花火大会、かれこれ3年は見れていません・・・今年は見れるかな~と期待しています。
というのも、それまでは江戸川区の花火大会が家からよく見える場所に住んでいたのですが
引っ越してからは出かけなければ見られない場所にいるんですよね。
3年前、見たい!と言ったのですがみんな疲れていて行けず・・その翌々日には出産したのですが
おかげで育児もあって行けずにいます。子供も3歳になるのでそろそろ行けるかな!と期待してます。

ではそんな関東の花火大会の人気ランキングと、秋の気になる花火大会、
花火大会の穴場についてドンと紹介いたします!

<スポンサードリンク>




◆関東の2017年花火大会 人気のランキングは?

1★川崎市制記念 多摩川花火大会(神奈川県 8月19日 土曜日)


多摩川の夏の風物詩としても有名な川崎の多摩川花火大会は、やはり大人気。
二子橋下流河川敷には、なんと19万人もの人が集まるというのだからすごいですよね。
なので混雑を考えると、有料の協賛席を確保しておくと混雑に疲れずに見る事ができます。
ただお金はどうしてもかかってしまいますが、恋人との大事な思い出には
ひと肌脱いで奮発してみるのもいいですね!詳しい問い合わせは
川崎市観光プロモーション推進課(044-200-2329)か、川崎日和ホームページで確認ができます。

2★隅田川花火大会 (東京都 7月29日 土曜日)


歴史ある隅田川の花火大会は、なんと始まりが1733年!かなり古いですよね。
第一会場は桜橋下流から言問橋の上流にかけて
第二会場は駒形橋下流から厩橋上流にかけての計2万2千発!
ただ、やっぱり花火大会の時間にかけては地下鉄も混みます。
場合によっては地上に出るまでにも時間がかかることもあるでしょう。
なので、その日は早いうちから浅草観光などで楽しみながら待っているといいかもしれませんね!

3★西武園ゆうえんち花火大会 (埼玉県 8月5・6・11~13・19・20・26・27日予定)


西武園ゆうえんち内で見るのなら、ビアガーデンの有料指定席がやっぱり落ち着くとは思います。
ただ勿論、無料鑑賞エリアもありますし、シートを貼るのが可能な場所もあります。
でもどうせならゆっくり見たいですし、お子さんを連れて行くなら混雑は避けたいところ。
個人的にはのんびり見る方がずっと体も楽なので(笑)ビアガーデンがおすすめですね。
赤ちゃんの休憩所や授乳スペースも、ビアガーデンの有料指定席エリアにあります。

◆夏以降の秋の気になる花火大会は

・NARITA花火大会IN印旛沼(千葉県 10月14日予定)


なんと全国10位、千葉県内1位の人気を誇るこちらの花火大会は
まさにフィナーレは「ファンタジック!」というか、千葉県てディズニーといい、夢を見させてくれるんですね。
写真を見ただけでも「わぁ素敵!」と言えるほどに色鮮やかで、その派手さも見事です。
ただし時期的に寒いということから暖かい恰好は必須、そして有料席での観覧がいいとの声があります。
フィナーレ以外は期待よりはちょっと・・・という声もありますが
見てみたい花火大会のひとつです。

・土浦全国花火競技大会(茨城県 10月7日予定)


花火師たちが優勝をかけて技術を競う大会なのでその本気度たるや。
迫力ももちろん圧巻で、とっても人気なので混雑の面に関してはちょっと大変かもしれません。
土浦駅からもシャトルバスが出ているので、車が無い人も参加できますね。
ちなみに土浦イオンからも見えるようなので、夜に買い物行ってついでにちょっと眺めるのもいいかも。
本気の花火を見たいのならやっぱり近くまでいかないとですけどね。

・ふじさわ江ノ島花火大会(神奈川県 10月21日予定)


湘南、江ノ島の方面は夜道を歩いていても風情があっていいですよね。
花火大会をバックにデートもよさそうです。もちろん、しっかり花火を鑑賞するのもおすすめ。
ただやはり人気なので混雑します。どうせなら江ノ島で一泊したいですね。
季節的にもちょっと肌寒くなるので、防寒着を持っていくといいかも。

<スポンサードリンク>




◆関東の花火大会 気になる穴場は?

・スパークリングトワイライト(7月15・16日)


横浜でのデートをするなら赤レンガの倉庫群や大さん橋から見れるのでおすすめ!
混雑で疲れたくない、迷子が怖いならまさにこちら。ただ穴場として人気になっちゃうと
困っちゃうんですが。横浜はデートスポットでもありますし、わざわざ港町で
混雑にもまれるよりは赤レンガ倉庫群でしっとりデートを!

・古河花火大会(8月5日 荒天の場合翌日)


会場は茨城県ですが、埼玉県側で見るのがおすすめ!
大利根町方面の、渡良瀬川の土手が穴場スポットとなっています。
茨城までわざわざ行かなくても埼玉県で見られるので、さいたま住みの人は
混雑に疲れないためにも渡良瀬川のお近くでどうぞ!

・みさとサマーフェスティバル花火大会(8月19日)


埼玉県三郷市の花火大会は、千葉県の流山花火大会と同時開催なので
両方花火を見れるというところでは花火好きにはたまらないところ。
都内から離れているということからも混雑は少な目なので穴場です!
同時開催されている流山花火大会だと、常磐線に住んでいる人(柏とか我孫子)あたりは行き易いですよね。
都内からだと綾瀬などは割と行き来しやすい場所だと思います。
わざわざ混んでる都内の花火大会に行くよりはずっと楽だと思いますね。

◆まとめ

花火大会ってやっぱり綺麗ですよね。
その場所の雰囲気も楽しいですし、浴衣を着たりするのもやっぱりときめくものです。
今年の夏、是非花火大会の美しさに、心のエネルギーも満タンにしてみてくださいね!

私も今年は子供を連れて参加しようと思います^^

<スポンサードリンク>