AQUOS zero7 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック最新情報まとめ

AQUOS zero7 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック最新情報まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

AQUOS zero7 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック最新情報をまとめます。

AQUOS zero 7についてシャープからの正式発表はまだないですが、2022年10月頃に発売される可能性が高く、AQUOS zero 7は前モデル同様に超軽量・薄型の高スペックモデルになる見込みです。

この記事では最新のリーク情報や噂からAQUOS zero7のスペックや最新情報、AQUOS zero7を待つべきか、現行モデルAQUOS zero 6を買うべきかなどをまとめます。

AQUOS zero7 発売日・予約開始日はいつ?

AQUOS zero7は未発表のため、現時点で正式な発売日・予約開始日は不明です。

ただし、AQUOS zeroシリーズ過去モデルの発売時期を考えると、発売日・予約開始日ともに10月頃になる可能性が高いです。

参考までに2021年モデルAQUOS zero 6の発売日・予約開始日は次の通りでした。

キャリア名予約開始日発売日
au2021年9月28日(火)午前10時2021年10月8日
ソフトバンク2021年9月29日(水)午前10時2021年10月8日
楽天モバイル事前予約なし2021年10月14日
ドコモ発売予定なし発売予定なし
SIMフリー発売予定なし発売予定なし

AQUOS zero 7の価格・値段

AQUOS zero 7は未発表のため、現時点で正式な価格・値段は不明です。

AQUOS zero 7はハイエンド寄りのミドルレンジモデルのため、2021年モデルAQUOS zero 6同様に7万円〜8万円程度の価格となる可能性が高いです。

また、各キャリア端末購入プログラムの対象となるはずです。

参考までに2021年モデルAQUOS zero 6の価格は次の通りでした。

【参考】AQUOS zero 6の価格

キャリア名価格
au版71,585円
ソフトバンク版74,880円
楽天モバイル版69,800円
ドコモ版発売未定
SIMフリー版発売未定

AQUOS zero7のデザイン

AQUOS zero7のデザインは2021年モデルAQUOS zero 6から大きな変更がないと思われます。

【参考】AQUOS zero 6のデザイン

AQUOSデザイン

(画像出典 : シャープ )

可能性として考えられるのは、ベゼルの薄型化やカメラの仕様に伴うカメラ周りのデザイン変更でしょうか?

AQUOS zero7のカラー・色

記事執筆段階でAQUOS zero7のカラー・色に関する情報はありません。

参考までに2021年モデルAQUOS zero 6はブラック・ホワイト・パープルのカラー展開でした。

【参考】AQUOS zero 6のカラー

AQUOSカラー

(画像出典 : シャープ )

AQUOS zeroシリーズはシックな色を中心としたカラバリとなる傾向があり、ブラックやホワイトの定番色にパープルやブルー系のカラーが追加される可能性が高いです。

AQUOS zero7のサイズ・大きさ・重さ・画面サイズ

2021年モデルAQUOS zero 6は世界最軽量146gという軽さと薄さが特長でした。(※画面サイズ6インチ以上・バッテリー容量4,000mAh以上・5G対応のスマートフォン中)

おそらくAQUOS zero7は画面サイズに変更がなく、さらに軽量化・薄型化が図られる可能性が高いでしょう。

【参考】AQUOS zero 6のサイズ・重さ

AQUOS zero 6
画面サイズ6.4インチ
サイズ約158×73×7.9mm
重さ146g

AQUOS zero7スペック評価レビュー

記事作成段階でAQUOS zero 7のスペックに関する情報は多くありません。そこで2021年モデルAQUOS zero 6の情報をもとに、AQUOS zero 7のスペックを予想してみました。

AQUOS zero 7はプロセッサやカメラを中心にスペックアップが図られるものと思われます。

AQUOS zero 7AQUOS zero 6
ディスプレイ6.4インチ 有機EL(フルHD+)

2,340×1,080px

240Hz

6.4インチ 有機EL(フルHD+)

2,340×1,080px

240Hz

プロセッサSnapdragon 7 Gen1Snapdragon 750 5G
RAM8GB(LPDDR5?)8GB(LPDDR4X)
ストレージ128GB(UFS3.1?)

外部ストレージ対応

128GB(UFS2.2)

外部ストレージ対応

メインカメラ標準 : 4,800万画素

広角 : 画素数アップ?

望遠 : 画素数アップ?

レーザーAF

センサーサイズ大型化の可能性あり

広角: 4,800万画素

超広角 : 800万画素

望遠 : 800万画素

レーザーAF

サブカメラ画素数アップ?1,630万画素
生体認証画面内蔵指紋認証/顔認証画面内蔵指紋認証/顔認証
バッテリー容量不明4,010mAh
5G対応Sub-6/ミリ波Sub-6/ミリ波
防水・防塵性能IPX5/IPX8(お風呂対応)・防塵(IP6X)IPX5/IPX8(お風呂対応)・防塵(IP6X)
おサイフケータイ/NFC
イヤホンジャック
サイズ(mm)不明約158×73×7.9
重さ(g)不明146g
続いてこれらの内容を詳しくみていきましょう。

AQUOS zero 7のディスプレイ

AQUOS zero 7のディスプレイは引き続き6.4インチ 有機EL(フルHD+)となる可能性が高いです。

【参考】AQUOS zero 6のディスプレイ

AQUOSディスプレイ

(画像出典 : Qualcomm )

2021年モデルAQUOS zero 6のディスプレイは、10億色の色表示が可能となったほか、超高速なリフレッシュレート240Hzに対応しました。(ハイレスポンスモードの場合)

AQUOS zero 7で期待できるスペックアップとしては、画面輝度の向上などでしょうか?

AQUOS zero 7のプロセッサ

AQUOS zero 7のプロセッサはSnapdragon 7 Gen 1になると思われます。

Snapdragon 7 Gen1
(画像出典 : Qualcomm )

Snapdragon 7 Gen 1は、Snapdragon 7シリーズの最新プロセッサです。

従来のSnapdragon 7に比べ演算性能がアップしたほか、20%高速なGPUを搭載、AI性能やセキュリティ性能も大幅にアップしています。

AQUOS zero 7のRAM

AQUOS zero 7のRAM容量は従来通り8GBになると思われます。ミドルレンジスマホとしては十分な容量といえるでしょう。

ただし、より高速で省電力性能に優れるLPDDR 5 RAMを搭載する可能性があります。

これは、Snapdragon 7 Gen 1がLPDDR 5をサポートしているためです。

AQUOS zero 7のストレージ

AQUOS zero 7のストレージは従来同様128GBで変更がないと思われます。また、引き続き外部ストレージにも対応するでしょう。

ただし、AQUOS R7と同じく、高速なUFS3.1規格のストレージを搭載する可能性があります。

AQUOS zero 7のカメラ

AQUOS zero 7のリアカメラは引き続き、3眼+レーザーAFの組み合わせとなる可能性が高いです。

スペックアップとして考えられるのは、広角・望遠カメラの画素数アップやセンサーサイズの大型化でしょうか?

フロントカメラについては、画素数アップが期待されます。

AQUOS zero 7の生体認証

AQUOS zero 7の生体認証は画面内蔵式指紋認証・顔認証となるでしょう。

AQUOSシリーズの画面内蔵式指紋認証は、認証エリアの広さと認証速度の早さに定評があります。

【参考】AQUOS R6指紋認証の様子

AQUOS zero 7のバッテリー容量

AQUOS zero 7のバッテリー容量に関する情報はありません。

ただし、より軽量化・薄型化が図られた場合、バッテリー容量が減ることも考えられます。

AQUOS zero 7の5G対応

AQUOS zero 7は、2021年モデルAQUOS zero 6と同様に5GのSub-6とミリ波に対応する見込みです。

AQUOS zero 7の防水・防塵性能

AQUOS zero 7の防水・防塵性能はIPX5/IPX8(防水)・IP6X(防塵)となる見込みです。

防水性能に関してはシャープが「お風呂対応」と謳っており、バスルームでも安心して利用することが可能です。

AQUOS zero 7のおサイフケータイ・NFC

AQUOS zero 7はおサイフケータイ対応でNFCを搭載しています。

独自のPayトリガー機能も搭載しているので、キャッシュレス決済に便利です。

AQUOS zero 7のイヤホンジャック

AQUOS zero 7は引き続きイヤホンジャックを搭載する見込みです。

ただし、過去モデルAQUOS zero 2でイヤホンジャックが廃止されたこともあり、薄型化や軽量化次第で再び廃止される可能性もあります。

AQUOS zero 7の機能・新機能

AQUOS zero 7はシャープならではの便利な機能や新機能を搭載する見込みです。

ここでは、すでにAQUOSシリーズに搭載されている機能を紹介します。

AQUOSトリック

AQUOS独自の操作を快適にする機能です。

AQUOSトリック
(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

画面を右上から斜め下にスワイプするだけで画面をキャプチャできるClip Nowや画面を自動でスクロールしてくれるスクロールオートなど、多彩な機能が用意されています。

インテリジェントチャージ

バッテリーを経由(充電)せず、充電器から直接プロセッサやディスプレイに給電することでバッテリーへの負荷を減らす機能です。

これにより、バッテリー寿命を伸ばすことができます。

【参考】AQUOS R7のインテリジェントチャージ機能

インテリジェントチャージ

(画像出典 : ドコモオンラインショップ )

例えば、充電しながらゲームや動画を視聴する場合、ディスプレイ点灯中はダイレクト給電され、消灯時には充電へと切り替わります。

テザリングオート

あらかじめ設定した場所へ移動すると、自動でテザリングがオン/オフされる機能です。

テザリングオート

(画像出典 : シャープ )

例えば、自宅で固定回線へWi-Fi接続している場合は自動でテザリングをオフに。また、外出先で頻繁にパソコンを使う方は、自動的にテザリングをオンにするなどの設定を行うことができます。

Payトリガー

指紋認証センサーを長押しすることで、好きなアプリを起動する機能です。

ワンタッチでPayPayなど決済アプリを起動できるため、コンビニなどでの支払いに便利です。

Payトリガー

(画像出典 : シャープ )

また、Payトリガーにはさまざまなアプリを登録可能なので、カメラアプリの起動に利用しても便利でしょう。

AQUOS zero 7はeSIMに対応?デュアルSIMには対応する?

AQUOS sense 7はeSIMに対応する見込みです。このため、物理SIMと合わせてデュアルSIMにも対応するはずです。

AQUOS zero7のSIMフリーモデルは発売される?

AQUOS zero 7は従来同様にSIMフリーモデルが発売されないものと思われます。

ただし、初期のAQUOS zeroシリーズでSIMフリーモデルが発売されたことがあるため、AQUOS zero 7でSIMフリーモデルが復活する可能性もあります。

AQUOS zero 7を待つべきか・AQUOS zero 6を買うべきか

AQUOS zero7 発売日いつ?予約開始日・価格・スペック最新情報についてまとめてきました。

では結果として、AQUOS zero7を待つべきなのでしょうか、それともAQUOS zero 6を買うべきなのでしょうか?

ずばり、AQUOS zero7を待つべきです。理由は次の通りです。

AQUOS zero7を待つべき理由

  • さらに軽量化・薄型化される可能性がある
  • 最新プロセッサを搭載
  • カメラ性能・機能がアップする可能性が高い
  • AQUOS zeroシリーズの発売は年に1度。最新モデルを購入する意義は大きい

ただし、「いま使っているスマホが限界」「AQUOS zero 6の性能で十分」と感じている方はAQUOS zero 6を購入しても良いのではないでしょうか?

以上、AQUOS購入の参考にしてください。

AQUOS関連情報

AQUOS R7とAQUOS R6を比較!違いは?おすすめは?どっちを買うべきか解説
AQUOS wish2とAQUOS wish違いを比較!スペック・性能からどっち買うべきおすすめな人を解説
AQUOS wish2 安い!さらに安く買うキャンペーン情報も紹介【ドコモ・ワイモバイル】
ahamo(アハモ)でAQUOS wish2は使える!購入・機種変更方法も解説

-AQUOS
-, , , , ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.