マイネオ333円キャンペーン
マイネオから月額333円の料金で契約できるプランのキャンペーンが開催されました。

6か月間は333円なんで確かに安いですよね!

マイネオの333円キャンペーン概要

料金プラン一覧表

auプラン(Aプラン)
基本データ容量 デュアルタイプ月額料金 キャンペーン価格
500mb 1,310円 333円
1GB 1,410円 433円
3GB 1,510円 533円
6GB 2,100円 1,213円
10GB 3,130円 2,153円
20GB 4,500円 3,613円
30GB 6,510円 5,533円

 

ドコモプラン(Dプラン)
基本データ容量 デュアルタイプ月額料金 キャンペーン価格
500mb 1,400円 333円
1GB 1,500円 433円
3GB 1,600円 533円
6GB 2,280円 1,213円
10GB 3,220円 2,153円
20GB 4,680円 3,613円
30GB 6,600円 5,533円

 

ソフトバンクプラン(Sプラン)
基本データ容量 デュアルタイプ月額料金 キャンペーン価格
500mb 1,750円 333円
1GB 1,950円 533円
3GB 2,630円 1,213円
6GB 3,570円 2,153円
10GB 5,030円 3,613円
20GB 6,950円 5,533円
30GB 6,600円 5,533円

mineoのデュアルタイプ(音声通話SIM)を新規で申し込むと、利用開始翌月から月額料金が6ヶ月間333円から利用できます。

「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」と併用するとさらに安くなります。

【キャンペーン期間】
2018年7月24日~2018年11月6日

【適用条件】
このキャンペーン適用条件かなり厳しく
キャンペーン期間中に
・mineo通信サービスのauプラン(Aプラン)をデュアルタイプで新たにお申し込みされた方。
・mineo通信サービスのドコモプラン(Dプラン)をデュアルタイプで新たにお申し込みされた方。
・mineo通信サービスのソフトバンクプラン(Sプラン)をデュアルタイプで新たにお申し込みされた方。

のみです。

つまり今mineoのシングルタイププランに申し込んでいて、「音声通話も欲しいな~、だからデュアルタイプにしよう」
という方のみ6か月間限定で333円プランでお得にできるため、今シングルタイププランで困ってい無い方がもし申し込んでしまうと反対に6か月後料金が高くつくためお得ではないです。

また、新規でmineoに申し込む方もこのキャンペーンを申し込むことができます。

新規の場合、マイネオの6か月限定333円プランは格安料金のためかなり魅力ではないでしょうか。
元々マイネオの魅力は毎月の携帯料金が安くなることです。

安いからには理由があります。メリットだけではなく、デメリットも紹介します。

マイネオのメリットは月額料金が安い!デメリットは?

マイネオの6か月限定333円プランをご覧になって今使っているキャリアメーカーから変えようと思ったり、新規で契約して後から失敗したと後悔しないためにもデメリットを知っておくことは大切なことです。

①MNPの場合利用期間で違約金が発生する

マイネオは2年縛りや最低利用期間設定なしの格安スマホと大々的にうたっているので信じている人は多いと思います。。
公式サイトの質問のQ&Aでも
マイネオキャンペーンデメリット①

ご利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)を申し受けております。
※ 13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。

とあります。

つまり、マイネオから他に移る場合違約金ではなく手数料がかかります。

マイネオはちょっと・・・ダメだから大手キャリアに戻そうと思ったら手数料がかかるので、軽い気持ちでマイネオにしてみようというのは
注意が必要です。

②有料オプションが多い

通信料がお得だから、オプションが多いの!?と驚くくらい数があります。
マイネオデメリットオプション

上記のオプションは有料なので、必要と判断した時に申し込めばいいのですがその都度毎月料金がかかるため新規で契約をする時に有料オプションの料金を確認しおくと後からオプション料金の高さに驚くことがないです。

③デザリングができない端末がある。

端末によってデザリングができない機種があります。

デザリングとは、iPhoneやスマホの通信機能を使ってノートパソコンや別のiPhoneにネットを接続させる方法です。

カフェや無料のwi‐Fiがとんでいない場合デザリングをすると使うことができるためデザリングを考えている方はマイネオをで動作確認をしているので確認して下さい。

⇒ドコモ動作確認端末一覧

⇒au動作確認端末一覧

④困った時のマイネオショップのサポートが不便

スマホやiPhoneが動かなくなった、壊れた時に自分で判断ができないと思ったらまずは、ドコモ・au・ソフトバンクの販売店に行って店員さんに見せて修理を頼むか機種変更するのか相談することができ、修理の場合は修理の手続きをすることができます。

当たり前のように思うことが、マイネオショップは修理を申し込むことができません

実店舗があり運営しているのですがマイネオの新規申し込みなどできることが限られていて、大手キャリアなら無料でできることが有料じゃないとできないオプションもあります。

まとめ

マイネオの6か月限定333円キャンペーンは料金だけを見ると確かに安いのですが、適用条件からみるとお得な人はごく一部ではないでしょうか。

マイネオの場合データ量が低い場合は、料金がお得なのですが増えるとかなり割高になってしまうのでキャンペーンを申し込む場合は注意が必要です。

困っていないなら、今回のキャンペーンは微妙な所というのが正直な感想です。

また、キャリアメーカーのドコモからも安い月額料金のdocomo withという料金プランがでています。
ドコモなら料金プランが安くても、マイネオのように困った時のショップのサポートが不便ではなくショップで修理をお願いすることや見てもらうことができます。

格安シムで有名なワイモバイルと比較したので料金で選びたい方はそちらも参考にしてドコモも候補に入れてみてはどうでしょうか。

ドコモとワイモバイルの徹底比較!docomo withとワイモバイルどっちがお得なのか