MNO(自社で通信回線を保有する)でありながら
MVNO(自社の通信回線を持たず、他社の通信回線を使う)並の
低価格で、スマートフォン向けの通信サービスを
提供している事業者として
近年急速に契約者数を伸ばしているのが
ワイモバイルという格安スマホ事業者です。

ワイモバイルは大手携帯キャリア3社と
MVNOの中間的な存在であり
契約内容のプランもそれぞれの良い所を
選りすぐった様な内容となっています。

大手携帯キャリア3社のプランの場合
2年毎に更新があるため
契約から最初の2年と3年目以降では
利用料金などが大きく変わってきます。

ワイモバイルの場合はどうなのでしょうか。

ワイモバイルが大好きなワイモバイルユーザーの
qb5がこの記事を執筆させていただきます。

ドコモからワイモバイルへMNPした場合の1年目と2年目の利用料金は


MNP(他社から番号そのまま乗換え)で
ドコモからワイモバイルへ乗り換えると
1年目と2年目は非常に安い利用料金で
スマートフォンが利用できます。

ドコモの場合

単独で契約する場合の一番安いプランは

カケホーダイライトプラン 1700円
SPモード          300円
データSパック      3500円

月額利用料金 合計    5300円
です。

上記と比較するとワイモバイルの
1年目の利用料金の安さは
格安SIMの中でも屈指のお得度です。

ワイモバイルの場合

MNP(他社から番号そのまま乗換え)で
スマホプランSを契約した場合
1年目の利用料金は
次のようになります。
(スマートフォンの端末代金を除きます)

基本使用料     3,980円
スマホプラン割引 △1,000円
ワンキュッパ割  △1,000円

月額基本使用料 割引後1,980円

月額基本使用料は1,980円+税です。

■一ヶ月あたり利用できるデータ通信量は2GB
■一回あたり10分以内の音声通話がかけ放題無料通信分

もちろん、以上の内容も基本使用料に含まれています。

端末代金についてはタイムセールや
アウトレットセールを利用すると
一括で数百円~数千円程度に抑えられます。

基本使用料に無料通話分が
含まれているので
端末を安く調達し、あまり音声通話を
利用しない人であれば
1年目の月額料金は
ほぼ基本使用料である1,980円+税という
価格で利用することが出来ます。

このように1年目は破格の価格で
利用できるワイモバイルですが
2年目になると、やや負担が増します。

ワイモバイルの2年目以降の場合

2年目以降の具体的な利用料金については
次のとおりです。

基本使用料      3,980円
スマホプラン割引  △1,000円

月額基本使用料 割引後 2,980円

ワイモバイルからアナウンスもあるように
ワンキュッパ割が適用される期間は
最初の12ヶ月間だけです。

ワンキュッパ割は契約から
最初の1年間の適用ですので
契約期間が2年目になると
自動的に月額基本使用料が1,000円増額されます。

今まで1,980円+税の利用料金が
いきなり2,980円+税となるのは
意外と心理的な負担が大きい様に感じると思います。

ワイモバイルを契約した場合
ワンキュッパ割が切れる時期を
しっかり把握しておき、
心の準備をしておくことも大切かもしれません。

契約3年目以降の利用料金はどうなる?


ワイモバイルは新規契約者と
MNP(他社から番号そのまま乗換え)による
乗り換え契約者に対して
2年間優待措置を取ってくれます。

ワイモバイル3年目以降の場合

ただ、契約3年目以降の利用料金は
どうなるのでしょうか。

具体的な利用料金については次のとおりです。

基本使用料      3,980円
長期利用割引    △1,000円

月額基本使用料 割引後 2,980円

スマホプラン割引が適用されるのが
契約から最初の2年目までとなっているので
3年目になるとさらに月額基本使用料が
上がってしまうように考えていた方も
いらっしゃると思います。

ワイモバイルでは契約3年目以降になると
スマホプラン割引がなくなる代わりに
長期利用割引が適用され
スマホプラン割引と同額の割引を
受けることができます。

このため、契約から3年目経過以降も
契約2年目と同じ基本使用料で
利用し続けることが出来るのです。

注意して頂きたいのは
契約から2年目までは
月間のデータ通信量が2倍になる
「データ容量2倍オプション」という
オプション料金も割引されているため
無料で利用できます。

しかし、3年目以降の場合
「データ容量2倍オプション」の
割引分がなくなるため
データ量を変えたくない場合は
月額500円のオプション料がかかります。

オプションの解約をすれば
オプション料はかかりません。

その場合、利用できるデータ通信量は
半分になりますので、通信量が多い方は
注意が必要です。

MVNOではなくワイモバイルの格安SIMを選ぶメリットとは


ワイモバイルはMVNOの格安SIMと比較すると
最初の1年目は業界でも
屈指の低価格と考えられます。

また、2年目の利用料金についても
基本使用料に無料通話分が含まれていることを
考えると安価なプランである事が分かります。

一方で3年目以降となると
利用できるデータ通信量が減ることから
優位性が大きく下がってしまいます。

他のMVNOではなくワイモバイルを
選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。

ワイモバイルの優位性は

■実店舗数がMVNOと比較して圧倒的に多い
■iPhoneがセットで購入できる
■追加料金無しでYahoo!プレミアム会員になれる

などが挙げられます。

格安スマホ初心者やiPhoneを
格安SIMで利用したい人
ヤフオクやYahoo!ショッピングなど
Yahoo JAPANのサービスを頻繁に
利用している人の場合
MVNOよりもワイモバイルに
乗り換えをしたほうがお得に
ご利用頂けると思います。

MNP(他社から番号そのまま乗り換え)で
ドコモからワイモバイルへ乗換える場合
より安くスマホを利用できるようになると
考えられます。

実際に筆者もワイモバイルへ乗り換えした事で
毎月のスマホの支払代金が半額程度になりました。

特にワイモバイルの場合は1年目の
利用料金が非常に安く、2年目こそ
基本使用料が2,980円+税という
価格に上がりますが、3年目以降も
ずっとこの基本使用料で使い続けられます。

現在、スマホを2,980円+税よりも
高い利用料金で使っている方や
料金をもう少し抑えたい方に
ワイモバイルへの乗り換えをおすすめします。

ワイモバイルを申し込むならインターネットがおすすめ

そして最後にとてもお得な情報をお伝えします。

ワイモバイルにMNPするならおすすめなのはオンラインストアーがおすすめです。

理由は3つあります。

まず1つ目なのですが、ワイモバイルへMNPできる場所は

ワイモバイルショップや家電量販店ですが、

実はあまり在庫がないという事を知ってますか?

ワイモバイルは3大キャリアと比べまだまだ利用者も少なく

機種変更の人なんかまだほとんどいません。

ですので、ほしい機種が決まっても在庫がなく

いちいち予約して取り寄せて貰わないといけません。

またワイモバイルショップなどは経費を削減する為に

定員さんが非常に少なく、混雑しております。

機種を購入するのにとても時間がかかります。

しかしワイモバイルオンラインストアは在庫が豊富にあり、

また申し込みも30分あれば十分に完了します。

かなり時間の節約になるかと思います。

2つ目の理由はオンラインストア限定でアウトレット商品があったり、

タイムセールやってます。

これにより店舗では取り扱っていない格安機種が多数あります。

そして3つ目なんですが上記でも書きましたが

ワイモバイルはSIMのみの契約の方にキャッシュバックを行ってます。

スマホプランSなら1万円、スマホプランM,Lなら15000円の

キャッシュバックがついてきます。

還元方法、金額は場所によって異なります。

店舗によっては商品券などになってしまう事があったり、

金額が低かったりするそうです。

キャッシュバック金額が一番高いのはワイモバイルストアーで

またちゃんと現金でキャッシュバックされます。

以上3点の理由からワイモバイルへMNPするなら絶対に

ワイモバイルストアがおとくといえるでしょう。

ワイモバイルストアはこちら

コメントを残す

CAPTCHA