アハモ(ahamo)端末に機種変更した後のデータ移行方法

アハモ ahamo 端末 機種変更 データ移行 方法

アハモ(ahamo)の端末に機種変更した後のデータ移行方法について解説します。

アハモ(ahamo)に機種変更後のデータ移行は自分でやる必要があり、AndroidからiPhoneへの機種変更、iPhoneからiPhoneへ変更などが必要になりますが、どのデータ移行も簡単です。

ドコモ電話帳やドコモデータコピーがアハモで使えるのかどうかも解説するので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

ahamo対応機種をお得に購入できる

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで好きな時に注文

ahamo機種変更におすすめ機種発売中

ahamo(アハモ)は公式サイトで確認はこちら

※24時間好きな時に手続きがきる

アハモ(ahamo)のiPhoneに機種変更した後のデータ移行方法

既存のiPhoneシリーズから、アハモ(ahamo)のiPhoneに機種変更した後のデータ移行方法は、以下の通りになります。

アハモ版iPhoneのデータ移行方法

  • iTunesを使ってデータを移行する
  • iCloudを使ってデータを移行する
  • 直接データを移行する(クイックスタート)

一昔前まではiTunesとiCloudを使ってデータを移行するのが主流でしたが、今はもう使っている人は少ないでしょう。何故かというと、直接データを移行する方法が非常に便利になったからです。

ahamoのiPhoneに機種変更した後のデータ移行はクイックスタートを使う

直接データを移行する方法は「クイックスタート」と呼ばれており、iOS 12を搭載できるiPhone同士であれば使える機能となっています。

使い方は非常に簡単。アクティベートが終わった新しいiPhoneをデータ移行したい元々のiPhoneに近づけて、Apple IDのパスワードを入れれば勝手にデータ移行してくれます。

電話帳データや画像などはもちろんのこと、SMSのメッセージも全てデータ移行してくれます。

やってみると本当に拍子抜けするぐらい簡単なのですが、1つだけ注意があります。それは電池切れです。

データ移行までの時間は多少かかるうえ、電力もある程度消費するため、バッテリーは満タンにするか充電につなげた状態でクイックスタートするようにしてください。

アハモ(ahamo)版として機種変更できるiPhoneについては、以下の記事にて詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみて下さい。

iPhoneからahamo用のAndroidへデータ移行は専用ツールで

もともと持っていたiPhoneをアハモ(ahamo)用のAndroidに変える場合、AndroidからAndroidに変更する方法と基本的には変わりません。

メーカー提供のデータ移行ツールやドコモショップ店頭にある「DOCOPY(ドコピー)」を使うことになります。(詳しくは後述)

アハモ(ahamo)のAndroidに機種変更した後のデータ移行方法

アハモ(ahamo)のAndroidに機種変更した後データ移行の方法は大きく分けて3つあります。

アハモ版Androidデータ移行方法

  • Googleのサービスを使ってデータを移行する
  • メーカー提供のアプリでデータを移行する
  • SDカードにデータを入れてデータを移行する

最もオススメできないデータ移行方法は、SDカードを使う方法です。SDカードをわざわざ準備しなければなりませんし、パソコンを準備する必要もあります。

Googleのサービスを使ってクラウド上、つまりインターネット上にデータを保存し、新しいスマホでGoogleのサービスのアクセスして、そのデータをサルベージしていくという方法もありますが、少々面倒です。

具体的なサービスとしてはGoogleドライブを使うことになりますが、iPhoneのクイックスタートに比べて少々難しいです。個人的にオススメなのは、メーカーが提供しているツールを使うか、DOCOPY(ドコピー)を使うことです。

ahamoのandroidに機種変更した後のデータ移行は専用ツールを使う

XperiaやGALAXYなど人気Androidは、メーカー側がデータ移行ツールを提供しています。

GALAXYはiPhoneのクイックスタート機能のように、スマホ同士を横に置いてデータ移行できる「SmartSwitch」というツールがあります。

Xperiaは接続コードを使うことになりますが、専用アプリでデータ移行するので、スムーズかつ時間をかけずにデータ移行が可能です。

ただし、メーカーが提供しているツールは対象機種にある程度限りがあります。例えばXperiaのツールはXperia同士でしかデータ移行ができません。

メーカー指定のツールがない場合はデータ移行はドコピーを使う

そもそもメーカーがデータ移行ツールをリリースしていないスマホもあります。

そんな場合は、ドコモショップ店頭にあるDOCOPY(ドコピー)を使ってみてはどうでしょうか?

DOCOPY(ドコピー)はドコモショップにあるスマホデータ移行を自分でやるための機械です。

アハモ(ahamo)も対応しているため、お近くのドコモショップにDOCOPY(ドコピー)があるなら使ってみるのも良いでしょう。

なお、DOCOPY(ドコピー)については以下の記事にて詳しく紹介していますので、併せてチェックしてみて下さい。

【ドコモでAndroidからiPhone】機種変更データ移行

また、アハモ(ahamo)に機種変更できるAndroidについては以下の記事にて紹介しています。ぜひチェックしてみて下さい。

ahamo(アハモ)の対応機種一覧! 非対応端末はどれ?対応機種以外はどうなる?

AndroidからiPhoneにデータ移行する時はアプリを使う

iPhoneからAndroidに移行するときは「move to iOS(iOSに移行)」というアプリを使えば簡単にデータ移行できます。

Google Playストアからインストールし、表示される手順通りに進んでいけば、びっくりするほど簡単にデータ移行できます。

詳しくは以下の記事にて解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

ドコモAndroidからiPhoneへデータ移行方法

アハモ(ahamo)に機種変更後のデータ移行が自分でできない場合は?

アハモ(ahamo)に機種変更した後のデータ移行は、自分でやる必要があります。アハモ(ahamo)はネットで完結するサービスのため、ドコモショップ店頭では基本的に何もやってくれません。アハモ公式ページでも明確に発表されています。

アハモ(ahamo)に機種変更してデータ移行するなら、自分でするようにしましょう。しかし、できない場合もあると思いますから、そのときの対処法を紹介します。

3,300円支払えばドコモショップ店頭でデータ移行してもらえる

2021年5月1日より、有料にはなりますがドコモショップ店頭で、データ移行をしてもらえます。金額は3,300円で、「初期設定サポート」サービスとして対応してもらえます。

ただ、代理店型のドコモショップなどでは「アハモは初期設定サポート対象外かもしれないので調べる時間をください」と答えられる場合があるので、注意してください。つまり、店員もアハモが初期設定サポートの対象かどうかよくわかっていないのです。

店員が調べた結果、結局は「初期設定サポートとして対応できる」という回答になるのですが、調べてもらうまでに時間がかかり、色々とゴタゴタします。

ahamo向けデータ移行サービスを使う場合は事前に確認を

ショップに行った後にこのようなゴタゴタになると時間がもったいないので、最寄りのショップに事前確認しておいた方が良いでしょう。

しっかりと「初期設定サポートはアハモ対応です」と答えてくれるショップに行っておいた方が、時間を無駄にすることはありません。なお、初期設定サポートは予約が必要なので、電話したときに来店予約も一緒に済ませておくようにしましょう。

データ移行サービスに関しては、以下の記事に解説しています。一緒にチェックしてみてください。
ドコモショップ データ移行 有料

ahamo注意点

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円)をご利⽤ください。
なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込みください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。

アハモ(ahamo)に機種変更後のデータ移行の注意点

アハモ(ahamo)に機種変更後のデータ移行の注意点をまとめておきます。

ドコモ電話帳はアハモ(ahamo)では使えない

ドコモ電話帳は自分でデータ移行するためのクラウドツールですが、アハモでは使えません。

ドコモでAndroidを使っていた時、ドコモ電話帳を使ってデータ移行していた人もいるかもしれません。

しかし、ドコモ電話帳はアハモ機種では使うことができません。アハモに変更した時点でクラウドにある電話帳データは消去されるので注意してください。

もちろん端末に残っているデータまで消去されませんが、バックアップとして残しているドコモ電話帳のデータが消える事は忘れないようにしましょう。

なお、ドコモが提供している電話帳クラウドサービス「ドコモ電話帳」は、iPhoneには対応していません。これはアハモ版iPhoneだけではなく、ドコモ版iPhoneにも共通することです。

iPhoneはドコモ電話帳を使ってデータ移行できませんので、これから紹介する方法を使って、データ移行するようにしましょう。

ドコモデータコピーはアハモの動作保証対象外

自分でデータ移行をするためのアプリである「ドコモデータコピー」はアハモの動作保証対象外になっているので注意しましょう。動作しない可能性大です。

ドコモデータコピーはドコモの機種同士であればiPhoneからiPhone、AndroidからiPhoneなど様々な組み合わせでデータ移動できるアプリです。

しかし、ドコモデータコピーはアハモ機種は動作保証対象外となっており、まともに動作しない可能性があるので注意しましょう。

そもそもドコモデータコピーコピーは、機種同士の相性が非常に影響するアプリとしてお馴染みです。

機種同士の組み合わせによっては、何時間たってもデータ移行できないこともあるので、アハモ(ahamo)機種へのデータ移行はドコモデータコピーを使わない方が良いでしょう。

アハモ(ahamo)へのデータ移行を自分でやってみよう

アハモ(ahamo)へのデータ移行は基本的に自分でやらなければいけません。もしドコモショップ店頭で行うのであれば、3300円のデータ移行サポートを使うか、DOCOPY(ドコピー)を使うことになるでしょう。

ただ、データ移行はそこまで難しくありません。特にiPhoneとiPhoneでデータ移行する際はクイックスタートという機能があるので簡単にできます。

AndroidからiPhoneに移行する時も、専用のアプリがあるので簡単にできるでしょう。AndroidからAndroid、iPhoneからAndroidにデータ移行する時が少々面倒臭いです。

自分でチャレンジしてみてどうしてもできないという場合は、ドコモショップを頼ると良いのではないでしょうか。

ドコモショップでデータ移行・ショップ検索する方は

ドコモショップ予約・検索はこちら

※日本全国のドコモショプが調べられる

ahamo対応機種をお得に購入できる

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで好きな時に注文

ahamo機種変更におすすめ機種発売中

ahamo(アハモ)は公式サイトで確認はこちら

※24時間好きな時に手続きがきる

ahamo注意点

※ahamoでは⼀部ご利⽤できないサービスがあります。
※ahamoはデータ容量20GB使えて2,970円/⽉(税込)ですが、機種代⾦別途になります。
※ahamoは申込みからサポートまでオンライン受付(24時間受付)するプランです。
(ドコモショップ等で税込3,300円有償サポートあり・サイトメンテナンス中など受付できない場合あり)

ahamoの通話料いくら?他社と比較すると高いかも解説
ahamo(アハモ)かけ放題とは?5分で充分?24時間は必要?
ahamo(アハモ)でiPhone SE4(第4世代)は使える?購入・機種変更の方法も解説
ahamoで「メールアドレスはすでに登録されている」が出たときの対処法

-ドコモ(docomo)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.