※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhone16の発売日を待つべきか?iPhone15を買ってもいいのか

iPhone16の発売を待つべきかどうかについて検討する際には、その購入がもたらすメリットとデメリットを理解することが重要です。

以下に、iPhone16の発売を待つべき理由と、待たずに現行モデルであるiPhone15を購入するべき理由をまとめます。

auオンラインショップでは
新型iPhone・型落ちiPhoneが今すぐ購入できる



店舗・量販店で待たず
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら
オンラインの買い方がわからない人は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説

目次

iPhone16を待つべきか?発売日を待った方がいい?

潜望鏡ズームレンズ技術が導入

2023年に新しい潜望鏡ズームレンズ技術が搭載されると予想されているiPhoneは、iPhone 15 Pro Maxだけですが、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、2024年モデルもペリスコープレンズはiPhone 16 Pro Maxに限定されるだろうと述べています。

潜望鏡レンズ、いわゆるペリスコープレンズは、カメラのイメージセンサーに向かって、角度をつけた鏡で光を反射させます。

この方向転換により、「折り畳み式」の望遠レンズシステムが実現し、デジタルズームのようなぼやけがなく、光学ズーム機能を向上させることができます。

iPhone 15 Pro Maxは6倍の光学ズームを搭載すると予想されているので、16 Pro Maxも同じズームオプションを搭載する可能性があります。

2024年のiPhone 16 Ultraがあれば、それもペリスコープレンズを搭載する可能性があります。

ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレート

iPhoneのディスプレイに最大120Hzのリフレッシュレートを追加するProMotionテクノロジーは、2025年からiPhoneの標準モデルに搭載される見込みです。

2025年までは、ProMotionは上位機種の「Pro」iPhoneに限定されます。

2026年のiPhone 18では、AppleはアンダーディスプレイFace IDとアンダーディスプレイ前面カメラ技術の両方を搭載し、カメラハードウェアのための切り欠きがないデザインを実現する可能性があります。

そうなれば、初のオールディスプレイのデザインとなりますが、iPhone 16にはまだ 搭載されなさそうです。

iPhone 16 Ultraが登場する

iPhone 16では、AppleはiPhone 16、iPhone 16 Plus、iPhone 16 Pro、iPhone 16 Pro Maxと一緒に販売されるハイエンドのiPhone 16 "Ultra "を発表する可能性があります。

このデバイスは、iPhoneの最上位機種として位置づけられ、さらなるカメラの改良、より大きなディスプレイ、そしておそらくポートレスデザインを特徴とする可能性があります。

5Gモデムチップが搭載

少なくとも2019年以降、Appleは独自のモデムチップとアンテナセットアップの開発に取り組んでおり、Appleが設計した最初の5Gモデムチップは、2024年のiPhone 16モデルでデビューする可能性があります。

Appleは当初、2023年に独自のモデムチップを導入したいと考えていましたが、2022年後半に遅延に見舞われ、プロジェクトを延期する必要がありました。

現在のところ、Appleの計画は、2024年に少なくとも1つのiPhoneモデルに新しいモデムチップを導入すると予想されています。

AppleはQualcommのライセンス条件に不満を持っており、2017年に不当なロイヤリティでサンディエゴの会社を訴えたことがあります。

当時、AppleはIntelのモデムチップに切り替える予定でしたが、5G移行期で、IntelはAppleの基準に合うコンポーネントを製造することができなかったのです。

Appleは最終的にQualcommとの訴訟を解決し、Intelはモデムチップ事業を終了し、その残りをAppleに売却しました。

USB-Cポートは引き続き採用

アップルは、iPhone 15のラインナップでUSB-C技術に移行し、iPhone 16のモデルにも採用される見通しです。

ただ、2024年モデルの少なくとも1台のiPhoneは、USB-Cコネクタを廃止したポートレスデザインを採用し、充電とデータ転送はMagSafeまたは同様の技術で行うことになるかもしれません。

アンダーディスプレイのFace ID採用

iPhone 16 ProモデルにアンダーディスプレイFace ID技術が採用される可能性があるという噂がありましす。

アンダーディスプレイFace IDが実現すれば、Dynamic Islandをフル装備する必要がなくなるため、より多くのディスプレイスペースを使用できるようになります。

ちなみに多くの海外サイトは、アンダーディスプレイFace ID技術が早ければ2024年のiPhone 16 Proモデルで導入される可能性があると述べていますが、ディスプレイアナリストのRoss Youngは、この技術はまだ少なくとも2年先だと考えています。

Young氏のタイムラインでは、アンダーディスプレイFace IDはiPhone 17 Proまで利用できないことになり、iPhone 16 ProモデルにはDynamic Islandが搭載されることになる、と考えているようです。

ちなみにディスプレイ下Face IDが発売されれば、サムスンなどのメーカーが前面カメラ技術を扱うのと同じように、カメラ用の円形の切り欠きが設けられることになります。

iPhone16はフルスクリーン化の可能性あり

NOTEBOOK CHECKによると、サムスンはiPhone16に搭載される予定のアンダーディスプレイカメラの品質向上に努めていると報じられています。

2024年には、Face IDやフロントカメラを画面下に内蔵した、完全なフルスクリーンデザインの端末の発売が期待されています。

iPhone15の全モデルにDynamic Islandが導入され、その結果として画面が広がったことが特徴です。この流れを受けて、iPhone16ではさらに画面が広がることが予想されます。

これらの進化はユーザー体験を向上させるだけでなく、より没入感のあるディスプレイを実現する可能性を示しています。

iPhone16はポートレス化するかも

9T5Macが報じたところによれば、Appleは充電ポートのないiPhoneを開発しているようです。iPhone15シリーズでは、長年愛用されてきたLightningポートを廃止し、USB-Cポートによる充電を採用しました。

完全にポートレスな次世代のiPhoneがいつ登場するかはまだ明らかではありませんが、ポートを取り除くことでデバイスの耐久性が向上し、それが新たな魅力となる可能性があります。

iPhone16ではカメラレイアウトが変更になる

MacRumorsが伝えるところによれば、iPhone16とそのPlusモデルにおいては、iPhone11やiPhone12で見られたような、カメラレンズが縦に配置されるデザインへと戻ることが予想されています。

一方、iPhone15およびiPhone14のPlusモデルでは、カメラレンズが斜めに配置されているデザインが採用されました。

カメラのレイアウトを変更する背景については、MacRumorsも明確な理由は示していませんが、縦配置のデザインを好むユーザーにとっては、iPhone16の発売を待つ価値があるかもしれません。

iPhone16ではバッテリー寿命が伸びる

9T5Macが報じたところによると、iPhone16のProシリーズでは新しい技術であるマイクロレンズアイの導入が検討されています。

この技術により、ディスプレイの輝度を向上させるとともに、バッテリーの持ち時間も延長することが期待されています。

しかし、マイクロレンズアイ技術にはディスプレイの視野角が狭まるという欠点も存在します。にもかかわらず、スマートフォンは通常、個人が単独で使用することが多いため、この問題は大きな障害にはならないと考えられています。

この技術が実際にiPhone16 Proシリーズに採用されれば、ユーザー体験の向上に寄与する可能性があります。

Proでは画面の大きさが0.2インチ大きくなる

MacRumorsの報道によると、iPhone16シリーズでは、特にiPhone16 ProとiPhone16 Pro Maxのモデルにおいて、画面サイズの変更が見込まれています。

具体的には、iPhone15 Proの現行6.1インチから、iPhone16 Proでは6.3インチへと画面が大きくなると予想されています。

さらに、iPhone15 Pro Maxの6.7インチから、iPhone16 Pro Maxでは6.9インチに拡大し、ほぼ7インチに達する大きさとなる見通しです。

これらの情報を基にすると、より大きな画面を望むユーザーは、Proシリーズの新モデル、特にiPhone16 Pro Maxの登場を待つ価値があると言えます。

これにより、映画鑑賞やゲームプレイなど、大画面での使用体験を重視するユーザーにとって理想的な選択肢となるでしょう。

Proでソリッドステートボタンが搭載される

MacRumorsによると、iPhone16 Proモデルでは、従来の物理ボタンが廃止され、音量調節や電源操作にソリッドステートボタンが採用される見込みです。

iPhone15 Proでもこの変更は計画されていましたが、技術的な課題により実現が見送られていたそうです。

この変更はProモデル限定で行われる予定であり、音量と電源ボタンの廃止は、デバイスの機能性だけでなく外観にも大きな変化をもたらす可能性があります。

ソリッドステートボタンの採用は、よりスムーズで直感的な操作感を提供し、iPhoneのデザインを一層洗練させる方向に寄与することでしょう。

フルモデルチェンジする可能性あり

iPhone15のリリースでは、ノッチの廃止以外にデザイン面で目立った変更は見られませんでした。これは、Appleが数世代ごとにiPhoneのデザインを大きく変更する傾向にあることを考慮すると、iPhone16の登場によって大幅なデザイン変更が期待される状況です。

過去のiPhoneのデザインを振り返ると、iPhone6からiPhone8にかけては、丸みを帯びたフォルムにホームボタンが特徴的でした。

その後、iPhoneXからiPhone11にかけては、依然として丸みを帯びたデザインを保持しつつも、ホームボタンが廃止されました。

そして、iPhone12からiPhone14までのモデルは、より角ばったデザインへと移行し、iPhone14 Proシリーズを除きノッチが存在していました。iPhone15では、この角ばったデザインを維持しつつ、ノッチを完全に廃止しました。

フルモデルチェンジがiPhone15で実施されなかったことを踏まえると、iPhone16ではデザインにおける顕著な変更が見込まれます。

Appleはユーザーの期待を超えるデザイン革新を行うことで知られており、次世代モデルにはさらなる革新的な変更が期待されることでしょう。

iPhone16を待つべきではない?iPhone15を買ってもいいのか

USB-CはiPhone15にも搭載・iPhone16でも継続の可能性が高い

iPhone15は、過去のモデルと比較して大きな変化の一つとして、USB-Cへの対応が挙げられます。この変更は、特にEUにおいてUSB-Cを搭載していないデバイスの販売を禁止する新しい法律が可決されたことが背景にあります。

MacRumorsが報じた通り、この法律は2023年12月から施行されることから、2024年秋の発売が予定されているiPhone16もUSB-Cコネクタを搭載している可能性が非常に高いです。

EUのこの動きは、ユーザーにとっては充電とデータ転送の統一性をもたらすため、大きなメリットとなります。USB-C対応のiPhoneを求めている方は、iPhone15がすでにこのニーズを満たしているため、検討する価値があるでしょう。

この法律により、将来的には多くの電子デバイスでUSB-Cが標準的な接続方法となることが予想されます。

iPhone15のメインカメラも4,800万画素と高スペック

iPhone15シリーズは、特にカメラ性能において顕著な進化を遂げました。iPhone15とiPhone15 Plusのメインカメラは、過去モデルの1,200万画素から大幅にアップグレードされ、4,800万画素に達しました。

この進化により、より詳細な写真撮影が可能となり、画質の向上が期待できます。また、全機種でポートレートモードの自動切り替え機能が導入され、使用シーンに応じて最適な撮影が容易になりました。

さらに、iPhone15 ProとPro Maxでは、ユーザーが24mm、28mm、35mmの3種類のレンズから選択できるようになり、撮影の柔軟性が高まりました。

これらの進化を踏まえると、iPhone16ではカメラ性能がさらに向上する可能性が高いです。技術の進歩とともに、カメラ機能は常に改善されています。

しかし、特別にカメラ性能にこだわりがない限り、iPhone15のカメラ性能も非常に優れており、多くのユーザーにとっては十分満足できるレベルであることが予想されます。高品質な写真撮影を求めるユーザーでも、iPhone15は優れた選択肢と言えるでしょう。

iPhone16は2024年秋に発売見込みでまだまだ先

iPhoneのナンバリングシリーズの発売は、毎年秋に新しいモデルが登場するというパターンが定着しています。iPhone15は、その伝統を守り、2023年9月22日に市場に投入されました。

iPhone4s以降、Appleはこのリリーススケジュールを一貫して維持しており、ファンやユーザーは毎年この時期に次世代のiPhoneの登場を楽しみにしています。

iPhone16についても、この歴史を踏襲し、2024年秋のリリースが予想されています。これは、Appleの製品発表とリリースのパターンに基づくもので、多くの専門家や観測者が共通している見解です。

2024年秋の新モデルの登場を待てない、または現在使用しているiPhoneがその時点まで持たない可能性があるユーザーにとっては、iPhone15が非常に魅力的な選択肢となります。

iPhone15は、最新の技術と改善された機能を備え、多くのユーザーのニーズを満たすことができるため、新しいiPhoneを求めるならば、現在利用可能なこのモデルを検討する価値があります。

指紋認証に戻る可能性は低くiPhone16もTouch ID搭載か

多くのユーザーから指紋認証システムであるTouch IDの復活を望む声があるにも関わらず、iPhone15では先代機種と同様にFace IDが搭載されています。

iDROPNEWSの報道によると、AppleはTouch IDを開発していたグループをFace IDの開発グループと統合したとのことです。

この動きは、Appleが顔認証技術にさらに注力していることを示しており、その結果、iPhone16を含む将来のiPhoneナンバリングシリーズでTouch IDが復活する可能性は低くなっています。

そのため、iPhone16のリリースを待ち望んでいるものの、特にTouch IDの搭載を期待しているユーザーは、新しいモデルでその機能が実現される可能性が低いことを考慮し、iPhone15の購入を検討するとよいでしょう。

iPhone15は、最新の技術と機能を提供し、高いセキュリティを維持しながらも、ユーザーに快適な操作性を提供するため、多くの要求を満たすことができる製品です。

iPhone16の値段は値上げする可能性大

iPhoneの新モデルが発売されるたびに、価格が上昇する傾向にあることは、過去の販売価格からも明らかです。

iPhone13からiPhone15にかけての価格推移を見ると、それぞれのモデルの発売時価格が徐々に上昇していることが分かります。これは、新技術の導入や改善された機能が反映されるためと考えられます。

iPhone16の価格については、円安が解消されるなどの経済的な要因によって価格が下がる可能性もあるものの、過去の傾向と技術の進化を考慮すると、価格が上昇する可能性の方が高いと考えられます。

そのため、価格に関して迷っている場合は、iPhone15の購入を検討するのが良い選択かもしれません。iPhone15では、最新の技術と機能が提供されており、価格面でも現実的な選択肢となっています。

もし最新モデルへのアップグレードを考慮しているのであれば、現在の予算と必要な機能を照らし合わせて、iPhone15を選択することで、コストパフォーマンスの高い選択ができるでしょう。

iPhone16を待つべきか?口コミレビューを調査

X(旧Twitter)での口コミを調査した結果、多くのユーザーがiPhone15 Pro Maxの購入か、iPhone16の発売を待つかで迷っている様子が見受けられました。

特にiPhone16 Ultraへの関心が高いユーザーや、iPhone15に目新しさを感じないという意見もあり、iPhone16の公式情報が出るまで待つという声が多くありました。

現在使用しているスマホが問題なく機能しており、かつiPhone15に特別な魅力を感じないユーザーの中には、次のモデルの発表を待つことを選ぶ人もいます。

このような意見は、新しいiPhoneを購入するかどうかを検討しているユーザーにとって参考になるかもしれません。

もし現在のデバイスに満足しており、特に急いでアップグレードする必要がない場合、iPhone16やその他の将来的なモデルが提供する新機能や改善点について公式情報が出るまで待つのは賢明な選択かもしれません。

一方で、現在のデバイスに不満がある、または最新の技術をすぐに体験したいという場合は、iPhone15も十分魅力的な選択肢となり得ます。

どんな人がiPhone16を待つべきか

iPhone 16 発売日を待つべき人の特徴

iPhone16の発売を待つべきかどうかは、ユーザーのニーズや現在のスマホの状況に大きく依存します。以下の特徴を持つ人は、iPhone16の登場を待つ価値があるかもしれません。

  • iPhone16 Ultraに興味がある人: 特に新シリーズやモデルに魅力を感じる人は、その発売を待つべきです。
  • ソリッドステートボタン搭載のiPhoneを望む人: 物理ボタンのない新しい操作感を体験したい人にとって、待つ理由になります。
  • より高いスペックを求める人: カメラ性能やバッテリー寿命など、具体的な機能向上を求める場合、新モデルに期待できます。
  • 特定のカラーバリエーションを希望する人: 新しい色の選択肢を望む場合、次世代モデルにはより多くのオプションが提供される可能性があります。
  • 現在のスマホに満足している人: 現在使っているスマホが新しく、急いで買い替える必要がない場合は、待つことができます。
  • フルスクリーンデザインを求める人: より没入感のあるスクリーン体験を望む人にとって、新技術の導入は魅力的です。
  • Appleの5Gモデムに興味がある人: 最新の通信技術に関心がある場合、将来のモデルでの改善や導入を期待できます。

これらの特徴に当てはまる人は、iPhone16やその他の将来モデルに期待する新機能や改善を重視し、現在のデバイスで満足している場合、発売を待つことで、より充実した機能や体験を得られる可能性があります。

iPhone16発売日を待たずiPhone 15を買うべき人の特徴

iPhone15を選ぶべき人は、以下の特徴を持っています。

  • 現在のカメラスペックで満足している人: iPhone15はすでに高性能なカメラを搭載しており、多くのユーザーのニーズを満たしています。
  • USB-C対応のiPhoneを求める人: iPhone15はUSB-Cをサポートしており、これが必要なユーザーには理想的な選択です。
  • 最新の技術を求めつつもコストを抑えたい人: iPhone15は最新モデルですが、iPhone16が登場すると、価格がさらに上がる可能性があります。コストパフォーマンスを重視する場合、iPhone15が適しています。
  • 指紋認証を望むが、ナンバリングシリーズでは期待薄な人: 指紋認証の復活を望むものの、近年のトレンドとしてはFace IDが主流です。現状でのニーズを満たすiPhoneを求めるなら、iPhone15が適切です。
  • 特定のカラーバリエーションを好む人: iPhone15には複数のカラーオプションがあり、好みの色が見つかる可能性が高いです。

iPhone16がさらに高性能や新機能を搭載する可能性はありますが、その新機能が個々のユーザーにとって必要かどうか、またそれに伴う価格上昇が許容範囲内かどうかは、個人の判断によります。

iPhone15は、多くの先進技術と機能を備えているため、これらの特徴に当てはまるユーザーにとっては、現時点で最適な選択肢と言えるでしょう

iPhone16待つべき?よくある質問

iPhone16を待たずiPhone15の値下げを待つべき?

iPhoneのリリースサイクルにおいては、新しいモデルが発表されると、既存のモデルが値下げされる傾向にあります。

このパターンは、iPhone14がiPhone15の発表直後に値下げされたことで確認できます。そのため、iPhone15は、iPhone16が発売される2024年9月まで、ナンバリングシリーズの最新モデルとしての位置を保ち、その間に大幅な値下げが行われる可能性は低いでしょう。

もし2024年9月のiPhone16の発売まで待つことができる場合、特に予算に配慮しているユーザーは、iPhone15の価格が下がるのを待つことが賢明かもしれません。

新モデルの登場に伴う価格調整により、より手頃な価格で高性能なiPhoneを入手するチャンスがあります。

ただし、この戦略は、現在のスマートフォンがまだ快適に使用できる状態にある、または新しい機能よりも価格を重視するユーザーにとって有効です。

新機能や最新技術をすぐに体験したいと考えるユーザーは、iPhone16の発売を待つか、現行の最新モデルであるiPhone15を選択すると良いでしょう。

iPhone16を待たずiPhone14の値下げを待つべき?

iPhone14がiPhone15の発表と同時に値下げされた例は、Appleのリリース戦略における一般的なパターンを示しています。

新しいモデルが登場することで、前のモデルの価格が調整されるため、価格に敏感な消費者にとっては購入の絶好の機会となります。

もしiPhone14の性能、カラーバリエーション、その他の特徴に満足し、iPhone16の発売を待つことが難しい場合、iPhone14の購入を検討するのが良い選択です。

iPhone14は、高性能なカメラシステム、優れたバッテリー寿命、強力なチップセットなど、多くの先進的な機能を提供しており、日常的な使用やより要求の厳しいタスクにも十分対応できます。

さらに、値下げによって、よりお得な価格で高品質なスマートフォンを手に入れることができます。そのため、最新モデルを待つ必要性を感じない場合や、すぐに新しいiPhoneが欲しい場合には、価格が調整されたiPhone14は魅力的な選択肢となり得ます。

iPhone16を待たずiPhone SE3の値下げを待つべき?

iPhoneのリリースパターンにおいて、新モデルが発表されるタイミングで前モデルが値下げされるのは一般的な傾向です。特に、iPhone SEシリーズのような廉価版モデルに関しても、次のモデル、つまりiPhone SE4の発表後にiPhone SE3の値下げが期待できるでしょう。

MacRumorsの報道によると、iPhone SE4の発売が2025年になる可能性があるため、その時点まで現在のスマートフォンを使い続けるか、あるいはアップグレードするかを検討する必要があります。

iPhone SE3は、iPhoneナンバリングシリーズのモデルと比較してスペックが低めに設定されているものの、価格を重視するユーザーやシンプルな使い勝手を好むユーザーにとって魅力的な選択肢です。もし、最新技術や高性能を求めるユーザーであれば、iPhone16のようなナンバリングシリーズのモデルを検討する価値があります。

現在のスマホが2025年まで持続するかどうか、またその間に技術的なニーズがどのように変化するかを考慮することが重要です。今のニーズに合ったスマホを選択し、将来のアップグレードの可能性にも目を向けるバランスが求められます。

まとめ:iPhone16待つべきかはその人次第・iPhone15購入もあり

iPhone16の発売を待つべきかどうかについての結論をまとめると、以下のような点が挙げられます。

一方で、USB-Cに対応したiPhoneがすぐに欲しい場合や、現在のスペックで満足しているユーザーは、iPhone15を購入することをおすすめします。この選択は、各ユーザーのニーズや優先順位によって異なります。

今後もiPhone 16のリーク情報がありましたら、追記していきます。以上、iPhone 16購入検討の参考にしてみてください。

関連情報

iPhoneおすすめしない機種・おすすめは?iPhone買うならどれ
ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更確認方法

回線契約なし端末購入できるiPhoneまとめ!購入できるキャリア・方法・注意点も解説
iPhoneをMNP乗り換えするならどこがお得?
歴代iPhoneの発売日・予約開始日・発表日一覧!販売時期まとめ
iPhoneを買うならどれ?初めてにおすすめの機種は?おすすめしない機種も紹介

iPhoneの買い替え時期のベストタイミングはいつ?
SIMフリーiPhoneを安く買う方法!お得に購入するには?
最新iOSのiPhoneで画像を簡単に切り抜く方法
iPhoneは何年使うのが得する?コスト効率が良いのはいつか

iPhoneが安くなる時期はいつ?価格動向とお得な購入タイミング
iPhoneが高すぎて買えない問題の解決策:高い理由と安くする方法
iPhoneのモデルチェンジの歴史まとめ【2007~2023】いつに何が変わった?

iPhoneより高性能なAndroid5選!スペック最強なハイエンドスマホを紹介

【2024年】中学生向けauスマホの安い機種7選!スマホスタート応援割がお得

子供の携帯・スマホは親名義でもOK?いつまで使っていいのか
Xperia 5 VIの最新情報やリークまとめ!いつ発売日になる?スペックや価格も予想

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.