※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

AQUOS sense8発売日いつ?予約開始日・価格・スペック最新情報

AQUOS sense8の発売日・予約開始日・価格・スペックの最新情報をまとめたページです。

AQUOS sense8の発売日は2023年11月9日です。ドコモ・au・UQ mobile・楽天モバイルで発売されます。そして、AQUOS sense8の予約開始日は各キャリア共通で10月3日です。

本記事ではAQUOS sense8はどんな機種なのか、価格・スペックなどの最新情報を出来る限り紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

auからスマホの新機種
Xperia5V・TORQUE G06・AQUOS sense8・Xiaomi 13Tがぞくぞく発売開始
auの発売新機種についてはこちら

店舗・量販店で待たず購入する方は
auオンラインショップで今すぐ購入はこちら

AQUOS sense8の発売日・予約開始日いつ?

AQUOS sense8の発売日は2023年11月9日です。ドコモ・au・UQ mobile・楽天モバイルで発売されます。そして、AQUOS sense8の予約開始日は各キャリア共通で10月3日です。

これらの情報を踏まえたAQUOS sense8の発売日・予約開始日は以下の通りです。

キャリア 発売日 予約開始日
ドコモ 2023年11月9日 10月3日
au 2023年11月9日 10月3日
UQモバイル 2023年11月9日 10月3日
楽天モバイル 2023年11月9日 10月3日

予想ではAQUOS sense8の発売日・予約開始日は2023年秋ごろになるとされていました。過去のsenseシリーズは毎年秋ごろに発売されていたため、sense8も秋になるはず、とされていました。

ドコモAQUOS sense8の発売日・予約開始日

ドコモAQUOS sense8の発売日は2023年11月9日、予約開始日は10月3日です。

ドコモのAQUOS sense8の発売日・予約開始日で現在分かっている情報を下記にまとめてきます。

ドコモAQUOS sense8の発売日・予約開始日

  • ドコモAQUOS sense8の発売日:2023年11月9日
  • ドコモAQUOS sense8の予約開始日:10月3日

事務手数料無料

ドコモオンラインショップはこちら

※AQUOS sense8を24時間待ち時間無しで購入

auのAQUOS sense8の発売日・予約開始日

auのAQUOS sense8の発売日は2023年11月9日、予約開始日は10月3日です。

auのAQUOS sense8の発売日・予約開始日で現在分かっている情報を下記にまとめてきます。

auのAQUOS sense8の発売日・予約開始日

  • auのAQUOS sense8の発売日: 11月9日
  • auのAQUOS sense8の予約開始日:10月3日

AQUOS sense8が24時間自宅で買えて、自宅に届く

auオンラインショップはこちら

※簡単な手続きでいつでも注文できる

UQモバイルのAQUOS sense8の発売日・予約開始日

UQモバイルAQUOS sense8の発売日は2023年11月9日、予約開始日は10月3日です。

UQモバイルAQUOS sense8の発売日・予約開始日で現在分かっている情報を下記にまとめてきます。

UQモバイルAQUOS sense8の発売日・予約開始日

  • UQモバイルAQUOS sense8の発売日: 11月9日
  • UQモバイルAQUOS sense8の予約開始日:10月3日

UQモバイルでiPhoneお得に購入する方は

UQモバイル公式サイトはこちら

※オンラインストアは自宅にお届け待ち時間なしで購入

楽天モバイルAQUOS sense8の発売日・予約開始日

楽天モバイルAQUOS sense8の発売日は2023年11月9日、予約開始日は10月3日です。

楽天モバイルAQUOS sense8の発売日・予約開始日で現在分かっている情報を下記にまとめてきます。

楽天モバイルAQUOS sense8の発売日・予約開始日

  • 楽天モバイルAQUOS sense8の発売日:11月9日
  • 楽天モバイルAQUOS sense8の予約開始日:10月3日

自宅にいながらお得に購入できる

楽天モバイルストアはこちら

※自宅でAQUOS sense8を待ち時間なしで購入

AQUOS sense8の価格はいくら?

AQUOS sense8の価格は正式発表されていません。そのため、あくまでも予想になりますが、AQUOS sense8の価格はAQUOS sense7とほぼ同じ金額である約6万円になるとされています。

これらの情報を踏まえたAQUOS sense8の価格・値段は以下の通りです。

キャリア 通常価格 端末購入プログラム利用後の金額
ドコモ 62150円 20077円
au 59,800円 31300円
UQモバイル 59,800円
楽天モバイル 63800円 31896円

ドコモでは、端末購入プログラムを利用することで大幅な割引(約68%オフ)が適用されます。これは非常に魅力的なオプションで、消費者にとってコストを抑えられる大きな要因となります。

楽天モバイルでは端末購入プログラムを利用しても、ドコモほどの大幅な割引は見られませんが(約50%オフ)、それでも一定の割引が適用されることがわかります。

auとUQモバイルは具体的な価格や割引情報が不明なため、他のキャリアとの正確な比較や分析は今後の発表を待つ必要があります。

自分の利用パターンや契約プラン、キャリアのサービス内容などを考慮し、トータルで最もコストパフォーマンスが良いと感じるキャリアと契約すると良いでしょう。

AQUOS sense8のデザイン・外観

AQUOS sense8のデザイン・外観ですが、AQUOS sense8のボディは、アルミ素材を活かした質感が特徴で、先代のAQUOS senseシリーズのデザインイメージを引き継いでいます。シリーズでおなじみの「ライトカッパー」カラーは、Sense7に比べて赤みが控えめに調整されています。

新たに登場した「ペールグリーン」を加え、伝統の「コバルトブラック」(深い紺色)とともに、合計3色のラインアップとなっています。

特筆すべき外観の変更点として、指紋センサーの位置が挙げられます。Sense8では右側の中央に近い位置にセンサーが配置されているため、親指を使って簡単にロックを解除できます。

AQUOS sense8のディスプレイ性能と画面サイズ

AQUOS sense8のディスプレイ性能と画面サイズですが、AQUOS sense8のディスプレイは6.1インチの画面サイズを持ち、解像度はフルHD+(1080×2432ピクセル)です。

特筆すべきは、今回のモデルでは、AQUOS senseシリーズとしては初めて、横幅70mmクラスに90Hz駆動のIGZO有機ELディスプレイが採用されている点です。

これにより、黒フレーム補完技術を活用して、疑似180Hz駆動を実現しています。これが大きな特徴となっており、使用者にとって明確な違いを感じられる部分でしょう。

具体的には、ディスプレイのスクロール表示が非常にスムーズになっています。その結果、Twitterの旧バージョン「X」のようなSNSアプリでの閲覧が、以前よりも格段に快適になります。

AQUOS sense8のサイズ・重さ

AQUOS sense8のサイズはサイズ面では、Sense8はSense7よりも僅かに大きくなっており、具体的には約71mm(幅)、153mm(高さ)、8.4mm(奥行き)となっています。これは、Sense7に比べて高さと幅がそれぞれ約1mm、奥行きが0.4mm大きくなっています。

ちなみにバッテリーの容量がSense7と比較して430mAh増加し、合計で5000mAhとなっています。それにも関わらず、重量は159gと前モデルからほんの1g増加しただけで、驚異的な軽さを実現しています。これは、「世界トップ級の軽さ」としてシャープがアピールしている特徴の一つです。

この軽量性は、アルミフレームの内部構造を工夫して重量を削減し、先代モデルと同じ重さをキープしながら大容量バッテリーを搭載しているためです。

AQUOS sense8のバッテリー

AQUOS sense8のバッテリーですが、AQUOS sense8はダウンロードした動画を再生する際のバッテリー持続時間が最大39時間とアナウンスされており、これは先代のAQUOS sense7の30時間に比べ、9時間も長くなっています。

一方で、実際の使用シーンをシミュレートしたテストでは、ディスプレイが90Hzで動作することを考慮すると、バッテリー寿命は若干短くなることが予測されます。

例として、1日に10時間使用するヘビーユーザーを想定すると、動画を4時間再生し、音楽を3時間聴き、SNSを2時間利用し、ゲームを1時間行うという条件で2日間のバッテリー持続時間が期待されます。

さらに、AQUOS sense8は「インテリジェントチャージ」という機能が備わっています。これは、バッテリーの劣化を最小限に抑えるため、充電時にバッテリー容量が90%に達すると充電を自動的に停止する機能です。

これにより、製品購入から3年後でも、バッテリー容量が90%を保持し続けるとされています。

AQUOS sense8のカメラ

AQUOS sense8の背面には、5030万画素の標準レンズと800万画素の広角レンズを搭載した2眼カメラが配されています。標準レンズでは、全画素が位相差オートフォーカスに対応しており、動きのある被写体もしっかりと捉えることができます。

更に、このモデルでは光学式手ブレ補正(OIS)が新たに加わりました。OISは、特に夜間や動画撮影時にその効果を発揮し、クリアで安定した画質を提供します。これは、この価格帯のミッドレンジモデルでは珍しい機能と言えるでしょう。

また、画像処理エンジンはProPix5にアップデートされており、広角レンズでのHDR撮影では、複数のRAW画像を基に画質が向上します。特に広角カメラでのHDR撮影では、よりダイナミックな画像が期待できるでしょう。

カメラの操作面でも、ユーザビリティを考慮した改善が見られます。例えば、シャッターボタンを画面内で自由に位置設定できる機能が新たに加わりました。これにより、片手での操作が容易になり、撮影の手軽さが増します。フロントカメラも引き続き800万画素を搭載し、自撮りやビデオ通話でもクリアな画像を提供します。

AQUOS sense8のプロセッサ(SoC)

AQUOS sense8のプロセッサ(SoC)ですが、AQUOS sense8ではプロセッサの世代が更新され、Snapdragon 6 Gen 1(8コア)が搭載されています。この新しいプロセッサにより、CPU性能が前の世代に比べて36%増加し、GPU性能も33%向上しています。

Snapdragon 6 Gen 1は、クアルコムにより製造されているミッドレンジ向けのスマートフォン用プロセッサ(SoC: System on Chip)です。

Snapdragon 6 Gen 1は8コアの設計で、性能向上とエネルギー効率を両立しています。より高性能なコアと省エネ性の高いコアを組み合わせており、さまざまなタスクに対して適切なパワーを提供します。

Snapdragon 6 Gen 1は、ミッドレンジから上位ミッドレンジのスマートフォンで多く採用されています。これにより、これらの価格帯のデバイスでも高度な機能とスムーズなパフォーマンスをユーザーは享受できます。

これにより、多くのアプリケーションやゲームがスムーズに動作することが期待されます。

AQUOS sense8のスペック

これらの内容をもとに、AQUOS sense8のスペックをまとめてみました。

2022モデルAQUOSsenseシリーズに比べるとディスプレイ・バッテリー・カメラなどがスペックアップし、全体的なパフォーマンスがアップしています。

サイズ 約W71×H153×D8.4mm
重量 約159g
バッテリー容量 5,000mAh
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約3,950分
連続待受時間
(日本国内使用時)
約690時間
充電時間 TypeC共通ACアダプタ02:約160分
電池パック取り外し
外部メモリ 推奨最大容量  1TB microSDXC™
内蔵メモリ容量 (RAM)  6GB
内蔵メモリ容量 (ROM)  128GB
アドレス帳登録件数 本体容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ IGZO OLED
ディスプレイ(画面)サイズ 約6.1インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約10億色
ディスプレイ(画面)解像度 2,432×1,080(FHD+)
防水  IPX5/IPX8 (注1)
防塵  IP6X (注2)
SIM nanoSIM/eSIM
SIMロック  SIMロックなし
OS  Android™ 13
CPU Snapdragon® 6 Gen1
生体認証 指紋/顔
メインカメラ有効画素数 約5,030万画素/約800万画素
サブカメラ有効画素数 約800万画素
撮影素子 CMOS
撮影ライト 静止画:○
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
接写機能
静止画最大撮影サイズ 8,192×6,144
動画最大撮影サイズ 3,840×2,160
静止画ズーム 8倍
動画ズーム 8倍

デバイスのメモリは6GBで、ストレージ容量は128GBとなっており、日常的な使用には十分な容量を提供しています。

さらに、AQUOS sense8は前のモデルと同じく、microSDスロット、おサイフケータイ、3.5mmイヤフォンジャックを搭載しています。これらの機能により、ユーザーは音楽を聞いたり、決済を行ったりと、多様な活動をこのスマートフォンで楽しむことができます。

また、このデバイスは防水・防塵機能を有しており、少々の水濡れやほこりからデバイスを守ります。耐衝撃性能も備えているため、落としてしまっても安心です。

USB Type-C端子には、新機能としてDisplayPort出力のサポートが加わりました。この機能のおかげで、ユーザーはスマートフォンとディスプレイを有線で繋いで、大きな画面でコンテンツを楽しむことができます。これは特に法人向けの利用シーン、例えばデジタルサイネージの表示などで活躍が期待されます。

AQUOS sense8の発売日は2023年11月

AQUOS sense8の発売日ですが、2023年11月9日に発売が予定されています。

各キャリアによりAQUOS sense8の予約開始日は10月3日と同じで、これは消費者にとっては計画しやすく、どのキャリアでも早期に製品を確保するチャンスがあります。

特に新製品の発売初日は、予約者が多いことが予想されます。人気の製品、特に期待されているモデルの場合、発売初日には在庫がすぐになくなる可能性も考慮する必要があります。

また、各キャリアが独自のキャンペーンや割引を提供することもあるため、予約開始日に注目しておくと良いでしょう。

AQUOS sense8関連情報

iPhoneおすすめしない機種・おすすめは?iPhone買うならどれ
ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更確認方法
ソフトバンクAQUOS一覧!最新機種も紹介
ドコモAQUOS 最新機種まとめ!人気シリーズをふりかえり
auのAQUOS 最新機種まとめ!スペック・機能を解説
AQUOS歴代スマホ機種一覧比較!おすすめは?
AQUOSで評判悪い機種は何?最新のアクオススマホの評判も解説

-AQUOS

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.