ドコモ

ネットの不正アクセスといえば、顧客情報の漏洩でクレジットカードの情報がというのがたびたびニュースに流れます。なので、個人でもパスワードの文字数を長くしたり、同じ文字を使いまわさなかったりの防衛をしている方が多いと思います。

そんな中でも、NTTdocomoというえば大手キャリアでネットの最前線の会社のため不正アクセスなんて無縁だと安心していませんでしたか?

8月に入って、NTTドコモユーザーが、不正アクセスを知らない間にiPhoneを購入している被害が広がっています。

自分が気が付いてない間に、購入されているため自分が被害者になっている可能性もあります。

・2018年8月不正アクセス最新被害情報
・自分は大丈夫なのか確認方方法
・今からできる不正アクセス対策方法
・もし被害にあっていたら

について紹介します。最後まで読んで被害にあう前に予防、被害にあってしまったら慌てずに動いて下さい。

被害額10万円以上不正ログインでiPhoneを購入された

ツイッターを中心にドコモオンランインショップで、iPhone Xを身に覚えのない購入・すでに受け取られている被害報告がどっとでています。

被害にあっている方の状況をみると、突然の人もいますが中には先に不正にログインがあったと通知されている方もおります。

また、受け取りが自宅ではなくコンビニ受け取りのため注文も受け取りも本人が気が付かない間に行われてしまっています。

コンビニなので、防犯カメラがついているので警察で動いて捕まえてくれるといいですね。

受け取りは通知がありませんが、不正にログインがあった場合、ドコモから通知がいくのですが知らない方が多く見過ごされているようです。

ログインの通知があったら現状を確認したほうが良いのです。
不正にログインの通知があった時とは

不正にログインの通知とは

普段利用していないプロバイダからログインをされた時にメッセージが送られてきます。自分がアクセスした日時ではない場合は不正アクセスの可能性があるということがこれでわかります。

旅行先などの時で自分でしているログインの時も送られてきてしまうので、メッセージが送られた時はドキッとしてしまうデメリットもありますが、不正アクセスの被害を予防できるので、見に覚えがない時は早急にパスワードの変更や下記で紹介する不正アクセス対策方法をとるようにして下さい。

自分は大丈夫?不正にログイン・購入されていないか確認方法

不正にログイン、購入されていないか、スマホ・iPhone・PCどれからでもdアカウントメニューとオンラインショップからすぐに確認することができます。

dアカウントのIDとパスワードを忘れてしまった方はこちらをご覧ください。
dアカウントのIDとパスワード確認方法

不正ログイン履歴

dアカウントメニューから利用した履歴をみることができます。
ログインをしていない場合下記のように履歴がありません。ドコモメールの場合はIPアドレスが表示対象外になります。

iPhoneを購入する場合、ログインされてIPアドレスも表示されます。身に覚えなのないIPアドレスがあったら注意が必要です。

ログイン履歴

購入履歴

購入履歴はオンラインショップで確認することができます。
購入履歴

購入しているものがないと何もでてきません。

見に覚えない購入履歴があったらドコモショップに連絡してください。

今からできる不正アクセス対策

現時点でIDやパスワードがどこから漏洩したのはまだわかっていません。何かあってからの前にできるセキュリティー対策はしておきましょう。

不正アクセス対策は2つあります。
・ID、パスワードを変更
・2段階認証の設定をする
ひとつずつ紹介します。

ID、パスワードを変更

dアカウントメニューから変更できます。
dアカウントのIDとパスワードを忘れてしまった方はこちらをご覧ください。
dアカウントのIDとパスワード確認方法

dアカウントメニューIDとパスワード画面

IDとパスワードの変更はこちらから
・IDは、数字だけの文字列はできません。
・パスワードは、半角英数字記号8~20桁
それぞれの、設定にしたがって手続きをしてください。

2段階認証システムを有効にする

2段階認証とは、IDとパスワード入力した時に、メールで届くセキュリティーコードの入力を追加で入力をします。だから第三者にログインができにくい仕組みになっているので不正アクセスをの防止が高いです。

2段階認証システムはドコモ会員限定のdメニューにあります。
ドコモ二段階システム説明画像

ドコモ2段階認証システム②


セキュリティーコードのメッセージで届くのでそちらをセキュリティコードに記入して下さい。

これで「2段階認証」の設定が完了です。

端末(プラウザ等)登録名は、端末を指定しておくと、次回ログインした時から、同じブラウザでは2段階認証が省略されます。

被害にあってしまったら

もし、不正アクセスでiPhone X購入の被害にあってしまったらまずは、ドコモショップ警察に連絡をしましょう。

今回の不正アクセスは、被害を受けて確認できている人が増えているためドコモ側でも対応をはじめていますなので、落ち着いてこのページで紹介しているログイン履歴や購入履歴をドコモショップの人に確認してもらい対応をしてもらいましょう。

そのためには、電話やオンラインショップではなく対面でできるドコモショップで話をして下さい。

話すをすることで次の対策方法もわかるので、なるべく早くショップに行って下さい。