※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneは端末購入プログラムで購入するとお得?どのキャリアが一番得するのか

iPhoneは端末購入プログラムで購入するとお得なのかまとめたページです。

「端末購入プログラム」はiPhoneの購入費用を節約できる特別なプランとして提供されています。このプログラムはいわばレンタルサービスのようなものでありますが、お得にiPhoneが手に入るのは間違いありません。

本記事ではどのキャリアの端末購入プログラムが一番得するのかも解説します。


auオンラインショップでは
型落ちiPhoneや新型Androidがが今すぐ購入できる

オンラインの買い方がわからない人は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説


店舗・量販店で待たず
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

iPhoneは端末購入プログラムで購入するとお得?

「端末購入プログラム」はスマートフォンの購入費用を節約できる特別なプランとして提供されています。

このプログラムはいわばレンタルサービスのようなものであり、ユーザーはキャリアからスマホを分割払い購入後、指定された期間後にその端末を返却することにより、未払いの残債が免除されるメリットがあります。

端末購入プログラムでiPhone所有権はどうなる?

購入者は所有権を保持しており、端末購入プログラムを利用せずに分割払いを完済するという選択も可能です。2022年9月時点で、いくつかのキャリアが異なる形式の端末購入プログラムを提供しています。

具体的には、ドコモは「いつでもカエドキプログラム」(残価設定型)、auは「スマホトクするプログラム」(残価設定型)、ソフトバンクは「新トクするサポート」(半額免除型)、楽天モバイルは「iPhoneアップグレードプログラム」(半額免除型)を採用しています。

なぜ端末購入プログラムはお得なのか

端末購入プログラムの導入理由について、最近のハイエンドスマホの価格上昇や、2019年の「電気通信事業法」の改正による端末値引きの制限(原則として2万円まで)が挙げられます。

これらの背景により、端末購入プログラムはスマホの購入負担を軽減する一助として広まってきたのです。

ちなみにAndroidスマホでは通信の問題が生じる場合も:Androidスマホの場合、購入先と利用するキャリア回線によっては、接続困難な状況が生じる可能性があります。これは端末の仕様(対応バンド)が異なるためです。

どのキャリアの端末購入プログラムが一番得するのか

端末購入プログラムは基本的に「残価設定型」と「半額免除型」の2種類の方式に分類されます。

残価設定型はドコモとauで利用されており、最初に端末の2年後の下取り価格を設定し、その価格を差し引いた金額を23回の分割払いで支払うことになります。

そして、23回目の支払いまでにプログラムを利用すると、残価の支払いが免除されます。

一方、半額免除型はソフトバンクと楽天モバイルで採用されています。この方式では、端末価格の半分を48回の分割払いで支払うことになります。25ヶ月目以降にプログラムを利用すると、残りの支払い(最大24ヶ月分)が免除されます。

iPhone購入ならドコモの端末購入プログラムがおすすめ

端末購入プログラムは、各キャリアが提供している特色あるサービスです。個人的におすすめなドコモの「いつでもカエドキプログラム」とその新プランについて深く探ります。

ドコモが提供する「いつでもカエドキプログラム」は、残価を設定した金額を分割払いできるシステムで、dポイントクラブの会員であれば、新規回線契約無しでも利用が可能です。このプログラムを22ヶ月目までに活用すると、23ヶ月目までの支払い金額が削減される「早期利用特典」が適用されます。

頭金・事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

さらにお得なドコモ端末購入プログラムが登場

2023年9月1日からは「いつでもカエドキプログラム+」がスタートし、毎年の端末買い替えがさらに簡単になります。この新プログラムでは、「プログラム早期利用料」を払うことにより、一部の分割支払い金が免除される仕組みとなっています。

しかし、このプラスプログラムを利用するためには、「smartあんしん補償」への加入が必要となります。補償サービスの月額料金と「プログラム早期利用料」は以下のように設定されています。

  • 330円/月:5,500円
  • 605円/月:8,250円
  • 880円/月:12,100円
  • 1,100円/月:(料金はお問い合わせください)

この料金は利用時期に関わらず一律です。したがって、早く利用することで、よりお得になる可能性があります。

頭金・事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

ドコモ以外の端末購入プログラムは?

「いつでもカエドキプログラム+」は、1年から2年の間に端末を新しくしたいと考えている方や、補償サービスを利用している方に特におすすめできるプログラムです。

au「スマホトクするプログラム」、ソフトバンク「新トクするサポート」、楽天モバイル「iPhoneアップグレードプログラム」も各キャリアで提供されており、各々が異なる特色を持っていますので、興味がある方は各プログラムの詳細を確認してみてください。

iPhoneで端末購入プログラムを使う時の注意点

キャリア毎の端末購入プログラムのメリットを比較しましたが、どのキャリアが最もリーズナブルかというと、iPhoneの場合は楽天モバイル、Androidスマホにおいてはソフトバンクが手ごろな価格で提供しているようです。

ただし、端末購入プログラムを利用する前に、デメリットも良く調べておくことが重要です。このプログラムには次のようないくつかの注意点があります。

端末が手元に残らない

プログラムを利用する際は、端末を返す必要があります。これは「購入」よりも「レンタル」に近いので、端末を保有したい人には不向きです。

また、時として、端末購入プログラムを避ける方がコストパフォーマンスが良い場合があります。例えば、大手キャリアで販売されるiPhoneは、Apple Storeで購入するよりも価格が高いです。

そのため、別の場所で端末を購入し、機種変更のタイミングで買い取りに出すことで、費用を抑えることが可能です。

分割払いに審査が必要

端末購入プログラムを利用すると、通常の分割払いと同様に審査が行われます。特に端末価格が10万円を超えると、審査が厳格になり、プログラムの利用が困難になる場合があります。

なお、追加料金が発生するケースもあります。端末が無事である場合のみ残債が免除されます。故障や破損の場合は、追加料金が必要となります。補償サービスの有無による追加料金は以下の通りです:

  • ドコモ:あり2,200円、なし22,000円
  • au:iPhoneは公式サイト参照、Androidスマホはあり2,200円、なし22,000円
  • ソフトバンク:iPhoneは3,740円~12,980円、Androidスマホはあり5,000円、なし22,000円
  • 楽天モバイル:事前修理や交換サービス利用時は22,000円

iPhoneを端末購入プログラムで買うべき人

端末購入プログラムは以下のような方々に特にお勧めします。

  • 頻繁に最新のiPhoneを使いたい方:新しい機能や技術を常に活用したいと考える方には最適です。
  • 初期費用を抑えたい方:端末購入の初期費用を抑えられるので、一時的な大きな支出を避けたい方におすすめです。
  • エコ意識が高い方:iPhoneを購入して短期間で買い替えると、リソースの無駄が発生しますが、このプログラムは端末のリサイクルを促進しますので、環境に配慮したい方に良い選択肢となります。
  • 自身でのiPhoneのメンテナンスや管理を避けたい方:端末のメンテナンスやトラブルシューティングをキャリアが行うので、面倒な管理から解放されます。

これらの点を考慮して、ご自身のニーズと照らし合わせて選ぶと良いでしょう。また、端末購入プログラムのデメリットも考慮し、慎重に選ぶことが重要です。

関連記事

iPhone 15在庫・入荷状況!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの在庫確認方法も解説

iPhone15の口コミ・レビューまとめ!どんな機種なのか

iPhone15はUSB-C(Type-C)確定?Lightningが廃止される背景を解説

iPhone 15とiPhone15 Proを比較!15と15 Proどっちを買うべきか解説

iPhone本体だけ購入するには?お得に買う方法とデメリットも解説

iPhone15シリーズの選び方とおすすめモデル

カメラ無しのスマホや携帯は需要ある?機能を外すメリットは何か
iPhoneを使ってキャリア決済できないとき考えられる原因と対処法を解説!
【2024年】iPhoneの壁紙サイズ総まとめ!待ち受け・ロック画面にぴたっと合うのはこれ

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.