auからビックなニュース。

そんな事で2017年7月auから2つの新しい料金プランが発表されました。

・auピタットプラン
・auフラットプラン

確かに安い。うん安いですよ。

auプタットプランに関しては

1GBなら1980円から使えるとまでいってますからね。

これなら確かに格安SIMとも戦えます。

ただ、ちょっと待ってください。

2017年に発表された新料金プランは確かに安いのですが

意外と複雑です。

今までスマホを買うと大体は利用していた毎月割がなくなったり、

機種変更・新規のiPhoneで使おうとすると使えないなど

色々と制約があるようです。ただその抜け道みたいのもあるようで、、、。

まぁ、そんなんでauの新料金プランをご案内して行きましょう。

auの新料金プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」

まずはauの新しい2つの料金プランを見てみましょう。

auフラットプラン

auフラットプランのベースは

月々4500円となってます。

通話は5分以内ならいくらかけても無料
(5分後は30秒/20円)

通話は別プランも使えますので、後程ご案内します。

データ量は20GBです。これを30GBに変更すると7500円となります。

かなり安くなりましたね。

ただ、実際に月に20GBや30GBを使うハード利用者はそれほどいないでしょう。

ですので多くの人は次に紹介する料金プランを選ぶと思われます。

auピタットプラン

こちらは使ったら使った分を払うスライド方式です。

ですので

「今月まだまだパケット余ってるよ」

「今月使いすぎちゃった。追加しないといけないなぁ。
 だけど追加だと割高なんだよなぁ、、、」

そんな心配がなくなります。

20GB使うならauフラットプランの方が安いですが多くの人はそこまで必要なく

このauピタットプランで間に合うと思います。

またこちらのプランも標準は通話料は5分までなら無料です。
(5分を越えると30秒/20円)

通話料なんですがauフラットプランもauピタットプランも

3つから選ぶ事ができます。それにより料金が変動します。

1、スーパーカケホ 5分以内の通話なら無料。5分すぎからは20円/30秒
2、カケホ     24時間完全無料
3、シンプル    20円/30秒

実はシンプルプランを選べばもっと安くなるんですよ。

スーパーカケホをベースに考えると料金のプラスマイナスはこんな感じです。

カケホ  +1000円
シンプル - 500円

ですので、全く通話を使わない自信がある人はシンプルプランを選べば

500円安くなります。LINEやアプリ電話ですませている人などは

シンプルプランでも十分ではないでしょうか?

そうすれば格安SIMよりも安くなってくるんじゃないですか?

auの新料金プランの注意点

そんなauの新料金ですが実は3つほど注意点があります

1つ目はauピタットプランだと通信料1GB以下だと

1980円で使えるように宣伝してますがこれは一番安い時です。

下に小さく注意書きがあります。

「au ピタットプラン(スーパーカケホ)+誰でも割」までは

まぁ、いいでしょう。

ただau スマートバリューとビッグニュースキャンペーン適応時って

それも入る前提になってますね。

ビックニュースキャンペーンはまぁいいです。こちらについては後程ご説明します。

auスマートバリューとはauでインターネットを使ってたり

他の回線も契約している状態をいいます。

ただauスマートバリューは入ってない人、入らない人の方が多いと思いますよ。

auスマートバリューに入ってないと

2GB以内だと+500円

3GB以上だと+1000円

となってしまいます。

そしてビックニュースキャンペーンについてです。

ビックニュースキャンペーンとは

2017年7月14日から2017年12月31日までの期間中に

新規契約・機種変更 時に「auピタットプラン」もしくは

「auフラットプラン」にご加入いただくと

12カ月間、ご利用料金を1,000円割引します。

これにより、「auピタットプラン (スーパーカケホ)」および

「auピタットプラン (シンプル)」を1,980円からの

おトクな料金でご利用いただけます。

新しい料金プランが始まった事にたいしてのキャンペーンですね。

2017年中に機種変更して新料金プランを利用すると

1000円割引というもの。

ただ、これも上手くこの半年以内に解約月があればいいですが

なければ使い物になりません。

もしくは他社から乗換え(MNP)で使うとしても

MNPには約15000円ほどかかるのでMNPするにしても

解約月じゃないと厳しそうですね。

ビックニュースキャンペーンを使えないとなると

更にプラス1000円なってしまいます。

この2つのキャンペーンを使えないと

一番安い「auピタットプラン (スーパーカケホ)」でも

3480円になってしまいます。

この2つのキャンペーンが上手く使えるかがポイントですね。

2つ目はiPhoneについてです。

auにて現在iPhoneを使っている人は契約変更で

新料金プランを使う事ができますが

新規・機種変更でこのタイミングからiPhoneの利用は

キャンペーンの対象外になってしまいます。

となるとアイフォンだとビックニュースキャンペーンが

絶対に使えないと言う事ですね。

契約変更でも確かに今の料金プランよりは安くなるでしょう。

ただ、アイフォンだと新規・機種変更で使えないのは残念ですね、、、。

そして3つ目がかなり重要です。

今までスマホを購入する際にほとんどの人が使っていた

毎月割。これと併用できません。

しかしアップグレードプログラムEXというのがあり、最大スマホ代が半額になるとか、、、。

非常にややっこしいので次で詳しく説明しましょう。

毎月割とアップグレードプログラムEXについて

まずは毎月割とは何かから確認しましょう。

新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種ご購入と

同時に指定のデータ (パケット) 定額サービスにご加入いただくと

ご利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引致します

元々スマホや携帯は非常に高額です。ですのでその端末を使っている限り

24ヶ月に渡り月々の料金から割引いてあげよう、というのが毎月割です。

これがなんと使えなくなってしまうんです。

今はスマホはかなり高額です。毎月割がないなら約10万円近くするものを

負担するの?とてもじゃないけど買えないよ!

と思う人もおおいでしょう。

そこで今回からアップグレードプログラムEXというのがはじまりました。

これがまた非常に分かりづらいです。

まずは今までの考え方を全部捨てる必要があります。

スマホは24ヶ月分割というイメージをやめてください。

この新サービスを使うときはスマホを48ヶ月分割すると思って下さい。

そしてアップグレードプログラムEXというサービスに加入します。

アップグレードプログラムEXは月々390円です。

こちらに加入すると25ヶ月目以降は残っているスマホの残債はなしで

機種変更できます。

ですので実質スマホ代金は半額負担ですむというサービスです。

また使っていた端末と交換となりますのでご注意ください

auピタットプランをおとくに使うには

スマホ代金が実質は半額負担ですみ、月々もかなり安くなるなら

auピタットプランに変更しようと思う人が大半でしょう。

なんだかんだいっても多くの人は今より月々の料金は安くなると思います。

また今のスマホを24ヶ月以上使っているなら是非、このタイミングで

機種変更をしたらどうでしょうか?

ビックニュースキャンペーンを使えば毎月1000円合計12000円ほどおとくなんで

是非、機種変更した方がいいでしょう。

また機種変更するならauオンラインショップがおすすめです。

auオンラインショップはこちら

auオンラインショップ

auオンラインショップとはauが直営しているオンラインショップです。

直営なんで在庫が豊富だし、24時間インターネットから申し込みができます。

またauショップや家電量販店だとかかる頭金が0円です。

不要なオプション加入もないですし、余計なアクセサリーの売込みもありません。

もちろん送料も無料ですよ!

「電話帳の移行が不安」

「初期設定が分らない」

「操作の案内がしてほしい」

なんて思う人も多いでしょう。

そんな人へおすすめなのがauショップ受取りです。

auショップ受取りなら店舗で購入したのと同じように案内して貰えます。

自宅で受取り店舗に持っていってもやってもらえますけどね。

ただ、不安ならauショップ受取りを選べばいいでしょう。

機種変更するならauオンラインショップがおすすめです。

auオンラインショップはこちら



まとめ

はっきりいって今回の新料金は安くはなるのでしょうが

ややっこしいです。

機種変更などしないにしても1度オンラインショップでよく確認する事をおすすめします。

auのオンラインショップではオペーレータチャットをやってくれてます。

こちらで一度相談するのもいいでしょう。

ただ時間帯によっては、混雑して出てこなかったり終了してる事もあります。

HPにこのバナーが出てれば対応してくれます。

auショップに行って長い時間待つ必要がないのでおすすめです。

auオンラインショップはこちら

auオンラインショップ

現在のスマホの残債や利用方法によってもかなり違うので

一度相談した方がいいと思います。

是非、オペレータチャット使ってみて下さいね。