2017年のやぎ座流星群を見逃すと来年は厳しい?!やぎ座の人の性格についても解説

今年も夏休みまでもうカウントダウンしているお子さんも多い事と思いますが
夏といえば流星群、今回はやぎ座流星群についてをご紹介しちゃいます!
そして「やぎ座」とついているので、今回はやぎ座の人につていもちょぴっとご紹介。
普通の星座占いとは違う、オーラソーマシステムで見るやぎ座についてなので
いつもとは違った気持ちで読めると思いますよ!

<スポンサードリンク>




◆2017年のやぎ座流星群の見頃は?

夏の3大流星群ではないのですが、おすすめな流星群として「やぎ座流星群」が挙げられます。
やぎ座流星群は、1時間に約3つほどと少ないのですが
他の流星群に比べると、流れる速度がゆるやかなことから観測しやすく
しかも流れている途中で火球が爆発する可能性があるので
そうなると「ピカ!」とふつうとは違った光を感じられることからも、見ておきたい流星群ですね。

実は来年2018年は満月とかぶるため、流星群の観測には向かないんです。
そうなると今年を逃すわけにはいきませんね!

さて、そのやぎ座流星群はいつごろが見頃か?というと
一番活発になる「7月31日」がベスト。曜日は月曜日。
大体お子さんたちは夏休み真っ盛り!といったところですね。

時間的にいうと、東京では月が沈んでからの23時39分以降から夜明けの太陽がのぼるまでの間が
見るタイミングといえます。
その日だけでなく前後の30日や8月1日も観測するのもいいかもしれません。

東京以外の人は、その土地の月の出入り時刻を調べるためには
「各地のこよみ」で検索するとわかりますよ!

ちなみに7月31日の北海道・関西・九州の月の入りは
札幌は23時20分
大阪は23時57分
福岡は23時45分
となっています。他の各地については

各地のこよみからどうぞ^^

◆やぎ座流星群を見るならどの方向がベストか

方角としては特にどこでも問題はありません。
ただし、夜空のあちこちで流れては消え・・・流れては消え・・・なので
マンションなどのベランダからの一方方向しか見られない場合にはちょっと損かもしれません。
キャンプなどにいって、夜空全体を見上げられるような状況だと非常に良いといえます。
流星群なのでやぎ座の形を見るということはないかもしませんが、やぎ座がどんなものか
あらかじめ調べておくといい自由研究のネタになりそうですよね!

夏休み時期ということもあるので、混雑するお盆を避けて先取り夏休みにして
そこでキャンプするなんていうのもとってもいいですね。

他流星群についてはこちらの記事でもどうぞ!↓

ペテルセウス座流星群2017年の見ごろ(ピーク)はいつ?方角はどっち?電波観測がおすすめ

<スポンサードリンク>




◆ちょっと余談?やぎ座の人ってどんな人?

さてやぎ座流星群に絡めて、やぎ座についてちょっと調べてみました。
私はオーラソーマというのを学んでいたのですが、そこではカラーと星座についても勉強します。

オーラソーマからみるやぎ座というのをちょっと紹介しますね。

やぎ座の誕生日:12月22日~1月19日
やぎ座のカラー:ロイヤルブルー
支配星:土星
活動宮:地

やぎ座の人は地に足をつけて進むことができる人、といえます。
そして直観力をもっているため、人の話す事について直感的な理解をできる人ともいえます。
正確としては誠実な人が多く、理性的に物事を考えていけます。
悪く言うと、自由さやクリエティブさよりも機械的になりがち、という側面も。

また、仕事をする場合んは、専門職に就いていたり、社会的に地位がある人も多くみられます。
やぎ座の人の「課題」としては、失敗や拒絶に対して心を乱されず
いかに受け止めて対処していくか、ということがキーワードとなってきます。

できるだけ穏やかなコミュニケーションを取ることが心の安定となってきますので
心許せる人との時間を大事にしたり、尊敬できるような父親のような存在(守ってくれて
なおかつ指導してくれるような人)がいると自分をより伸ばせるでしょう。

オーラソーマのボトルでいうと19番のボトルになります。
上がレッド、下がパープルの2層のカラーでできています。

※私の解釈も含まれていますので、必ずしもそう、ということではないのですが
カラーから読み解いていくとこのように見えます^^

もしやぎ座の人がいたら、このやぎ座流星群、自分の星座ですしちょっと気になりますよね。
是非、観測してみてくださいね!

◆まとめ

夏=夏休みのイメージ強いのですが、夏休み、星空をみた記憶というのは実はなくて・・・
もっと小さい頃は窓から流れ星を探したりもしましたが、だんだんと見なくなるものですね。
宇宙は好きだったんですけど、実際見るかどうかはまた別ですね。

また夜空も田舎の何もよけいな光がないところのほうがずっと綺麗ですよね。
実家はそういった田舎なので、ほかから泊まりにきた友達が
「夜空が綺麗!」と言っていたのですが、小さいころは実感がありませんでした。

でも大人になると都会じゃ星も見えないくらいで、ああ、本当に綺麗なんだなぁ・・・と
しんみり思ったものです。

今年のやぎ座流星群を逃すと来年は見ることが難しいと言われています。
是非、今年を逃さずに観測してみてくださいね!

<スポンサードリンク>




コメント