まず、LG電子のスマホをご存知でしょうか?
企業名をご存知ない方もおられると思います。
私も話題性がなかったのもあり、あまり把握しておりませんでした。

ですが、今回発売されるV30+L-01Kのスペックを見ていると
紹介したい機能がたくさんありますので
是非、内容をご覧頂ければと思います。

今期発売される機種はどの機種も個性的な性能を持っているのと
発売されたばかりの機種も多いので、どの機種が一番人気かは、分かりかねます。

ちなみに、スマホ販売を本職とする、ドコモショップや家電量販店の店員さんが自身で購入して
使っている機種は気になりませんか?
そうです、LG電子のスマホを自身で契約している店員さんの話をよく聞きます。
ですから、性能に関しては折り紙付きのスマホだと言えるのではないでしょうか。

LG電子が発売する機種はこれまで、他の機種とあまり変わらない
もしくは少し見劣りする部分を持ちつつ上手くバランスを調整した内容となっていました。

今回発売されるV30+ L-01K は高スペックスマホや個性的なスマホを検討している方に、
知って頂きたいと思う機能が盛り沢山ですので、紹介させて頂きます。

■V30+ L-01K の性能(スペック)、防水防塵は?

まず、気になるのは本体スペックでしょうか。
機能面を見てみるとハイスペックモデルと言える最新の性能がたくさん搭載されています。
分かりやすいので、まずは公式HPにあるスペック、サービス機能の一覧表をご覧下さい。

OSは最新のAndroid8.0が搭載されています。

SDカードはmicroSDXC(最大256GB)に対応しており、本体メモリはROM 128GBを搭載しています。
スマホの記憶領域を最大384GBに設定する事が出来るのでデータ容量が足りないなどのトラブルは激減しそうです。

アプリを動かすための作業領域はRAM 4GBを搭載しています。
LINEをしながら、音楽を聞いて、片手間にゲームをしたりスマホで本を読んだりといった、
複数の事をコンスタントにこなせる、非常に賢いスマホです。

そして、このスマホの耐久性は軍事標準耐久試験「MIL-STD 810G」のお墨付きです。
防水(雨、水に浸る)防塵、耐衝撃、耐振動などの様々な状況を考慮した軍事試験を
クリアしているので、大変タフなスマホである事が証明されています。
ただ、どの機種もそうですが、機械なので、必ず壊れないというわけではありません。
その点は気にかけて頂けると有難いです。

もちろん、これだけでも十分凄いと感じますが、容量や、耐久テストに関しては
近頃のハイスペックモデルだと、搭載、クリアしている機種は多いです。

そこで、この機種ならではの強みをご案内させて頂きます。

■高画質、有機EL搭載、
対応機能のDaydreamとは?

6インチ大画面フルビジョン(18:9)の有機ELディスプレイを搭載しています。
写真や動画をダイナミックかつ、ありのまま以上に画面に表現してくれます。

そして、知名度が上がっているVR機能、Daydreamにも対応しています。
画面で見る情報を更に臨場感あふれるものにしてくれる事は間違いありません。

言葉で表現してみましたが、分かりにくいですね。
以下の動画はVRゴーグルをつけると、どんな操作が出来るのかという
内容ですので、気になる方は是非ご覧ください。

この機種を購入した方にGoogle Daydream View(VRゴーグル)をプレゼントする
キャンペーンも行われるそうですので、情報が入り次第追記させて頂きます。

docomoのdTVもDaydreamに対応するそうですので
ドラマやアニメが更に楽しめるコンテンツが増えそうな予感がします。

■臨場感あふれる迫力のサウンド

動画視聴、音楽再生、聞きたい情報を全て
本格的なサウンドで楽しんで頂ける機能の登場です。

今回、デンマークの高級オーディオ製品を販売しているブランドメーカー
B&O PLAYのエンジニアとサウンドマスターが作ったサウンド機能を搭載しています。
迫力のある映像や音楽をいつでも楽しむ事が出来ます。

どんな音楽でも利用者の耳に合う音楽に調節してくれる
QUAD DACを搭載しています。

mp3やAACなどの音楽ファイルはごく稀にデータ上の歪みが発生しますが
今回搭載されたQUAD DACは聞くときに使うイヤホンの種類や、
聞く人に合わせて最適な状態に調節してくれるので、いつでも快適に
音楽を楽しみたい方にオススメです。

■映画の様な情景をその手に。
高性能広角デュアルカメラ搭載

デュアルカメラ(レンズが2つ)を搭載しているので
ワイドな景色を広範囲に隅々まで綺麗に再現してくれます。

これまでの機種だと視野角は71°の範囲しか撮る事が出来ず
近くにあるものを撮る時、わざと数歩後ろに下がらないと綺麗に撮れない
撮りたい、その時に撮れないなどの弊害がありました。

しかし、今回デュアルカメラを搭載することで視野角は120°に対応しています。
わざわざ数歩下がって撮り直す必要もなく、ボタン一つでレンズの切替えも簡単です。
撮る際のストレスに感じていた部分が無くなるので、様々なシーンで
活用出来るのではないでしょうか。

それから、何かを撮っている時ズームで撮ろうというシーンも
あると思います。ただ、大切な思い出を撮る時、ズームで撮りたい部分以外に
ピントが合ってしまってで上手く撮れないという場面はありませんでしたか?

今回から搭載されているポイントズーム機能は、
画面上で被写体をタッチする事で、拡大したい範囲がフレームで囲われます。
それに合わせてズームスライダーでズームにすれば大切な思い出の取り逃がしを
解消してくれます。

■V30+ L-01K のカラー

カラーリングはAurora BlackとCloud Silverの2色展開です。

Aurora Black

Cloud Silver

Aurora Blackはツヤ感のあまりないマットな印象を受けます。
逆にCloud Silverは光沢あふれる色合いです。

どちらも、色々なシーンに合う色ですね。
V30+L-01Kの仕様感が気になる方は、こちらの動画を見て頂ければと思います。

■V30+ L-01K の予約開始日と発売日

ここまでで本体の機能などに関してはある程度
お伝えさせて頂きましたが
購入となると次に気になるのが発売日と予約開始日だと思います。

今の所、発売日に関しての詳細は発表されていませんが
2018年1月以降発売を予定しているそうです。

予約開始日は、発売日の2週間程前ですので
発売日などが分かり次第、改めてお伝えさせて頂きます。

■V30+ L-01K の本体価格、
月々サポート(利用料金からの割引)は?

価格も、予約開始日同様、現在は未定です。

恐らくですが、ハイスペックに分類される性能を搭載したスマホですから
ハイスペックスマホとして名高いGalaxy NoteやiphoneXに負けず劣らずな
本体価格になる事が推測出来ます。

本体価格や、月々サポート(利用料金からの割引)に関する情報が分かり次第
追記させて頂きます。

■V30+ L-01K に機種変更するなら

もうご存知だと思いますがドコモで機種変更するなら
ドコモオンラインショップがおとくですよね!

インターネットにつながりさえすれば24時間
日本全国どこからでも利用できますし

また店舗だと3000~10000円かかる頭金は不要、

また機種変更時に機種変更事務手数料2000円も無料です。

店舗に行く時間、待つ時間を節約でき

経済的にもおとく。

もちろん送料もかかりません。

ドコモオンラインショップで購入しても発売日に自宅に届きます。

スマホの初期設定や電話帳の移行などが不安なら

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選べますので

ドコモショップ受取りにすれば、ドコモショップで購入したのと

同じようにやって貰えます。

まぁ、自宅で受け取ってあとから持って設定して下さいといえば

して貰えますけどね!

そんなんでドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップはこちらから、見てみて下さい

ドコモオンラインショップ

オンラインショップがお得なのは知っているけど、流れが知りたい方はこちらをご覧下さい

ドコモオンラインショップでの機種変更の流れと方法を確認!

ドコモオンラインショップはこちら

■まとめ

今回、LG電子は以下の3機種を発表しました。
V30+ L-01K
JOJO L-02K
Disney Mobile on docomo DM-01K

個々の世界観を大切にしながら
お客様それぞれのニーズに合わせて作られた
様々なスマホ、それぞれの特徴が分かり次第
改めてお伝えさせて頂きます。