※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhone15バッテリーの持ちを改善して電池の減りを遅くする設定と方法

iPhone15のバッテリー持ちが悪くなると、日常生活においてストレスが増します。

しかし、いくつかの設定や方法を取り入れることで、バッテリーの持ちを大幅に改善し、電池の減りを遅くすることができます。

本記事では、iPhone 15のバッテリー改善のための具体的な方法と設定について詳しく解説します。

これらのヒントを活用して、iPhone15の使用時間を延ばし、より快適なスマホライフを実現しましょう。

目次

iPhone 15 バッテリー改善のための基本設定

iPhone 15は、Apple社が2023年9月に発売予定の最新スマートフォンです。

A17 Bionicチップを搭載し、6.1インチのSuper Retina XDRディスプレイを備えています。5Gネットワークにも対応し、高速通信が可能です。

しかし、こうした高性能なデバイスを使いこなすには、バッテリー消費への配慮が欠かせません。

iPhone 15を快適に使い続けるためには、バッテリーを長持ちさせる工夫が必要不可欠ですよね。

特に1日中使うことが多い方にとっては、バッテリー切れは困ってしまいます。

そこで今回は、iPhone 15のバッテリーを改善するための基本設定をご紹介します。

自動ロックの設定を短くしてiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhoneを使わない時間が長いと、画面が点灯したままでバッテリーを無駄に消費してしまいます。

これを防ぐには、自動ロックの設定を短くすることがおすすめです。

自動ロックとは、一定時間操作がないとiPhoneが自動的にスリープ状態になる機能のことです。

工場出荷時は30秒に設定されていますが、これを15秒や30秒に変更することで、バッテリー消費を抑えられます。

設定方法は以下の通りです。

  1.  「設定」アプリを開く
  2. 「ディスプレイと明るさ」を選択
  3. 「自動ロック」をタップ
  4. 15秒または30秒を選択

私は普段15秒に設定していますが、使用頻度や用途に合わせて30秒でもいいかもしれませんね。

操作していない時は素早くスリープさせることで、バッテリーを長持ちさせることができますよ。

画面の明るさを調整してiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhoneのディスプレイは、バッテリー消費の大きな要因の1つです。

特に画面の明るさを最大にしていると、バッテリーの減りが早くなってしまいます。

そこで、画面の明るさを適切に調整することをおすすめします。

明るすぎず、暗すぎない程度に設定するのがポイントです。

iPhoneには自動明るさ調整機能が搭載されており、周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動的に調整してくれます。

これを活用することで、手動で明るさを変更する手間を省けます。

自動明るさ調整機能をオンにする方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2.  「アクセシビリティ」を選択
  3.  「ディスプレイとテキストサイズ」をタップ
  4. 「自動明るさ調整」をオンにする

また、明るさのレベルを手動で変更することもできます。

画面下部のスライダーを左右にドラッグして、お好みの明るさに調整してみてください。

屋外の明るい場所ではある程度明るくする必要がありますが、室内や夜間は少し暗めでも問題ないでしょう。

状況に応じて明るさを調整することで、バッテリー消費を抑えつつ、快適に使用できると思います。

バックグラウンドでのアプリ更新を制限してiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhone 15のバッテリーを長持ちさせるためには、アプリのバックグラウンド更新を制限することも効果的です。

バックグラウンド更新とは、アプリが閉じられていても定期的にデータを更新する機能のことです。

この機能によって、アプリを開いた時にすぐに最新の情報を確認できる一方で、バッテリー消費が増えてしまうというデメリットがあります。

例えば、ニュースアプリやSNSアプリは、バックグラウンドで頻繁に更新されるため、バッテリーを多く消費します。

また、使用頻度の低いアプリでも、バックグラウンド更新が有効になっていると、知らない間にバッテリーを消費し続けてしまいます。

そこで、iPhone 15のバッテリーを改善するために、不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにすることをおすすめします。

不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにしてiPhone 15のバッテリーを改善する

使っていないアプリや、更新頻度が低くても問題ないアプリのバックグラウンド更新は、積極的にオフにしましょう。

特に、位置情報を使用するアプリは、バックグラウンドで常に位置情報を取得しているため、バッテリー消費が大きくなります。

不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにする方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」を選択
  3. 「バックグラウンド App 更新」をタップ
  4. 各アプリの横にあるトグルスイッチをオフにする

バックグラウンド更新が必要なアプリは限られているので、思い切ってオフにしてしまってもいいかもしれませんね。

私は、メールアプリとカレンダーアプリ以外は、ほとんどオフにしています。

ただし、バックグラウンド更新をオフにすると、アプリを開いた時に最新の情報が反映されていない場合があります。

重要なアプリは、バックグラウンド更新をオンにしておくことをおすすめします。

バックグラウンド更新を一括で管理してiPhone 15のバッテリーを改善する

アプリごとにバックグラウンド更新の設定を変更するのは、少し手間がかかりますよね。

そんな時は、バックグラウンド更新を一括で管理することができます。

バックグラウンド更新を一括で管理する方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」を選択
  3. 「バックグラウンド App 更新」をタップ
  4. 「バックグラウンド App 更新」をオフにする

この設定を行うと、すべてのアプリのバックグラウンド更新がオフになります。

必要に応じて個別にオンにすることもできますが、まとめてオフにすることで、バッテリー消費を大幅に抑えられます。

ただし、バックグラウンド更新を完全にオフにすると、アプリの利便性が損なわれる可能性があります。

重要なアプリは個別にオンにするなど、使い方に合わせて調整することをおすすめします。

位置情報サービスの見直しによるiPhone 15のバッテリー改善

iPhone 15には、GPSや無線LAN、モバイル通信ネットワークを使った位置情報サービスが搭載されています。

この機能により、マップアプリでの現在地表示や、天気アプリでの地域別の天気予報など、さまざまな場面で便利に活用できます。

しかし、位置情報サービスは常にバックグラウンドで動作しているため、バッテリー消費が大きくなってしまうのです。

実際、iPhone 15のバッテリー消費の内訳を見ると、位置情報サービスが上位に入っていることが多いですよね。

位置情報を使用するアプリが多いほど、バッテリー消費が増えてしまいます。

そこで、iPhone 15のバッテリーを改善するためには、位置情報サービスの設定を見直すことが重要です。

アプリごとに位置情報の使用を制限したり、システムサービスの位置情報設定を最適化したりすることで、バッテリー消費を大幅に減らすことができるのです。

位置情報サービスの最適化でiPhone 15のバッテリーを改善する

まずは、位置情報サービスを使用するアプリの設定を見直しましょう。

位置情報を常に使用するアプリは、バックグラウンドでも定期的に位置情報を取得するため、バッテリー消費が大きくなります。

そこで、位置情報の使用頻度が低いアプリは、「使用中のみ許可」に設定することをおすすめします。

この設定にすると、アプリを開いている時だけ位置情報を使用するようになるため、バックグラウンドでのバッテリー消費を抑えられます。

位置情報サービスの設定方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「プライバシーとセキュリティ」を選択
  3. 「位置情報サービス」をタップ
  4. 各アプリの位置情報の使用許可を設定する

使用頻度の高いアプリは「許可」、使用頻度の低いアプリは「使用中のみ許可」に設定するのがおすすめです。

私は、マップアプリや天気アプリ以外は、ほとんど「使用中のみ許可」にしています。

また、位置情報を使用する必要のないアプリは、「許可しない」に設定しましょう。

アプリによっては、位置情報を使用しなくても問題なく動作するものもあります。

不要な位置情報の使用を制限することで、バッテリー消費を抑えられます。

システムサービスの位置情報設定を見直してiPhone 15のバッテリーを改善する

次に、システムサービスの位置情報設定を見直してみましょう。

システムサービスとは、iPhoneのシステムが位置情報を使用するためのサービスのことです。

例えば、時刻ゾーンの自動設定や、Siriの位置情報の使用などが含まれます。

これらのシステムサービスは、便利な機能ではあるものの、常に位置情報を使用しているため、バッテリー消費が大きくなってしまいます。

そこで、不要なシステムサービスの位置情報をオフにすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

システムサービスの位置情報設定を変更する方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「プライバシーとセキュリティ」を選択
  3. 「位置情報サービス」をタップ
  4. 「システムサービス」を選択
  5. 各サービスの位置情報の使用をオン/オフにする

特に、「Simplinkでの位置情報の使用」や「ホームの位置情報の使用」、「ルート検索と交通情報」などは、日常的に使用しない方が多いのではないでしょうか。

これらのサービスをオフにすることで、バッテリー消費を大幅に減らすことができます。

ただし、システムサービスの中には、「紛失モード」や「iPhoneを探す」など、セキュリティ上重要なものもあります。

必要なサービスはオンにしておくことをおすすめします。

アプリの使用状況を確認してiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhone 15のバッテリーを長持ちさせるためには、アプリの使用状況を確認することが大切です。

アプリによっては、バックグラウンドで常に動作していたり、多くの電力を消費していたりするものがあるからです。

実際、iPhone 15のバッテリー消費の多くは、アプリによるものだと言われています。

特に、位置情報を使用するアプリや、動画や音楽を再生するアプリ、オンラインゲームアプリなどは、電力消費が大きくなる傾向にあります。

そこで、iPhone 15のバッテリーを改善するためには、アプリの使用状況を把握し、高電力消費アプリへの対策を講じることが重要なのです。

バッテリー使用状況を確認して、問題のあるアプリを特定することから始めましょう。

バッテリー使用状況を確認してiPhone 15のバッテリーを改善する

まずは、iPhone 15のバッテリー使用状況を確認してみましょう。

バッテリー使用状況では、アプリごとのバッテリー消費量や使用時間を確認できます。

バッテリー使用状況を確認する方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「バッテリー」を選択
  3. 「バッテリーの状況」をタップ
  4. 「最後の10日間」または「最後の24時間」を選択

ここでは、アプリごとのバッテリー消費量と使用時間が表示されます。

バッテリー消費量の多いアプリや、使用時間の長いアプリを確認することができます。

例えば、SNSアプリやニュースアプリは、バックグラウンドで頻繁に更新されるため、バッテリー消費量が大きくなる傾向にあります。

また、動画配信アプリやオンラインゲームアプリは、使用時間が長くなりやすく、バッテリー消費量も大きくなります。

バッテリー使用状況を確認することで、自分がよく使うアプリや、バッテリー消費量の多いアプリを把握することができます。

これらのアプリへの対策を講じることで、iPhone 15のバッテリーを改善することができるのです。

高電力消費アプリの対策でiPhone 15のバッテリーを改善する

バッテリー使用状況で、高電力消費アプリを特定したら、次はそのアプリへの対策を講じましょう。

アプリごとに対策は異なりますが、共通して効果的なのは、「バックグラウンド更新の制限」と「位置情報の使用制限」です。

バックグラウンド更新を制限することで、アプリがバックグラウンドで頻繁に更新されるのを防ぐことができます。

また、位置情報の使用を制限することで、アプリが常に位置情報を取得するのを防ぐことができます。

高電力消費アプリへの対策方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 問題のあるアプリを選択
  3. 「バックグラウンド App 更新」をオフにする
  4. 「位置情報」を「使用中のみ許可」または「許可しない」に設定する

使用頻度の低いアプリは、バックグラウンド更新と位置情報の使用を制限しても問題ありません。

一方、使用頻度の高いアプリは、利便性とバッテリー消費のバランスを考えて設定する必要があります。

また、アプリによっては、「省電力モード」や「ダークモード」など、バッテリー消費を抑える機能を搭載しているものもあります。

アプリの設定をチェックして、これらの機能を活用することもおすすめです。

電源管理機能の活用でiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhone 15には、バッテリーを長持ちさせるための様々な電源管理機能が搭載されています。

これらの機能を活用することで、バッテリー消費を抑え、より長い時間iPhoneを使用することができます。

例えば、「低電力モード」は、バッテリー残量が20%以下になると自動的に有効になる機能です。

この機能がオンになると、メールの自動受信や、バックグラウンド更新、自動ダウンロードなどが制限され、バッテリー消費が抑えられます。

また、「バッテリー充電の最適化」は、iPhoneのバッテリー寿命を延ばすための機能です。

この機能がオンになると、iPhoneが充電パターンを学習し、最適なタイミングで充電を行うようになります。

これらの電源管理機能を活用することで、iPhone 15のバッテリーを改善することができるのです。

低電力モードやバッテリー充電の最適化を設定して、バッテリー消費を抑えましょう。

低電力モードの活用でiPhone 15のバッテリーを改善する

低電力モードは、バッテリー残量が少なくなった時に、バッテリー消費を抑えるための機能です。

この機能がオンになると、以下のような制限がかかります。

  • メールの自動受信が無効になる
  • バックグラウンド更新が無効になる
  • 自動ダウンロードが無効になる
  • 一部の視覚効果が無効になる
  • 画面の自動ロック時間が30秒に設定される

これらの制限により、バッテリー消費を大幅に抑えることができます。

例えば、メールの自動受信を無効にすることで、バックグラウンドでのデータ通信を減らすことができます。

また、画面の自動ロック時間を短くすることで、画面点灯時間を減らすことができます。

低電力モードは、バッテリー残量が20%以下になると自動的に有効になりますが、手動でオンにすることもできます。

低電力モードを手動でオンにする方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「バッテリー」を選択
  3. 「低電力モード」をオンにする

バッテリー残量が少ない時は、積極的に低電力モードを活用することをおすすめします。

外出先でバッテリー切れを防ぐことができるので、とても便利ですよ。

ただし、低電力モードを常時オンにしていると、iPhoneの性能が制限されてしまいます。

バッテリー残量が十分にある時は、低電力モードをオフにして、iPhoneの機能を存分に活用しましょう。

バッテリー充電の最適化でiPhone 15のバッテリーを改善する

バッテリー充電の最適化は、iPhoneのバッテリー寿命を延ばすための機能です。

この機能がオンになると、iPhoneが充電パターンを学習し、最適なタイミングで充電を行うようになります。

具体的には、以下のような制御が行われます。

  • 充電速度を制御して、バッテリーへの負荷を軽減する
  • 充電完了後の維持充電を最小限に抑える
  • 充電パターンを学習して、最適なタイミングで充電を行う

これらの制御により、バッテリーへの負荷を軽減し、バッテリー寿命を延ばすことができます。

特に、充電完了後の維持充電を最小限に抑えることで、バッテリーの劣化を防ぐことができます。

バッテリー充電の最適化は、iOS 13以降で自動的に有効になっています。

特に設定を変更する必要はありませんが、以下の方法で確認することができます。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「バッテリー」を選択
  3. 「バッテリーの状況」をタップ
  4. 「バッテリー充電の最適化」が有効になっていることを確認する

バッテリー充電の最適化は、iPhoneを長く使い続けるために重要な機能です。

特に、iPhoneを1日中使用する方や、長期間使い続ける予定の方は、この機能を活用することをおすすめします。

ただし、バッテリー充電の最適化は、充電時間が長くなる場合があります。

急いで充電する必要がある時は、iPhoneを充電器に接続したまま、電源をオンにすることで、通常の速度で充電することができます。

その他の方法でiPhone 15のバッテリーを改善する

iPhone 15のバッテリーを長持ちさせるためには、様々な方法があります。

先ほどご紹介した電源管理機能の活用に加えて、不要な通知をオフにしたり、Wi-FiとBluetoothを適切に管理したりすることで、さらにバッテリー消費を抑えることができます。

例えば、アプリの通知は、新着メッセージやニュースなどをリアルタイムで知らせてくれる便利な機能ですが、頻繁に通知が来ると、バッテリー消費が大きくなってしまいます。

特に、使用頻度の低いアプリの通知は、積極的にオフにすることをおすすめします。

また、Wi-FiとBluetoothは、インターネット接続や他のデバイスとの接続に欠かせない機能ですが、常時オンにしておくと、バッテリー消費が大きくなります。

使わない時は、これらの機能をオフにすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

iPhone 15のバッテリーを改善するための、その他の方法をご紹介しましょう。

不要な通知をオフにしたり、Wi-FiとBluetoothを管理したりして、バッテリー消費を最小限に抑えましょう。

不要な通知をオフにしてiPhone 15のバッテリーを改善する

アプリの通知は、新着メッセージやニュースなどをリアルタイムで知らせてくれる便利な機能ですが、頻繁に通知が来ると、バッテリー消費が大きくなってしまいます。

特に、使用頻度の低いアプリの通知は、バッテリー消費の無駄になります。

そこで、不要な通知をオフにすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

通知設定は、アプリごとに行うことができます。

不要な通知をオフにする方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「通知」を選択
  3. 通知をオフにしたいアプリを選択
  4. 「通知を許可」をオフにする

使用頻度の低いアプリや、重要でない通知を送信するアプリは、積極的に通知をオフにすることをおすすめします。

例えば、ゲームアプリやクーポンアプリなどは、通知をオフにしても問題ないでしょう。

ただし、重要なアプリの通知は、オンにしておく必要があります。

メールアプリや予定表アプリなどは、大切な用件を見逃さないように、通知をオンにしておくことをおすすめします。

通知設定は、自分の使い方に合わせて、適切に設定することが大切です。

不要な通知をオフにして、バッテリー消費を抑えつつ、重要な通知は見逃さないようにしましょう。

Wi-FiとBluetoothの管理でiPhone 15のバッテリーを改善する

Wi-FiとBluetoothは、インターネット接続や他のデバイスとの接続に欠かせない機能ですが、常時オンにしておくと、バッテリー消費が大きくなります。

特に、Wi-Fiは、電波を常に探しているため、バッテリー消費が大きくなる傾向にあります。

そこで、使わない時は、Wi-FiとBluetoothをオフにすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

外出先でインターネットを使わない時や、他のデバイスと接続しない時は、これらの機能をオフにすることをおすすめします。

Wi-FiとBluetoothをオフにする方法は以下の通りです。

  1. 画面下部から上にスワイプして、コントロールセンターを表示する
  2. Wi-Fiアイコンをタップして、Wi-Fiをオフにする
  3. Bluetoothアイコンをタップして、Bluetoothをオフにする

また、Wi-FiとBluetoothを完全にオフにするには、以下の手順で行います。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「Wi-Fi」を選択し、「Wi-Fi」をオフにする
  3. 「Bluetooth」を選択し、「Bluetooth」をオフにする

ただし、Wi-FiとBluetoothを頻繁にオン/オフするのは手間がかかります。

そこで、「ネットワーク設定のリセット」を行うことで、Wi-FiとBluetoothの設定をまとめてリセットすることができます。

ネットワーク設定をリセットする方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」を選択
  3. 「リセット」を選択
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップ

ネットワーク設定をリセットすると、Wi-FiとBluetoothの設定が初期化されます。

必要に応じて、再度設定を行う必要がありますが、手間を省くことができます。

iPhone 15のバッテリー改善のためのアドバイスまとめ

iPhone 15のバッテリーを長持ちさせるためには、様々な方法を組み合わせることが大切です。

ここまでご紹介してきた方法を実践することで、バッテリー消費を大幅に抑えることができるでしょう。

最後に、iPhone 15のバッテリーを改善するための、最終的なアドバイスをまとめます。

  • 自動ロックの設定を短くする
  • 画面の明るさを適切に調整する
  • バックグラウンド更新を制限する
  • 位置情報サービスを最適化する
  • アプリの使用状況を確認し、高電力消費アプリへの対策を講じる
  • 低電力モードを活用する
  • バッテリー充電の最適化を利用する
  • 不要な通知をオフにする
  • Wi-FiとBluetoothを適切に管理する

これらの方法を実践することで、iPhone 15のバッテリー消費を最小限に抑えることができます。

特に、自動ロックの設定と画面の明るさ調整は、手軽に実践できる方法なので、まずはこれらから始めてみることをおすすめします。

また、アプリの使用状況を定期的に確認することも大切です。

バッテリー消費の多いアプリを特定し、適切な対策を講じることで、バッテリー消費を大幅に抑えることができます。

iPhone 15は、高性能なデバイスであるだけに、バッテリー消費が気になる方も多いと思います。

しかし、今回ご紹介した方法を実践すれば、1日中安心して使うことができるはずです。

大切なのは、自分の使い方に合わせて、適切な設定を行うことです。

画面の明るさや通知設定など、自分に合った設定を見つけることが、バッテリー消費を抑えるコツと言えます。

iPhone 15は、優れた電源管理機能を搭載しているので、うまく活用することで、バッテリー寿命を延ばすことができます。

低電力モードやバッテリー充電の最適化など、便利な機能を積極的に使うことをおすすめします。

新しいiPhoneを手に入れると、つい機能を使いすぎてしまいがちですが、バッテリー消費にも気を配ることが大切です。

今回ご紹介した方法を参考に、自分なりのバッテリー管理方法を見つけてみてください。

きっと、iPhone 15をより長く、快適に使うことができるようになるはずです。

最新のテクノロジーを存分に活用しつつ、バッテリーにも優しく使うことが、スマートフォンライフを充実させるコツですよ。

関連情報

iPhone15はダサい?ダサくない?過去の傾向から検証

iPhone 15 Proはメモリ増量!大幅に性能が向上

iPhone15ではTouch ID(指紋認証)復活なしの理由は?Touch IDが使える機種も紹介

ドコモのiPhone 15は分割払いがお得?一括払いとどっちがいいのか

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.