iPhone13(mini/Pro/Max)のカメラ性能予想まとめ|画素数・出っ張り・望遠進化するのは

トップ画像

iPhone13の発売日が近づいてきて、ワクワクが止まらない「まるり」(@happyiphone_go)です。

2021年発売のiPhone13は、カメラ性能が大きく向上するといわれています。

写真好きな方には、とても気になる話ではないでしょうか?

この記事では、最新の噂やリーク情報をもとに、「iPhone13(mini/Pro/Max)のカメラ性能予想まとめ|画素数・出っ張り・望遠進化するのは」を紹介します。

ドコモ公式サイトで確認はこちら

au公式サイトで確認はこちら

ソフトバンク公式サイトで確認はこちら

 

iPhone13(mini/Pro/Max)のカメラ性能予想・噂・リーク情報

iPhone12カメラ
(画像出典 : Apple )

iPhone13(mini/Pro/Max)のカメラで進化するとされているのは、大きくまとめて次の6つです。

  • 一層明るいレンズを搭載
  • 全モデルがセンサーシフト式手ブレ補正を採用
  • iPhone13 Proは望遠性能がアップ
  • LiDARスキャナはiPhone13 Pro/Pro Maxのみ搭載
  • 動画ポートレート/天体写真モードを搭載
  • カメラユニットが大型化・厚みも増加

これらの話題を中心に、現時点で得られているiPhone13シリーズのカメラ性能・予想をまとめてみました。

全モデルのレンズ口径がアップ。一層明るい写真が撮影可能に

モックアップ
(画像出典 : YouTube )

iPhone13シリーズのカメラは、全モデルのレンズ口径がアップするようです。特にiPhone13 Proはレンズ口径が大きくアップし、iPhone13 Pro Maxと同じ口径になるといわれています。

これにより、一層明るい写真が撮影可能となりそうです。

レンズ口径の前モデル比
iPhone13 mini+11.5%
iPhone13+11.9%
iPhone13 Pro+54.2%
iPhone13 Pro Max+26.5%

【参照】: MacRumors

全モデルが明るい超広角レンズを搭載。暗所の撮影性能がアップ

iPhone13シリーズは、全モデルの超広角レンズが一層明るくなり、暗所での撮影性能がアップする見込みです。

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏によると、iPhone13の超広角レンズはf/1.8となる見込み。iPhone12ではf/2.4だったので、大幅に明るくなることになります。

【参照】 : MacRumors

iPhone13 Pro Maxのみ明るい広角レンズを搭載

モックアップ
(画像出典 : YouTube )

広角レンズについては、iPhone13 Pro Maxのみがf/1.5と明るさがアップする見込みです。

一方、iPhone13/13 mini/13 Proの広角レンズは、昨年同様に6枚構成でf/1.6となるようです。

f値(絞り)の差はわずかですが、どれだけ写真の明るさに差が出るのか、気になるところですね。

【参照】: MacRumors

iPhone13 Pro/Pro Maxは超広角レンズがオートフォーカス対応

Appleの情報に詳しいTFI証券のMing-Chi Kuo氏によると、iPhone13 Pro/Pro Maxの超広角レンズがオートフォーカスに対応するようです。

これまでの超広角レンズは焦点が固定式だったため、より鮮明で歪みの少ない画像が期待できます。

【参照】: MacRumors

iPhone13 Proの望遠カメラは2.5倍ズームに

昨年モデルでは、iPhone12 Pro Maxが2.5倍の光学ズームに対応、iPhone12 Proは従来通りの2倍光学ズームでした。

iPhone13シリーズでは、iPhone13 Proも2.5倍の光学ズームに対応する見込みです。

これにより、iPhone13シリーズのズームは以下の通りとなるでしょう。

光学ズームデジタルズーム(最大)
iPhone13/13 mini5倍
iPhone13 Pro/13 Pro Max2.5倍12倍

【参照】 : MacRumors

iPhone13のカメラは画素数に変更なし

女性

iPhone13シリーズのカメラは画素数に変更がなく、引き続き1,200万画素となるようです。

iPhoneが高画素化しない理由について、iDROP NEWSは次のように分析しています。

  • センサーサイズやセンサーの質を重視しているため
  • 高画素化すると写真のデータサイズが大きくなり、ストレージを圧迫するため

センサーサイズやセンサーの質を重視しているのであれば、画素数に変化がないこともデメリットといえないのかもしれません。

また、iPhoneはストレージ容量の追加ができないので、データサイズを考慮しているのもうなずける話ですね。

iPhone12 容量の選び方

【参照】: iDROP NEWS

LiDARスキャナはiPhone13 Pro/Pro Maxのみ搭載

LiDARスキャナ

(画像出典 : Apple )

LiDARスキャナ(ライダースキャナ)は、引き続きiPhone13 Pro/13 Proのみ搭載となる模様です。

LiDARスキャナとは、レーザーの反射時間を利用して被写体との距離を測定する装置。暗い場所でのオートフォーカスが高速化するほか、ARアプリでも利用されます。

一部では、iPhone13/13 miniにも搭載と噂されていましたが、コスト面やiPhone13 Proとの差別化のために採用は見送られたようです。

【参照】: MacRumors

全モデルがセンサーシフト式(光学式)手ブレ補正を搭載

手ブレ

(画像出典 : Apple )

昨年モデルでは、iPhone12 Pro Maxにのみ採用されたセンサーシフト式(光学式)手振れ補正が、iPhone13ではすべてのモデルに搭載されるようです。

センサーシフト式(光学式)手振れ補正は、一眼レフカメラに採用される技術。従来の電子式手振れ補正に比べ「薄暗い場所に強い」「補正による画質劣化がない」などのメリットがあります。また、iPhone搭載のカメラアプリだけでなく、サードパーティ製カメラアプリでの手振れ補正にも対応するなど、多数のメリットがあります。

手ぶれ補正の方式薄暗い場所での撮影画質の劣化他のカメラアプリでの手ブレ補正可否
センサーシフト式(光学式)強いなし可能
電子式弱いあり不可

ただし、センサーシフト式手ぶれ補正の採用により、iPhone13シリーズのカメラユニットは大型化されるようです。

【参照】: DigiTimes

iPhone13/13 miniはレンズ配置が斜めになる

13mini
(画像出典 : Pigtou.com )

iPhone13/13 miniのリアカメラは、レンズ構成などに変更がないものの、レンズが従来の縦配置から斜め配置へ変更されるようです。

これは、センサー式手ブレ補正搭載によって、カメラユニットの構造が変化するためと思われます。

【参照】 : Mysmartprice )

動画用ポートレートモード・天体写真モード搭載

夜空

リーカーのMax Weinbach氏によると、iPhone13シリーズは新しく次の2つの撮影モードを搭載する可能性があるようです。

  • 動画用ポートレートモード
  • 天体写真モード

動画用ポートレートモードは、動画撮影時に背景をボカす機能。撮影中にリアルタイムで背景のボケ具合を調整可能となるようです。

一方、天体写真モードは星や夜空を感知すると、自動的に天体写真に適した撮影モードへ移行する機能。

これまでにも、天体写真に特化したカメラアプリはありましたが、天体写真モードが搭載されれば純正のカメラアプリで美しい天体写真が撮影できるようになります。

【参照】: EverythingApple Pro

フロントカメラが超広角レンズ搭載。センターフレーム機能に対応する?

フロントカメラ
(画像出典 : Apple )

iPhone13のフロントカメラは超広角レンズになるかもしれません。これは、今年春に発売されたiPad Pro(2021)と同じ仕様です。

これにより、iPhone13はiPad Pro(2021)とおなじく「センターフレーム」機能に対応する可能性が高いと思われます。

センターフレームとはFace Timeやビデオ会議時に、参加者が移動してもカメラが自動的に追いかけてくれる機能です。

説明図
(画像出典 : Apple )

iPhone13がセンターフレームに対応すれば、多人数での会議やプレゼン、家族同士のFace Timeなど、さまざまな利用が可能となるでしょう。

【参照】: Tom's Guide

カメラユニットが大型化・出っ張り・厚さも増加

iPhone13シリーズはカメラユニットが大型化され、ユニットの厚さも増加するようです。

これは、MacRumorsが公開したレンダリング画像。特にiPhone13 Proはサイズアップが顕著です。

カメラユニットが大型化されるのは、全モデルがセンサーシフト式(光学式)手ブレ補正を搭載するためとされています。

カメラ比較
(画像出典 : MacRumors )

カメラユニットのサイズ
iPhone12シリーズ約28mm×30mm
iPhone13(無印)約29mm×29mm
iPhone13 Pro約36mm×37mm

カメラユニットの厚さは、iPhone12シリーズが1.5mm〜1.7mmなのに対して、iPhone13(無印)が2.51mm、iPhone13 Proが3.65mmと大幅に増加するようです。
カメラ比較
(画像出典 : MacRumors )

iPhone13シリーズのカメラレンズは突起部分が2倍になるとされており、この突起部分を保護するためにカメラユニットの厚みが増加すようです。

カメラユニットの厚さ
iPhone12シリーズ1.5mm〜1.7mm
iPhone13(無印)2.51mm
iPhone13 Pro3.65mm

【参照】: MacRumors

iPhone13 Pro/Pro Max カメラの大きさが分かる画像と評価レビュー動画

最後に、iPhone13 Pro/ Pro Maxのカメラがいかに大きいか分かる画像とレビュー動画を紹介します。

これは、リーカーのDuan Rui氏がツイッターで公開した画像。

左は、iPhone13 Pro MaxのケースにiPhone12 Pro Maxを入れた様子。右は、iPhone13 ProのケースにiPhone12 Proを入れた様子です。

特に右側、iPhone13 Proのカメラは、サイズが大幅にアップしているのがわかります。

カメラ
(画像出典 : Twitter )

こちらは、Unbox Therapyが公開したiPhone13 Pro Maxのモックアップ動画。iPhone 13 Pro MaxとiPhone12 Pro Maxのカメラ比較が納められています。

カメラ比較
(画像出典 : YouTube )

 

まとめ

以上、iPhone13シリーズのカメラ性能・予想をまとめてみました。

これらすべてが実現する可能性は低いと思いますが、iPhone13シリーズのカメラ性能が大きくアップするのは間違いないと思います。

カメラにこだわりたい方は要注目ですね。

iPhone13シリーズの発売日・デザイン・スペックなどは以下の記事でまとめていますので、ぜひお読みください。

iphone 新型 発売日 2021 予想

ドコモ公式サイトで確認はこちら

au公式サイトで確認はこちら

ソフトバンク公式サイトで確認はこちら

iPhone13関連情報

iPhone13 カラー 新色 ピンク 紫 ローズピンク オレンジ何色か

iphone12 買わない方がいい 12と13どっちを買うべき

iphone11と12の違い比較 買いどきどっち

iphone12 iphone12pro 違い どっちがいい

アハモ iphone12 購入 値段 機種変更

iPhone12 色変えたい 変更

-iPhone(アイフォン)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2021 All Rights Reserved.