1. ドコモ機種変更するタイミング?

機種変更するほとんどの人が、今契約中の本体代金のローンが終わったタイミングでほとんどの人がします。
もし、ローンを完済していない状態で機種変更する場合は、残っている残金を一括で支払うことになります。
機種変更する場合でもタイミングによってキャンペーンがあります。
・下取りプログラム
・端末購入サポート

機種変更応援プログラム

月々300円の積み立てをしておくと二年間の分割払い終了前に機種変更する場合は最大27000円が割引されます。そしてもし、そのプログラムを使用しないで機種変更を行う場合積立金は、全額返金されます。この制度を利用する場合は、このプログラム契約後13か月後に利用できるのが条件になっています。
13か月後にこのプログラムを利用できます。

機種変更にかかる費用はどれくらいいるの?

ドコモ店舗では、登録手数料2000円で頭金3000円から
オンラインショップでは、登録手数料無料で頭金なしです。
店頭の場合
・指定のオプションに加入することや機種変更と同時にケースなどの購入で頭金がなくなることもあります。
オンラインショップの場合は登録手数料や頭金が無料になるため、プラン変更などに不安がない人にはお勧めになります。

ドコモ機種変更の受付時間は何時まで?

店舗での機種変更の場合は、営業時間である10時から19時までになるかと思います。
※時間に余裕をもっていくのが良いかも知れません。
オンラインショップでの機種変更の場合
システムメンテナンスなどがない限り、基本的には24時間手続きは可能です。
オンラインショップの機種変更では、dアカウントが必要なため事前に確認をしてから機種変更を行いましょう。

月々サポートなら2年で機種変?

月々サポートは、毎月の利用料金から、購入機種ごとに設定された金額の割引を、最大
24か月実施してくれるサービスになります。
割引には条件があります。
・月々サポート対象機種の購入です。
・指定(基本プラン)への加入(2014年9月以降に発売されたXi機種を2015年9月1日以降に購入された場合)
・指定のパケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプランのいずれかに加入が条件になります。
※月々サポートの注意点
月々サポートによる割引が適応される場合の注意点として、割引は基本料金から行われるため、端末料金を一括で購入するわけでは、ない場合は契約する必要があります。
月々サポートの適応条件は、指定の料金プランを利用している必要があります。
指定のプランはスマホの場合は、カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプランとパケットパック/シェアパックが適応条件となります。

※6ヶ月以内に購入履歴があると月々サポートの対象外になります。
・2014年9月以降に発売された機種を6か月以内に機種購入手続きをされている場合は、月々サポートの対象外になります。機種購入に関しては新規契約も機種変更も含みます。
・例えば購入されていない場合は、同じく6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がなされている回線や持ち込み機種でドコモを新規契約している回線も同じく割引の対象外になりますので気を付けてください。

端末購入サポートやdocomowithならいつがいいか?

端末購入サポートとは、月々サポートが毎月の利用料金からの割引であるのに対して端末サポートは、そのまま端末代金からの割引になります。
分割払いができない人のために端末購入サポートはあります。
分割払いができない理由も様々ありますが、大体が毎月のドコモ料金の支払いが遅れているとかの理由になります。
分割払いができないと一番困るのは、買い替えをしたいときにできず、故障したときに買い替えができないため困ることがあります。
そんな時に使えるのが端末購入サポートになります。
選択肢としては、端末購入サポート対象機種を選ぶ必要があります。

端末購入サポートには規定利用期間がある。

端末購入サポートは、端末代金から大きな割引をかけてくれる代わり規定利用期間が定められています。
規定利用期間は、割引絵尾かけるための条件なので、その間に機種変更や解約を実行してしまうと解約料金が発生します。
二年契約とは別物なので注意してください。
規定利用期間は、2015年4月23日以降購入の場合には12か月とされています。
解約しなかったとしても指定の料金プラン及びパケット定額サービスの廃止や変更をした場合も解除料金がかかるため注意が必要になります。
※月々サポートと端末購入サポート

1.月々サポート対象機種と端末サポート対象機種のどちらを購入すればお得なのかというのは、二つとも2年間使う場合は、どちらも一緒になります。
ただ、月々サポート対象機種の場合は、24か月間かけて基本料金から割り引いていくのに対して端末購入サポート対象機種の場合は、端末代金の一括値引きで、約14か月の利用のため端末購入サポート対象機種を早めに購入したい方は、端末購入サポート対象機種を購入するほうがいいかと思います。

2.dカードGOLDを利用している場合は、端末購入サポート対象機種を購入するほうが有利になります。
月々サポート対象機種を購入した場合は、毎月の利用料金からその分を割引されるためその分dポイントが少なくなります。

ドコモの新プランのドコモウィズでは、端末購入補助対象外になります。

2017年に新プランとしてドコモから発表されたドコモウィズになります。
このプランは、シェアパックを前提とすることもありません。
単独回線でも申し込みができ、docomoの料金をできるだけ安く利用したいと思う方には、おすすめにプランになります。

ドコモウィズの最大のメリットは、二年間期間を区切らずにずっと割引されるという点です。
ずっとドコモ割も適応されますし、ドコモ光利用中であればドコモ光パックによる割引も適応されますので、dカードGOLDによるゴールドステージ優遇で10%のdポイント還元も受けることができます。

毎月1500円の割引を期間切らずにずっと実施してくれます。

シンプルプランでシェアパック5を利用している場合
980+300+6500=7780円
それから1500円割引されますので6280円で毎月利用できます。

シェアパックの子回線の場合
980+300+500¬=1780円
そこから1500円割引280円で利用出来ます。
ドコモウィズには、大きな注意点があります。
それが、端末購入補助が対象外であるという点になります。

現在ドコモウィズ対象機種としている端末は、arrows Be、28512円(税込)
Galaxy Feel、36288円(税込)AQUOS sense、30456円(税込)MONO MO-01K、25272円(税込)という価格帯がかなり安めのエントリーモデルに限定されているためXperiaやgalaxyやiPhoneなどの高価格は対象外になっています。

ドコモウィズの割引により、月1500円で、2年で36000円の割引になります。
端末購入補助がそれ以上の金額であれば、ドコモウィズの端末購入補助を選んだ方が完全にお得になります。

ドコモウィズの割引内容

割引額は月1500円
適応開始
・ドコモウィズの対象端末購入日から適応
・必須パケットパックを翌月あら適応とした場合
・月々サポート及び重畳適応不可のキャンペーン割引を適応中の場合
以上になります。
適応条件 ドコモウィズ対象端末購入時に以下の条件を全て満たす場合にドコモウィズが適応されます。
対象オーダー、新規/MNP/機種変更/契約変更
契約種別、Xi
契約者名義、個人名義・法人名義
契約者年齢、中学生以上(個人名義の場合)
対象プラン、・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)、・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)、・シンプルプラン(スマホ/タブ)
必須パケットパック、・データパック(S/M/L)・ウルトラデータパック(L/LL)
・シェアパック(5/10/15/20/30)・ウルトラシェアパック(30/50/100)
・ビジネスシェアパック(5~3000)・ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)
これはあくまで対象端末購入が前提で、条件を満たす必要があります。
※ドコモウィズとほかのキャンペーンを同時に使うことができません。
例えば、ドコモウィズを申し込みした場合、他のキャンペーンを使用していた場合は、ドコモウィズは、翌月から適応になります。
※ドコモウィズ重畳適応不可
月々サポート、はじめてスマホ割、シニア割、ドコモにチャレンジ割、
ドコモの学割2017(1000円/月割引)、ドコモの学割2018
シニアはじめてスマホ割
ドコモの学割2018は、完全に重畳不可になっております。両方の条件を満たしている場合は、ドコモウィズが優先されます。

ドコモウィズ利用時のケータイ補償サービスの紹介です。
2017年11月10日よりケータイ補償サービスの料金が従来の500円から値引きして月額330円で提供されます。
安心パックも月額720円が月額550円になります。
補償を利用して機種交換をした後、5000円で可能になりました。

まとめ

ドコモ機種変更をするタイミング?月々サポートなら2年で機種変?
端末購入サポートやdocomowithならいつがいいか?
今回この内容について書きましたが、機種変更をするタイミングは、契約してローンを返済した後とかに機種変更をすることが一番のベストだと思います。ドコモなら下取り制度もあるかも知れませんが、iPhoneに力入れているためandroidの場合なら安いと思います。
月々サポートは、二年間が切れるとなくなります。なので2年前での機種変更の場合は、もったいない感じもします。
端末サポートでは、月々サポートと違い2年間ではなく購入する端末が分割契約できない人のために安くなって契約後14か月は解除料金が発生します。
Docomoウィズでは、今現在系では安いスマホばっかりを安くしているためあまりお勧めできません。ドコモウィズに関しては今後変わることに期待できると思います。そしてドコモウィズが浸透することによって月々サポートと端末購入サポートがなくなるかも知れません。
今回ドコモウィズの事を調べて書きましたが、自分は、端末サポートと月々サポートなら受けて契約したことがありますが、自分は、端末サポートでの契約での契約の方が端末も早く契約ができ使いやすくてポイントに関してもよくたまっていました。

ドコモオンラインショップをご存知ですか?

ドコモオンラインショップとはドコモ直営のネットショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更も出来ちゃいます。

実はドコモオンラインショップでの機種変更はかなりお得です!

既にドコモユーザーで機種変更をするなら

是非ドコモオンラインショップを使ってみる事をおススメします。

メリット①時間的なメリット

近くのドコモショップ…いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが

順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

Source by ドコモ公式オンラインショップ

メリット②金銭的なメリット

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。
(FOMAからの機種変更の場合は割引となります)

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

メリット③受取場所を選べる

機種変更をする際、初期設定や電話帳の移行が不安で

お店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を

自宅以外にもコンビニやドコモショップから選べます。

なのでドコモショップでの受け取りにすれば

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップのスタッフに初期設定や相談も

出来てしまうという裏技が出来ちゃいます!

自宅に商品が届いてから持ち込みで相談に行っても大丈夫ですよ。

気になる方はこちらの記事をどうぞ↓

ドコモオンラインショップでの受け取りを店舗にしたら事務手数料や頭金はかかる?設定はタダでしてもらえるの?

まぁ詳しい説明書があるんで自宅で自分1人でも簡単にできると思いますけどね!

ドコモオンラインショップはこちら

Source by ドコモ公式オンラインショップ

まだドコモオンラインショップを利用するのが不安な方は以下の記事がおススメです!

 

こちらの公式動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます↓

機種変更される方は是非ドコモオンラインショップを使ってみてくださいね♪

ドコモオンラインショップはこちら