Pixel7とPixel6を比較!ピクセル6でなくピクセル7待つべきか解説

Pixel7(ピクセル7)とPixel6(ピクセル6)を比較しました。

Pixel7はGoogleのPixel 6の後継機種であり、大きな違いはPixel7が最新の独自チップGoogle Tensor G2を搭載している点、カメラ機能が進化した点になります。それに伴い、両者の価格に違いが出ています。

Pixel6ではなくPixel7(ピクセル7)を待つべきかも紹介しますので、購入を考えている方はチェックしてください。

 

Pixel7とPixel6を比較した違いは?

Pixel7はGoogleのPixel 6の後継機種であり、大きな違いはPixel7が最新の独自チップGoogle Tensor G2を搭載している点、カメラ機能が進化した点になります。

Pixel7とPixel6を比較した違いをまとめると以下の通りです。

比較項目 Pixel7 Pixel6
サイズ 約W73.2×H155.6×D8.7mm 74.8×158.6×8.9mm
重量 約197g 約207g
バッテリー容量 4,355mAh 4614mAh
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
 
(非開示)
連続待受時間
(日本国内使用時)
 
(非開示)
充電時間 (非開示)
電池パック取り外し
外部メモリ 推奨最大容量 
内蔵メモリ容量 (RAM)  8GB 8GB
内蔵メモリ容量 (ROM)  128GB 128GB
アドレス帳登録件数 最大25,000件の連絡先または最大20MB(画像を除く) 本体メモリの空き容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ OLED
ディスプレイ(画面)サイズ 約6.3インチ 約6.4インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約1,600万色 約1,677万色
ディスプレイ(画面)解像度 2,400×1,080(FHD+) 2,400×1,080(FHD+)
防水  IPX8  IPX8 
防塵  IP6X  IP6X 
SIM nanoSIM/eSIM nano SIM/eSIM
SIMロック ※5 SIMロックなし SIMロックなし
OS ※6 Android™ 13 Android™ 12
CPU Google Tensor G2 Google Tensor
生体認証 指紋/顔 指紋
通信規格 5G(sub6/NR化)/4G LTE/ 5G(sub6/NR化)/4G LTE/
最大通信速度
受信最大/送信最大(Mbps)
4.2Gbps/218Mbps 
対応周波数 今後公開予定 3.4Gbps/218Mbps 
Wi-Fiテザリング 10台 32台
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth® Ver.5.2 Ver.5.2
赤外線通信
メインカメラ有効画素数 約5,000万画素/約1,200万画素 約5,000万画素/約1,200万画素
サブカメラ有効画素数 約1,080万画素 約800万画素
撮影素子 CMOS CMOS
撮影ライト 静止画:―
動画:○
静止画:―
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
接写機能
静止画最大撮影サイズ 4,080×3,072 3,072×4,080
動画最大撮影サイズ 3,840×2,160 2,160×3,840
静止画ズーム 8倍 7倍
動画ズーム 7倍 7倍

Pixel6からPixel7は外観・デザイン・サイズ・ボディが変更

Pixel 6は6.4インチ(2340x1080)ディスプレイだったが、「Pixel 7」は6.3インチ(2400x1080)ディスプレイで、輝度が25%アップしています。

また、本体サイズでは、Pixel 7はPixel 6よりも小さく、軽くなっており、幅1.6mm、高さ3mm、厚さ0.2mm、重量10gとなっています。

Pixel 7は顔認証に対応し、背面ガラス(Gorilla Glass 6 → Gorilla Glass Victus)、フレーム(テクスチャー合金 → マット仕上げのアルミニウム)を新たに搭載しました。

Pixel6からPixel7はプロセッサーも変更

Pixel 6はGoogle初の自社製プロセッサ「Google Tensor」を搭載していましたが、Pixel 7は第2世代の「Google Tensor G2」となっています。

第2世代の「Google Tensor G2」は、処理速度、セキュリティ、カメラ、オーディオ、ゲーミング性能、バッテリー駆動時間など、すべての面で向上しています。

Pixel6からPixel7はカメラ機能も進化

Pixel 7は、ぼやけた画像を明るくするボケ補正機能に対応しました。

フロントカメラは800万画素84°F2から広角1080万画素92.8°F2.2に、フロントビデオ機能はフルHD30fpsから4K60fpsに改善されています。

Pixel7とPixel6デザイン比較

Pixel7とPixel6デザイン比較すると、Pixel 7とPixel 6はどちらもアルミフレームとガラスカバーの丸みを帯びたボディです。主な違いは、カメララバーとフレームになります。

Pixel 6は選択したカラーに関わらずブラックでしたが、Pixel 7はカメラ部分とフレームが同色で統一されたデザインになっています。特にカメラ部分の裏側は、各レンズが目立つようになったので、かなり印象が変わっています。

ちなみに事前の予想では、Pixel7とPixel6デザイン比較は、大幅にモデルチェンジすることは考えにくいので、そこまでデザインにおおきな違いは出ないと予想されていました。

Pixel7とPixel6のカラーバリエーション比較

Pixel 6はSorta Seafoam(グリーン)、Kinda Coral(オレンジ)、Stormy Black(ブラック)、Pixel 7はLemongrass(イエロー)、Snow(ホワイト)、Obsidian(ブラック)の3色が用意されます。

Pixel7とPixel6のカラーバリエーション比較ですが、事前の予想では大幅にモデルチェンジすることは考えにくいので、そこまでカラーバリエーションに大きな違いは出ないと予想されてました。

Pixel7とPixel6のサイズ比較

Pixel7とPixel6のサイズ比較すると、Pixel 7は高さが約3mm、幅が約1.6mm小さくなっています。しかし、それでも高さ155mm、幅73mm以上あり、片手での使用は難しいです。

通勤・通学の電車の中で片手で快適に使用するには携帯電話のリングが必要な方もいるでしょう。一方、重さはPixel 6の207gに対し、Pixel 7は197gです。

ちなみに事前の予想では大幅にモデルチェンジすることは考えにくいので、そこまでサイズ差に大きな違いは出ないと予想されます。

Pixel7とPixel6のスペック比較

Pixel7とPixel6のスペック比較ですが、Pixel7の方がスペックアップしたり、新機能が追加されたりしています。

Pixel7とPixel6のディスプレイ性能比較

Pixel7とPixel6のディスプレイ性能比較すると、Pixel 6の6.4インチからPixel 7の6.3インチへと、画面が若干小さくなっています。Pixel 6と比較すると、画面が最大25%明るくなり、明るい屋外でも見やすくなりました。

画質面では、画素密度、有機EL、コントラスト比、HDR対応など、多くの面でほぼ同じであり、違いはほとんどないです。

ちなみに事前の予想ではPixel6が前モデルであり、Pixel7は新モデルなので、スペックダウンすることは考えにくいので、Pixel7の方がディスプレイ性能がスペックアップしたり、新機能が追加されたりすると予想されてました。

Pixel7とPixel6のプロセッサの違い

Pixel7とPixel6のプロセッサの違いを比較すると、いずれも、Google初の独自チップ「Google Tensor」を搭載しています。

最新のGoogle Tensor G2を搭載したPixel 7は、Googleフォトにアップロードしたすべての写真について、画面を数回タップするだけで、機械学習によりブレを補正することができます。

また、高解像度ズームと新しい機械学習モデルの組み合わせにより、Pixel 7は最大2倍までズームして、よりシャープな光学系とノイズの低減を実現します。ナイトモードでの録画時間もTensor G2により短縮されました。

音声入力は、メッセージに関連する絵文字を自動で提案する「サジェスト機能」に対応。また、年内には、メッセージアプリケーションでの音声メッセージの書き起こしに対応するほか、レコーダーアプリケーションで誰が話しているかを音声認識技術で認識するスピーカーレイヤーを実装する予定です。

Pixel7とPixel6のバッテリー比較

Pixel7とPixel6のバッテリー比較すると、Pixel 7のバッテリー容量は、Pixel 6の4,614mAhに対し、4,355mAhです。容量は大きく劣りますが、Googleはどちらも24時間以上のバッテリーもちを実現したとしています。

充電は最大50%の急速充電と最大21Wのワイヤレス急速充電で約30分、他のワイヤレスQiデバイスとバッテリーを共有するバッテリーシェアリングに対応しています。

Pixel7とPixel6のカメラ性能を比較

Pixel7とPixel6のカメラ性能を比較すると、どちらも50MP広角レンズと12MP超広角レンズで構成されるデュアルカメラを搭載しています。Pixel 7 Proとは異なり、望遠レンズは搭載しておらず、どちらも超解像ズームにのみ対応しています。

Pixel7とPixel6カメラ(静止画)の比較

Pixel7とPixel6カメラの比較すると、Pixel7の方が性能アップしています。

超解像ズームは、1枚の画像を切り出して拡大するデジタルズームとは異なり、複数の画像を1枚の高解像度画像に合成するため、望遠レンズなしでも被写体の輪郭(ディテール)を正確にとらえた鮮明な写真を撮影することができる。

Pixel 6では7倍の超解像ズームでしたが、Pixel 7では8倍にアップし、画質を落とさずに遠くから撮影できるようになりました。

Pixel7とPixel6 カメラ(動画)の比較

映像面では、広色域・高コントラストで映画のような映像を実現する10bit HDRビデオ、動画の背景をぼかす新機能「シネマティックぼかし」、ダイナミックな写真を撮影できる「モーションモード」にPixel 7のみ対応しています。

フロントカメラの解像度は、従来の8MPから10.8MPに向上しました。視野角も大幅に拡大し、数人のグループショットや背景の大きな建物、ダイナミックな風景を1枚の写真に収めることが容易になりました。高解像度の4K/60fpsセルフィーにも対応しています。

Pixel7とPixel6の新機能を比較

Pixel7とPixel6の新機能を比較します。

Pixel7とPixel6の指紋認証と顔認

Pixel 7、Pixel 6ともに画面上の指紋認証に対応し、マスクをしていても簡単に画面ロックを解除することができます。

また、前面カメラを新たに搭載したPixel 7は、新たに顔認証機能にも対応。自宅や屋外など、マスクを外せる環境(近くに会話がない場合)では、さらにスムーズに画面ロックを解除することができます。

ボイスメッセージの文字起こし機能

Pixel7は企業やサービスに自動音声ガイダンスで電話をかける米国でのサービス「Direct My Call」に対応。音声を聞くことなく、画面操作でガイダンスを継続できる便利な機能です。

Google One(無料VPN)

以前はPixelスマートフォンの購入でGoogleフォトが無制限に使えるという魅力的なキャンペーンがありましたが、Googleはこのキャンペーンを廃止しています。

Pixel 7シリーズでは、安全なインターネットアクセスのための新機能「Google One VPN」が無料で提供されています。通常は月額1,300円かかるがPixel7をつかっているなら無料で利用できます。2022年後半にサービスを開始する予定です。

Pixel6とPixel7の価格を比較

Pixel6とPixel7の価格を比較すると、Pixel7の方が1万円以上高くなっています。

ちなみに米国での価格は同じですが、日本では円安が続いているため値上げとなりました。

Google pixel 7の価格比較

128GB 256GB
Googleストア 82,500円 97,900円
au 87,310円 発売なし
ソフトバンク 88,560円 102,960円
ドコモ 発売なし 発売なし

Google pixel 7 Proの価格比較

128GB 256GB
Googleストア 124,300円 139,700円
au 134,900円 発売なし
ソフトバンク 131,760円 146,160円
ドコモ 発売なし 発売なし

参考までにPixel 6/6 Proの価格は次のとおりでした。

Google pixel 6の価格比較

128GB 256GB
Googleストア 74,800円 85,800円
au 82,695円 発売なし
ソフトバンク 85,680円 99,360円
ドコモ 発売なし 発売なし

Google pixel 6 Proの価格比較

128GB 256GB
Googleストア 116,600円 127,600円
au 発売なし 発売なし
ソフトバンク 127,440円 141,120円
ドコモ 発売なし 発売なし

ピクセル6ではなくピクセル7待つべきか

ピクセル6ではなくピクセル7待つべきかは、Pixel7のスペックに満足するかどうかで決めると後悔がありません。

Pixel 7のアップデート内容は、小型軽量ボディ、ズーム性能が向上したカメラ、4K撮影に対応した前面カメラ、10bit HDRビデオやシネマティックぼかし、ボケ補正などのGoogle Tensor G 2の新ビデオ機能です。顔認識機能も追加されています。

リフレッシュレートが最大90Hzの有機EL、多くのカメラ機能やカメラ性能、IP68の防水・防塵性能、Sub6の5Gなど共通点が多いことを考えると、Pixel 6から買い換える理由はないかもしれませんね。

ただし、ディスプレイの評判が悪い指紋認証に不満があり、買い換える価値があるかもしれません。Pixel7に期待を寄せるのであればPixel7を待つべきだと思います。Pixel7購入検討の参考にしてみてください。

2022年新機種関連記事

2022年新型AQUOS 発売日・スペック・価格・最新情報の噂まとめ

Galaxy S22/S22 Ultra在庫・入荷状況!在庫切れ・入荷待ち在庫確認方法【ドコモ・au】

Xperia 1 IV 発売日はいつ?予約開始日・価格・最新情報2022【ドコモ・au・ソフトバンク】

iPhone 14発売日いつ?予約開始日・価格・スペック・最新情報・予想まとめ

iPhone14在庫・入荷状況の最新情報!ドコモ・au・ソフトバンク・アップルストアの在庫確認方法も解説

Xperia 1 IV在庫 ・入荷状況!在庫切れ・あり確認方法

Pixel7/7 Proキャンペーン最新情報!割引・値下げで安く買う方法も解説【au・ソフトバンク】

home 5G HR02とHR01を比較!HR02ではなくHR01を待つべき?

ソフトバンクGoogle Pixel 7/Pixel 7 Pro予約方法・予約状況確認方法

Googleピクセル(Pixel)どこで買える?最安値で安く買う購入方法を解説

Xperia 1 V待つべきか?リーク・噂情報のまとめ
Galaxy S23を待つべきか?リーク・噂・予想情報のまとめ
iPad mini 7待つべきか?リーク・噂情報のまとめ

-その他端末

Copyright© Happy iPhone , 2023 All Rights Reserved.