スマホを買い替え
スマホを長く使いたいけれど寿命は一体どのぐらいなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

スマホの買い替えタイミングは本当に悩みどころですよね。

スマホの寿命は一般的に2~3年程度と言われていますが1年で寿命のような動作に陥ってしまう人や5年ぐらい使っても全く問題なく使えているという人もいます。

格安シムなどを見ていると今は使い捨て感覚の端末のあるなか、ドコモからでているdocomowith(ドコモウィズ)というプランは同じ端末とドコモを長く愛用したい方のプランです。

なので、長く端末を愛用したいのにスマホの寿命が短かったらお得なプランのdocomowith(ドコモウィズ)を使っても無意味です。

ここでは、スマホの寿命や適切な買い替え時期、そしてスマホの寿命について解説していきたいと思います。

ドコモが大好き!スマホ端末を長く愛用して、毎月の支払いを抑えたい人に評判が高いdocomowith(ドコモウィズ)について詳しく知りたい方は
ドコモウィズ(docomo with)は本当にお得?メリット・デメリットをわかりやすく解説

 

スマホの寿命は3年で限界?

スマホを手にもって寿命がきて困ってる女性
まず多くの人がスマホ寿命は2年程度、もっても3年で限界と考えている人はかなり多いです。

それにはいくつか理由があるのですが、今ではスマホが24ヶ月分割で購入する人がほとんどと言うのも理由の一つですね。

無意識にスマホは2年で交換するものと感じている人はとても多く、月々サポートなどの割引などの面で見ても2年で機種変更するのが理想的と感じているようです。

また、その人の使い方にもよるのですが、バッテリーも大体1年~2年程度使うと消耗が早くなるので、持っても3年程度でスマホの寿命が限界だと感じられるようです。

ですが、今ではバッテリーも高品質化してきていますし、インストールされているスマホのOSもアップデート対応できるので以前よりもスマホは長く使えるようになってきます。
また各種保証やサポートも充実してきているので大事に使えば5年程度はスマホの寿命を伸ばすことができると言われています。

スマホの寿命を延ばす方法

ここからはスマホの寿命を伸ばすための根本的な方法についてまとめてみました。
今使っているスマホの寿命を伸ばしたいと思っている人、またスマホを長く大切に愛用していきたいと考えている人はチェックしてみてください。
ちょっとしたポイントをおさえるだけで思っている以上にスマホは長持ちするものですよ。

ちゃんとしたスマホケースを使う

スマホケースをしているスマホ
スマホの寿命を延ばす1つ目の方法は、しっかりしたスマホケースを使うということです。
最近では本当に色々な種類のスマホケースが販売されていますね。
中には安さだけを重視して「とりあえず覆う(被せる)だけ」のスマホケース選ぶ人もいますが、スマホの寿命を長持ちさせたいならケース選びは大切です。
そこまで頑丈さを重視する必要はないのですが、ある程度「衝撃を吸収してくれるクッション性」などの面を意識して選ぶと良いでしょう。
とは言っても今ではオシャレ系のスマホケースも最低限の衝撃吸収性は備えていることが多いので、安さだけで選ばないということを意識すれば良いでしょうか。
ある程度衝撃を吸収することができれば、中に基盤に衝撃を与えるケースも減るのでスマホの寿命を3年~5年程度持たせるためには大切なポイントと言えるでしょう。

バッテリーの負担を減らす

スマホバッテリー負担がかかる充電画像
色々なところで言われていますが、充電が完了した後もずっと充電器に繋ぎっぱなしにする過充電はバッテリーに負担がかかり消耗を早めてしまいます。
また動画をずっと視聴したり、ゲームやアプリをずっとプレイするために充電器に繋ぎっぱなしでスマホを使っている人もいますが、物凄くバッテリーに負担がかかります。
バッテリーへの負担だけではなく発熱からスマホ本体への負担も掛かってしまいうので、スマホの寿命を3年以上持たせたいならば、充電しながらのスマホ操作はできる限り控えたほうが良いでしょう。

バッテリーを交換対応

バッテリー(電池)が寿命だとスマホも寿命だと思っている人はかなり多いです。
意外にも知らない人が多いのがバッテリーは交換対応できるということ。

以前は電池パック無料サービスなどがあり自分で交換したりもできましたが、今では機種によっては自分で交換ができないものも増えてきました。
とは言ってもバッテリーが交換できないわけではなく、交換(修理)と言った形で対応してもらえるのです。
もし今使っている端末を3年や5年など長く使いたいと考えているなら、今使っているキャリアで交換できないか調べて下さい。

スマホの適切な買い替え時期は?

スマホを買い替えた画像
スマホの寿命を伸ばすための方法について解説してきましたが、ここからは逆にスマホの適切な買い替え時期について解説していきたいと思います。
大事に使ったスマホはいつ頃に買い換えるのが適切なのか、気になる人はチェックしてみてください。

使いたいアプリが使えない

いくら端末自体が問題なく使えるとしても、そもそもの性能が最新のアプリに追いついて無ければ使うことはできません。

最近では必要条件を満たしていないとインストールすらできないアプリも出てきているので、使いたいアプリが使えないという場合には新しい端末への買い替え時と言えるでしょう。
3年ぐらいは問題ないと思いますが、5年ぐらい使っているとそういったケースも出てくるので、その場合には「今までよく頑張ってくれた」と端末へ感謝の気持ちを込めながら機種変更をするのが良いでしょう。

操作が重く不具合が出てきた

また各種操作が重く(遅く)感じたり急に電源が落ちてしまうような不具合が出てきたらスマホの買い替え時期と言えるでしょう。

もちろん修理対応して使うことも可能ですが、修理対応をして貰う場合もケースによっては金額が発生することになります。
もし分割支払金の支払いが完了し、修理対応にお金が発生してくるようであれば買い替えを検討するのも良いのではないでしょうか。
先に挙げたように長く使っていると各種アプリが対応しないなんてケースも出てくるので、24ヶ月以上使い修理にお金が発生するなんて場合は適切な買い替え時期と言えますね。

大事に使えばスマホは3年以上は問題なく使える

スマホ大切にしている女性
色々と解説してきましたが、まとめると大事に使えばスマホは3年以上問題なく使えるということです。
多くの人が気にしている電池持ちもバッテリー交換で対応することができますので、そう考えれば最新のスマホゲームをバリバリプレイしたいと言う人以外は大事に使えば3年~5年ぐらいは問題なく使うことができます。

何度も買い換えるのは面倒だし、電話やメール、LINEがほとんどだから特に性能も気にしないので今の機種を長く使い続けたいという人は落下や水没による故障に気をつければ問題なく使い続けることができるでしょう。

落下した直後や(防水だとしても)水没した直後に症状が出なくても、徐々に症状が出たり少しずつ悪化していくケースもあるので落下や水没には十分に気を付けてくださいね。
今は短期間でスマホを機種変更する人も増えてきていますが、長く使いたい人は無理に買い換える必要は無いのです。
大切に使えば大切に使った分だけ長く愛用し続けることができます。

ドコモではな、ひとつの端末を長く愛用してもらいたいめのプランや、バッテリー持ちにこだわったスマホも発売されています。

格安シム乗り換えや、バッテリー持ちで悩んでいる方はドコモのスマホを検討してみてはどうでしょうか。

こちらの記事を読んでいる方はこちらも読んでいます

ドコモの電池が長持ちするスマホ知りたい方は
docomo(ドコモ)電池(バッテリー)が長持ちするスマホ2018年最新情報

docomowith(ドコモウィズ)で毎月の支払を安く、電池持ちが高い機種をが知りたい方は
docomowith(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング【2018年版】

スマホ・iphone機種変更おすすめはオンラインショップ

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone・スマホを機種変更はどこでしていますか。

時間もお金も節約・無駄にしないでできるのは各キャリアのオンラインショップです。

オンラインショップだとどんな節約・無駄がないのかというと

オンラインショップ時間的なメリット

・日本全国24時間いつでも購入できる
・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

①オンラインショップ経済的なメリット

・頭金が0円無料
・つけたくないオプション加入無し

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金オプション有り画像
頭金が無しだと思ったら、変わりにオプションに加入しないといけない。
オプション加入しないなら頭金を払わないといけなかったりそれを拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金は無し、オプションは自分で選ぶことができるので何も選ばないこともできます。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

②日本全国送料0円

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

③お届け場所も選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

④料金プラン・不明点も相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,
自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップではなくオンラインショップでも相談できます。

各キャリアオンラインショップでは、チャット相談で質問をすることができます。
だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。

なので、iPhone SE2が発売されて機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

 

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ドコモオンラインショップで機種変更はおとく?メリットとデメリットは?

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は

auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
au機種変更はオンラインショップが販売店を上回る驚異のメリット4選

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりおすすめなメリット6選