ドコモの更新ありがとうポイントが廃止!解約金無料化・注意点も解説

2021年10月1日にドコモの「更新ありがとうポイント」が廃止しました。

「ずっとドコモ割」契約者は「更新ありがとうポイント」としてdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントもらえていましたが、廃止に伴いdポイントがもらえなくなっています。

本記事では「更新ありがとうポイントが廃止」に直接関係する「ドコモの解約金の廃止」についてもまとめているのでぜひ最後までチェックしてみてください。

ドコモのスマホが安くお得に買える

ドコモ公式オンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無し好きな時に注文

2021年10月にドコモ更新ありがとうポイントが廃止

2021年10月1日にドコモの「更新ありがとうポイント」が廃止されました。それに伴い「更新ありがとうポイント」は2021年10月以降に定期契約満了月を迎えられた方から進呈対象外となっています。

旧料金プランの「ずっとドコモ割コース」契約者は、2年の契約期間以内に解約すると10,450円(税込)の解約金が発生する2年定期契約を更新した際に「更新ありがとうポイント」としてdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントもらえていましたが、これも2021年10月1日に終了しました。

対象の旧料金プランは以下のとおりです。

  • カケホーダイプラン 2年定期契約
  • カケホーダイライトプラン 2年定期契約
  • シンプルプラン 2年定期契約
  • データプラン 2年定期契約

2年に1回もらえる「更新ありがとうポイント」がもらえるのを楽しみにしていた人もいたかもしれませんが、もらえなくなるのは残念ですが、その代わりいつでも他社に乗り換えすることができるのでメリットもありますね。

2021年10月にずっとドコモ割プラス廃止

「ずっとドコモ割プラス」が2021年9月30日(木曜)をもって廃止となりました。

ずっとドコモ割は、利用年数に応じたdポイント進呈などが行われるサービスですが、その一環として「更新ありがとうポイント」も進呈されていましたが、2021年10月より廃止されています。

ずっとドコモ廃止になったことで「更新ありがとうポイントが廃止」になりました。

そもそもドコモは今まで定期契約プランに設定していた解約金を廃止することと、料金プランを変更する前に契約していた定期契約プランの契約満了月まで解約金が留保される「解約金留保」制度の廃止を2021年10月1日から行うことになりました。

この解約金が廃止されることによって、ずっとドコモ割プラスも2021年9月30日で終了しました。

今までドコモを解約することで解約金がかかるから他社に乗り換えことに抵抗があった人もいるかと思います。解約金が廃止されたことで他社への乗り換えがしやすくなります。

ドコモの解約金/解約金留保が2021年10月1日廃止

ドコモでは、2021年10月1日から定期契約の料金プランに設定していた「解約金」の廃止と料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで解約金が留保される「解約金留保」の廃止することが2021年9月21日に発表されました。

今まで、2019年9月30日までの料金プランの場合、2年契約で10,450円(税込)、1年契約で3,300円(税込)の解約金、2019年10月1日以降の料金プランの場合、2年契約で1,100円(税込)の解約金が設定されていました。今回、ドコモの解約金と解約金留保が廃止されることで、これらの解約金がなくなります。となると、ドコモの契約の場合、いつ解約や他社への乗り換えをしても解約金がかかないということになります。

解約金や解約金留保が廃止されことに伴い、2年定期契約プランは2021年9月30日で新規受付終了、2年定期契約を更新した際にもらえていた「更新ありがとうポイント」も2021年10月1日で終了となりました。

解約金廃止後と前の料金プランについて

解約金廃止後と廃止前の料金プラン内容の変更は以下のとおりです。

2021年9月30日まで2021年10月1日以降
解約金①2019年9月30日までの料金プラン

2年契約:10,450円(税込)

1年契約:3,300円(税込)

廃止
②2019年10月1日以降の料金プラン

2年契約:1,100円(税込)

解約金留保①から②の料金プランに変更した際に、①の契約満了月までは変更前プランの解約金が留保される。

②の2年契約から定期契約なしプランに変更した際も、同様に解約金が留保される。

携帯電話会社の料金プランは解約、他社への乗り換えをすると解約金がかかるというイメージが強いですが、2021年10月1日以降はドコモの料金プランは全て解約金がかかりません。

料金プランを変更することで、解約金が安くなったり、解約金なしになる場合の更新月までの解約金留保という分かりにくい制度もなくなりました。ショップで説明されたことがある人もいるかと思いますが、わかりにくいですよね。「とりあえずドコモを解約しなければ解約金が発生しない」という解釈をしていた人も多いのではないでしょうか。このようなややこしいこともなくなります。

解約金がかからなくなるので、気軽に契約できますし安心ですよね。

2年定期契約プランの新規受付終了

解約金が廃止されることで新規受付終了となった料金プランがいくつかあります。

2021年9月30日で新規受付終了となった料金プランは以下のとおりです。

  • 5Gギガホプレミア 法人定期
  • ギガホプレミア 2年定期
  • 5Gギガライト 法人定期
  • ギガライト2 2年定期
  • ケータイプラン2 2年定期
  • はじめてスマホプラン(5G) 法人定期
  • はじめてスマホプラン(Xi) 2年定期

これらの料金プランはもう契約することができないので注意してください。

 

2年定期契約と同じ金額でプランを利用するには

2年定期契約をすることで利用料金が安くなるというイメージが強かったと思います。しかし、2年定期契約が無くなったことで利用料金が高くなるのでは?と思う人もいるかと思います。定期契約なしの場合、実際に定期契約ありと比べて少し利用料金が高いですが、個人契約の場合「dカードお支払割」、法人契約の場合には新しく新設された「ビジネスメンバーズ割」を適用させることで、新規受付終了となった2年定期契約の料金と同じ金額で利用することができます。

ビジネスメンバーズ割の概要は以下のとおりです。

  • 2021年10月1日に新設
  • ドコモビジネスメンバーズに加入することで、毎月の利用料金から187円(税込)割引される。

 

ギガホプレミア(3GB以上利用)を例として見てみましょう。

ギガホプレミア

定期契約なし

ギガホプレミア

2年定期契約(新規受付終了)

月額料金7,205円7,018円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,100円-1,100円
ドコモ光セット割-1,100円-1,100円
dカードお支払割 または

ビジネスメンバーズ割

-187円
合計額4,818円4,818円

このようにdカードお支払割、またはビジネスメンバーズ割を適用させることで2年定期契約と同額で利用することができることが分かります。

 

ドコモ光は対象外解約金が発生する

今回、解約金が廃止となるのは、携帯電話、スマホ、タブレット、データ端末です。ドコモでインターネット回線「ドコモ光」を契約している人も多いと思いますが、ドコモ光は解約金廃止の対象外となるので注意が必要です。ドコモ光は、更新月以外で解約すると8,800円(税込)、14,300円(税込)の解約金が発生します。

 

ドコモ更新ありがとうポイント・解約金廃止まとめ

ドコモでは2021年10月1日から解約金制度がなくなりました。今まで「解約金があるからなかなか他社に乗り換えができない」、「いつ乗りかえたら良いのか分からないから結局ドコモのまま利用している」という人もいたと思いますが、解約金がなくなったことで安心して契約することができます。

ドコモを契約したけど思ったよりも高かったから他社に乗り換えしたいという場合でも、いつでも他社に乗り換えができます。

2年定期契約の新規受付終了となりましたが、dカードお支払割、またはビジネスメンバーズ割を適用させることで2年定期契約と同額で利用することができるので、料金も高くなることなく利用できます。

ただ、2年定期契約をすることでもらえていた「更新ありがとうポイント」も廃止となったので、対象のプランを契約している人は頭に入れておきましょう。

ドコモのスマホが安くお得に買える

ドコモ公式オンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無し好きな時に注文

ドコモ関連記事

ahamo(アハモ)対応機種(iPhone・Android)!対応機種以外は使えない?おすすめの対応端末

アハモ(ahamo)ギガライト ギガホ 比較!おすすめ料金プランがどれかも紹介

ドコモショップ予約なし 飛び込み!当日来店予約の受付方法

ドコモの解約金と解約金留保が廃止!2年契約の扱いはどうなる?

ドコモ端末利用期間を自分で確認する方法!ネット・ショップ店舗ともに解説

当サイト人気記事

iPhone14待つべき?iPhone13とどっちを買うべきか理由を解説
iPhone今買うならどれ2022 おすすめ機種・おすすめしない

-ドコモ(docomo)

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.