iPad mini
2019年3月のつい先日に新型iPad mini(iPad mini 5)が発表されました。
iPad miniモデルでは5代目のiPad miniで、前回モデルのiPad mini4は2015年9月に発表されたモデルなので、約4年ぶりの新モデルとなります。

今回は名称を、iPad mini5ではなくiPad miniでナンバリングを無くしました。
ココでは新型iPad miniと既存のiPad mini4と違いがわかりにくいためiPad mini5と呼びます。

この4年間、iPhoneでいうとiPhone6sからiPhoneXSへと変化しています。

たった4年間でもiphoneの技術は格段にアップしています。

4年間の間に2019年新型のiPad miniはどんな機能がバージョンアップしたのかやスペックや価格や発売日などを情報をまとめて紹介します。

iPad mini・iPad mini4スペック表・特徴

 

機種/項目 新型iPad mini5 iPad mini4
端末 iPadmini iPadmini4
カラー 3色 3色
ディスプレイ 7.9インチ 7.9インチ
カメラ 8MP 8MP
フロントカメラ 7MP 1.2MP
エンジン A12 Bionic A8チップ
容量 64GB・256GB 16GB・32GB・64GB・128GB
Apple Pencil ×
充電方法 Lightning Lightning

この表をご覧のように今回、フロントカメラやエンジンや容量など変わった点が多く見られます。

基本スペックでこの違いであるので、詳細を比較して見ていくとかなりの進化したポイントがあります。

カラー

【新型iPad mini5】
iPad mini 色バリエーション

【iPad mini4】
iPad mini4 色バリエーション

カラーはどちらもシルバー・ゴールド・スペースグレイと同じです。

しかし、バリエーションのスペースグレイが新型iPad miniはブラックに近い色、iPad mini4はグレーに近い色になっています。
iPad mini iPad mini4 スペースグレイ カラー比較

サイズ

iPad mini サイズ画像
サイズも新型iPad mini、iPad mini4ともに高さが203.2mm、幅が134.8mm、厚さが6.1mmとなっています。
つまり大きさには変化がありません

しかし重量に関しては
・Wifiモデルでは、新型iPad miniが300.5gで、iPad mini4が298.8g。

・セルラーモデル(シムカードを入れて通信が可能になるモデル)
新型iPad miniが308.2gで、iPad mini4が304g

Wifiモデルもセルラーモデルも新型iPad miniがiPad mini4より少し重くなっています。

ディスプレイ

iPad mini ディスプレイ
ディスプレイはiPad mini4ではなかった広色域ディスプレイ、True Toneディスプレイとなり、ディスプレイの機能が向上しました。

広色域ディスプレイになったことで、色の再現性が向上したので、色が綺麗になったり、鮮やかになりました。
またTrue Toneディスプレイはこれはセンサーによって周りの光を感知/分析して、液晶の色合いを変化させる機能です。
色々な環境下(例えば黄色っぽい電球の部屋だったり)で画面が見やすいように調整してくれる機能なので、便利な機能です。
解像度自体は新型iPad miniとiPad mini4では変化はありませんが、これらの機能が追加されたことによって、画面がより綺麗に見やすくなったといえます。

カメラ

iPad mini カメラ

写真撮影(背面カメラ)

機種/項目 新型iPad mini5 iPad mini4
メガピクセル 8MP 8MP
絞り値 f/2.4絞り値 f/2.4絞り値
ハイブリット
赤外線フィルター
パノラマ撮影 ×
Live Photos ×
HDR HDR 自動HDR

動画撮影(背面カメラ)

機種/項目 新型iPad mini5 iPad mini4
HDビデオ撮影 1080p 1080p(30fps)
スローモーション 120fps 120fps
手ぶれ補正
ズーム 最大3倍ビデオズーム 最大3倍ビデオズーム

インカメラ

機種/項目 新型iPad mini5 iPad mini4
メガピクセル 7MP 1.2MP
絞り値 f/2.2 f/2.2
HDビデオ撮影 1080p(30fps) 720p
Retina Flash ×
写真とLive Photosの広色域キャプチャ ×
HDR 自動HDR 自動HDR

カメラについてはそれぞれわかりやすく表にまとめました。

背面カメラはパノラマ撮影(広い範囲での写真撮影)とLive Photosが可能になりました。

Live Photosは写真撮影した前後1.5秒間の映像を動画としてくれる機能で、この機能は、あくまで短時間の動画から写真を切り取れる機能ですので、容量が通常の写真より消費するという点を除けば、速く動く物の撮影であったり、集合写真で写真の取り直しなどをしなくても住む機能なので、とても便利です。

カメラの機能で大きく変わったのは、インカメラ(前面カメラ)でまず100万画素数(メガピクセル)の数値が上がったことや広色域キャプチャも追加されたことで、インカメラでの写真、動画撮影がとても綺麗に撮れるようになりました。

また、Retina Flashが追加され、暗いところでのインカメラの撮影が可能になりました。

ストレージ

・新型iPad mini5:64GB・256GB
・iPad mini4:16GB・32GB・64GB・128GB

iPad miniをタブレットパソコンとして使うには、Word・Excel・PowerPointであったり、容量が必要なアプリケーションソフトを使うと思われるので大容量の256GBの登場はとても嬉しいのではないでしょうか。

しかしながら、使用用途に分けて、選択肢の幅があるという点では、iPad mini4の方が優位であると思います。

逆を言えば、選択肢の幅がない分、迷わないのが新型iPad miniの強みでもあります。

Apple Pencil

Apple Pencil(アップルペンシル)
新型iPad miniからはApple Pencilが使えるようになりました。

Apple PencilはiPad上で絵を描いたり、ノートがわりにメモができたり、スクリーンショットにメモを書き残すことができます。

コンピューターのように精密な絵が鉛筆で絵を描くように描くことができるのがこの製品の売りで、絵を描く人にオススメです。またノートのようにメモとして、スクリーンショットだったり、Eメールに書き込むことができるのであらゆる人が使って便利と感じると思います。

しかし、Apple Pencilは別売でオプションで追加して購入しなければいけないません、また10,800円(税別)といいお値段するので、あまり使う予定がない購入に迷うという人は買わなくても使うことはできるので、使ってみて必要だと思ったら後から購入してみてはどうでしょうか。

エンジン

iPad mini iPadmini4 エンジン比較
このエンジンとは簡単にいうとIntelのCoreであったり、CPU処理を行う、チップのことです。

iPhoneXに搭載されていたA11 BionicとiPhoneXSから搭載されたA12 Bionicを比較するとA12はA11より処理速度が最大9倍高速になり、CPUの消費電力は最大50%少なくなり、グラフィックス性能は最大50%高速となっています。

A11チップからA12チップに変更されただけでこのように変化しているので、iPad mini4のA8チップから新型iPad miniのA12チップからの性能の変化はとても大きいと思われます。

公式サイトにはiPad mini4より最大3倍高速とされていますが、処理速度に関しては、A11からA12への変更で最大9倍高速になっているので、最大3倍以上に高速になっていると考えられます。(A8チップとA12 チップは離れすぎていて情報があまり手に入りませんでした。)

発売日・予約日

Appleストアとドコモ・au・ソフトバンクで発売日・予約開始日が違うので注意して下さい。
★Appleストア
発売日:3月30日
配送予定日:3月30日~4月1日です

すでに発売始まっていて早い人で3月30日から配送予定になっています。

★ドコモ・ソフトバンク
予約日:3月20日10時から
発売日:3月30日(土曜)午前10時

★au
予約日:3月20日9時から
発売日:3月下旬

auも3月30日ではないかと予想されます。

価格

Appleストア

【64GB】
・Wi-Fi
:端末代金 45,800円

・Wi-Fi + Cellular
:端末代金 60,800

【256GB】
・Wi-Fi
:端末代金 54,800円

・Wi-Fi + Cellular
:端末代金 77,800円

どちらも税抜きの価格です。

AppleストアでiPad miniの価格をチェックする方は
Appleストアはこちら

ドコモ

【64GB】
・端末代金:66,096円
・月々サポート:46,656円
・実質負担額:19,440円
【256GB】
・端末代金:83,592円
・月々サポート:46,656円
・実質負担額:36,936円

機種変更・新規(追加)契約・他社からの乗り換え(MNP)全部同じ価格予定です。

ドコモのiPad mini価格確認する方は
ドコモオンラインショップはこちら

au

★auスマホとセットで契約

【64GB】
・端末代金:79,560円
・ぐっとiPadおトク割:16,200円
・NetfliXプランでタブレット割:5,400円
・毎月割:52,560円
・実質負担額:5,400円
【256GB】
・端末代金:96,840円
・ぐっとiPadおトク割:16,200円
・NetfliXプランでタブレット割:5,400円
・毎月割:52,560円
・実質負担額:22,680円

★iPad mini単体で契約

【64GB】
・端末代金:79,560円
・毎月割:74,040円
・実質負担額:5,520円
【256GB】
・端末代金:96,840円
・月々サポート:74,040円
・実質負担額:22,800円

auではiPad miniを購入しやすいように複数の料金プランがあります。
個人差があるため購入する時は、支払額をしっかり確認して下さい。

auのiPad mini価格確認する方は
auオンラインショップはこちら

ソフトバンク

★ソフトバンクスマホとセットで契約

【64GB】
・端末代金:65,520円
・iPad向け月月割:60,480円
・実質負担額:5,040円
【256GB】
・端末代金:83,520円
・iPad向け月月割:61,200円
・実質負担額:22,320円

★iPad mini単体でのご利用

【64GB】
・端末代金:65,520円
・iPad向け月月割:60,480円
・実質負担額:5,040円
【256GB】
・端末代金:83,520円
・iPad向け月月割:61,200円
・実質負担額:22,320円

ソフトバンクではiPad miniを購入しやすいように複数の料金プランがあります。
個人差があるため購入する時は、支払額をしっかり確認して下さい。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

iPad miniお得に購入するなら

オンラインショップ

スマートフォンを購入する時、ショップで長時間待ち時間を無駄に過ごしていませんか?

今は、待ち時間無く予約・購入する時代です。

待ち時間無く購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら

iPad miniの予約をしたら発売日からすぐに使いたいですよね!

ショップや量販店で予約すると1番最初に来店した人であれば早く新型iPad miniを手に入れられるかもしれませんが、4番目に来店した人は待ち時間が出てしまう可能性がありその間にネット予約のユーザーにどんどん順番を抜かされていきます。

つまり、ショップの予約とネットの予約はミックスされているので、登録した順にiPad miniの入荷連絡がいきます

なので、開始時間すぐにショップでiPad miniを予約をできたらいいのですが早くから並ばないといけないためオンラインショップでiPad mini予約するのがおすすめなのです。

待ち時間や、予約の早さだけでなく各キャリアオンラインショップには力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

①オンラインショップ経済的なメリット

・頭金が0円無料
・いらない勧誘営業を聞かなくて良い

画像のような写真を見たことがありませんか。

頭金が無しだと思ったら変わりに、お持ち帰り価格という名前を変えて頭金と同じ内容の手数料をとられるんです。

また、頭金とは別に事務手数料もとられるため頭金+事務手数料で合計5,000円~15,000円端末代金とは別にお金がかかるのです。

この頭金は拒否することもできません。

さらに不必要な回線やクレジットカードの勧誘営業もあって聞いてると疲れてしまいますよね。

それがオンラインショップなら頭金(お持ち帰り)は無し、不必要な営業を聞くこともないのです。

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

②日本全国送料0円

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

③お届け場所も選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

④料金プラン・不明点も相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,
自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップではなくオンラインショップでも相談できます。

各キャリアオンラインショップでは、チャット相談で質問をすることができます。
だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。

なので、iPad miniの機種変更の予約をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできるのと驚いてしまいますよ。

 

ドコモ
★ドコモオンラインショップでiPad mini予約する方は
ドコモオンラインショップはこちら

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
au機種変更はオンラインショップが販売店よりもメリット4選

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップでiPad miniをする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりメリット6選