UQモバイルの審査に落ちた原因まとめ!au未納・他社滞納で審査落ちするのかも解説

UQモバイルの審査に落ちた原因・au未納・他社滞納で審査落ちするのかをまとめました。

UQモバイルの審査は申し込みの不備がある・au未納状態・他社滞納など原因があると落ちてしまいます。UQモバイルの審査で落ちる時は必ず何かしら原因があります。

本記事ではau未納状態や他社滞納でもUQモバイル審査を通るのかも紹介していくので、UQモバイルの審査に挑戦しようと思っている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

UQモバイルでiPhoneお得に購入する方は

UQモバイル公式サイトはこちら

※オンラインストアは自宅にお届け待ち時間なしで購入

関連UQモバイルでiPhone SE3は使える?購入方法・機種変更のやり方

関連UQモバイルのiPhone13発売日いつ?価格・予約方法・スペック最新情報まとめ

UQモバイルの審査に落ちた原因まとめ

UQモバイルの審査に落ちたのは、申し込み内容が提出した本人確認書類と違うなど、明確な原因があります。何も問題がないのに落とされるということはありません。

UQモバイルの審査で落ちた原因とその対処法を以下にまとめるので、ぜひチェックしてみてください。

審査に落ちる理由審査に通るための解決方法
申し込み内容が提出した本人確認書類と違う違う点を修正して再度申し込みする
提出した本人確認書類に問題があるきちんと鮮明に撮影して提出する
MNP 予約番号の有効期限が切れているMNP予約番号を再度取得して申し込みする
乗り換え元の名義とUQモバイルの申し込みした名義が違う名義を合わせるように再度申し込みをする
自分名義で5回線契約している解約するして再度申し込み
新規契約時に口座振替を選択している店舗で申し込みする・クレジットカードを指定する
未成年である店舗で申し込みする
料金が未納になっている他社で滞納がある未納分を支払いして再度申し込みする

落ちる理由は様々ありますが、どれも対処可能です。理由を知って、対処法を知れば、UQモバイルで審査が落ちる可能性をグッと減らすことができるでしょう。

審査に落ちた原因1.UQモバイル審査の申し込み不備

やってしまいがちな審査に落ちた理由は、申し込み内容の不備です。入力内容を間違っていたり、本人確認書類が違っていたりすると、審査に通ることはできません。

審査に落ちた原因2.UQモバイル審査のルールを守っていない

UQモバイルのルールをしっかりと守っていない場合も審査に落ちてしまいます。例えば同一名義で既に5回線契約していると、審査に通ることはできません。

また、オンラインで申し込みをする場合は、未成年だと契約ができないなど、UQモバイルが課しているルールで審査に落ちることも少なくないです。

審査に落ちた原因3.利用不可のクレジットカードを指定

一部のネット記事にはUQモバイルは海外のクレジットカードが使えない、デビットカードが使えない、と書かれていますが、実はそうではありません。

海外発行のクレジットカードであったとしても、使えないクレジットカードを探す方が難しいでしょう。もちろん使えないクレジットカードも存在はするとは思いますが、海外のクレジットカードは使えないと一括りするレベルではありません。

また、デビットカードは一律で使えないというわけではありません。マスターカードやVISAなど、きちんとブランドが付与されており口座内にお金があるのであれば、デビットカードも利用可能です。

UQモバイルの審査に落ちた理由の中でも、とくに注意してほしい理由をさらにくわしく紹介します。

UQモバイル審査はau未納だと落ちる

UQモバイルはau未納だと審査に落ちる可能性が高いです。理由はUQモバイルはauが提供している格安通信キャリアだから。

auで未納になっている場合、その情報はUQモバイルにも共有されています。すでに料金未納になっている方を、UQモバイルの審査に通した場合、また未納になるかもしれない、と判断されて審査に落ちてしまうわけです。

auで未納になっている料金をきちんと支払いすれば、au未納が原因でUQモバイルの審査に落ちることはなくなります。

auの未納が解消された情報は即座に共有されますから、なるべく早くUQモバイルの審査に通りたいと思っているのであれば、早い段階でauの未納は解消しておくと良いでしょう。

UQモバイルは他社滞納でも審査に落ちる

UQモバイルは他社滞納でも落ちます。例えばドコモ・ソフトバンクなど他キャリアで料金滞納したままUQモバイルの審査を受けたとしたら、UQモバイルはかなり高い確率で審査に落ちることでしょう。

これはUQモバイルがauだけではなく、他社とも滞納情報を共有しているからです。つまりは、ドコモやソフトバンクなど他のキャリアで料金滞納したことをUQモバイルも知っているということになります。

他のキャリアで料金滞納した方は、UQモバイルでも料金滞納をする可能性が高いと判断し審査に落とすというわけです。

ただ、他社に滞納している料金をきちんと支払えば、これが原因でUQモバイルの審査に落とされることもありません。

「料金滞納を解消した後、1ヶ月以上待たなければならない」ということもなく、料金滞納を解消した情報はその日のうちに共有されます。すぐにUQモバイルの審査を通りたいという人は、料金滞納を早く解消しておくとよいでしょう。

UQモバイルの新規契約審査は口座振替にしてはダメ

UQモバイルの新規契約審査時に口座振替を選択していると、申し込みが完了できません。これはオンラインショップのみの仕様です。

UQモバイルは口座振替に対応している格安通信キャリアなのですが、オンラインでの新規契約として新しい電話番号を手に入れるための申し込みの時は、口座振替を選択してしまうと、申し込みが完了できません。

確実に申し込みを完了させるためにも、オンラインでUQモバイルの新規契約時はクレジットカードを選択するようにしてください。

ちなみにUQモバイルはインターネットでも申し込みができますが、ショップ店舗も存在し、そちらだと口座振替で申し込みが可能です。新規契約で口座振替を使いたいのであれば、お近くの店舗にいくようにしてください。

ここからはUQモバイルの審査・契約とブラックの関係について紹介しておきます。

UQモバイルはブラックでも契約できる?

UQモバイルはブラックでも契約できます。UQモバイルで契約ができるブラックは、信用情報に傷が入っているけど、UQモバイルで分割購入はしない方、そしてUQモバイルの社内ブラックになっていない方です。

まとめると、以下の3つの要素を満たした方になります。

ブラックでも契約できるケース

  • 信用情報には傷が入っている(金融事故歴がある)
  • UQモバイルで分割購入はしない(SIMだけ契約にする)
  • UQモバイルの社内ブラックになっていない(過去に短期解約等をしていない)

ブラックといっても様々な定義があると思うのですが、UQモバイルで契約できるブラックとは「信用情報にのみ傷が入っている」ブラックです。UQモバイルの社内ブラックの場合は契約できません。

信用情報のブラックとはJICC・CICなどの信用情報に延滞など金融事故がある方です。一方、UQモバイルの社内ブラックとは、UQモバイルにて短期解約などの行為をしてしまったり、支払いを延滞してずっと支払っていなかったりする人です。

上記のように、キャッシュバックを貰って即解約などをしていると、UQモバイルの社内ブラックとなってしまいます。

社内ブラックだった場合は、どうしても契約をすることができませんが、信用情報だけがブラックな場合は、分割購入はできませんが、UQモバイルのsimカードを使うだけ(=回線を使うだけ)ならできる可能性があります。

分割購入時は信用情報をチェックしますが、回線契約の時は信用情報をチェックしません。そのため、UQモバイルの社内ブラックでないうえで分割購入をしなければ、ブラックでもUQモバイルを契約することができるのです。

信用情報に問題があるのは心当たりがあるけど、UQモバイルには迷惑をかけていないという人には、一度契約審査をしてみてはどうでしょうか。

UQモバイルの審査はゆるい?

UQモバイルの審査は、ゆるい・簡単というわけではありませんが、申し込みに不備があったりなど何か問題があれば、その問題を解決すれば審査を通る可能性が高まります。

信用情報に問題があるブラックだったとしても分割購入をしなければ、UQモバイルの契約をする可能性が高まります。

ただしau未納・他社滞納の場合は、UQモバイルの審査が通らない可能性大です。滞納している料金を支払いすれば、この点は解消できるので、何か心当たりがある場合はすぐに料金を支払いましょう。

今回の記事を参考にすればUQモバイルの審査にクリアできる確率は高まるはず。UQモバイルの審査に挑戦しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイルでiPhoneお得に購入する方は

UQモバイル公式サイトはこちら

※オンラインストアは自宅にお届け待ち時間なしで購入

当サイト人気記事

ワイモバイル審査に落ちる人の原因は?審査にかかる時間も解説

UQモバイルのiPhone14いつが発売日?価格いくら?予約方法・スペック最新情報

UQモバイルの電波が繋がらない原因と解決方法

-au(エーユー)
-, ,

Copyright© Happy iPhone , 2022 All Rights Reserved.