ペルセウス座流星群2017年のピークはいつ?東京や神奈川からの方角は?ネットで生中継ある

「流星群とはまるで天体ショーのようだ」と

近所のおばさんが言ってましたwww

そんな天体ショーの中でも特別なのが今回扱う

「ペルセウス座流星群」です。

「ペルセウス座流星群」はその規模の大きさから

『ふたご座流星群』と『しぶんぎ座流星群』と並び

3大流星群と呼ばれております。

天気がよければ1時間に30~60個の流星群が観測できます。

ちなみにこちらが過去の映像です。

見ていただくと分りますが次々に色々な所でピカピカ光ってますね。

また真夏にそして夏休みに観察できる流星群なので

非常に人気の高い流星群となっております。

ただそんな素敵な「ペルセウス座流星群」も見方を間違えると

なんて事ないいつもの夜空となってしまうのです。

今回は2017年に少しでも「ペルセウス座流星群」を楽しむ方法を

考えてみました。

<スポンサードリンク>





ペルセウス座流星群2017年のピーク。見頃はいつだ

ペルセウス座流星群が2017年に動く時期は

7月の中旬から8月の終りまでです。

その中で特に活発に動くのが

2017年8月13日

です。

8月12日の22時くらいから8月13日3,4時がピークです。

ただ、ですね。

2017年は少し残念で月齢20と,下弦の月で観測条件が余りよくないです。

月が視界に入らないように反対の方向を見るのも1つ手ですね。

ペルセウス座流星群2017年の東京や神奈川から見る時の方角

続いて2017年にペルセウス座流星群を見るのにいい方角についてです。

こちらの資料を見て下さい。

こちらは国立天文台、天文情報センターが出してくれている資料です。

ペルセウス座は東京や神奈川から見ると北東にあるそうです。

だから北東といいたいのですが、資料を見てもらっても分るように

天狭しと色々な所で流れ星が観測できてますよ。

はじめの映像をみても色々なところで見えてますもんね。

と、いう事はあまり方角は気にせずに空全体を見たらいいという事です。

ただ、今年は月の関係もありますので

できるだけ月の光が入らない方向を見るというのがコツだと思います。

これは東京や神奈川に限った話ではなく

日本全国どこから見ても同じ事がいえるでしょう。

自然の天体ショーです。

どこから見ても楽しめると思いますよ~

ペルセウス座流星群2017年はネットで生中継するのか?

続いては多くの人が楽しみにしている

流星群の生中継情報です。

もちろん2017年のペルセウス座流星群も生中継が行われるでしょう。

またページは用意されてませんが

2017年の流星群もウェザーニュースが生中継を行ってくれてます。

コチラはしぶんぎ座流星群2017の生中継の様子です。

<スポンサードリンク>





こんな感じで生中継をしてくれるはずです。

分り次第、2017年のペルセウス座流星群の

生中継放送先もここに書くようにしますね。

ペルセウス座流星群2017と自由研究

ペルセウス座流星群は夏休みの真っ最中という事もあり

毎年自由研究の題材にしようとしているご家庭も多いようです。

おすすめ度は高いですね。

小学校の低学年から中学生まで幅広く扱う事ができるでしょう。

ただ、遅い時間ですのでお子様を一人で行かせたりする事は絶対に止めましょう。

また真夏の暑い時期ですが時間帯や場所によっては冷える事も十分に考えられます。

防寒対策をしっかりしていきましょう。

またこんなものがあると非常に便利です。

◆絶対にあったほうがいい
・懐中電灯
・方位磁石(ほういじしゃく)
・ノート、観測シート
・筆記用具
・防寒着
◆用意しておくと便利なもの
・地面に敷くシート
・虫除けスプレー
・夜食
・ごみ袋

これくらいは準備していった方がいいですよ。

もしまだまだ知りたい事があればコメントなど頂ければ追記しますね~

まとめ

もうすぐ夏の流星群でも

大目玉の「ペルセウス座流星群」がはじまります。

楽しみですね。

2017年は少し弱いみたいですがやっぱり3大流星群の1つなんで期待しちゃいますね。

夏は花火も綺麗ですが

自然の天体ショーも楽しいですよ。

こんな大規模な天体ショーはなかなか見る事ができません。

是非、大切な人と見てみてはいかがでしょうか?

星を見ると心が和むといいます。

また流星群って言い換えると流れ星です。

流れ星は人の願いをかなえるっていいますよね。

そんな楽しそうな事を十分満喫しましょうね。

<スポンサードリンク>