はじめに

NTTドコモは2018年、夏モデルとして「arrows Be F-04K」の発売を発表しました。

arrowsのスマホは長く安心して使えるように、とにかく画面の割れにくさにこだわったスマホですが、他にも泡で洗うことができたり、日本製で安心感があったり、高品質な写真が撮れるなど、おすすめポイントは盛りだくさん!

 

そしてなんといっても「arrows Be F-04K」はCMが面白いんです。

山田孝之&小栗旬が出演しているarrows のCM「割れない刑事(デカ)」シリーズは、ドラマのようなストーリー仕立てになっており、2人の抜群の演技力&クスっと笑えるストーリーがやみつきになるCMです。

気になる方はこちらから↓

 

そんな「arrows Be F-04K」のスペックや発売日など詳細をご紹介したいと思います。

 

「arrows Be F-04K」のスペック

機種名 arrows Be F-04K
サイズ 約144×72×8.3mm
質量 約146g
カラー ホワイト/ピンク/ブラック
連続通話時間 LTE:約980分/3G:790分/GSM:約900分
連続待受時間 LTE:約530時間/3G:約570時間/GSM:約470時間
ディスプレイ 約5.0インチ
種類 HD
解像度 IPS液晶
アウトカメラ 有効画素数 約1220万画素 COMS
インカメラ 有効画素数 約500万画素 COMS
CPU SDM450(1.8GHz 8-Core)
内臓メモリ RAM:3GB ROM:32GB
電池容量 2580mAh※着脱不可
OS Android8.1
生体認証 指紋認証
MIL規格 〇(23項目準拠+独自落下試験+洗える)
防水 〇(IPX5/8)
防塵 〇(IP6X)
NFC 〇(Read/Write/PtoPのみ)
おさいふケータイ 〇(Felica)
急速充電 〇(QC3.0)
スグ電
フルセグ/ワンセグ -/〇(視聴のみ)
3G/GSM
LTE/PREMIUM4G 〇(FOD:800MHz/1.7GHz/2.0GHz)
GPS/GLONASS 〇/〇
Miracasut/MHL 〇/-
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大400GB)
Bluetooth
Wi-Fi 〇(IEEE802.11a/b/g/n/ac)2.4GHz/5GHz/MU-MIMO対応/ビームフォーミング対応/Wi-Fi Direct対応
USB-HOST対応
地磁気/加速度/角速度 〇/〇/〇
キャップレス防水 〇Type-C

「arrows Be F-04K」の機能

安心の日本製

スマホは中国や韓国製が多い中、arrowsのスマホは富士通(FUJITSU)が生産しています。

富士通株式会社(ふじつう、英: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーでもある。ITサービス国内首位、世界上位。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。

Wikipedia

知らない人はいない、超有名の富士通が企画開発から製造まで全て国内で行っており、徹底管理されているのがarrowsのスマホです。

海外製だと細かい所が雑だったり、安全性を疑ってしまうこともありますが、日本製はやはり高品質で信頼もできるので、それだけで買う価値があると思います。

 

割れにくさに特化

とにかく割れにくさにこだわったタフなスマホ。

1.5メートルの高さからコンクリに落としても割れないディスプレイ&保護フレームを採用。

 

また米国国防総省の調達基準でもあるMIL規格23項目準拠。どんな環境でも安心して使える頑丈なスマホです。

 

ちなみにその項目というのは、

落下・耐衝撃・防水(浸漬)・防塵(6時間風速有)・防塵(72時間)・塩水耐久・防湿・耐日射(連続)・耐日射(湿度変化)・耐振動・防水(風雨)・熱衝撃・高温動作(60℃固定)・高温動作(32℃~49℃変化)・高温保管(70℃固定)・高温保管(30~60℃変化)・低温動作(̠-20℃固定)・低温保管(-30℃固定)・低圧動作・低圧保管・氷結(-10℃結露)・氷結(-10℃氷結)

の23項目となっています。

 

落としても割れずらいだけでなく、寒い場所や熱い場所、気圧の変化にも対応できる万能携帯なので、性別、年代を問わずどんな方でも使いやすいスマホだと思います。

細部にまでこだわった美しいデザイン

CMでは小栗旬や山田孝之が出演しているため、男性向けのスマホだと勘違いされがちですが、決してそんなことはありません。

背面は鏡面パネルを採用し、光を反射し美しく輝きます。またこの鏡面パネルは指紋や傷が付きにくいなどのメリットも。

画面は角がなくなめらかな曲線に加工した2.5Dガラス。見た目はもちろん、手になじみやすいのもポイントです。

ほかにもフレーム部分のつなぎ目をなくすなど、細部にまでこだわったデザインとなっています。

 

ちなみにカラーはホワイト・ピンク・ブラックの3カラーの展開。

お好きな色を選べますし、男性でも女性でも関係なく、使えるのが「arrows Be F-04K」です。

 

一眼レフ技術で、キレイに撮れるカメラ

昼間でももちろん高品質な写真が撮れますが、とくにスゴイのは夜なんです。

普通暗い場所や夜景を撮ると、真っ暗になってしまったりぼやけてしまい、何だかよく分からない写真になってしまいますよね。

 

「arrows Be F-04K」は高感度センサー×高速フォーカスを搭載。

従来モデルの約1.7倍の明るさで撮影が可能になり、より美しい写真を撮ることができるようになりました。

 

とくに難しい設定はする必要がなく、シャッターを押すだけで誰でも簡単に高品質な写真を撮ることができます。ボタン配置もシンプルなため、写真が苦手な人でも使いやすいと思います。

 

そしてアウトカメラだけでなく、インカメラも高性能。

約500万画素のインカメラで、美肌補正や手ブレ補正など自動で行ってくれるので、キレイで印象的な仕上がりになります。

インカメラにもフラッシュ機能がついているので、暗い場所でも問題なく撮影が可能です。

セルフィー撮影が苦手な人でもキレイに撮りやすいので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

泡で洗える防水対応

スマホはトイレの便座よりも汚いと言われ、かなりの雑菌が付着しています。

しかしスマホをティッシュで拭いたところで雑菌は取れないですし、アルコールで消毒したくても故障の心配がありできないですよね。

 

そんな汚いスマホを清潔に保ちたい!という方におすすめなのがこの「arrows Be F-04K」。

なんと泡タイプのハンドソープや液体タイプの食器用洗剤で洗うことができるんです!

 

独自の信頼性評価試験をオールクリアした洗浄対応品質。

スマホを洗剤で洗うことにより、付着している汚れが20分の1になるそうです。

 

手を清潔に洗っても、結局スマホが穢かったら意味ないですもんね。

キレイ好きな人はもちろん、防水対応のスマホが欲しいという方にもおすすめできるスマホです。

 

前モデル「arrows Be F-05J」との比較

新機種「arrows Be F-04K」と前モデル「arrows Be F-05J」の違いを比較してみました。

機種名 arrows Be F-04K arrows Be F-05J
発売日 2018年5月28日 2017年6月1日
サイズ 約144×72×8.3mm 約144×72×7.8mm
質量 約146g 141g
連続通話時間 LTE:約980分/3G:790分/GSM:約900分 LTE:約530分/3G:660分/GSM:約600分
連続待受時間 LTE:約530時間/3G:約570時間/GSM:約470時間 LTE:約640時間/3G:約780時間/GSM:約630時間
アウトカメラ 有効画素数 約1220万画素 COMS 有効画素数 約1310万画素 COMS
CPU SDM450(1.8GHz 8-Core) MSM8916(1.2GHz 4-Core)
内臓メモリ RAM:3GB ROM:32GB RAM:2GB ROM:16GB
OS Android8.1 Android7.1
生体認証 指紋認証
MIL規格 〇(23項目準拠+独自落下試験+洗える) 〇(14項目準拠)
急速充電 〇(QC3.0) 〇(QC1.0)
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大400GB) microSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)
Bluetooth 〇(4.2) 〇(4.1)
Wi-Fi 〇(IEEE802.11a/b/g/n/ac)2.4GHz/5GHz/MU-MIMO対応/ビームフォーミング対応/Wi-Fi Direct対応 〇(IEEE802.11a/b/g/n)
USB-HOST対応
キャップレス防水 〇Type-C

縦横の長さや質量、画面のインチ数はほぼ一緒ですが、機能は大幅にUPしています。

では何が大幅に変わったのか、詳細をご紹介したいと思います。

 

MIL規格14項目→23項目に。

最初のほうでご紹介しましたが、MIL規格とは、米国国防総省の調達基準でもあり、要は耐久性を示す基準としてスマホなどのモバイル端末で使われることが多いです。

「arrows Be F-05J」そのMIL規格の14項目を準拠していましたが、新モデル「arrows Be F-04K」は9項目追加され、(耐衝撃・耐日射(湿度変化)・雨滴・熱衝撃・高温動作(32~49℃)・氷結(-10℃結露)・氷結(-10℃氷結))の合わせて23項目を準拠し、よりタフで安心して使えるスマホになりました。

 

カメラの画素数は下がったが、機能はUP

アウトカメラの画素数は約1310万画素→約1220万画素になり、画質落ちてるじゃん!と思われるかもしれませんが、画素数=キレイな写真が撮れるということではないんです。

画素数が高いと高繊細な写真撮影が可能ですが、感度が低くなったりノイズが出やすいなどデメリットもあるのです。

なので画素数だけで判断するのではなく、他機能も合わせて判断するのが良いですね。

 

今回発売された新モデル「arrows Be F-04K」は前モデルの約1.7倍の明るさで撮影が可能になり、より夜景をキレイに撮ることが可能になりました。

カメラ機能を重視したい人は新モデルを購入した方がいいでしょう。

 

強度は保ちつつ、洗える仕様に

前モデルも防水仕様でしたが、今回は防水だけじゃない、なんと「洗える」という機能が追加!

しかも水はもちろん、洗剤で洗うことができるんです。スゴイですよね。

 

これが「arrows Be F-05J」と大きく変わった点です。

スマホを清潔に保ちたい人や、仕事柄汚れが付きやすい人(土方の人や海でのお仕事の人など)におすすめな機能ですね。

 

CPU、内臓メモリ、など基本機能がパワーアップ

見た目じゃ分からないですが、中身も大幅にパワーアップ。

CPUはSDM450(1.8GHz 8-Core)→MSM8916(1.2GHz 4-Core)に。

内臓メモリはRAM:3GB ROM:32GB→RAM:2GB ROM:16GB に。

ほかにも細かな所が性能が向上しているので(詳細は上記表をご覧ください)、以前よりぐっと使いやすくなっています。

 

現在「arrows Be F-05J」を使っていて、動作が遅かったり、使いずらいなと思っている方は新モデルに買い替えてみてもいいのではないでしょうか。

 

「arrows Be F-04K」の価格・発売日

発売日は2018年5月25日。

店頭やドコモオンラインショップでの購入が可能となっています。

 

気になる価格は、

一括33696円/月額1404円×24回払い

となっています。

 

そして「arrows Be F-04K」はドコモウィズ対象商品なのでもっとお得になるんです!

ドコモウィズ対象の商品を購入すると、毎月なんと1500円ずっと割引に!

 

普通は2年使用したら割引がされなくなるなどの条件がありますが、ドコモウィズは2年以降もずっと割引されるので、長く使う予定の方は本当にお得だと思います。

 

今回ご紹介する端末「arrows Be F-04K」は分割払いだと月額1404円(24回払い)ですが、毎月1500円の割引が適用されるので端末料金が実質タダになります。

また2年使用すれば端末料金代を支払わなくていいので、1500円安く携帯料金を抑えることが可能です。

 

長く使うことでメリットがあるのは、嬉しいポイントですよね!

 

「arrows Be F-04K」をお得に契約するなら

ドコモオンラインショップをご存知ですか?

ドコモオンラインショップとはドコモ直営のネットショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ネットを使ってアクセサリーの購入や契約内容の確認・変更、機種変更も出来ちゃいます。

実はドコモオンラインショップでの機種変更はかなりお得です!

既にドコモユーザーで機種変更をするなら

是非ドコモオンラインショップを使ってみる事をおススメします。

メリット①時間的なメリット

近くのドコモショップ…いつも混んでますよね?今は店舗予約が出来るようになりましたが

順番待ちをして、契約してなんかしていると2~3時間はかかっちゃいますよね。

でもドコモオンラインショップなら15分もあれば契約が完了しちゃいます。

ドコモショップや家電量販店に行く為の時間の節約、契約にかかる時間の節約が出来ます。

Source by ドコモ公式オンラインショップ

メリット②金銭的なメリット

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかりますが

これもドコモオンラインショップだと無料です。
(FOMAからの機種変更の場合は割引となります)

なので金銭的に5000~12000円程度もお得になります!

ドコモで機種変更するなら時間的なメリットや金銭的なメリットがとても大きい

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

メリット③受取場所を選べる

機種変更をする際、初期設定や電話帳の移行が不安で

お店のスタッフに色々相談したいという人もいるかと思います。

ドコモオンラインショップでは受取場所を

自宅以外にもコンビニやドコモショップから選べます。

なのでドコモショップでの受け取りにすれば

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップのスタッフに初期設定や相談も

出来てしまうという裏技が出来ちゃいます!

自宅に商品が届いてから持ち込みで相談に行っても大丈夫ですよ。

気になる方はこちらの記事をどうぞ↓

ドコモオンラインショップでの受け取りを店舗にしたら事務手数料や頭金はかかる?設定はタダでしてもらえるの?

まぁ詳しい説明書があるんで自宅で自分1人でも簡単にできると思いますけどね!

ドコモオンラインショップはこちら

Source by ドコモ公式オンラインショップ

まだドコモオンラインショップを利用するのが不安な方は以下の記事がおススメです!

 

こちらの公式動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます↓

機種変更される方は是非ドコモオンラインショップを使ってみてくださいね♪

ドコモオンラインショップはこちら