Galaxy S10 S9
サムスンからGalaxySシリーズの新機種Galaxy S10が発表されました。Galaxyファンの方は多いので、毎回新商品の発表を楽しみにしている人もいると思います。

サムスンから海外ですでに発売されているGalaxy S10シリーズは3種類あります。
・Galaxy S10
・Galaxy S10+(プラス)
・Galaxy S10e

この中で日本で発売されるのが一番濃厚といわれているのが、Galaxy S10です。

気になることといえば、Galaxy S9からの進化した違い、価格、日本での発売日ではないでしょうか。

ココでは気になるGalaxy S10の情報をGalaxy Sシリーズを初めて買おうと思っている方にもわかりやすくお伝えします。

Galaxy S10とS9スペック(機能)比較表

Galaxy S10 Galaxy S9
ディスプレイ 6.1インチ
有機EL
5.8インチ
有機EL
高さ 149.9mm 148mm
70.4mm 69mm
厚さ 7.8mm 8.5mm
重さ 157g 161g
カメラ 望遠 12MP
広角 12MP
超広角 16MP
シングルレンズ
12MP
10MP 8MP
バッテリー 3,400mAh 3,000mAh
認証方式 ディスプレイ内蔵
超音波式指紋認証
バックパネル内蔵
静電式指紋認証
RAM 8GB 4GB
ストレージ容量 128GB/512GB 64GB
カラー プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムグリーン
プリズムブルー
チタニウムグレー
ミッドナイトブラック
ライラックパープル

サイズ

Galaxy S10
149.9×70.4×7.8mm
Galaxy S9
148×69×8.5mm

「GalaxyS9」より「GalaxyS10」の方が、ディスプレイが0.3インチ大きくなったのにも関わらず、本体のサイズはあまり変わらないのは不思議ではないでしょうか。
GalaxyS9 GalaxyS10 サイズ比較
ベゼルという縁が、より狭くなったのでサイズをあまり変えずディスプレイサイズを大きくすることができたからなんです。
ベゼルとは画像の赤四角の所です。

ベゼルがほとんど無いので、前面カメラはディスプレイの中に入っている感じになりました。

ディスプレイ

GalaxyS10 ディスプレイ
「GalaxyS10」は最新のダイナミック有機ELパネルを搭載されているので、リアルな画質や色合いで映し出されます。さらに、ブルーライトを42%軽減しているので目に優しいディスプレイになっています。

スマホやタブレット、PCなどディスプレイを見る時間が長くなっている時代なのでブルーライトを軽減してくれるのは嬉しいですよね。

指紋認証機能

>GalaxyS9 指紋認証
GalaxyS9は一般的な静電式指紋認証が背面側に搭載されていましたが、GalaxyS10は超音波式指紋認証がディスプレイに内蔵されました。

超音波式は静電式と比べて認証速度が速いようです。ディスプレイに内蔵されているので、机においたままの操作でも指紋認証ができるのは便利ですよね。
ちなみに、「GalaxyS9」では指紋認証と虹彩認証が搭載されていましたが、「GalaxyS10」では顔認証と指紋認証になりました。

バッテリー

Galaxy S10
3,400mAh
Galaxy S9
3,000mAh

バッテリー容量の差は400mAhです。バッテリー容量が増えたことよりも、今回は「ワイヤレスパワーシェア」という機能が搭載されたことに注目です。これは逆充電できる機能で、ワイヤレスでGalaxy S10からワイヤレス充電対応の機器に充電できます。

Galaxy Buds
今回同時に発表されたワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」にも充電ができるので、外出先でワイヤレスイヤホンの充電がなくなった場合にも充電できて便利ですよね。

RAM

Galaxy S10
8GB
Galaxy S9
4GB

RAMはGalaxy S9と比べるとGalaxy S10は2倍になりました。RAMは作業領域の部分なので、容量が大きいほど同時にいくつかの動作をしても動きが遅くなりにくいのです。Galaxyはどの機種と比べてもRAMが大きいと思っていましたが、今回は8GBとはより一層サクサク動いてくれます。

ストレージ

Galaxy S10
128GB
512GB
Galaxy S9
64GB

Galaxy S9では64GBでしたが、Galaxy S10は128GBと512GBとかなり大きい保存容量になりました。

さらに、最大512GBのmicroSDを挿入することが可能なので、空き容量に困ることなく使えます。

2018年発売されたiphoneの中で一番少ないストレージ容量のiPhoneXRでも、64GB・128GB・256GBです。

64GBで足りている方もいらっしゃいますが、128GBが最低でも欲しいというニーズが多くなっているというのがわかります。

Galaxy S10もそんな今のニーズに合わせて容量が大きくなったのではないでしょうか。

カラー

★Galaxy S10
Galaxy S10カラーバリエーション
・プリズムホワイト
・プリズムブラック
・プリズムグリーン
・プリズムブルー

★Galaxy S9
Galaxy S9カラーバリエーション
・チタニウムグレー
・ミッドナイトブラック
・ライラックパープル

Galaxy S10とGalaxy S9 ブラック以外はカラーバリエーションが被ってないのが特徴です。
新しいシリーズになると同じような色が多いのですが、Galaxy S10とGalaxy S9では色が違うので自分が好きなカラーからS10とS9どちらを買うかを選ぶこともありではないでしょうか。

 

価格・発売日は?

Galaxy S10

Galaxy S10のまだ、価格などの発表はされていません。

発売されるのは、過去のGalaxy S9やGalaxy Noteからドコモ・auになるのではないかと予想されます。

価格と発売日は公式発表されしだいこちらでお知らせします。

Galaxy S9

ドコモ

ドコモのGalaxy S9はGalaxy S9 SC-02Kという品番です。

【機種変更・新規(追加)契約】
・端末代金:99,792円
・月々サポート:84,240円
・実質負担額15,552円
【他社からの乗り換え(MNP)】
・端末代金:99,792円
・端末購入サポート:84,240円
・3月1日から実質負担額15,552円

ドコモでは、手軽にスマホを持つために割引キャンペーンをしています。

キャンペーンのプランによって価格に個人差があるため、購入する時にしっかり確認して下さい。

ドコモのGalaxy S9価格など確認する方は
ドコモのGalaxy S9詳細はこちら

au

auではGalaxy S9 SCV38という品番です。

・端末代金:95,040円
・毎月割:39,744円
・実質負担額:55,296円

機種変更・新規(追加)契約・他社からの乗り換え(MNP)全部同じ価格です。

auでもスマホを手軽に持つことができるように、スマートパス加入などの割引きプランがあります。
入るプランによって、実質負担額が変わるため購入する時は支払額を確認してから購入をして下さい。

auのGalaxy S9価格など確認する方は
auオンラインショップはこちら

まとめ

Galaxy S10とGalaxy S9を比較しましたが、新たな機能が追加されていたり、機能が進化していることが分かったと思います。日本での発売時期などは、まだ未定ですが、店頭にデモ機があったら触ってみたい機種ですよね。

個人的には、Galaxy S10ではディスプレイ内蔵の超音波式指紋認証が気になっています、ディスプレイを触っただけで指紋認証してくれるのかを試してみたいですね。

Galaxy S10・9お得に機種変更しよう!

iPhone XR iPhone 8お得に機種変更している女性
最後にGalaxy S10・9の機種変更で失敗しない!

おすすめ機種変更の方法を紹介します。

機種変更をする時、並んだりショップで待ち時間で時間を無駄に過ごしていませんか?

今は、待ち時間無く購入する時代です。

待ち時間無く購入できるのは各キャリアのオンラインショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップはこちら

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップはこちら

待ち時間やだけでなく各キャリアオンラインショップには力を入れているため経済的にお得だったりメリットが多いです。

私も機種変更はお得にしたいと思っているため
スマホ・iphone・携帯電話機種変更は直営店と家電量販店どこでするべきなのか調査しました
【知らないと損】スマホ機種変更はショップと家電量販店どこで買うのがいいのか

①オンラインショップ経済的なメリット

・頭金が無料

画像のような写真を見たことがありませんか。
頭金 お持ち帰り 手数料
頭金が無しだと思ったら変わりに、お持ち帰り価格という名前を変えて頭金と同じ内容の手数料をとられるんです。

この頭金は拒否することもできない理不尽な契約になっています。

それがオンラインショップなら頭金を支払わないで浮いたお金でGalaxy S9のケースや保護シールを買っても良いのです!

なので、時間的・経済的メリットは両方とも高いです。

②日本全国送料0円

オンラインショップで購入すると送料がかかるという問題も各キャリアショップとも機種変更の場合無料でできます。
メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて良いのではないでしょうか。

③お届け場所も選べる

受け取りもキャリアショップ・自宅と選ぶことができます。
なので新しいiPhoneやスマホを買ったけどデータを移動できないや操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにすることができます。

④料金プラン・不明点も相談できる

実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,
自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップではなくオンラインショップでも相談できます。

各キャリアオンラインショップでは、チャット相談で質問をすることができます。
だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。

なので、機種変更をオンラインショップでやってみるとあっけなく簡単にできると驚いてしまいますよ。

ドコモ
★ドコモオンラインショップでGalaxy S10・9機種変更する方は
ドコモオンラインショップはこちら

★ドコモオンラインショップのメリットやデメリットもっと知りたい方は
ドコモオンラインショップと店頭での機種変更を比較!

au
★auオンラインショップでGalaxy S10・9機種変更する方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
auで機種変更はオンランインショップがショップがお得な理由とは