしたほうがいいですよ。

docomo withについてもっと詳細が知りたい方は下記をのページをご覧ください。

docomo withは本当にお得なのか確認したい方は
docomo withは本当にお得?メリット・デメリットをわかりやすく解説

対象機種どんなのがあるのか知りたい方は

docomo withの対象機種をランキング形式で紹介しています。
docomo with(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング

販売終了していたiphone7が対応機種になりました
iphone7がドコモで在庫切れからdocomo with対応機種で復活!

お得なdocomo withの対象機種をさらにお得に機種変更する方法についてお伝えします。

ドコモの機種変更お得なのは

docomo with対象機種の購入をお得にするならドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

ドコモオンラインショップとはドコモが直営でやっているネットショップです。

ドコモオンラインショップ
ドコモオンラインショップでの購入なら

・頭金0円
・事務手数料0円
・24時間どこからでも注文可能
・受け取りは自宅・店舗と選べる
・初期設定が不安なら店舗でしてもらえる
・長い時間待つことがない
・余計な営業をされない
・困った時はチャットで相談できる

というメリット沢山あります。

ドコモオンラインショップで、購入した後に受け取りを店頭にして、店舗に持ち込みをしても手数料や頭金が取られません。

頭金の相場って3,000円~10,000円以上かかります。
そこに事務手数料もかかかるとかなりの額に・・・。

ドコモの頭金についてもっと知りたい方は
ドコモの機種変更頭金を支払わないでできる方法

docomo withで節約をしようと思ったのに頭金や事務手数料はかなり痛い出費ではないでしょうか。

節約もしたいけど、1人で機種変更をできるか不安な方に
ドコモオンラインショップで初めての人でもわかる!機種変更の流れとやり方!

オンラインショップで機種変更をしてみると簡単できて、もうショップや家電量販店でしないという方は多いです。

ドコモオンラインショップぜひ使ってみて下さい
ドコモオンラインショップはこちら