格安SIMはスマートフォンを
安いコストで利用できるサービスとして
急速に知名度を伸ばしています。

最近では大手携帯キャリアも
力を入れており
サブブランドという形で
サービス展開をしています。

近年では大手携帯キャリアから
格安SIMへの乗り換えという流れだけでなく、
格安SIMから格安SIMへの乗り換えという流れも
活発になっています。

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルから
auのサブブランドであるUQモバイルに
乗り換えるとどのような
メリットとデメリットがあるのでしょうか。

格安SIMとサブブランドが大好きな私
qb5が記事の執筆させて頂きます。

ワイモバイルからUQモバイルに
乗り換えるメリットやデメリットなどについて
確認していきましょう。

ワイモバイルとUQモバイルの決定的な違いとは!?


ワイモバイルとUQモバイルは、どちらも
大手携帯キャリアのサブブランドであり
iPhoneの取り扱いがあることから
比較されることが多いです。

ワイモバイルは自社で通信回線を
持つMNOなのに、対し
UQモバイルはauから通信回線を借りて
サービス提供をしているMVNO
という決定的な違いがあります。

格安SIMを提供している会社は
基本的にほぼ全てがMVNOです。
そして、例外がワイモバイルです。

通信回線を借りてサービス提供をしている
MVNOは限られた回線の中で
ユーザー同士で回線を分け合って
通信を行うため、通信が集中しがちな夜など
通信を行う時間帯によっては
通信速度が不安定になりがちです。

それに対して、ワイモバイルの回線は
ワイモバイルユーザーのみが
利用する専用回線です。

大手三大携帯キャリアと同様にMVNOと
比較してもどの時間帯に通信しても
通信速度が安定している
という特徴があります。

似ている様に感じる方もいるかもしれない
ワイモバイルとUQモバイルは
通信サービスの提供の仕方も違います。

このことから通信サービスの品質にも
違いがあるということを前提に
ワイモバイルからUQモバイルに
乗り換えることの意味を
一緒に、考察していきましょう。

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換えで得られるメリット


ワイモバイルからUQモバイルに
乗り換えることで得られるメリットとして
真っ先にあげられるのが
2年間の通信コストの削減です。

ワイモバイルでは新規契約や
MNP(他社から番号そのまま乗換え)で
契約した人に対してのサービスとして
「契約から最初の1~2年お得になる」
サービスを提供しています。

もちろん、UQモバイルも同様のサービスがあります。

それが、UQモバイルの「ぴったりプラン」と
「おしゃべりプラン」です。
こちらは、契約から13ヶ月間までは
基本使用料が1,000円割引されるという内容です。

その上、25ヶ月目までは利用できる
データ容量が倍になるサービスもあります。

ワイモバイルを契約してから
2年間の割引サービスの期限が
過ぎている場合、UQモバイルに
乗り換えをすれば、次の2年間も
安い料金で利用できるのです。

ですから、契約から2年が経過した
契約更新月のタイミングで
ワイモバイルとUQモバイルで
乗り換えをし続ければ
iPhoneを安く運用し続けることが
出来るのです。

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換えで生じるデメリット


逆にワイモバイルからUQモバイルへ
乗り換えることで生じるデメリットを
見ていきましょう。

乗り換えで生じるデメリットは
2点あります。

■実質的な無料通話分が減ってしまう
■Yahoo!プレミアム会員費がかかる

それぞれに関して以下で説明させて頂きます。

実質的な無料通話分が減ってしまう

ワイモバイルのスマホプランも
UQモバイルの「おしゃべりプラン、ぴったりプラン」も
無料通話分は基本使用料に含まれています。

それぞれを比較するとワイモバイルの方が
無料通話分の内容がお得です。

ワイモバイルでは1回あたり
10分以内の音声通話が何度でもかけ放題ですが
UQモバイルのおしゃべりプランは
1回あたり5分以内の通話がかけ放題という
内容となっているからです。

UQモバイルの場合
長時間話す際はワイモバイルよりも
こまめにかけ直す必要があります。

もし、ぴったりプランを選んだ場合には
プランに応じて最大30分から180分の
無料通話分が付与されるので
1ヶ月のトータルの通話時間が短い
という方には向いていると思います。

しかし、頻繁に電話をかけるという方には
かけ放題の無料通話分があったほうが安心です。

長時間の電話をよくかける方の場合
何度もかけ直す必要があるUQモバイルに
乗り換えることで毎月の通話料が上がってしまう
可能性があるのです。

Yahoo!プレミアム会員費がかかる

普段からYahoo JAPANのサービスを
よく利用しているという人も乗り換えることで
お得度が下がってしまう可能性があります。

Yahoo JAPANでは関連のサービス利用が
圧倒的にお得になる
Yahoo!プレミアム会員という有料の
会員制度があります。

Yahoo!プレミアム会員になるためには
毎月462円+税の会費(2018年1月8日時点)を
支払う必要があるのですが、
ワイモバイルの契約者であれば
追加料金を払わずとも
Yahoo!プレミアム会員になれるのです。

Yahoo!プレミアム会員の特典は

■Yahoo!ショッピングでの獲得ポイントが5倍になる
■追加料金無しで雑誌読み放題サービスが利用出来る

といった、特典があげられます。

UQモバイルに乗り換えることで
上記の特典が消えてしまうのは
大きなデメリットだと考えられるのです。

まとめ

ワイモバイルはソフトバンクの
UQモバイルはauの
サブブランドです。

それぞれがサブブランドという事もあり
よく比較されますが、ワイモバイルは
MNO(他者に通信回線を貸す)であるのに対し
auはMVNO(他社から通信回線を借りる)なのは
決定的な違いです。

メリットとデメリットを、自身に合う合わないを
よく考えて乗り換えするか否かを決めると
良いかもしれませんね。

UQモバイル(ユーキューモバイル)を申し込むなら

UQモバイルを申し込むならおすすめなのは、「UQmobile」公式オンラインショップです。

「UQmobile」公式オンラインショップはこちら

UQモバイル

なぜUQモバイルを利用するならオンラインショップがいいかご紹介していきましょう!

そもそもUQモバイルは店舗数がどんどん増えてはいますがまだまだ近くにないという人もいるでしょう。

「UQmobile」公式オンラインショップなら24時間日本全国どこからでも利用できます。

またやはりUQモバイルはドコモやauに比べて経費を削減してます。

つまり人が少ないんです。ただでさえ、携帯ショップは待ち時間が長いのに

更に長くなってしまうでしょう。

しかしオンラインショップならそんな待ち時間はありません。

また以外と知られてないのですが1部のお店ではまだ端末購入の際に分割ができないんです。

さらに人気のiPhoneなどは店舗によって在庫切れや取扱いしてないなんてケースも多々見受けられます。

そんな面倒さがオンラインストアで購入するとないんです。

そんな時にネット申し込みなら、事前に準備しておけば自宅で10分もあれば申込が完了します。

時間を問わずパソコンやスマホから簡単に申し込むことができ、待ち時間もありませんので、

自分の都合に合わせて手続きできるのも嬉しいポイント。

端末購入アシストも使えますし、在庫切れの心配もいりません。

UQモバイルの利用を考えているならオンラインショップがおすすめです。

「UQmobile」公式オンラインショップはこちら

コメントを残す

CAPTCHA