※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhone15/Proを安く買う方法2024年3月最新!乗り換え・値下げ・キャンペーン・投げ売り情報を総まとめ

今回は、iPhone15を賢く、かつお得に買う方法について、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルといった4大キャリアや家電量販店のキャンペーンを詳細に解説しています。

さまざまな形で提供される割引やポイント還元、下取りプログラムを活用することで、コストを大きく削減できる可能性があります。

情報に精通しているかどうかで、満足度やコストパフォーマンスに大きな違いが出るため、特典内容をしっかりと把握することが重要です。

購入サポートプランなどを利用すると、実質負担額を大幅に減らすことができ、定期的に新しいiPhoneに乗り換えたい方には特にキャリアでの買い物が推奨されます。

iPhone15の購入に際して、最もコストパフォーマンスに優れている店や方法を選ぶためには、キャンペーンを隅々までチェックし、自分の利用状況や希望に最適な選択を行うことが求められます。

iPhone15を最安値で買う方法、または一括1円での投げ売り情報などに興味がある方は、是非ともこの記事を参考にしてください。

auオンラインショップでは
新型iPhone・型落ちiPhoneが今すぐ購入できる



店舗・量販店で待たず
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら
オンラインの買い方がわからない人は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説

目次

iPhone15/Proが一番安く買える店【新規・MNP乗り換え・機種変更】

iPhone15シリーズの一番お得な購入方法に関しては、キャリアの選択によって大きな差があります。

特に、iPhone15の場合、ソフトバンクが実質12円からの提供で群を抜いています。

これは、通常価格142,920円から大幅な割引を適用した結果です。

それぞれのモデルで最安値を提供しているのは楽天モバイルであり、特にiPhone15 Plus、iPhone15 Pro、およびiPhone15 Pro Maxモデルでは実質価格が最も低くなっています。

こちらも、特典や端末購入プログラムの利用によるものです。

ただし、これらの価格はあくまで特定のプログラムなどを利用した場合のもので、1年または2年後の端末返却を前提とした実質価格です。

そのため、契約条件や特典の詳細は事前に確認することが重要です。

一方、端末のみ買うことを検討している場合は、アップルストアが最安値を提供しています。

しかし、キャリア経由での購入や、乗り換え、端末購入プログラムの利用を考慮すると、ソフトバンクや楽天モバイルをはじめとしたプランの方がトータルで見るとお得になるケースが多いです。

総合的に見て、1年や2年ごとに新しいiPhoneに変えたい方は、これらのプログラムの利用をおすすめします。

重要なのは、自分の利用状況に合ったプラン選択を行い、最もコストパフォーマンスの高い方法を選ぶことです。

1年で買い替えるならソフトバンクのiPhone実質12円が最安値

iPhoneを毎年新しいモデルに更新したいとお考えであれば、ソフトバンクのiPhone15が大変魅力的なオプションです。

ソフトバンクでは、iPhone15を非常にお得な価格で提供しています。

これは、特別な値引きと「新トクするサポート(バリュー)」の利用により実現しています。

iPhone15(128GB)を検討した場合、本体の価格は142,920円です。

しかし、上記のサポートを活用すれば、1年後にスマホを返すことで、実質的な負担はたったの12円(毎月1円×12ヶ月)に抑えることが可能です。

この計算では、通常価格149,490円から、返却による免除額120,924円と値引き21,984円を差し引いた後の金額が実質的な費用となります。

結果として、利用者は145,428円も節約することができます。このプランは、毎年新しいiPhoneを手に入れたいと考えている方に特におすすめです。

新トクするサポートを利用することで、最新技術を常に享受できる上に、実質的な負担を大幅に軽減できるためです。

このようにして、新しいガジェットを好む方々に最適な方法を提案している点は非常に評価できます。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

iPhone15/Proを安く買う5種類の方法を徹底解説

iPhone15をお得に買うための5つの方法があります。

まず、乗り換えキャンペーンを活用することで、新規または他社から乗り換える際に特典を受けることができます。

次に、端末購入プログラムを利用すると、費用を分割払いにすることで、初期費用を抑えることが可能です。

さらに、下取りプログラムを使えば、古いスマートフォンを下取りに出して新しいiPhone15の価格を割り引くことができます。

機種変更クーポンを利用することで、特定の条件下で更に値引きを受けることも一つの方法です。

最後に、中古市場でiPhone15を買うことも選択肢の一つであり、新品を買うよりも低価格です。

これらの方法を上手く活用して、iPhone15をよりお得にゲットしましょう。

安く買う方法1:乗り換えMNP特典を活用する

様々なオファーが各携帯キャリアの窓口で実施されており、端末値引きやポイント還元などがありますが、中でも乗り換えキャンペーンを利用することで特にお得に買えることが多いです。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルといったキャリアは、他社のユーザーを自社に引き込むために、既存の顧客よりも新規または乗り換えの顧客に対してより多くの特典を提供する傾向があります。

これは、各キャリアがユーザーベースを拡大したいという意向によるものです。

乗り換えによる契約では、特典や還元が最も豪華になる傾向があり、例えば既存のユーザーには還元がゼロであるのに対し、他社からの乗り換えユーザーには2万円以上の還元がある場合も少なくありません。

もし現在使用しているキャリアに対して特別な愛着がなければ、他社への乗り換えを選択して、iPhone15をよりお得にゲットすることを検討してみると良いでしょう。

この方法を通じて、新しい端末を賢く、経済的にアップグレードすることが可能になります。

安く買う方法2:端末購入プログラムという選択

端末の支払い方法には、一括払い、12回分割払い、24回分割払いなど複数のオプションがありますが、コストを抑えて買うには、キャリアの端末購入プログラムを活用することをお勧めします。

このプログラムは分割払いの一形態でありながら、一定期間経過後に端末をキャリアに返すことで、支払い済みの一部または全部の分割支払金が免除される可能性があります。

端末購入プログラムを利用しても、必ずしもスマホを返す必要はありません。

分割での支払いを完了させれば、iPhone15を永続的に使用することが可能ですし、必要に応じて分割支払いを途中で一括清算することも選べます。

このように、機種購入後にさまざまな選択肢を持てることも、端末購入プログラムの魅力の一つです。

また、キャリアによっては、端末購入プログラムを利用することで実質的な負担金を大幅に減らすことが可能です。

さらに、毎月の支払額を低く抑えることができるため、経済的な負担を軽減しながら新しいiPhone15をゲットすることができます。

支払い方法で迷われている場合は、ぜひ各キャリアが提供する端末購入プログラムの利用を検討してみてください。

安く買う方法3:下取りオファーの活用

不要な端末をお持ちであれば、下取りサービスの利用を検討してみるのが良いでしょう。

下取りされる端末の状態や選んだ窓口によって下取り金額は異なりますが、条件によっては最大で10万円以上の価格で買取ってもらえることもあります。

特典と下取りを組み合わせることによって、新しいiPhone15を実質ゼロに近づけられる場合もあります。

iPhoneは再販価値が高いことで知られていますので、使わずに家に置いてある端末があれば、各キャリアの公式サイトで下取り金額を確認してみることをお勧めします。

これは、新しい携帯電話をお得にゲットする絶好の機会になるかもしれません。

安く買う方法4:機種変更に使えるクーポン

キャリアからの機種変更クーポンの配布が行われることがあり、これらはランダムにかつ不定期に提供されるため、もしクーポンを受け取れたら非常に幸運と言えます。

提供されるクーポンには様々なタイプがあり、ダイレクトメールによるクーポン、ショートメッセージサービス(SMS)クーポン、ウェブ上で利用可能なクーポンなどが存在します。

これらのクーポンは、還元額が2万円を超えることもあり、新しいiPhone15をより手頃な価格で買う機会を提供してくれるかもしれません。

このため、自分宛にクーポンが送られてきていないかどうか、念のため確認してみることをお勧めします。

クーポンを活用することで、大きな節約が期待できるかもしれません。

安く買う方法5:iPhone15の中古品を選ぶ

もし新品にこだわりがなければ、iPhone15を中古で買うという選択肢もあります。

中古であれば市場価格よりも安いですが、一度他人の手に渡った商品であるため、細かな点が気になる方には不向きかもしれません。

iPhone15は発売されてからまだ日が浅いため、市場に出回る中古品の数は限られていますが、コストを抑えたい場合は定期的にチェックする価値があります。

一方で、個人が出品している中古のiPhone15をオンラインマーケットプレイスで買うときは、トラブルに巻き込まれるリスクもあるため注意が必要です。

信頼できる中古ショップを選べば、そのようなリスクを避けることができます。

また、中古でなくとも、キャリアやサービスプロバイダーが提供する端末購入プログラムや乗り換えオファーを上手に利用することで、新品のiPhone15をお得に入手する方法もありますから、どちらかと言えば新品を推奨します。

これなら、新しい端末の保証や最新の機能を享受できるとともに、買った後のサポートも安心です。

【au】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り

auではiPhone15やiPhone15 Proをお得にゲットするためのいくつかの特典があります。

まず、5G機種変更おトク割を利用することで、MAX5,500円の値引きが受けられます。

次に、au Online Shop お得割を使えば、22,000円の値引きが適用されます。

さらに、セットでお得!キャンペーンを通じても還元が可能です。スマホトクするプログラムでは、残価の支払いが免除され、機種代金の負担が軽減されます。

最後に、auの下取りプログラムを活用すれば、MAX10万円以上の還元を受けることができます。

これらの特典を組み合わせれば、iPhone15シリーズをかなりお得に買うチャンスがあります。

5G機種変更おトク割を使ってMAX5,500円も割引に

auで5G機種に変更を考えている既存の利用者に向けて、非常に魅力的な「5G機種変更おトク割」が開催されています。

これは、対象のプランに加入し、故障紛失サポートにも新たに加入することで、機種代金から最大11,000円が割引されるというものです。

対象となるのはauが取り扱うほぼ全ての機種で、この中にはiPhone15シリーズも含まれています。

ただし、この最大11,000円の割引を受けるためには、故障紛失サポートへの加入が必須であり、iPhone15を使用する間、月額1,309円から1,663円の追加費用が発生します。

このため、割引のみを目的とした加入は、実際にはコストがかかる可能性があるため注意が必要です。

既に故障紛失サポートの加入を検討している方にとっては、非常にうれしい内容です。

条件をまとめると、iPhone15シリーズへの機種変更、そして直近買った機種を12ヶ月以上使用していること。

さらに、使い放題MAX系統のプランまたはauマネ活系統のプランに加入しているか新たに加入すること、そして故障紛失サポートへの新規加入または継続が含まれます。

この特別オファーは2020年12月1日から始まり、iPhone15及びiPhone15 Plusに関する割引増額は2024年3月31日までとなっています。

この仕組みを利用すれば、5G機種への変更をより手頃な価格で行うことができるでしょう。

なおauでは、3月末まで「新生活応援セール」と「春の機種変更フェア」を展開しています。

これらのセール期間中には、普段は5,500円の割引が、MAX25,500円相当の還元にまで拡大されます。

対象機種に応じた合計還元額は、例えばiPhone 15の場合44,000円相当、iPhone 15 Plusは22,000円相当などとなっています。

auの既存ユーザーにとって、これほど大幅な還元を受けられる機会は非常に珍しいため、もし対象機種にご興味があれば、この機会に機種変更を検討するのがおすすめです。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

au Online Shop お得割ならMAX44,000円も割引に

au Online Shopでは、オンラインでの新規契約や他社からの乗り換えを対象にした「お得割」を実施しており、この仕組みを使えば機種代金から最大44,000円の割引を受けることが可能です。

auが取り扱うほとんど全ての機種が対象となっており、iPhone15シリーズも例外ではありません。割引の詳細は以下のようになっています。

新規契約の場合は11,000円、他社からの乗り換えの場合は22,000円の割引が適用されます。

さらに、iPhone15に関しては44,000円の割引に増額されています。

UQモバイルやpovo2.0からの乗り換えでも、この44,000円の割引が適用されるため、現在利用しているキャリアに何らかの不満がある場合は、auへの乗り換えと同時にiPhone15を買うことをお勧めします。

この制度を利用するための条件は、auオンラインショップを通じた手続き、新規契約または他社からの乗り換えでのau契約(UQモバイルやpovo2.0からの乗り換えも含む)、そしてau契約と同時にiPhone15シリーズの購入が含まれます。

ただし、povo1.0からの乗り換えは対象外となっています。

期間は2020年4月1日から始まり、終了日はまだ未定です。

このように、au Online Shopの「お得割」は、新規でauを契約する方や他社から乗り換えを検討している方にとって大変魅力的なオファーです。

特にiPhone15シリーズをお得に手に入れたい方には、このチャンスを活用することを強くお勧めします。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

セットでお得キャンペーンでMAX32,400円相当がバック

auが提供する「セットでお得!キャンペーン」では、iPhoneとApple WatchやiPadをセットで利用することで、最大32,400円相当のau PAY残高への還元が受けられます。

なお、還元額は契約するセット内容に応じて異なります。

Apple WatchまたはiPadをセットで契約した場合は、最大8,400円の還元があり、Apple WatchとiPadの両方をセットで契約すると、約32,400円の還元を受けることができます。

具体的には、Apple WatchまたはiPadとセットでの契約では、MAX24ヶ月間にわたり毎月350円相当が反映され、合計で8,400円相当の還元を受けられます。

Apple WatchとiPadの両方をセットで契約する場合は、MAX24ヶ月間にわたり毎月1,350円相当のバックが受けられるので、合計で32,400円相当の還元が可能です。

ナンバーシェアやタブレットシェアプランの月額利用料が実質無料となることもあります。

iPhone15に乗り換える際に、Apple WatchやiPadも一緒に購入を考えている方にとっては、非常に魅力的です。

この制度を利用するためには、毎月の月末時点で使い放題MAX 5G/4G系統のプランやauマネ活プラン系統に加入していること、またナンバーシェアやタブレットシェアプランに加入していることが条件となります。

さらに、専用サイトからのエントリーが必要です。

期間は2023年9月22日から2024年3月31日までとなっていますので、興味のある方はこの機会にぜひ参加してみてください。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

スマホトクするプログラムによって残債支払いが不要に

auの「スマホトクするプログラム」は、2年ごとに新しいスマートフォンを使用したい方に最適な方法です。

このプログラムでは、iPhone15の機種代金を24回に分割して支払い、最終回の支払いで残価を設定します。

この残価を引いた金額を23回に分割して支払うことになり、25ヶ月目までにiPhone15を返却すれば、残価が免除されるというメカニズムです。

例えば、iPhone15(128GB)の機種代金が145,640円であった場合、残価は68,820円に設定されます。

その結果、25ヶ月目にスマホを返すと、実質的な負担金は76,820円となり、機種代金の負担を大幅に軽減できます。

さらに、もし残価を支払えば、期限をすぎてもiPhone15を利用しつづけることが可能です。

このプログラムを利用すれば、購入後の選択肢が広がり、分割払いを考えている方にとって大変魅力的です。

また、「au Online Shop おトク割」との併用が可能であれば、iPhone15を実質的に半額以下で買うことも夢ではありません。

特典としては、iPhone15の残価支払いが免除される点が挙げられます。

このプログラムを利用する条件は、iPhone15シリーズを24回払いで買ったあと、25ヶ月目までにauにスマホを返すことです。

このプログラムの期間は終了日が未定となっていますので、興味のある方は確認してみると良いでしょう。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

auの下取りプログラムならMAX10万円以上も還元される

現在使用しているスマートフォンがもう必要なくなった場合は、auの下取りプログラムを利用してみる価値があります。

このプログラムでは、対象となる機種であればMAX10万円以上の還元を受けることが可能です。

金額は、下取りされる機種やその端末の状態によって異なります。

ただし、電源が入らない端末や工場出荷時の設定に戻されていない端末など、正常に機能していない端末は正規の下取り対象外となるため、注意が必要です。

このプログラムの特典としては、機種代金の還元またはPontaポイントでの還元があり、MAX10万円以上の価値があることが挙げられます。

下取りプログラムを利用するための条件は、他社からauへの乗り換え時、または乗り換え後の初めての機種変更時にauスマートフォン、iPhone、auケータイ、またはauタブレットを買うことです。

さらに、下取り対象機種が故障や水濡れなどのダメージを受けておらず、正常に動作すること、下取り査定を完了させることも必要です。

現在のスマートフォンを新しいモデルにアップグレードしたい、または不要になった古いデバイスを有効活用したい方にとって、auの下取りプログラムは非常に魅力的なオプションと言えるでしょう。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

【楽天モバイル】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り

楽天モバイルのiPhone15やiPhone15 Proを利用する際、いくつかの特典が用意されています。

まず、iPhoneトク得乗り換えキャンペーンでは、他社から楽天モバイルへ乗り換えることで最大33,000ポイントが還元されます。

さらに、楽天モバイル買い替え超トクプログラムを利用すると、端末価格の実質半額で購入が可能になります。

また、スマホ下取りサービスを活用すると、最大7万円以上の還元が受けられます。

これらの特典を組み合わせれば、iPhone15シリーズを非常にお得に買うことができます。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーンでMAX33,000円相当も得する

楽天モバイルでは、新規契約者および他社からの乗り換え者を対象にした「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を実施しており、このキャンペーンを利用することで、最大33,000円相当の楽天ポイントが還元されます。

対象となるのはiPhone 15シリーズで、楽天モバイルの「買い替え超トクプログラム」と併用することにより、実質負担がなんと半分以下というコストで買うことができます。

キャンペーンは主に2つのパターンで適用されます。

一つ目のパターンでは、対象のiPhoneを一括または24回払いで買ったうえに、他社から楽天モバイルへ初めて乗り換える場合に33,000円相当のポイント還元が受けられます。

二つ目のパターンでは、48回払いの「買い替え超トクプログラム」を利用して対象iPhoneを購入し、同様に他社からの乗り換えで楽天モバイルを初めて申し込む場合に適用されます。

この2つのパターンの主な違いは、iPhoneの購入方法にあります。

手元に残しておきたい方や短期間での買い替えを考えていない方は、一括払いまたは24回払いが適しています。

一方で、2年ごとの買い替えを予定しており、毎月の支払いを抑えたい方は、「買い替え超トクプログラム」を利用した48回払いがお勧めです。

このキャンペーンの特典として、最大33,000円相当をお得に購入できる点があります。

条件には、楽天モバイルへの申し込みが初めてであること、新規契約または他社からの乗り換えであること、対象の機種を一括・24回払いで買うこと、そしてRakuten Linkアプリで10秒以上の発信通話を行うことが含まれます。

キャンペーン期間は2024年2月21日から終了日が未定となっていますので、楽天モバイルでのiPhone15シリーズ購入を検討している方には、この機会を活用することをお勧めします。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

楽天モバイル買い替え超トクプログラムなら実質負担が半額に

楽天モバイルの「買い替え超トクプログラム」は、特に2年ごとに新しいiPhoneへの乗り換えを検討している方にとって、非常に魅力的な機種購入サポートです。

このプログラムは、iPhone15を含む対象機種を48回の分割払いで購入し、25ヶ月目にスマホを返すことで、最大で24回分の分割支払金が免除されるというシンプルでわかりやすい内容となっています。

このプログラムを利用することで、2年ごとに新しいiPhoneモデルをお得に利用することが可能になります。

ただし、このプログラムを利用するためには、支払い方法を楽天カードに設定する必要があります。

楽天カードは年会費無料で提供されているため、持っていると様々な場面で利便性が高まりますし、この機会に新たに作成するのも一つの選択肢です。

加えて、楽天モバイルの買い替え超トクプログラムを利用すれば、Apple Storeで直接購入するよりも実質的なコストを抑えてiPhone15を買うことができます。

ポイント還元などの特典も含めると、さらにお得になる可能性があります。

このプログラムの特典としては、機種代金の最大半額に相当する部分が免除される点が挙げられます。

利用するための条件には、18歳以上であること、支払い方法として楽天カードを使用すること、48回払いで機種代金を支払うこと、そして25ヶ月目以降にスマホを返すことが含まれています。

なお、スマホを返す際には3,300円の事務手数料が発生することに注意が必要です。

プログラムの利用期間は2023年8月31日から開始され、終了日は未定となっています。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

楽天モバイルのスマホ下取りサービスならMAX7万円以上も還元!

もし手元にもう使用していないスマートフォンがあれば、楽天モバイルのスマホ下取りサービスを利用することで、新たな価値を見出すことができます。

このサービスでは、下取りに出された機種やその端末の状態に応じて、最大7万円相当以上の還元が受けられます。

還元されるのはキャッシュ形式で、これは楽天市場や楽天トラベル、そしてラクマなどで利用可能な電子マネーです。

また、アプリの加盟店での支払いにも使用できるため、非常に便利に現金のように使うことができます。

ただし、電源が入らない端末や改造されているもの、ネットワークのエラーがでているスマホなどは、対象外となるため注意が必要です。

また、下取り金額は時期によって変動することがあるので、新しい情報については楽天モバイルの公式サイトで確認することが推奨されます。

このスマホ下取りサービスを利用するための条件としては、対象製品を下取りに出すこと、楽天IDを持つ楽天会員であること、18歳以上であること、そして下取り査定が完了することが必要です。

利用期間については終了日が未定となっていますので、不要なスマートフォンを持っている方は利用を検討してみると良いでしょう。

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

【ソフトバンク】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り

ソフトバンクでは、iPhone 15またはiPhone 15 Proの購入に際して4つの特典が提供されています。

まず、オンラインショップ限定の割引であるオンラインショップ割、または22歳以下の方向けのU22オンラインショップ割を利用することで、最大21,984円の値引きが可能です。

次に、新トクするサポートプログラムを活用することで、購入した端末を実質半額で利用することができます。

さらに、ソフトバンクの下取りプログラムを通じて、最大5万円以上の還元を受けることが可能になります。

最後に、ソフトバンクオンラインショップを利用した場合、事務手数料が無料となります。

これらの特典をフル活用することで、iPhone 15シリーズをよりお得にゲットすることができます。

U22/オンラインショップ割ならMAX21,984円割引に

オンラインショップ割は、他社から乗り換えて対象機種を購入する方向けのキャンペーンで、最大21,984円の機種代金値引きが提供されます。

自宅受取りがこの割引の対象となります。

特に、5歳以上22歳以下の方は、さらにお得なU22オンラインショップ割を利用することができます。

取り扱うほぼ全ての機種がこのキャンペーンの対象であり、iPhone15シリーズも含まれています。

ワイモバイルユーザーは、「ワイモバイル→ソフトバンクへの乗り換え専用サイト」を通じて手続きをすることで、同じ21,984円の割引を受けることができます。

さらに、最大34,056円の通信料割引とヤフー限定クーポンを適用すれば、データ無制限プランを月額990円で利用できるなど、大変お得な条件が揃っています。

もし現在利用している携帯電話会社に特にこだわりがない場合、乗り換えを通じてお得にiPhone15シリーズをゲットするチャンスです。

ワイモバイルユーザーだけでなく、他社のユーザーも、このオンラインショップ割を積極的に活用してみる価値があります。

このキャンペーンを利用するための条件には、オンラインショップからの手続き、他社からの乗り換えまたは5歳以上22歳以下での新規契約が求められます。

そして商品の受け取り方法として「自宅等で受け取る」を選択することが含まれます。

キャンペーン期間は2023年10月12日から始まり、終了日は未定となっていますので、関心がある方は早めにチェックしておくことをお勧めします。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

新・トクするサポートなら実質半額で買える!

「新・トクするサポート」は、iPhone15シリーズの購入を考えている方にとって、特に魅力的な機種購入サポートプランです。

このプランでは、機種代金を48回に分割して支払い、13ヶ月目または25ヶ月目に端末を返すことで、最大で36回分の分割支払金が免除されます。

このプログラムの大きな利点は、そのシンプルさにあります。

ドコモやauの残価設定型プログラムと異なり、利用者にとって分かりやすく設計されています。

また、楽天モバイルのプログラムのように、特定のクレジットカードでの支払いを必須とすることもないため、より柔軟に利用可能です。

「新トクするサポート」には「スタンダード」と「バリュー」の2つのプランがあり、それぞれ免除される支払回数が異なります。

バリューは最大36回分の支払いが免除されるプランで、iPhone15が対象機種となっています。

一方、その他のiPhone15シリーズのモデルはスタンダードプランの対象となり、最大で24回分の支払いが免除されます。

たとえば、iPhone15(128GB)を購入した場合の本体価格は142,920円ですが、13ヶ月目に端末を返却すれば、120,924円が免除され、実質的な負担は21,996円になります。

この計画により、1年ごとに新しいiPhoneに買い替えることができるため、最新技術を常に手元に置きたい方にとっては理想的な選択肢です。

さらに、「オンラインショップ割」と併用することで、iPhone15を更にお得に購入することが可能です。

特典として、機種代金の48回払いのうち、最大36回分の支払いが免除されることになります。

利用条件は、48回分割の新トクするサポート(スタンダード/バリュー)でiPhone15シリーズを購入し、指定された月にスマホを返すことです。

このプログラムは、終了日が未定で提供されており、新しいiPhoneを常に手に入れたい方にとって、大変魅力的なオプションと言えるでしょう。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

ソフトバンクの下取りプログラムならMAX5万円以上が還元される

対象のスマートフォンを購入する際、特定の機種を下取りに出すことで最大5万円相当以上の還元を受けることが可能なキャンペーンを実施しています。

この下取りプログラムによる還元は、PayPayポイントまたは機種代金の割引のいずれかの形です。

還元額を最大化したい場合は、PayPayポイントを選択することが推奨されています。

下取りで受けられる具体的な金額は、下取りに出される機種やその状態によって変動します。

そのため、具体的な還元額を知りたい場合は、公式サイトを定期的にチェックして新しい情報を得ることが大切です。

このキャンペーンを利用するための条件としては、まず対象となる機種を下取りに出すこと、そして新しい指定機種の購入が必要です。

また、下取り対象機種の回収および査定が完了している必要があります。

このキャンペーンは2022年6月15日から開始されており、終了日は未定です。

PayPayポイントでの還元を選択することで、PayPayを受け付けている様々なショップやサービスで利用可能なポイントを獲得できるため、より広い範囲でのメリットが期待できます。

新しいスマートフォンを購入しようと考えている方は、この機会に下取りプログラムを利用してお得に最新機種をゲットすることを検討してみてはいかがでしょうか。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

ソフトバンクオンラインで事務手数料がゼロ

ショップ(店舗)で新規契約や乗り換え、機種変更などの手続きを行う場合、3,850円の契約事務手数料が発生します。

しかし、オンラインショップを利用して手続きをし、さらにiPhone15を自宅で受け取る選択をすることで、この事務手数料が0円になります。

また、店舗での手続きの際に発生する可能性のある5,000円から15,000円程度の頭金も必要ありません。

スマートフォンの購入では、機種代金のほかに初期費用も財布にとって大きな負担となることがあります。

そのため、機種代金だけでなく初期費用を節約するためにも、オンラインでの手続きの活用が非常に重要です。

節約した金額でiPhone15シリーズ用のケースや画面保護フィルムを購入するなど、より実用的な使い道ができるでしょう。

このように、初期費用を確実に抑えたい場合は、オンラインショップの利用がお勧めです。

オンラインショップでの手続きは、自宅受け取りが対象となります。

新しいスマートフォンの購入を検討している方は、この機会にオンラインショップを活用してみてはいかがでしょうか。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

【ドコモ】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り

ドコモでiPhone 15またはiPhone 15 Proを購入する際に利用できる4つの特典は以下の通りです。

まず、「5G WELCOME割」を活用することで、機種代金から最大44,000円相当の還元を受けることができます。

次に、「いつでもカエドキプログラム」を使えば、契約期間終了後にiPhoneを返すことで残価が免除されます。

さらに、「ドコモの下取りプログラム」を利用すると、古いスマートフォンを下取りに出して、新しいiPhoneの購入価格から最大9万円以上を還元してもらえます。

最後に、ドコモオンラインショップでの購入では、事務手数料が無料となります。

これらの特典を上手に組み合わせることで、新しいiPhoneをよりお得にゲットすることが可能です。

5G WELCOME割を使うと本体代金のMAX44,000円相当が還元される

ドコモの「5G WELCOME割」は、他社からドコモへ乗り換える方を対象にしたキャンペーンで、iPhone15シリーズの購入に際して最大44,000円の機種代金割引を提供しています。

このキャンペーンによる割引は非常に大きく、特にiPhone15とiPhone15 Plusが対象機種になっており、具体的な還元額は以下の通りです。

乗り換えの場合、iPhone15(128GB)には44,000円の割引が適用され、iPhone15 Plusの全容量モデルには20,000dポイントが還元されます。

新規契約の場合、iPhone15の全容量モデルとiPhone15 Plusの128GBおよび256GBモデルに20,000dポイントが還元されます。

例えば、iPhone15(128GB)を通常価格149,490円で購入する場合、44,000円の割引が適用されると、購入価格は105,490円になります。

このように、割引額が大きいため、現在使っている携帯会社に特にこだわりがなければ、ドコモへの乗り換えを検討してみる価値があります。

各キャリアは自社の回線ユーザーを増やすために乗り換えキャンペーンに力を入れており、現在のキャリアで機種変更するよりもお得になる可能性が高いです。

このキャンペーンの特典は、機種代金から最大44,000円相当の還元が受けられる点です。

条件としては、他社からの乗り換えまたは新規契約でドコモを契約し、ドコモを契約すると同時にiPhone15を購入することが挙げられます。

キャンペーン期間は2020年3月25日から開始されており、終了日は未定です。

ドコモへの乗り換えを検討している方は、この機会にお得な条件で新しいiPhone15をゲットすることができるかもしれません。

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

いつでもカエドキプログラムなら残債が免除される

ドコモの「いつでもカエドキプログラム」は、iPhone15を含む対象機種の購入をサポートする残価設定型プログラムです。

このプログラムでは、iPhone15の機種代金を24回の分割払いで支払い、24回目の支払いで残価が設定されます。

この残価を引いた金額を23回に分けて支払い、23ヶ月目にiPhone15を返すと、設定された残価が免除されるというメカニズムになっています。

例えば、iPhone15(128GB)の場合、機種代金149,490円のうち73,920円が残価として設定され、実質的な負担金は75,570円になります。

このプログラムを利用することで、機種代金の負担を大幅に抑えつつ、2年ごとに新しいiPhoneに乗り換えることが可能になります。

さらに、残価を支払えば、プログラム終了後も引き続きiPhone15を使用することができます。

「いつでもカエドキプログラム+」は、いつでもカエドキプログラムとsmartあんしん補償の両方に加入することで利用可能になり、1年後に端末を返却すれば、24回目の残価に加えて、13~23回目の分割支払金も免除されます。ただし、早期利用料が発生することに注意が必要です。

このように、いつでもカエドキプログラムは、2年ごとに新しいiPhoneを使用したい方向けであり、いつでもカエドキプログラム+は、1年ごとに新しいiPhoneを使用したい方におすすめです。

条件としては、dポイントクラブ会員またはどこもビジネスメンバーズ会員であること、iPhone15シリーズを残価設定型24回払いで購入し、ドコモへ返すこと、そしていつでもカエドキプログラム+を利用する場合はsmartあんしん補償に加入していることが必要です。

キャンペーンの期間は終了日が未定ですので、新しいiPhoneをお得に利用したい方は、このプログラムを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

ドコモの下取りプログラムならMAX9万円以上が還元される

ドコモの下取りプログラムは、新しい機種の購入時に古いスマートフォンを下取りに出すことで、最大9万円以上の還元を受けることができるキャンペーンです。

この還元は、下取りに出された機種の状態に応じて変わります。

下取りされる機種の価格は定期的に更新されるため、新しい下取り価格についてはドコモ公式サイトで確認する必要があります。

このキャンペーンでは、ショップで直接手続きを行う場合、下取り価格から直接割引を受けることができるため、購入時にすぐに割引が適用されます。

一方で、オンラインショップを利用する場合は、後日dポイントでの還元となりますが、オンラインショップの利用によって3,850円の契約事務手数料を節約することが可能です。

店頭での割引は即時に受けられる利点がありますが、契約事務手数料が発生する点を考慮すると、オンラインショップを利用することで全体的なコストをより抑えることができるでしょう。

なお、この特典を最大限に活用するためには、dポイントクラブに加入していることが条件となります。

特典として、MAX9万円以上の機種代金の値引きやdポイントでの還元が受けられます。

このプログラムは2014年12月1日から開始されており、終了日は未定ですが、基本は常時開催とみられます。

新しいスマートフォンの購入を検討している方は、不要になった古い機種を下取りに出すことで、新しい機種の購入費用をお得にすることが可能です。

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

ドコモオンラインショップで買うと事務手数料はゼロ

ドコモオンラインショップでの手続きは、新規契約、乗り換え、機種変更などにおいて事務手数料が免除され、加えて店舗で発生する可能性のある5,000円から15,000円程度の頭金も不要となります。

このため、機種代金のみならず、初期費用を大幅に節約することが可能です。

節約した分をiPhone15シリーズのケースやフィルムの購入に充てるなど、より賢い消費ができるようになります。

オンラインショップを活用することで、初期費用を確実に抑えることができ、特に3,850円の契約事務手数料が0円になるのは大きなメリットです。

条件としては、ドコモオンラインショップでiPhone15シリーズの購入を行うだけ。

適用期間も終了日未定となっていますので、iPhone15シリーズの購入を検討している方はぜひドコモオンラインショップの利用をお勧めします。

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※24時間待ち時間無しで購入

【Apple Store】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り情報

Apple StoreでのiPhone 15またはiPhone 15 Proの購入に利用できる2つの特典があります。

金利0%での分割払いオプションとApple Trade Inプログラムを通じた最大10万円の値引きです。

金利ゼロで分割払いできる

Apple Storeでは、オリコのショッピングローンを利用して最大24回分割まで金利0%でiPhoneを購入することができます。

利用可能な分割回数には6回、10回、12回、18回、20回、24回があります。

ただし、これらの回数を超える分割払いを選択した場合は金利が発生するので、注意が必要です。

また、Apple Storeでは「ペイデイあと払いプランApple専用のiPhone 36ヶ月分割オファー」という別の支払い方法も提供しています。

このプランで選べる分割回数は機種によって異なり、iPhone14シリーズは36回分割、iPhone13シリーズ、iPhone12、iPhoneSEは24回分割となっています。

分割払いでiPhoneの購入を検討している場合、これらのプランは非常に便利でお得な選択肢です。

48回分割で購入を考えている場合は、金利負担を考慮して、実質負担金を抑えることが可能なキャリアの購入プランを選ぶことをお勧めします。

キャリアのプランでは様々な特典や割引制度を利用できる場合が多く、総合的に見て経済的なメリットが大きいことがあります。

Appleトレードイン(下取り)でMAX10万円割引

Apple Trade Inは、Appleが提供する下取りプログラムで、お持ちの古いiPhoneや他のApple製品を下取りに出すことで、新しいApple製品の購入時に利用できる値引き額を得ることができます。

このプログラムを利用することで、最大10万円以上の機種代金値引きを受けることが可能です。

下取りに出す機種やその端末の状態によって値引き額は異なりますが、特に良好な状態の最新モデルを下取りに出す場合、高額の値引きを期待できます。

また、Apple Trade Inは環境保護にも貢献しており、再利用可能なデバイスはリサイクルされ、資源の有効活用が図られています。

利用を検討している方は、Apple公式サイトで最新の情報をチェックし、下取り額を確認してみてください。

【家電量販店】iPhone15/Proを安く買う方法と値下げ・キャンペーン・投げ売り情報

iPhone15の購入に関するキャンペーンは、ノジマ、ヤマダ電機、ビックカメラ、ジョーシンなどの家電量販店でも実施されています。

これらの店舗では、特定の条件下で非常に魅力的なオファーが提供されることがあり、「実質1円」で提供されるいわゆる「投げ売り」キャンペーンを行っている場合もあるようです。

ただし、キャンペーンの詳細条件や期間、在庫状況は店舗によって異なるため、興味がある場合は直接店舗に問い合わせるか、公式ウェブサイトで最新情報を確認することをお勧めします。

ノジマ・ヤマダ電機など家電量販店にて実質1円キャンペーンを開催!

家電量販店では、iPhone15をはじめ、iPhone14やiPhone13、さらにはAndroidスマートフォンに関しても様々なキャンペーンを開催しています。

特に注目すべきは、iPhone15に対して実施されている実質1円キャンペーンの仕組みです。

ここでソフトバンクを例にとって、このキャンペーンのメカニズムを詳しく見てみましょう。

例としてソフトバンクでは、「新トクするサポート(バリュー)」を利用し、1年後に端末を返却することで、iPhone15(128GB)の機種代金153,920円から131,924円を免除し、実質負担金を21,996円にすることができます。

さらに、他社からの乗り換えや5歳から22歳以下の新規契約を行うことで、21,984円の割引を受けることができ、結果的に購入価格を実質12円(月々1円)にまで下げることが可能です。

このようにして、新トクするサポート(バリュー)と割引キャンペーンを組み合わせることで、iPhone15を非常に低価格で手に入れることができるわけです。

ソフトバンクの例を挙げましたが、auやドコモなど他のキャリアでも同様のキャンペーンを実施している場合があります。

ただし、キャンペーンの詳細や価格は店舗やキャリアによって異なるため、興味のある方は具体的な条件を家電量販店で確認すると良いでしょう。

実質1円キャンペーンはキャリアのオンラインショップでも開催されていますので、初期費用をなるべく抑えたい、営業トークを避けたい、または家電量販店が近くにない方は、オンラインショップの利用がお勧めです。

家電量販店での契約には3,850円の事務手数料や、場合によっては5,000円から15,000円の頭金が発生することがあります。

さらに店舗への往復にかかる時間や交通費も考えると、自宅で手続きが完結するオンラインショップの方が全体的に見てお得で便利と言えるでしょう。

店頭で実機を確認し、キャンペーンの内容を把握した上で、最終的には自宅のスマートフォンからオンラインショップを通じて購入するのが賢い選択と言えます。

iPhone15/Proを最も安く買うキャンペーンを契約種類ごとに解説

iPhone15に関連するキャンペーンをキャリア別に見てきましたが、新規契約、乗り換え(MNP)、機種変更という異なる契約形態において最もお得なキャリアのキャンペーンをまとめてみましょう。

各契約形態ごとに、利用者にとって最も魅力的なオプションを選ぶための参考情報を紹介します。

新規契約のiPhone15に使えるキャンペーン

新規契約を考慮している方にとって、iPhone15を購入する際に魅力的なキャンペーンがいくつか存在します。

au、楽天モバイル、ソフトバンクが提供するこれらのキャンペーンを利用すれば、機種代金をお得にすることができます。

まず、auのオンラインショップでは、「au Online Shop お得割」により、最大11,000円の値引きを受けることが可能です。

次に、楽天モバイルでは、「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を実施しており、こちらでは最大20,000ポイントが還元されます。

そしてソフトバンクからは、「U22 オンラインショップ割」が提供されており、22歳以下の方を対象に最大21,984円の値引きが適用されます。

auとソフトバンクのキャンペーンは機種代金の直接的な値引きを特徴としていますが、楽天モバイルは還元されるポイントを利用して実質的にお得に購入できる形を取っています。

ソフトバンクのキャンペーンには年齢制限がありますが、条件を満たす方であれば新規契約時にも21,984円の割引を享受してiPhone15を手に入れることができます。

これらを活用することで、新規契約時にiPhone15をより手頃な価格で購入するチャンスがありますので、興味のある方は各キャリアのオファーを確認してみてください。

頭金・事務手数料無料

ソフトバンクオンラインショップはこちら

※自宅にお届け待ち時間なしで購入

MNP乗り換えのiPhone15に使えるキャンペーン

他社からの乗り換え(MNP)を検討している方向けに、iPhone15を購入する際に利用できる魅力的なキャンペーンがいくつかあります。

これらのキャンペーンを利用すれば、新しいiPhone15をよりお得に手に入れることが可能です。

auでは、「au Online Shop お得割」により、最大44,000円の値引きを受けることができます。

楽天モバイルからは、「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を通じて、最大33,000円相当の特典を享受できます。

ソフトバンクでは、「オンラインショップ割」を利用することで、最大21,984円の値引きが適用されます。

また、ドコモからは「5G WELCOME割」が提供され、これを利用すると最大44,000円の値引きを受けられます。

これらのキャンペーンを見ると、特にauとドコモでは非常に大きな値引きが提供されており、他社からの乗り換えを考えている方にとって大きなメリットとなります。

現在利用しているキャリアに特にこだわりがなければ、これらの乗り換えキャンペーンを積極的に検討することをお勧めします。

各キャリアが提供するキャンペーンの詳細を比較し、最もお得な条件でiPhone15を手に入れましょう。

機種変更のiPhone15に使えるキャンペーン

iPhone 15シリーズを機種変更で購入しようと考えている方にとって、auの5G機種変更おトク割が最大11,000円の値引きを提供する唯一のキャンペーンです。

機種変更に利用できるキャンペーンは非常に限られており、現時点ではauからのこのオファーのみが存在します。

auは既存のユーザーに対する恩恵も忘れないという点で評価が高いですが、この割引を享受するためには、有料の故障紛失サポートへの加入が必須条件となります。

単に割引を受けるためだけにこのオプションに加入すると、結果的に損をしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

割引額が大きくないことから、別のキャリアへの乗り換えも検討する価値があるでしょう。

24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

iPhone15/Proに機種変更するときの割引クーポン

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルでは、機種変更時に利用できるお得なクーポンが提供されています。

これらのクーポンは、クーポン発行サイト、MNP引き止め用クーポン、SMSでのメッセージクーポン、郵送されるDMクーポン、マイページや解約ページでの特別オファーなど、様々な形で提供されています。

これらのクーポンを利用することで、機種変更の際に最大2万円以上お得になる可能性があります。

しかし、これらのクーポンが必ずしも全員に配布されるわけではないので、受け取れた場合は幸運と思って最大限活用しましょう。

現在使っているキャリアからiPhone15に買い替える予定の方は、自分が受け取れるクーポンがないか、しっかりと確認することをお勧めします。

また、特定のキャリアへのこだわりがなく、機種変更用のクーポンやキャンペーンが見当たらない場合は、他社への乗り換えを検討し、よりお得なキャンペーンを利用してiPhone15シリーズを購入することも良い選択肢です。

iPhone15/Proを安く買うキャンペーンのよくある質問

最後に、iPhone 15およびiPhone 15 Proに関するキャンペーンについての疑問を解消していきたいと思います。

これらの質問に対する答えを参照し、iPhone 15シリーズを購入する際の参考にしていただければ幸いです。

iPhone15/Proでも一括1円で買えるキャンペーンがある?

ソフトバンクオンラインショップを利用すると、iPhone15(128GB)を実質12円、月額1円で手に入れることが可能です。

このキャンペーンを利用するには1年後に端末を返却する条件がありますが、毎年最新のiPhoneを使用したい方にとっては魅力的なオファーです。

端末返却プログラムを利用することで、高価な最新モデルのiPhoneをリーズナブルに楽しむことができ、常に最新の機能を使いたいと考えるユーザーに最適なプランと言えるでしょう。

ただし、端末は1年後に返却する必要があるため、その条件を念頭に置いてプランを選択することが大切です。

格安SIMではiPhone15/Proに使えるキャンペーンがある?

iPhone 15を格安SIMで使いたい場合、格安SIMのキャリアでは特定のキャンペーンは開催していません。

通常、格安SIMの提供者は最新のiPhoneモデルを発売直後に取り扱うことはありません。

しかし、iPhone 15をすぐに格安SIMで使用したいなら、Apple Storeや大手キャリアで端末のみ(SIMフリー)を購入し、自身の格安SIMカードを挿入する方法があります。

この方法なら、最新のiPhoneモデルを格安SIMの料金プランで利用することができます。

つまり、最新のiPhoneの技術と格安SIMプランの経済性の両方を享受できるわけです。

iPhone15/Proを一括購入するときどの店が安い?

iPhone 15を一括購入する際、最安値はApple Storeが提供する価格です。

キャリアの中では楽天モバイルが最安値を提供しています。

分割払いでの購入を検討している場合、大手キャリアの機種購入サポートプログラムを活用すると、実質的な負担金を大幅に減らすことが可能です。

このようなプログラムを利用すると、分割払いでも経済的な負担を軽減しながら最新のiPhone 15を手に入れることができます。

iPhone15/Proを安く買う方法はオンラインショップがおすすめ!

この記事では、iPhone 15およびiPhone 15 Proを対象とした各キャリアのキャンペーンを紹介しました。

iPhone 15シリーズをできるだけ安価に購入するためには、「乗り換えキャンペーンとオンラインでの手続き」の組み合わせが鍵です。

現在利用中のキャリアでの機種変更も一つの選択肢ですが、最も大きな割引を受けるためには、他社への乗り換えを検討する価値があります。

乗り換えによる割引は、キャリア各社が新規ユーザー獲得を目指しているため、特に大きなメリットがあります。

加えて、機種代金だけでなく、初期費用の削減も重要です。

ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルなどでは、オンラインでの手続きを選ぶことで事務手数料が無料になるケースが多く、こうした費用削減も全体的なコストダウンに寄与します。

節約した金額は、iPhone 15シリーズ用のアクセサリー購入などに充てることができます。

適切なキャンペーンを活用することで、iPhone 15を実質12円(月々1円)から購入することも可能です。

関連情報

【2024年5月】iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種を紹介

iPhoneコスパ最強の機種はどれ?予算別に解説【2024年5月】

iPhoneの長く使える機種5選!買い替えの目安と寿命を伸ばす方法

iPhone何がいいのかわからない・Android派は後悔するって本当?

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.