ワイモバイルを使っている方にとって、

気になるのが3年目になったら価格がどうなるのかという事です。

大手キャリアから、格安SIM並みの料金でスマホを利用できるワイモバイルにのりかえる方も多いと思います。

それでもワイモバイルは1年目と2年目は、

他の格安SIMと比べても屈指の低価格というのは事実です。

問題は大きな割引がなくなる3年目になったら、

大手キャリアと比べてお得度はどれほどなのかと言う事です。

もちろんキャリアによって料金プランは異なりますが、ドコモの料金プランをベースに考えてみましょう。

 

ワイモバイルからドコモにのりかえる理由

ワイモバイルからドコモにのりかえるという事を考える際には、いくつかの要素が関係してきます。

料金面でのメリットはどうなる?

まずは料金の面でのメリットがどう変化するのかという事です。

ご存知の通り、ワイモバイルは1年目は格安料金で利用できます。

しかし3年目になると、状況は少し変化し少しだけ料金負担が増加します。

それでも、大手キャリアの半分と言っても良いほどの料金になります。

ワイモバイルの3年目がどうなるかは下記記事でも解説しています。

 

ワイモバイルの3年目はこうなる。ドコモから機種変更して分かった事!

簡単に説明すると

ワイモバイルの1年目  1980円プラス税

ワイモバイルの2年目  2980円プラス税

ワイモバイルの3年目  2980円プラス税

あれ?3年目でも変わっていない、と感じられた方もおられるかもしれません。

実はワイモバイルでは3年目からスマホプラン割引がなくなる代わりに、

長期利用割引が適用されるので、2年目と同額の割引になるのです。

しかし注意したいのは、2年目までは月々のデータ容量が2倍になる「データ容量2倍オプション」が無料で利用という事です。

3年目からは、このオプションが無料ではなくなるので、継続してデータ容量を2倍にしたいときには、月額料金500円のオプション代がかかってしまいます。

このオプション代を追加した、3480円でワイモバイルを使う事ができるというわけです。

もしデータ容量が少なくても良いという場合であれば、

今までと変わらない2980円でスマホを利用し続けることができます。

料金面でもメリットは、やはりワイモバイルの方が強いのが分かります。

ドコモでも安いプランはあるのですが、それは後程検討していきましょう。

通話品質面ではどう?

ワイモバイルとドコモを比べた際に、比較されるかもしれない点が、通信速度などの品質です。

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線を利用しているので、品質自体は悪いわけではありません。

しかし実際の口コミなどを見ると、地下鉄や建物の中の場合には、電波が弱くなってしまう傾向はみられるようです。

そこはどうしてもドコモという大手キャリアの安定性があるようで、地下鉄や建物の中は、

ドコモの方が電波がつながりやすいという結果があります

ワイモバイルの料金の安さは魅力ですが、ドコモの安定性というものが、

ワイモバイルからドコモの戻ろうと感じさせる要因になるのも事実です。

ドコモで最安のプランはいくら?

では、実際にワイモバイルからドコモにのりかえる際に、どのくらいの費用になるのか、比べてみましょう。

ドコモでは、いくつかの料金プランがありますが、

ここでは安いという事をポイントに、docomo with対象機種を選んだ時を例にしてみます。

ドコモのdocomo withの料金プランイメージ

カケホーダイライト    1700円

SPモード          300円

データSパック(2GB)    3500円

docomo with        △1500円

合計           4000円

月額料金は、4000円になるので、実はそれほどワイモバイルの3年目とそれほど差が出てこなくなります。

ただしこれは端末料金を含んでいないという事がポイントにもなります。

それぞれの端末に合わせて、端末料金が毎月上乗せされます。

のりかえを検討するポイントは?

ワイモバイルからドコモにのりかえを検討するポイントとして、料金や通話品質などがあります。

料金の面では先ほど考えたように、

3年目以降の料金はdocomo withを利用しているのであれば、それほど差が出てきません。

しかしワイモバイルは10分以内の通話が無料なのに対して、

先ほどのカケホーダイライトの場合は、5分以内の通話が無料になるという違いがあります。

通話が多い方の場合であれば、ワイモバイルの10分以内の通話が無料というのは魅力です。

しかし通常の電話の場合であれば、5分以内に話が終わってしまう事が多いと感じる方もおられます。

それであれば、電話をする時には、しっかりとつながるドコモの電波の方が良い場合もあるでしょう。

 

もう一つのポイントに、先ほどの料金プランの場合には、最新機種を選べないという事があります

 

iphone 10やGlaxyなどの最新機種を選択したい時には、別の料金プランになります。

そうすると、端末代を除いて5500円からという料金プランになります。 もちろん最新の機種と、ミドルスペックのスマホで値段が異なるのはもちろんの事です。

それでワイモバイルからドコモにのりかえる際に、どの程度のスペックのスマホが必要なのか、考えてみても良さそうですね。

まとめ

場合によっては、3年目からワイモバイルのスマホ料金が高くなるので、

安定した通信ができるドコモにのりかえを検討する方もおられるかもしれません。

ドコモであればdocomo with対象機種などが、機種代金を抑えながら、満足できるスマホを使う事ができるのでオススメです。

ドコモにのりかえるのであれば、ドコモオンラインショップからの注文がオススメです。

先ほど紹介したdocomo with対象機種をいつでも比較することができますし、お得にのりかえすることだってできます。

通常の店舗でのりかえをすると、頭金として3000円から10000円が取られるのですが、ドコモオンラインショップならその頭金も必要ありません。

少しでもお得にのりかえをするために、下記のドコモオンラインショップからdocomo with機を比較してみてくださいね。

 
ドコモオンラインショップ