iphoneやスマホの生活をもっとhappyにしたい人に! ドコモやauなど機種変更やお得情報などを紹介

Happy iphone

半額サポートプラス改悪?入らなくても大丈夫な理由と加入がおすすめな人

投稿日:

2019年9月13日からソフトバンクでは新料金プランがスタートします。

それに伴い、スマホの購入サポートだった半額サポートも終了し、新たに半額サポートプラスに変わります。

この半額サポートプラスが残念なことに改悪したと話題になっています。

実はこの半額サポート入らなくても大丈夫なんです!
もちろん、加入が

半額サポートと半額サポートプラスの違いはどのようなところでしょうか?

半額サポートプラスのサポート内容や半額サポートとの違いについて詳しくまとめました。

半額サポートプラスに入らなくても大丈夫な理由と加入がおすすめな人についても解説していきますので、ソフトバンクで今後機種変更を予定している人はぜひ参考にしてくださいね。

半額サポートプラスとは?

半額サポートプラスとは、端末を48回払いで購入し、月額390円のプログラム利用料を24か月支払うことで、機種変更してから25か月目で次の機種に買い替える場合に、端末をソフトバンクに返却すると48回払いの端末代金の残債金を免除してくれる端末購入サポートです。

例えば、総額96,000円のスマホを購入し、48回の分割払いにすると毎月の分割金は2,000円になります。

この2,000円の分割金の他にサポート利用料390円を24か月払い続けます。

そして、24回分の分割金の総額48,000円を支払った後の25か月目に新しい機種に買い替えると、25回目以降の分割金の総額、48,000円の支払いがなくなります。

25か月目で買い替えると端末の購入代金が最大半額になるということになります。

25か月より前に機種変更する場合

24回分の分割金の支払いとプログラム利用料の390円の支払いはしなければいけません。

ですので、24回分の分割金の支払いより前に別の機種に買い替えた場合は、24回目までの残りの分割金とプログラム利用料の支払いは買い替えた後も支払い続けるようになります。

例えば、18か月目で新しい機種に買い替えた場合は、19回分から24回分の6回分の残債12,000円とプログラム利用料の総額2,340円の支払いは必要ということです。

25か月目以降に機種変更する場合

25か月目以降に機種変更することもできます。

その場合は、プログラム利用料は24回分の支払いは終了しているので、残りの分割金の支払いだけとなり、機種変更した後の回数分は支払いが不要になります。

例えば、30か月目で機種を買い替えた場合は、それまでの25回分から29回分の分割金の支払いは毎月の請求で合算されて支払っています。

30回目以降の残債は支払いが不要になります。

半額サポートプラスの3つのポイント

半額サポートプラスのポイントは、

①毎月の負担を軽減できる
48回の分割にすることによって10万円を超えるような最新モデルを月々の少しの負担で購入することができます。

②25か月目以降に買い替えると残りの支払いが不要になる
25か月目で買い替えると最大半額で端末を購入したことになり、残りの分割金の支払いが免除されるので、新しい機種が欲しくなったら残債金を気にせずに買い替えることができます。

③他キャリアのユーザーも利用することができる
他社のドコモやauの回線を利用している人でも半額サポートプラスを利用することができます。

ソフトバンクのSIMフリー端末を他社のユーザーが購入する場合も半額サポートプラスの対象になります。

半額サポートと半額サポートプラスの違い

今までの半額サポートとサポート内容は似たように見えますが、半額サポートプラスは半額サポートとどう違うのでしょうか。

半額サポートと半額サポートプラスの違いを一覧にしました。

半額サポートプラス 半額サポート
月額料金  390円×24回 不要
対象機種 SoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレット スマホのみ
他キャリア回線利用ユーザー 利用可能 利用不可

 

月額料金

半額サポートは月額料金が不要で、対象の機種を48回払いの分割で購入すればサポートを受けることができました。
他キャリアユーザーは利用することができず、対象機種もスマホのみということでした。

しかし、半額サポートプラスはプログラム利用料が必要になってしまいました。

月額390円を24回分の総額9,360円の支払いが必要になりました。

もし、購入サポートで購入しても48回の分割が終わるまで新たに買い替えをしなかった場合は、プログラム利用料の分をPayPayなどで還元してくれるので、半額サポートプラスを利用しなかったら損をするということはありません。

対象機種

半額サポートの対象機種は指定したスマホだけでしたが、半額サポートプラスはケータイ、iPad、タブレットも対象になりました。

他キャリアユーザー

半額サポートプラスは他社の回線を利用しているユーザーもソフトバンクの端末を購入する際に対象になりました。

半額サポートプラスは必要ない!入らなくても大丈夫な理由

半額サポートとの違いを見てもらって分かる通り、半額サポートプラスは改悪してしまいました。

プログラム利用料390円を24回分支払わなくてはならないということで、実際は25か月目に買い替えをしても、端末代金は半額にならなくなりました。

プログラム利用料390円の24回分の総額、9,360円の支払い分が請求に上乗せされてしまっているので、毎月の利用料が半額サポートよりも値上がりしてしまいます。

例:96,000円の端末を25か月目で買い替える場合


例えば、96,000円の端末を25か月目で買い替えると支払ったのは48,000円です。
実際はプログラム利用料の9,360円が上乗せされ、57,360円の支払いをしたということになります。

この9,360円は、96,000円の端末なら約5回分の分割金に相当するので、24回の分割金と言いながら、30回分の分割金を支払ったことと同じということになります。

半額サポートプラスはわざわざ加入する必要のない、メリットのない購入サポートになってしまいました。

入らなくても大丈夫な理由について解説していきます。

分割支払いは1回線につき2台までなら同時に支払うことができる

ソフトバンクの分割支払いは、1回線につき2台まで同時に組むことが可能です。

ですので、もし買い替えた機種の分割支払いが終わらない状態で新しい機種に買い替えたい場合でも、2台までなら分割金の支払いをしながら2台目を分割で購入することが可能です。

そして、ソフトバンクに返却する必要もないので、端末はそのまま自分のものにしておくことができます。

今までは、月月割といった毎月の利用料に対しての割引きサービスがあったので、分割金の支払いの前に新しい機種に買い替えると分割金の負担が大きくなってしまっていたので、分割金の支払いが終わるまでは買い替えることを控える必要がありました。

これからは利用料と本体代金は分離する必要があるので、端末を買い替えても利用料には関係しません。

それに、長く利用することができるのなら、わざわざ半額サポートプラスを利用する必要がありません。

下取りプログラムを利用する

ソフトバンク 下取りプログラム
下取りプログラムを利用する方法もあります。

下取りプログラムは、新しい機種に買い替える時に今まで利用していた端末を下取りに出すと、機種、端末の状態などによって決められた金額分新しい機種の分割金に割引きしてくれるサービスです。

例えば、iPhone8は現在86,400円の機種代金ですが、この機種を下取りに出すと、33,360円です。

iPhone8を半額サポートプラスで購入した場合

1回目~24回目 プログラム利用料 支払い総額
半額サポートプラス 1,800×24回 390円×24回 52,560円

下取りプログラムで24回の分割にし、下取りに出した場合

1回目~24回目 プログラム利用料 支払い総額
下取りプログラム 3,600円 1,390円×24回 53,040円

半額サポートプラスで購入した場合、支払いの総額は52,560円ですが、下取りプログラムで購入しても53,040円ということで差は480円しかありませんでした。

他キャリアユーザーはメリットがない

今回の半額サポートでは他キャリアユーザーでも利用できるということですが、ソフトバンクを購入しても、端末のSIMロックを外せるのは101日以上経過しないと解除することができません

他キャリアの回線を利用していてわざわざソフトバンクの端末を101日待って使うメリットが何もありません。

返却時の査定で条件を満たさなかった場合は2万円の支払い

半額サポートプラスで25か月目に新しい機種に買い替えた時に、今まで使っていた端末は返却することになりますが、その時に端末の査定が行われます。

万が一、査定条件を満たさない端末だった場合は、追加で2万円の支払いが必要になってしまいます。

あんしん保証パックwith AppleCare Services、あんしん保証パックプラスまたはあんしん保証パックに加入していた場合は2,000円の支払いということでした。

査定の基準を満たさないケース

・電源が入らない
・初期化されていない
・ガラスが割れていたり、端末が破損している
・液晶の表示が不良、タッチパネルが動作しない
・筐体が変形
・改造している

などの場合は支払いが必要になってしまいます。

半額サポートプラスに加入した当初は2年後の端末がどういう状態かわかりませんよね。

もし、壊れてしまっては折角プログラム利用料を9,360円も払い、さらに2万円の支払いが必要になったら逆に損してしまう可能性が高くなります。

加入するのがおすすめな人の条件

あまりメリットのない半額サポートプラスですが、中には加入するのがおすすめな人もいます。

 

半額サポートプラス加入おすすめな人

・SIMロック解除をしなくても利用できるワイモバイル契約者

・1年ごとに端末を買い替える人

・必ず25か月目に端末を買い替える

・端末を壊さずに使える人

 

この4つの条件に当てはまる人は半額サポートプラスに加入してもメリットがあります。

SIMロックの解除をしなくても利用できるワイモバイル契約者

先ほども解説したように、半額サポートプラスは他社の回線を利用していてもソフトバンクの端末を購入する時も対象になります。

しかし、ドコモやau、格安スマホの各会社などの場合はソフトバンクの端末のSIMロックを解除しなくては回線を端末で利用することができません。

SIMロック解除をするには購入から101日以上日数を開けなくてはロックを解除することができないのです。

その点、同じソフトバンクのワイモバイルであれば、SIMロック解除が不要でソフトバンクの端末を利用することが可能です。

1年ごとに端末を買い替える

半額サポートプラスは、1年買い替えオプションを利用することも可能です。

1年買い替えオプションを利用すれば、13か月目~24か月目で新しい機種にか行けることも可能です。

その場合でもプログラム利用料は24回分支払いは必要ですが、支払い残回数が36回分を残して新しい機種に買い替えることができるので、本体代金の負担を減らすことができます。

常に1年くらいで最新モデルに買い替えたい人にはおすすめですよね。

必ず25か月目に買い替える

半額サポートプラスは解説してきたように、25か月目に新しい機種に買い替えると分割支払金が少なくてすみます。

25か月目以降に機種変更するとなると、24回分のプログラム利用料の分の上乗せ分も考えると端末代金の他にさらに支払ってしまうことになってしまいます。

例えば、iPhone8は86,400円の分割になります。

分割にすると1,800円の48回払いで、24回までの支払いで買い替えた場合は残債が43,200円です。

これに加えて、プログラム利用料分9,360円分も加算されているということは、途中の分割回数の時点で本来の分割支払い総額を超えてしまうのです。

iPhone8の86,400円場合は、42回目の支払いで分割支払い総額を超えてしまうことになります。

ですので、42回払い以降の分割支払いを行ってしまうと、逆に支払いが多くなってしまうということになります。

 

端末を壊さずに使うこと

半額サポートプラスの条件として、端末の返却が必要であることも解説してきました。

もし、端末に不具合がある場合や落としてしまって筐体やディスプレイ画面が傷ついてしまうと返却の時に追加で2万円の支払い、またはあんしん保証パックに加入していた場合は2,000円の支払いが必要になってしまいます。

プログラム利用料を支払ってさらに追加の支払いも必要になると損しかありませんので、端末をキレイに壊さずに利用できる人にしかおすすめできません。

半額サポートプラスについてのまとめ

半額サポートプラスについて解説してきました。

残念ながら半額サポートプラスは半額サポートに比べて複雑で改悪してしまいました。

わかりやすくポイントをまとめます。

半額サポートポイント

・半額サポートプラスはプログラム利用料月額390円を24回支払いが必要

・25か月目で新しい端末に買い替えると残りの分割支払い金の支払いは不要

・他キャリアの回線を利用しているユーザーでもソフトバンクの端末を購入するときに加入することができる

以上が半額サポートのポイントです。

解説してきたように、プログラム利用料が発生してしまっていることにより、25か月目以降早いタイミングで新しい端末に買い替えないとサポートされる分割金が少なくなっていき、最終的に本体支払い総額よりも支払い総額が多くなってしまう事態になってしまいます。

25か月目を過ぎてしばらくたっても端末を買い替えないのなら、48回の分割を支払ってしまって、PayPayなどにプログラム利用料を還元してもらい、次の端末は下取りプログラムを利用して買い替えた方が得になります。

1年などの短い間隔で常に端末を買い替える人やワイモバイルユーザーが端末だけ最新モデルをソフトバンクから購入する場合などは半額サポートプラスの利用がおすすめです。

これから新しい機種に買い替えるを検討している人は、半額サポートプラスに入らなくても大丈夫ですよ。

最後に半額サポートよりもお得に機種変更ができる!?

機種変更方法をお伝えします。

機種変更・スマホの購入お得なのはソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクのiPhoneやスマホの機種変更はどこでしても同じと思っていませんか?

実は違います。

お得なのは、ソフトバンクオンラインショップです。

ソフトバンクのiphone機種変更ができる所は、いろいろあるためどこがいいの調べました。
スマホ機種変更はショップ・家電量販店どこで買うのが良い?

ソフトバンクオンラインショップはソフトバンクの直営店です。

直営店なら利益追求がないため頭金が無料です。

頭金といえば、ソフトバンクショップや家電量販店で店舗によって3,000円~10,000円かかります。

それがソフトバンクオンラインショップなら無料ですることができます。

だから、少しでも安く機種変更をしたい方はソフトバンクのオンラインショップで機種変更するのがおすすめです。

経済的なメリットだけでなくソフトバンクのオンラインショップなら他にも4つのメリットがあります。

①オンラインショップ時間的なメリット


・日本全国24時間いつでも購入できる

・待ち時間がない

キャリアショップで機種変更をすると、待ち時間が長いですよね。ヒドイとせっかくのお休みが1日ショップにいて潰れることになります。
また、キャリアショップなら営業時間が決まっています。それもオンラインショップならないので24時間好きな時間に機種変更することができます。

②日本全国送料0円


オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

③お届け場所が選べる

受け取りもソフトバンクショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はドコモショップにお届けにして相談したり、実機を見ながら教えてもらうことができます。

④料金プラン・不明点も相談できる


実店舗のソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。
・料金プランがよくわからない
・オンラインショップの進め方がわからない

など、半額サポートプラスについてももちろん聞くことができます。

そんな困った時もショップではなくオンラインショップでも相談できます。

ソフトバンクオンラインショップでは、チャット相談で質問をすることができます。

だから、オンラインショップで機種変更しても問題なくできるます。

一度でも使て見ると、ショップや量販店に戻れないくらい簡単に機種変更ができたと評判です
ソフトバンクオンラインショップで機種変更・購入をする方は
ソフトバンクオンラインショップはこちら
★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリット知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインがおすすめなメリット

-ソフトバンク(softbank)
-,

Copyright© Happy iphone , 2019 All Rights Reserved.