※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneは256GB必要か?128GBでは足りない?512GBは多すぎるのか解説

iPhoneは256GB必要か、最適なストレージをまとめたページです。

iPhoneの容量は128GB、256GB、512GBなど好きなものを選べばよいのですが、足りないのは困りますし、余るともったいないので迷いがちですよね。

そこで今回は、iPhoneの256GBは必要なのか、128GBでは足りないのか、512GBは多すぎるのかを解説します。

auオンラインショップでは
iPhone15シリーズ・型落ちiPhoneが今すぐ購入できる

オンラインの買い方がわからない人は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説


店舗・量販店で待たず
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

iPhoneは256GBも必要か?

iPhoneは256GBも必要かというと、以下に当てはまる場合は、このくらい容量があった方が良いと言えるでしょう。

  • 写真や動画を本体にたくさん保存する
  • 重ためのゲームアプリを頻繁に使う
  • 今128GBを使っていて容量ギリギリ

iPhone本体に、写真や動画など容量が大きいデータをたくさん保存したい人は、256GBのストレージを活かせるでしょう。

また、重ためのゲームアプリをたくさんインストールして使う人は、ある程度の容量が必要ですから、ストレージが256GBあっても困らないはずです。

最も確実なのは、今128GBのiPhoneを使っており、すでにギリギリの容量に圧迫されている人です。

この場合、次の買い替えでは現在使っている機種を上回るストレージが必要となるため、256GB以上のスペックが望ましいでしょう。

iPhoneは128GBでは足りないのか?

iPhoneの128GBを使っている人は多いですが、容量が足りないのではという懸念もあるでしょう。

一般的に、ネット閲覧や電話、LINEなどの用途でスマホを扱うライトユーザーならば、128GBのストレージで足りないと感じる可能性は低いです。

128GBも容量があれば、ある程度の写真や動画も保存できますし、アプリなど容量がかさむコンテンツは断捨離しながら容量を管理すればOKです。

ただし、128GBで足りるかどうか不安という人は、管理がストレスに感じるかもしれないため、最初から容量が大きいものを選ぶのも良いでしょう。

また、いちいち要らないアプリを削除して、データを移行するのが手間という人は、256GBのiPhoneを選んだ方が快適に使えるはずです。

iPhoneは512GBだと多すぎるのか?

512GBは使う人を選ぶストレージですが、基本的には、iPhoneを一度買ったら長く使う予定の人におすすめです。

理由は単純で、1・2年で買い替える予定なら、512GBもの容量を使い切る確率は低いからです。

また、iPhoneはストレージによって価格も大きく変わるため、使わない容量が大幅に余るともったいないかもしれません。

大容量ストレージを活用する自信が無いならば、256GBにとどめておいた方が無難です。

512GBのiPhoneは、動画撮影や編集、重たいアプリや、映像コンテンツをダウンロードするなど、明らかにストレージが必要な作業をする場合におすすめの容量です。

iPhoneの最適なストレージを見つけるには

iPhoneの最適なストレージを見つけるには、まずは使用中のiPhoneの設定アプリから、利用状況を確認するのがおすすめです。

設定アプリの「一般」から「iPhoneストレージ」を確認してみると、現在ストレージをいくら占めているのか把握できます。

もし、128GBでギリギリの使用状況ならば、次回は256GBに買い替えるなど、現行機以上の容量が必要かどうかが明確になるでしょう。

さらに、ストレージの内訳を把握して、容量を多く占めているコンテンツを特定します。

たとえば、写真が多めならばiCloudへ保存する、アプリが多いならば未使用コンテンツをアンインストールするなどの対処法が考えられます。

このように、現行機のストレージをチェックすることで、次に買うiPhoneに最適な容量を決定できるでしょう。

iPhoneのストレージを節約する方法

iPhoneのストレージを節約するには、先述のとおりiPhoneの利用状況を確認することが大切です。

そして、容量を多く占めているコンテンツを処理するのが、効果的なストレージの節約方法です。

たとえば、アプリが多く占めている場合は、未使用または使用頻度の低いものは思い切って削除してもOKでしょう。

必要ならば使うときに再インストールすれば良いだけですし、無くしてみたら意外に要らなかったというケースも多いです。

また、写真や動画などがストレージの大半を占めているならば、PCやクラウドサービスに移動して、本体にとっておくデータを減らしていきます。

このように、iPhoneのストレージを節約しつつ運用すると、256GBのiPhoneを購入してから長く快適に使いこなせるでしょう。

iPhoneの256GBが必要かどうかは用途による

本記事では、iPhoneの256GBは必要か、128GBでは足りないのか、512GBだと多すぎるのかそれぞれのケースに合わせて解説しました。

iPhoneの256GBは、写真や動画撮影、ゲームアプリを楽しむ人におすすめですが、ライトユーザーでは持てあます可能性もあります。

ただし、128GBのiPhoneでは心もとないと感じる人や、ストレージの残りを気にせず使いたい人なら、256GBは必要でしょう。

さらに、重たいゲームや動画コンテンツを本体に保存して楽しむ人、iPhoneを長年使い倒す予定の人なら、512GBのiPhoneが必要という場合もあります。

カメラもアプリもほどよく楽しみたいというあなたは、iPhoneのストレージを賢く節約しつつ、256GBの容量を選んでみてください。

関連情報

iPhone14のストレージ容量は128GB/256GB/512GB/1TBの4種類!Proのギガ数・おすすめ容量も解説

【2024年5月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

iPhone 15とiPhone SE(第三世代)を比較した違いは?どっちがいいのか

歴代iPhoneのバッテリー容量と駆動時間は?寿命を伸ばす方法も解説

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.