格安スマホは大手携帯電話会社のプランと
比較するとあまりにも利用料金が安いため
品質に疑問を持つ人は少なからずいます。

いくら利用料金が安かったとしても
通話品質が悪いと
いざという時に非常に困りますよね。

格安スマホが好きで好きでたまらない
qb5がこの記事を執筆させていただきます。

格安スマホの中でも
完全定額や通話し放題のオプションがあるなど
特に通話がしやすい会社の
ワイモバイルの通話品質について
詳細を確認していきましょう。

ワイモバイルの通話品質は悪い?利用している回線は?


まずワイモバイルがどういった
回線を利用しているのかについて説明させて下さい。

ワイモバイルはソフトバンク回線と
ワイモバイルの前身であるイー・モバイルの回線を
組み合わせた独自の回線を通話回線としています。

基本的にはソフトバンクの
電波が届くエリアであれば
ワイモバイルでもソフトバンクと
同等の品質で通話ができます。

もちろんVoLTE(LTE回線を利用した音声通話システム)に
対応した端末を利用すれば
更にクリアで快適な音声通話ができます。

高音域までカバーできる通話方式の
VoLTEを利用した通話であれば
格安スマホでも大手携帯キャリア3社と
全く遜色ない品質の通話ができます。

VoLTE(LTE回線を利用した音声通話システム)に対応していない
通常の音声通話回線を利用している場合も
通話品質は問題ありません。

やはりソフトバンクと同じ回線を
利用していることもあって
全く問題ない品質で通話ができます。

VoLTE(LTE回線を利用した音声通話システム)と比較すると
やや品質は劣りますが
これは大手携帯キャリア3社の
VoLTE非対応端末で
通話をした場合にも同じことがいえます。

ワイモバイルが特別に
通話品質が悪いということではなく
VoLTE(LTE回線を利用した音声通話システム)対応端末で
VoLTEによる通話をすれば
クリアな音声で通話ができます。

VoLTE非対応端末で通話をした場合には
若干通話品質は落ちるものの
実用レベルとして申し分のない
品質で音声通話ができます。

ワイモバイルは通話が切れるの?口コミ評判は?


かつてワイモバイルはPHS回線を利用した
スマートフォン向けのサービスを
提供していました。

PHS回線の特徴としてあげられる
「基地局から離れると通話が途切れてしまう」
という現象が多々あったため
ワイモバイルは通話が切れやすいと
噂されたこともありました。

しかし現在ワイモバイルがスマートフォンの
新規契約者向けに展開しているプランでは
PHS回線は利用されておらず
一般的な携帯電話回線や
VoLTE(LTE回線を利用した音声通話システム)を利用して
音声通話を行っているため
通話が切れるということはほぼ無いと考えられます。

実際にワイモバイルを利用している
ユーザーの口コミ評判を確認してみても
通話切れなどに関する口コミ評判はありません。

また筆者も2016年の7月からワイモバイルの
iPhone5sを利用していますが
通話が途中で切れてしまったことは一度もありません。

ワイモバイルで通話が切れてしまうことは
無いと捉えていただいて差し支えありません。
そして、安心して音声通話ができる会社だといえます。

ワイモバイルは通話が多い人におすすめの格安スマホです!


ワイモバイルの通話品質については
全く問題ないことについては先程案内させて頂きました。

実はワイモバイルは通話品質に問題がないだけでなく
むしろ頻繁に音声通話発信をする人に向いている
格安スマホだといえます。

MVNOの格安スマホの多くは
基本使用料が安い一方、基本使用料に
無料通話分が含まれておらず
通話時間30秒毎に20円の通話料金がかかります。

また、別途オプションに加入することで
定額料金で10分以内の通話がかけ放題になる
オプションなども提供されています。

このようなオプションを利用するためには
各MVNOが提供している専用の通話アプリを
通じて発信しなければならないという手間がかかります。

通話アプリを介して発信すると
相手先によってはこちらの番号がきちんと通知されなかったり
そもそもアプリ自体がきちんと動作しなかったりと
様々な問題点が指摘されています。

ですので、ビジネス用途では利用しにくいと考えらます。

一方でワイモバイルの場合ですと
基本使用料に1回あたり10分以内の
通話がかけ放題になる無料通話分が組み込まれています。

もちろん専用の通話アプリなどを介す必要はなく
通常の電話機能を使って発信するので大丈夫です。
更にワイモバイルでは「スーパーだれとでも定額」という
オプションの取り扱いがあり、このオプションに
加入すれば通話時間や通話時間
相手先の番号に関係なく国内通話がかけ放題になります。

スマホプランの契約者であれば月額1,000円の
オプション料ですべての国内通話を
かけ放題とすることができるので
時間や回数に縛られずに音声通話をしたいという人に
ワイモバイルはぴったりの格安スマホなのです。

ワイモバイルはソフトバンクとイー・モバイルの
電話回線を利用した音声通話サービスを
提供しているので通話品質については
大手携帯キャリア3社と遜色がありません。

VoLTEを利用した通話をすればクリアで快適な通話ができます。
筆者自身ワイモバイルのiPhoneを利用していますが
通話が途切れてしまったことはありません。

むしろワイモバイルには基本使用料に
無料通話分が含まれていることや
完全定額通話オプションがあることなどから
音声通話発信をすることが多い人に
おすすめの格安スマホといえるのです。

ワイモバイルを申し込むならインターネットがおすすめ

そして最後にとてもお得な情報をお伝えします。

ワイモバイルにMNPするならおすすめなのはオンラインストアーがおすすめです。

理由は3つあります。

まず1つ目なのですが、ワイモバイルへMNPできる場所は

ワイモバイルショップや家電量販店ですが、

実はあまり在庫がないという事を知ってますか?

ワイモバイルは3大キャリアと比べまだまだ利用者も少なく

機種変更の人なんかまだほとんどいません。

ですので、ほしい機種が決まっても在庫がなく

いちいち予約して取り寄せて貰わないといけません。

またワイモバイルショップなどは経費を削減する為に

定員さんが非常に少なく、混雑しております。

機種を購入するのにとても時間がかかります。

しかしワイモバイルオンラインストアは在庫が豊富にあり、

また申し込みも30分あれば十分に完了します。

かなり時間の節約になるかと思います。

2つ目の理由はオンラインストア限定でアウトレット商品があったり、

タイムセールやってます。

これにより店舗では取り扱っていない格安機種が多数あります。

そして3つ目なんですが上記でも書きましたが

ワイモバイルはSIMのみの契約の方にキャッシュバックを行ってます。

スマホプランSなら1万円、スマホプランM,Lなら15000円の

キャッシュバックがついてきます。

還元方法、金額は場所によって異なります。

店舗によっては商品券などになってしまう事があったり、

金額が低かったりするそうです。

キャッシュバック金額が一番高いのはワイモバイルストアーで

またちゃんと現金でキャッシュバックされます。

以上3点の理由からワイモバイルへMNPするなら絶対に

ワイモバイルストアがおとくといえるでしょう。

ワイモバイルストアはこちら

“ワイモバイルは通話品質が悪い?通話が切れるという噂の真偽は?” への8件のフィードバック

  1. どこでも、というわけではありませんが、住居のある千葉県松戸市、勤務先等の都内千代田区、文京区あたりでは結構な頻度で通話が途切れます。

  2. あまりに切れるので検索してたどりつきました。

    昨年末からS1使ってますが
    京都市内の自宅でさえ
    考えられないくらいしょっちゅう切れる#
    乗換前はソフトバンクだったけど
    切れることなんてなかったです。戻したい!

  3. 私はソフトバンク回線とワイモバイル回線を両方共持っていて毎日使用していますが電波も途切れるし通話も途切れます。
    しかも東京都内で24時間いつでもこの状況が発生します。いつでも途切れるわけではないが、途切れる時にはひどくなるみたいな。
    ソフトバンクは雑音が入ることはありますが途切れることはないです。
    公平に両社とも使えるiPhone6sで検証した結果ではソフトバンク回線とワイモバイル回線は同じではないということです。
    嘘を平気でネットに書くのはやめたほうがいいですよ?この記事ではワイモバイルとソフトバンク回線が同じだと思う方が大半でしょう。
    コールセンターが嘘つき集団なところもワイモバイルの特徴です。UQはそんなことないです。

    1. コメントありがとうございます。

      今一度事実確認をしてみたいと思います。

      ありがとうございました!

  4. これだけ、通話が途切れるという意見があるのだから、記事の内容を見直したほうがよいのではないでしょうか?
    事実を確認されるとの返信から1ヶ月以上経過していますが、その結果は、公表していただけますよね。

    1. sumou@konishiki.com さん

      コメントありがとうございます、確かにコメント見ると通話途切れる気がしますよね。

      ただ多くの人は調子悪い時は調べてコメントするのでそれが正解と記事にしづらいものでして、、、、

      今、キャリアからの正式回答を待っているので少々お待ちください。すいませ~ん(涙)

  5. 誰得の記事かと考えさせられます。
    転勤営業族です。
    D社、A社、S社はもちろんR社・U社・Y社の回線も使用させてもらいましたが、電話のみなら圧倒的に前グループの方がつながりやすかったです。
    その中でもS社は劣るイメージですが、ここは地域差もあるでしょうし一概には言えないと思いますが。。
    同じ回線を使っているとしても後グループの方が劣りました。データー通信に関して遜色ないと思いましたが(契約内容による)。。
    乗り換えを検討してサーフィンしましたが、2018年もこんな感じかと考えさせらる記事でした。

    1. コメントありがとうございます。

      地域差の問題は大きいです。

      また、ショップの店員さんの話で、同じ障害がおきても、ドコモ・au・ソフトバンクの場合はクレームがでなくても。
      格安シムの場合はクレームがあるということを伺いました。

      格安シム=安くて悪い

      というイメージで購入される方がいてその方たちが少しの障害でも文句を言ってしまう。

      悪いというイメージがあるのでしたら、安心感を買う意味でドコモ・au・ソフトバンクを購入するのが個人的には良いのではとショップの店員さんの話を聞いて私は思いました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA