ワイモバイルのPHSの今後とは?新規契約したい場合はどうする?

ガラケー時代に話題になったのがPHSです。

通話料が安いなどの特徴を生かして、PHSを活用していた方も多いと思います。

特に会社が支給していた電話がPHSだったり、通話専用のガラケーとしてPHSを活用しておられた方もおられるでしょう。

利用者は減っていたとはいえ、まだ利用者がいるワイモバイルのPHSは、2018年3月末を持って新規契約や機種変更が出来なくなります。

気になるこの情報をまとめてみましょう。

ワイモバイルのPHSは新規契約・機種変更が終了済み

ワイモバイルでは2018年3月31日以降に新規契約と機種変更だけでなく、料金プラン変更も停止しています。

新機種の発売はすでに無くなっているのですが、ついに新規でPHSを契約することができなくなっています。

これはすでに2017年4月20日にソフトバンクからの発表で決まっていたことなのですが、ついに新規契約できなくなっています。

ワイモバイルのPHSはサービス終了!?

では、PHSのサービス自体も終了になるのでしょうか?

結論から言うならば、PHSのサービス自体がいつまで続くのかは未定になっています。

それで今までPHSを契約していた方は、サービス終了まで使い続けるか、もしくはケータイやスマホにのりかえる必要があります。

PHSの電波が停波するのは、もう少し先のことになると予想されるので、それまで使い続けるというのも一つの方法です。

もしくはキャンペーンなどがあるうちに、のりかえをしてしまい、スマホやケータイにのりかえるのも方法になります。

今後の代替サービスは?

今後PHSを新規で契約したいと思う方は、ケータイを契約することができます。

ワイモバイルでケータイを契約するのであれば、メールアドレスもそのまま使うことができます。

PHSはpdx.ne.jpというドメインのメールアドレスを使いますが、ケータイでも問題無く使うことができます。

しかしPHS時代と異なるのは、PHSはキャリアメールは無料というイメージがあったかもしれませんが、ケータイになるとパケットが生じるので、無料ではありません。

現実的な申し込み方法として、ワイモバイルでベーシックパックとパケット定額を契約して使うという方法があります。

一例として、Simplyを契約するのであれば、24回払いを選択すれば、毎月の支払いは972円になります。

これに最低限の「ケータイプランSS(1008円)」を契約し「ベーシックパック(324円)とパケット定額(0円から4860円)」のオプションを付けます。

この金額から月額割引が972円引かれるので、月々の支払額は1332円になります。

このプランの場合には、ワイモバイルとソフトバンクユーザーへの1時から21時までの通話が無料になるのですが、その他のキャリアへの通話は有料になります。

もしカケホーダイにしたいのであれば、オプションとして「スーパーだれとでも定額」というものを付けます。

これは1080円の月額料金なので、すべてを合わせて2412円というのが、月額料金になります。

もし今までPHSを使っていて、通話を心配せずにケータイを使っていきたいのであれば、この金額でカケホーダイのケータイを用意できます。

PHSからの機種変更でお得になるキャンペーン

先ほどの料金プランは、新規申し込みやもしくはのりかえの際の料金ですが、すでにPHSを使っていてケータイにのりかえるのであれば、キャンペーンを利用してもっとお得にのりかえできます。

キャンペーンの詳細は?

このキャンペーンは「ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン」というのもで、
PHSから指定のプランに機種変更すれば、「スーパー誰とでも定額」というオプションが次回機種変更まで無料になるというキャンペーンです。

ワイモバイルのスマホは10分以内の通話が無料になるというのが特徴ですが、このオプションが次回機種変更まで無料になれば、10分以上の通話をすることが多いのであれば、よりお得になります。

キャンペーンの条件

契約変更をするということ

キャンペーンの受付が、好評で終了日未定になっています。

それでもキャンペーンが終わる前に、早めに契約しておくのがオススメです。PHSからケータイかスマホに契約するのが条件です。

12歳以上ということ

契約者が12歳以上ということも、条件に含まれています。

端末購入するということ

SIMカードだけの契約ではなく、端末購入も条件に含まれています。

この購入する端末はケータイでも、スマホでもよいことになっています。

指定料金プランへの変更

下記のプランのいずれかに申し込みする必要があります。

・ケータイプランSS

・スマホプランS

・スマホプランM

・スマホプランL

普通に申し込みをすると、上記のいずれかのプランに申し込むことになるので、特に問題はないでしょう。

契約変更の際に「スーパーだれとでも定額」に申し込み

契約変更と同時での、「スーパーだれとでも定額」に申し込みする必要があります。

キャンペーンのポイントは?

このキャンペーンのポイントは、SIMフリースマホを購入して、使い続けるのであれば、ずっと割引が適用されるという事です。

というのも、キャンペーンの条件にバリュースタイルに加入して機種変更をすると、特典が終了されるとあります。

普通に機種変更をすると、バリュースタイルに加入するのが普通なので、割引が終了してしまいます。

しかしSIMフリースマホを自分で購入し、SIMカードの差し替えをすれば、割り引きが適用されます。

まとめ

キャンペーンを適用させると、PHSを利用していた方なら、ガラケーなら1332円から、スマホなら2000円台から使うことができます。

PHSが使えなくなっても、ワイモバイルのプランでお得にケータイを利用することができますね。

ワイモバイルに申し込みをするのであれば、オンラインストアからの申し込みがオススメです。

24時間いつでも申し込みをすることができ、送料無料で自宅まで郵送してもらえるので、忙しい方でも自分のペースで注文できます。

PHSを使っておられた方であれば、以下のワイモバイルのケータイがオススメです。

ワイモバイルケータイ一覧はこちらから↓↓↓
ワイモバイル ケータイ一覧

ぜひPHSの代わりになりそうな、使いやすそうな一台を見つけてくださいね。

コメント