※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

iPhoneを学割で安く購入する方法!どこが安いか比較

この記事では、iPhoneを学割で賢く、お得に購入する方法を詳しくご紹介し、購入時の重要ポイントも解説します。

4月の新学期を迎える時期、多くの学生が手頃な価格で新しいiPhoneを手に入れたいと思っています。特に学生にとって、費用を抑えながらスマートフォンを入手することは大切です。

新しいiPhoneを購入しようと考えた時、iPhoneの学割はどの店舗で利用できるのか?そもそもiPhoneに学割は適用されるのか?ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMのどれを選ぶべきか?といった疑問が頭に浮かぶことでしょう。

先に結論を言っておくと、Appleの直営店ではiPhoneの購入に学割は適用されません。しかし、各携帯電話キャリアの提供する学割プランを利用すれば、Appleの公式価格よりも安価にiPhoneを手に入れることが可能です。

この記事を参考に、学割を活用したiPhoneの購入方法を理解し、購入時のポイントを押さえて、賢くコストを節約しながらスマートフォンをゲットしてください。

Appleの学割はiPhoneが対象外で使えない

「Appleの学割でiPhoneが安くなるのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、Appleの学割はiPhoneが対象外で使えません。

確かに、Appleは「Apple Store for Education」という、学生向けの特別割引ページを提供しています。

「Apple Store for Education」とは何かというと、これは大学生、専門学校生、高校生、あるいはこれらの学校に進学予定の学生を対象にした、特別な割引価格での販売を行うオンラインストアです。この割引は学生本人だけでなく、その両親や教員にも適用されます。

ただし、Appleのこの学割プログラムはiPhoneの購入には適用されません。適用されるのは iPad など 他の Apple 商品です。つまり、Appleの店舗でiPhoneを割引価格で購入するには、学割以外の方法を探す必要があります。

Appleの学割は他の製品には利用できますが、iPhoneの購入に関しては、キャリアや他の販売チャネルの割引やキャンペーンを活用すると良いでしょう。

iPhoneを学割で安く購入する方法

iPhoneの購入を検討しているけれども、価格が高くて躊躇している方には、学生割引を利用する方法がおすすめです。

日本の主要なキャリアや格安SIM提供業者は、学生向けの割引プログラムを頻繁に実施しています。これにより、iPhoneをより手頃な価格で手に入れることが可能です。

たとえば、auは「スマホスタート応援割」を、docomoでは「U15はじめてスマホプラン」を提供しています。Softbankは「U22オンラインショップ割」や「スマホデビュープラン+」を、Y!mobileは「ワイモバ親子割」と「PayPayポイント還元」を実施中です。

また、UQモバイルでは「UQ親子応援割」と「au Pay残高還元」、J:COMモバイルは「J:COMモバイル最強ヤング割」を提供しています。

これらのプランは、学生だけでなく幼児から青年まで広く対象としているため、多様なニーズに応えることができます。特に「学割」という言葉が含まれていないプランもあるので要注意です。

学割を活用することで、iPhoneを手頃な価格で手に入れるチャンスが広がります。是非検討してみてください。

なお、現時点での終了日は、au、docomo、Softbank、UQモバイルのプランが未定で、Y!mobileとJ:COMモバイルのプランは2024年5月31日までとなっています。

iPhoneを学割で購入するなら安いのはどこ?

iPhoneを学割でお得に購入する方法には、大手キャリアと格安SIMの2つの選択肢があります。ここで重要なのは、格安SIMは通常、大手キャリアと比べて月額料金が低く設定されている点です。

購入先を検討している方にとって、格安SIMを選ぶという選択は経済的に見てメリットが大きいかもしれません。

なぜなら、格安SIMはもともとのプラン料金が低いため、学割が適用されるとさらに安価にスマートフォンを利用することが可能だからです。

また、親や家族が割引対象になるプランも存在するので、上手く活用すれば費用を大幅に節約できるでしょう。

iPhoneの端末代金と月額料金を合わせて考えると、格安SIMを使った方が経済的にお得な場合が多いです。

ただし、格安SIMを利用する場合、大手キャリアと比べて回線の安定性に多少の差が出ることがあります。これは、多くの格安SIMが大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているためです。

さらに、最新のiPhoneモデルを取り扱っていない格安SIM会社もあるので、これも選択の際の考慮点です。

結局のところ、安定した通信力やブランド力を重視する方は大手キャリアが適しています。一方、コストを抑えてiPhoneを購入したい方は、格安SIMの利用がおすすめです。

学割でihoneを学割で購入するときの注意点

iPhoneを学割で購入する際には、以下の三つの重要なポイントに注意しましょう。

このポイントを押さえておくことで、iPhoneを学割で購入する際に適切な選択を行い、賢く節約することができます。

格安SIMを選ぶ場合は通信速度に注意すること

格安SIMは大手キャリアの回線を使用してサービスを提供していますが、そのために通信速度が不安定になることがあります。公式サイトに「最大速度◯◯GB」と記載されている場合でも、これは最大速度であり、利用環境や時間帯によっては速度が低下することがあるので、この点にも注意が必要です。

学割キャンペーンの期間内に申し込むこと

多くの学割キャンペーンは、年間を通して開催されているわけではありません。一部のキャンペーンは短期間、例えば半年程度で終了することがあります。そのため、学割キャンペーンが実施されている際には早めに申し込むことが重要です。

契約内容によって割引額が異なる可能性があること

大手キャリアや格安SIMの公式サイトでは「最大◯◯円割引」といった表記がされていますが、これはあくまで最大割引が適用された場合の例です。契約プラン、契約内容、購入機種によって実際の割引額は異なるため、詳細を確認することが大切です。

まとめ: iPhoneを学割で安く購入する方法

iPhoneは多くの人にとって魅力的なスマートフォンですが、価格が高いため、購入を躊躇する方も少なくありません。

しかし学割を活用すれば、iPhoneをよりリーズナブルな価格で手に入れることができます。

iPhoneの学割を利用する主な方法として、大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンクなど)や格安SIMカード提供業者を利用する手段があります。大手キャリアは、一般的に月額料金が高めですが、その分、通信の安定性やカスタマーサービスが充実しています。

例えば、ドコモの「U15はじめてスマホプラン」では、15歳以下の子どもを対象に、月額基本料金を割り引くプランを提供しています。auでは「スマホスタート応援割」を通じて、学生に特別割引を提供しています。

一方、格安SIMでは、IIJmioや楽天モバイルなどが学生向けのプランを提供しており、月額料金が大手キャリアと比べて安価です。

例えば、楽天モバイルでは学生限定で端末購入時の割引やデータプランの月額料金を割り引くキャンペーンを実施しています。しかし、これらのサービスは大手キャリアのネットワークを間借りしているため、場所によっては通信速度が遅くなることもあります。

しかし、格安SIMを選ぶ場合には、通信速度の確認が不可欠です。公式サイトに記載されている最大速度と実際の利用状況での速度には差が生じることがあるため、この点をよく理解し、自分の使用状況に合ったプランを選ぶことが重要です。

最後に、学割を利用する際の注意点ですが、特に重要なのは、最新モデルのiPhoneを取り扱っていない格安SIM会社もあるということです。最新のiPhoneを求める場合は、取り扱いのあるキャリアや販売店を選ぶ必要があります。

以上の点を踏まえ、学割を上手に活用すれば、iPhoneをお得に手に入れることが可能です。学生の皆さんはもちろん、学生のご家族もこの機会を利用して、賢いスマートフォンライフを送りましょう。

関連情報

ドコモ機種変更の裏技3選!お得に機種変更できる方法

【2024年】中学生向けauスマホの安い機種7選!スマホスタート応援割がお得

ドコモのU15はじめてスマホプランとは?U15ポイント特典も解説

auのiPhone SE(第3世代)機種変更キャンペーン最新情報

-iPhone/iPad

Copyright© Happy iPhone , 2024 All Rights Reserved.