※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneを2台持ちするメリット・デメリット

iPhoneは生活に欠かせないツールですが、特にビジネスやプライベートの両面で活用する場合、iPhoneを2台持ちするという選択肢もあります。

この記事では、iPhoneを2台持つことのメリットとデメリットを詳しく掘り下げ、最適な選択をするための情報を解説します。


auオンラインショップ
では

Galaxy・Xperiaの新機種などスマホが自宅でお得に買える!
限定キャンペーンも開催中

au店舗・量販店で待たずに買えるやり方は
auオンラインショップで自分で機種変更やり方解説

auオンラインショップで購入・詳細はこちら

iPhoneを2台持ちするメリット

iPhoneを2台持つことのメリットについて説明します。

iPhoneを2台所有することで得られる主な利点は、以下のようになります。

仕事用とプライベート用の使い分けが可能

iPhoneを2台持つことで、仕事とプライベートのライフスタイルを効果的に分離できます。

この分離は、プライベートな時間に仕事の通知や連絡が入ることを回避するために非常に有効です。

たとえば、重要なプライベートの時間を過ごしている最中に、仕事関連のメールやSNSの通知が頻繁に届くと、ストレスを感じることがあります。

しかし、2台持ちによって、これらの通知を仕事用のiPhoneに限定し、プライベート用のiPhoneではオフにすることができます。

さらに、2台持ちの大きな利点として、電話番号を仕事用とプライベート用に分けられる点が挙げられます。

これにより、仕事の連絡は仕事用の番号に、友人や家族などのプライベートな連絡はプライベート用の番号に集中させることができます。

これは、プライバシーの保護にもつながりますし、仕事とプライベートのバランスを保つための効果的な手段となります。

また、2台持ちをすることで、仕事用の電話に不在時でも、プライベート用の電話で緊急の連絡に対応できるという安心感も得られます。

例えば、仕事中は仕事用のiPhoneに集中し、プライベート用のiPhoneは静音にしておくことで、集中を妨げることなく、必要な連絡には迅速に対応できます。

このように、iPhoneを2台持つことは、私たちの忙しい日常生活において、仕事とプライベートの区別をつけ、それぞれを効率的かつストレスフリーに運用するための一つの賢い選択です。

バッテリー消費とストレージ容量の分散

iPhoneを2台持つことのメリットの一つとして、バッテリー消耗とストレージ容量の分散があります。

1台のiPhoneだけを使用する場合、長時間の使用やアプリの多用によってバッテリーが急速に消耗することがあります。

しかし、2台を持っている場合、一方のバッテリーが尽きても、もう一方を使用することで、通信や作業の中断を防ぐことができます。

これは、外出時や電源が利用できない状況でも特に有効です。

急なバッテリー切れが発生しても、もう一方のiPhoneが使えるため、安心して外出することができます。

加えて、ストレージ容量の面においてもメリットがあります。

例えば、仕事用のドキュメントやメディアファイル、プライベートの写真や動画など、データを2台のiPhoneに分散させることができます。

これにより、一台のiPhoneのストレージが不足することなく、より多くのデータを保存できるようになります。

また、仕事用のデータとプライベート用のデータを分けることで、データの整理や管理が容易になります。

特に写真やビデオなどの容量を多く消費するファイルを頻繁に扱う場合、この分散は大きなメリットとなります。

このように、iPhoneを2台持つことで、バッテリー消耗とストレージ容量の問題を効率的に解決できます。

長時間の使用が予想される場合や、大量のデータを管理する必要がある場合には、特にこの方法を検討する価値があります。

バッテリーやストレージの心配を減らし、より快適にスマートフォンを利用したい方には、この2台持ちのスタイルが適しているかもしれません。

効率的なマルチタスキングが可能

iPhoneを2台持つことによるもう一つの大きなメリットは、効率的なマルチタスキングが実現できる点です。

2台のデバイスを持つことで、同時に異なるタスクを処理することができ、これが日常生活や業務の効率を大幅に向上させます。

たとえば、1台のiPhoneで電話をしながら、もう1台でインターネットでの情報検索やEメールのチェックを行うことが可能です。

また、リラックスタイムには、1台でゲームを楽しみながら、もう1台でSNSを更新したり、友人とチャットを楽しんだりすることもできます。

1台のiPhoneでも画面分割を利用してマルチタスキングを行うことは可能ですが、2台を使用すれば、それぞれのデバイスの画面をフルに活用することができます。

これにより、各タスクをより広い画面で快適に行うことができ、作業の効率と快適性が向上します。

特に、業務上で複数のアプリケーションやツールを同時に使用する必要がある場合、2台持ちによるマルチタスキングは非常に有効です。

このように、iPhoneを2台持つことで、日々の作業をより効率的に、かつ快適に進めることができるようになります。

また、この方法は時間管理やタスクの優先順位付けにも役立ち、日々の生活や業務の生産性を高めるための強力なツールとなり得ます。

あなたが複数の作業を同時に行うことが多い場合、2台のiPhoneを持つことは、その効率と快適さを大きく向上させる選択肢となるでしょう。

このように、iPhoneを2台持つことには、使い勝手の向上や効率的な作業が可能な点など、様々なメリットがあります。

iPhoneを2台持ちするデメリット

iPhoneを2台持ちする際のデメリットについて、わかりやすく整理してみましょう。

iPhoneを2台持つことには以下のような不便さがあります。

充電や管理の手間が増える

iPhoneを2台持つ場合のデメリットの一つとして、充電やデータ管理の手間が増える点が挙げられます。

毎日の充電の必要性が2台分になるため、特に忙しい日々を送っている方にとっては、これが負担に感じられることもあるでしょう。

また、1台のデバイスを管理するのと比べて、データの同期や整理にかかる時間も倍増します。

例えば、連絡先、カレンダー、メールなどのデータを常に最新の状態に保つためには、両方のデバイスで同期を行う必要があります。

しかし、これらの手間を最小限に抑えるためには、効率的なデータ管理方法を事前に計画することが重要です。

たとえば、仕事用のデバイスとプライベート用のデバイスで、データの種類や同期の頻度を分けるなどの方法が考えられます。

また、クラウドサービスを活用して、データの自動同期を設定することで、手動での管理作業を減らすことも可能です。

充電に関しては、2台を同時に充電できるデュアル充電器の使用や、ワイヤレス充電器を複数設置することで、充電の手間を簡略化できます。

これらの対策を講じることで、2台のiPhoneを持つ際の手間を軽減し、スムーズなデバイス管理を実現できるでしょう。

このように、2台のiPhoneを持つことに伴う手間は確かに増えますが、適切な対策と計画によって、これらのデメリットを効果的に管理することが可能です。

その結果、2台持ちのメリットを最大限に活用しつつ、日々のストレスを最小限に抑えることができます。

料金が2台分かかる

iPhoneを2台持つと、それぞれのデバイスの購入費用に加え、2つの通信料金が発生します。

これにより、月々の通信費が高くなる可能性があります。

このコストを抑えるためには、2台目のiPhoneを格安SIMで契約する、または既存の契約を格安SIMに切り替えるなどの選択肢が考えられます。

こうすることで、2台持ちを行っても、通信費の増加を抑えることが可能です。

また、「設定」から「メッセージ」を選択し、「iMessage」をオフにすることで、メッセージの管理をより簡単にすることもできます。

これは、2台のiPhone間でメッセージが混在しないようにするための一つの方法です。

このように、iPhoneを2台持つことには、管理の手間やコストが増えるといったデメリットが存在しますが、これらを事前に理解し、適切に対策を講じることで、これらの問題を最小限に抑えることができます。

iPhone2台持ちの注意点

iPhone2台持ちの注意点をまとめます。

電話を同時着信しないようにする

iPhoneを2台持っている際に電話を同時着信を避ける方法を解説しておきます。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  2. 「設定」メニューから「電話」を選択します。
  3. 「電話」の中にある「ほかのデバイスでの通話」をタップします。
  4. ここで、「ほかのデバイスでの通話を許可」のオプションをオフに切り替えます。

この設定を行うことで、他のデバイスでの通話着信を防ぐことができます。

これにより、電話が2台のiPhoneに同時に鳴ることを防ぐことができます。

FaceTimeを同時着信しないようにする

iPhoneを2台持っている際に、フェイスタイム同時着信を避ける方法を解説しておきます。

  1. iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  2. 「設定」メニューから「FaceTime」を選択します。
  3. 「FACETIME着信用の連絡先情報」の中から、着信を避けたい連絡先を選びます。
  4. 選択した連絡先のチェックマークを外します。

この手順により、特定の連絡先からのFaceTimeの着信を、選択したiPhoneでのみ受けるように設定することができます。

これにより、2台のiPhoneが同時に鳴ることを避けることができます。

iPhone2台持ちが難しいならデュアルSIMを使うのもあり

デュアルSIMは、1台のスマートフォンで2つのSIMカード(回線)を同時に使用する機能ですが、iPhone2台持ちができない人と相性がよいです。

iPhone XS/XR以降のモデルはeSIMに対応しています。

eSIMは、スマートフォン本体に組み込まれた埋め込み型のSIMカードです。

これにより、物理的なSIMカードスロットを使わずに、キャリアのモバイル通信プランを利用できます。

iPhoneでのデュアルSIM設定では、「SIMカード+eSIM」の組み合わせを使用できます。

これにより、物理的なSIMカードとeSIMの両方をiPhoneで利用することが可能です。

iPhone 13以降のモデルでは、「eSIM+eSIM」の組み合わせでデュアルSIMを利用することもできます。

これにより、2つの異なるeSIMを同じiPhoneで使用することが可能になります。

2台のスマートフォンを持ち歩く必要がなく、1台のデバイスで2つの異なる回線や電話番号を使い分けることができます。

これは、仕事用とプライベート用の番号を分けたい場合や、国内外の異なるキャリアを利用したい場合に特に便利です。

デュアルSIMを利用することで、デバイスの管理が簡単になり、2台のスマートフォンを持ち歩く必要がなくなります。

ただし、デュアルSIMの設定や利用可能な機能は、使用しているiPhoneのモデルやキャリアのプランによって異なるため、具体的な設定方法や利用条件については、使用しているキャリアやAppleの公式情報を参照することをお勧めします。

まとめ:iPhone2台持ちのメリット・デメリット

iPhoneを2台持ちすることには、仕事とプライベートの生活を効果的に区別できるという大きなメリットがあります。

異なる目的で1台ずつ使用することで、プライベートな時間に仕事の連絡が入ることを防ぎ、仕事の効率化とプライベートの充実を同時に実現できます。

また、バッテリー消耗やストレージ容量の問題も、2台を使い分けることで分散でき、長時間の外出時でも安心です。

さらに、マルチタスキングが容易になり、一方のデバイスで通話中でも、もう一方で別の作業を行えるなど、業務の多様化にも対応できます。

しかしながら、この選択にはデメリットも存在します。最も顕著なのは、充電やデータ管理の手間が増えることです。

日常的に2台の充電を管理する必要があり、データの同期や整理にも時間がかかります。

また、2台分の通信料金が発生するため、経済的な負担が増える可能性もあります。

これらの問題に対処するためには、格安SIMを利用するなど、費用削減の工夫が必要です。

最終的には、個々のライフスタイルや仕事の性質に合わせて、2台持ちが最適かどうかを判断することが重要です。

個人のニーズや状況を考慮して、iPhoneを2台持つことのメリットとデメリットを天秤にかけ、あなたにとって最良の選択をしてください。

そして、もし2台持ちを選ぶ場合は、上述のデメリットを適切に管理する方法を事前に計画し、スマートな2台持ち生活を実現しましょう。

関連情報

ドコモの分割審査の事前確認方法!落ちても復活 購入できる対処方法

ahamoと楽天モバイルを比較!どっちがお得?併用できる?

iPhoneの新規契約が安いのはどこ?価格やお得な機種を解説【2024年2月】

iPhone 2年返却プランのデメリットは?欠点を軽減する方法も解説

 

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.