※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneにできてAndroidにできないことは何だ?7つの違いを詳しく解説

iPhoneにできてAndroidにできないことについて知りたいと悩んでいませんか?

そこで本記事では、iPhoneならではの特徴についてわかりやすく説明しますね。

まず、iPhoneはApple製品との連携がとてもスムーズです。

例えば、MacやiPad、Apple Watchと一緒に使うと、写真やファイルを簡単に共有できるんです。

また、iPhoneにはマナーモードの切り替えスイッチがあり、音を出したくない時に便利なんですよ。

しかし、iPhoneにしかできないことと言われると、実はそんなに多くはありません。

一般的には、OSにかかわらずスマホの操作に慣れているかどうかが、使い勝手に大きな違いを生むことが多いです。

もし次のスマホを選ぶ時が来たら、今使っているスマホに似た操作性のものを選ぶと、戸惑うことが少なくてすむでしょう。

もしスマホを使ったことがない人がiPhoneを使いはじめたら、その使いやすさに驚くかもしれませんね。

このように、今回はiPhoneにしかできないことに焦点を当てて、自分に合ったスマホを見つけるために解説していきます。

iPhoneにできてAndroidにできないこと7つ

iPhoneとAndroidの違いについてお話しすると、どちらも素晴らしいスマートフォンであり、かなり最近では似てきているというのが正直なところです。

ですが、アップル製品であるiPhoneにはいくつか独自の特長がありますね。

iPhoneにしかできないことは、iPhoneはApp Storeを通じて、数多くのアプリを入手できます。

App Storeは安全性や品質が高く評価されており、特定のアプリはiPhoneでしか使えないものもあります。

次に、Apple製品との連携です。MacやiPadなどとの連携がスムーズで、例えば、Macで作業をしているときにiPhoneからの通知を受け取ったり、すぐにファイルを共有したりすることができます。

iPhoneにはマナーモードの物理スイッチもあります。

これによって、音を出したくない場面でサッと切り替えが可能です。

さらに、iPhoneユーザー同士なら、使い方について質問しやすいというメリットもあります。

多くの人がiPhoneを使用しているので、助け合いやすいですね。

操作のシンプルさもiPhoneの特長です。直感的に理解しやすいUIが多くの人に好評です。

iPhoneはその動作も速いことで知られています。アプリの起動や画面の切り替えがスムーズで、快適に使用できます。

最後に、iPhoneは中古市場でも価格が安定しており、新しいモデルに変えるときの売却価格が比較的高く保たれやすいです。

これらの特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

App Storeからアプリをダウンロードすること

iPhoneとAndroidの違いを説明するとき、よく出てくるのが、それぞれのスマートフォンで利用できるアプリストアです。

iPhoneでは「App Store」を、Androidでは「Google Play ストア」を使います。

「でもアプリはどちらにもあるでしょう?」と思うかもしれませんね。

確かに、多くのアプリは両方のストアで手に入ります。

しかし、いくつかのアプリは一方のストアにしかなかったり、開発者によっては個人で作ったアプリを一方にだけ配信することもあります。

例えば、あるアプリがApp Storeで先に出た後、少し時間が経ってからGoogle Play ストアでリリースされることがありますし、その逆の場合もあるんですよ。

また、個人開発者が作ったユニークなアプリは、扱いやすさや規制の違いから、App StoreかGoogle Play ストアのどちらか一方にしかないことがよくあります。

これらの違いは、iPhoneとAndroidを選ぶときに考えるポイントにもなります。

どのアプリをよく使うかによって、どちらのスマートフォンが自分に合っているかが変わってくるので、選ぶ前にちょっと調べてみるといいですね。

Macなどのデバイスと連携可能

iPhoneはApple社が作っているので、同じApple社の製品、たとえばMacパソコンやiPad、Apple Watch、AirPodsイヤホンと一緒に使うととても便利です。

例えば、iPhoneで撮った写真をすぐにMacで見たり、iPadでコピーした文章をiPhoneでペーストしたりできるんですよ。

しかし、Androidスマホでも連携が全くできないわけではありません。

Googleアカウントを使えば、さまざまなデバイスで情報を共有できますし、同じメーカーの製品、例えばSamsungのGalaxyスマホとGalaxyタブレットなら、特に連携がスムーズです。

どちらのスマホも、「ちょっとしたこと」を便利にできるように工夫されているので、自分が普段使うデバイスに合わせて選ぶと良いですね。

iPhoneもAndroidも、どちらも日常生活をもっと楽しく、便利にしてくれる素敵なツールなんですよ。

マナーモード専用スイッチあり

iPhoneには、ずっと「マナーモードスイッチ」という便利な機能がついています。

これは本体の側面にある小さなスイッチで、カチカチと動かすだけで簡単にマナーモードに切り替えることができます。

学校や図書館など、静かな場所で急に音を消さなければならないときに、画面を操作することなく直ぐに設定できるのは、とても便利ですね。

一方、多くのAndroidスマホにはこのような物理スイッチはついていません。

Androidスマホをマナーモードにするには、画面を操作して設定メニューから変更する必要があります。

急いでいるときには少し手間がかかるかもしれません。

また、2023年に発売されたiPhone 15 Pro・iPhone 15 Pro Maxでは、従来のマナーモードスイッチが「アクションボタン」に進化しました。

この新しいボタンはマナーモードの切り替えだけでなく、他の便利な機能を簡単に使えるように設計されています。

iPhoneがどんどん便利になっているのを感じられるポイントですね。

iPhoneユーザーに操作方法が聞ける

日本では、iPhoneがとても人気がありますね。その大きな理由の一つは、iPhoneが全モデルで操作方法がほとんど同じだからです。

それに比べて、Androidスマホは「Galaxy」や「Xperia」、「Google Pixel」、「AQUOS」など、さまざまなブランドがあり、それぞれのスマホで操作方法が少しずつ異なるんです。

iPhoneの良い点は、新しいモデルでも古いモデルでも、iOSのバージョンが更新されることでほぼ同じように使えることです。

だから、iPhoneユーザーはみんな同じ操作でスマホを使うことができます。

これが、お年寄りやスマホ初心者にとっては大きな安心材料になります。操作に不安があるときは、周りの人に簡単に聞くことができるから、学ぶのもずっと楽になるんですよ。

Androidも素晴らしい機能が多く、使いこなせるととても便利ですが、ブランドごとに特性があるため、使い始めるときは少し慣れが必要かもしれません。

どちらのスマホを選ぶかは、使いやすさや好みによるところが大きいですね。

基本的に操作がシンプルで分かりやすい

iPhoneの操作がシンプルでわかりやすいと感じる人が多いのは確かですね。

iPhoneは「余計なものを省いて、必要な機能だけに絞る」ことで使いやすさを追求しています。

これが、特にスマホ初心者や使い方をシンプルに保ちたい人に選ばれる理由の一つです。

一方で、Androidスマホは「パソコンに近い」という表現がぴったりです。

Androidはカスタマイズ性が高く、ユーザーが自分の好みに合わせていろいろと設定を変更できるのが魅力です。

これにより、自分だけの使いやすいスマートフォンを作り上げることができます。

もちろん、どちらのスマホも「慣れ」が操作のしやすさに大きく影響します。

今までAndroidを使っていた人は、そのまま続けて使用することがおすすめですが、スマートフォンをこれから始める人には、そのシンプルさからiPhoneがおすすめとされています。

動作がさくさく早い

高価でハイエンドのAndroidスマートフォンならば、iPhoneに匹敵するほどサクサクと動くものがあります。

それは、高性能なプロセッサや最適化されたソフトウェアが搭載されているからです。

iPhoneの場合、OS(オペレーティングシステム)もハードウェアもApple社が一貫して設計・製造しているため、ソフトウェアとハードウェアの相互作用が非常に滑らかです。

このため、iPhoneは全体的にサクサクとした動作を実現しやすいのです。

一方で、Androidスマートフォンは、OSはGoogleが提供していますが、ハードウェアはSamsung、Sony、Huaweiなど様々なメーカーが製造しています。

ただし、Googleの「Pixel」シリーズのように、ハードウェアもGoogle自身が設計しているモデルもあります。

これにより、PixelはiPhoneに近い一貫したパフォーマンスを提供することが可能です。

しかし、Androidスマートフォンはハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広い製品があり、その性能には大きな差が存在します。

ハイエンドモデルでは非常に高速で応答性が良いですが、エントリーモデルではやや動作が重たく感じることもあります。

売るときの価格も高めで安定

iPhoneが持つもう一つの大きなメリットは、再販売価格が安定していることですね。

これは、使い終わった後の買取価格が比較的高く保たれることを意味します。

たとえば、4年前や5年前のiPhoneでも、他の多くのスマートフォンよりも高い価格で売れることがあります。

これに対して、Androidスマートフォンは状況が異なります。

たとえば「Galaxy」や「Xperia」といった人気モデルであれば高価買取されることもありますが、多くの場合、4年前のAndroid機種を売ろうとしても、数千円程度の価値しかないことが多いのです。

このように、iPhoneは新しいモデルにアップグレードする際にも、古いモデルを売って次の購入資金に充てることができるため、経済的にも賢い選択と言えます。

何年も使った後でも、一定の価値があるため、新しいiPhoneを購入するサイクルを考えているなら、iPhoneを選ぶのはとても理にかなっていますね。

AndroidにあってiPhoneにないこと5つ

反対に、Androidスマートフォンには、iPhoneにはないいくつかの便利な機能がありますよ。

Androidは「Google Playストア」のアプリを使えます。

さらに、Androidスマートフォンには「戻るボタン」がついています。

多くのAndroidスマートフォンにはSDカードを挿入するスロットがあります。

Androidスマートフォンの本体価格は、同じぐらいの機能を持つiPhoneに比べて安いことが多いです。

最後に、Androidはカスタマイズがとても自由です。

自分だけのスマートフォンを作りたい人には、Androidがおすすめです。

ではそれぞれの利点についてさらに詳しく解説していきますね。

Google Playストアでアプリをダウンロード

Androidスマートフォンの特徴の一つは、Google Playストアからアプリをダウンロードできることです。

App StoreとGoogle Playストアはどちらもたくさんのアプリがありますが、使えるアプリが少し違います。

もし「Google Playストアにしかないアプリを使いたい!」と思ったら、Androidスマートフォンが必要です。

特定のゲームや便利なツールなど、Google Playストア限定のアプリもあるので、それを使いたいときはAndroidを選ぶといいでしょう。

このように、どんなアプリを使いたいかによって、スマートフォンを選ぶ際のポイントが変わってきますね。

「戻る」ボタンがある

Androidスマートフォンには、ほとんどの場合「戻る」ボタンがついていて、これを表示させたり消したりすることができます。

このボタンを使うと、前に見ていた画面に簡単に戻ることができるんですよ。

ただし、この「戻る」ボタンの使い方は、「操作に慣れる」ということが大切です。

最初は少し戸惑うかもしれませんが、使っているうちにどんどん便利に感じるようになると思います。

それぞれのスマートフォンには特徴があるので、自分に合った使い方を見つけるのが一番ですね。

SDカードが使える

Androidスマートフォンの便利な機能の一つに、SDカードを使って本体の保存容量を増やせる点があります。

最近はこの機能を持つモデルが減ってきているものの、まだ多くのAndroidスマートフォンで利用できます。

特に、写真や動画など、たくさんの内部容量を使うコンテンツを保存するときには、SDカードがとても役立ちます。

これにより、たくさんのお気に入りの写真や動画をスマートフォンに保存しておくことができ、外出先でも楽しむことができるんです。

この機能があると、スマートフォンの使い勝手がグッと向上しますね。

本体代金が安め

Androidスマートフォンには、新品で1〜2万円で買えるものもあります。

これはとても経済的で、基本的な電話機能については、もっと高価なスマートフォンと何も変わりません。ただし、カメラの画質や操作感には違いがあるかもしれません。

つまり、写真をたくさん撮るか、スマホをサクサク操作したいかによって、もう少し高いモデルを選ぶ理由があるんですね。

一方で、iPhoneは価格が高めであることがよく指摘されますが、その一部は「ブランド料」として考えることができます。

iPhoneには独自のデザインや機能があり、Appleブランドが持つステータスを評価する人も多いのです。

そのため、iPhoneにただの電話を超えた価値を見いだしている人にとっては、その価格も納得のいくものとなっています。

こだわってカスタマイズできる

Androidスマートフォンはちょっと「パソコンみたいな」面があります。

なんといっても、自分の好きなようにカスタムできるんです。

好きなデザインに変えたり、他のデバイスやデータと簡単につなげたりして、世界に一台だけの自分だけのスマートフォンを作ることができます。

Androidでは、iPhoneでは触れることのできないファイルにアクセスしたり、普通は変更できない設定を自分で調整することも可能です。

だから、「いろいろと触ってみたい! 自分好みにしたい!」という人には、Androidがぴったりです。

一方で、スマートフォンを「とりあえず最低限使いたい」と思っている人には、iPhoneがおすすめです。

iPhoneは使い方がシンプルでわかりやすく、すぐに使いこなせるようになります。

ちなみに、ホーム画面を自分好みにカスタマイズできる「ウィジェット」機能は、昔はAndroidにしかなかったんですが、今はiPhoneでも使えるようになっています。

これもスマートフォンの進化の一つですね。

大切なのは慣れているかどうか!スマホ初心者ならiPhoneがベター

ここまで、iPhoneとAndroidについて、それぞれにしかできないことを見てきましたね。

冒頭でお話したように、iPhoneとAndroidはお互いに似た機能を持ってきています。

そのため、結論としては、「今までiPhoneを使っていた人にはiPhoneがおすすめ」で、「今までAndroidを使っていた人にはAndroidがおすすめ」です。

長く使っていると、そのスマートフォンの操作に慣れていますから、新しいスマートフォンを選ぶときも、前と同じ種類を使うのが一番楽かもしれません。

また、もしスマートフォンをこれから始める人がいれば、iPhoneをおすすめします。

iPhoneは使い方がシンプルで分かりやすいため、スマホ初心者にはとても扱いやすいですよ。

関連情報

iPhoneコスパ最強の機種はどれ?予算別に解説【2024年6月】

iPhone 14と15の違いを比較!iPhone 15と14どっちがいい?

iPhone離れが日本で加速中?Androidが存在感を増す理由

iPhone買うならどこ?おすすめの買える場所

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.