ドコモとワイモバイルの徹底比較!docomo withとワイモバイルどっちがお得なのか

 

 

 

 

現在ドコモを利用している方の中には、もう少し月額料金を安くしたいと感じている方もおられるでしょうか。

ドコモからワイモバイルにのりかえると、毎月のスマホ料金を安くすることができます。

しかしドコモからも安い月額料金のdocomo withという料金プランが出ているので、安くドコモを使えるのではと思っておられる方もおられます。

それで今回は、docomo withとワイモバイルのどちらがお得なのか、
比較をしていきましょう。
出来るだけ安く快適にスマホを使いたい方のために、ドコモとワイモバイルの比較を見ていきましょう。

ドコモとワイモバイルの料金プランを比べてみる

ドコモの料金プランは?

まずは、ドコモの料金プランを見ていきます。
ここでは、ドコモの中で一番安い料金プランであるdocomo withの場合を例に考えてみましょう。

カケホーダイライト 1700円
spモード 300円
データSパック(2GB) 3500円
docomo with  −1500円

これを計算すると4000円になります。

大手キャリアのスマホ料金は1万ほどするというイメージがあるので、ドコモでこの料金でスマホを使えるというのは、お得になっている証拠ですね。

それでもこの4000円に端末料金が上乗せされるので、まだ高い料金になります。

ワイモバイルの料金プランは?

ではワイモバイルの場合はどうなるか、見ていきましょう。

スマホプランS 3980円
ワンキュッパ割 -1000円
スマホプラン割 -1000円

これを計算すると1980円になります。

注意したいのは、ワンキュッパ割は、加入翌月から12か月間が適用期間という事です。それで2年目からは2980円になり、2年間の平均支払額は2480円になります。

月額料金の差を比べると、ワイモバイルの方が平均して1500円ほど安いという結果になります。これが2年間続くと、その料金の差は広がっていくのが、比較をすると一目で分かります。

しかもワイモバイルは、10分以内の通話はかけ放題なのに対して、ドコモは5分以内がかけ放題なので、通話時間の面からしても、ワイモバイルの方がお買い得になります。
このように比較をしていくと、2年間でどのくらいの費用を払っているのか、すぐに分かりますね。

家族がいる場合の料金プランを比べる

これまでの比較は一人で契約した場合でしたが、これが家族もいるという場合はどうでしょうか? 例えば、家族3人の場合を考えてみましょう。

ドコモの場合

ドコモの場合は、以下のようになります。

ここではシンプルプランにして計算しているので、値段は安いのですが、かけ放題なのは家族にのみなのが注意点です。

プランや割引 代表回線 2回線 3回線
シンプルプラン 980円 980円 980円
spモード 300円 300円 300円
シェアパックS 6500円 500円 500円
docomo with -1500円 -1500円 -1500円
6280円 280円  280円

月額料金は3人合わせて、6840円になります。

3人で割ると1人当たり2280円というスマホ料金になります。

ワイモバイルの場合

ではワイモバイルを家族で使うとどのような料金になるでしょうか?

プランや割引 主回線   2回線 3回線
スマホプランS  3980円  3980円  3980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
スマホプラン割 -1000円 -1000円 -1000円
家族割引 -500円 -500円
 1980円 1480円 1480円

 

月額料金は3人合わせて、6440円になります。

これを3人で割ると1人当たり2146円になります。

このように比較してみると、家族で使う場合には、ワイモバイルとドコモの料金の差が無くなっているのが分かります。
しかしドコモはシンプルプランで、通話料金が別にかかるという事などを考えると、ワイモバイルの方がまだ安いですね。

docomo withはお得なのか?

毎月の割引がある

docomo withは今までになかった、毎月変わらず割引があるというのが、特別なポイントになります。

どうしても、2年後などに割引が無くなってしまうと、長くドコモを使っている人は損をしてしまうというイメージがあったのですが、docomo withなら長くドコモを使う人でも、割引を受けられて、お得になります。

対象機種は限りがあり

実はこのdocomo withはすべての機種が対象になっている訳ではないのです。

docomo with対象機種だけがこの割引を受けることができます。
2018年3月現在、docomo with対象機種は以下の通りです。

シンプルで使いやすい機種が対象になっています。

らくらくスマートフォンなども対象になっているので、シニアの方と合わせて一緒に使うというのもアリですね。

高スペックなスマホを使いたいという場合には、docomo with対象機種では少し不満になるかもしれません。このdocomo with対象機種に限りがあるというのも、ドコモでお得にスマホを使いたいという場合に考える必要があるポイントです。

ワイモバイルのお得なポイント

料金プランがシンプル

ワイモバイルのメリットとして、料金プランがシンプルで安いという事があります。

分かりやすく、安い料金プランは、スマホの初心者であっても、家族で使いたい人でも、管理がしやすく、スマホ料金を抑えるのにメリットになります。

どうしても、たくさんあるオプションなどは、スマホ料金を押し上げるので、ワイモバイルの明解な料金プランはお得に使いたい人にとってもメリットです。

10分以内の通話が無料

10分以内の通話が無料というのも、ワイモバイルのメリットです。少しの話すというのであれば、10分以内に収まってしまう事の方が多いですよね。
ワイモバイルの10以内の通話が無料という仕組みを利用すれば、毎月の通話料金が安くなりますね。通話料を気にせず、何回も電話をかけれるのも、ワイモバイルのメリットです。

違約金を考えてもワイモバイルの方が安い!

こうして比較をしていくと、ワイモバイルの方が、docomo withよりも大幅に安いという事が分かります。
もちろんドコモにはドコモにしかない良さがあるので、少しお金を払ってでも、やっぱりドコモという方もおられるかもしれません。

それでもやっぱりドコモ

スマホの性能にそれほど要求がないという場合は、docomo with対象機種なら安くドコモを利用できますね。シンプルな機種と言っても、通常使用にはまったく問題がありませんし、使いやすい機種ばかりですので、考慮に入れてみてくださいね。

ワイモバイルでスマホ料金を安くする

やっぱりワイモバイルの方がスマホ料金を大幅に安くできるので、のりかえた方が良いかもと感じる方もおられるかもしれません。それもそのはずで、解約金を考えたとしても、ワイモバイルならその分を1年で元を取る事が可能です。毎月の差額が1500円以上となれば、その差額は広がる一方です。

特にワイモバイルは、のりかえのキャンペーンをしていますので、お得にのりかえるならキャンペーン開催中をお勧めします!

ワイモバイルのキャッシュバックキャンペーン!2018年の最新情報と獲得条件とは!?
格安SIMでもあるワイモバイルに乗り換えしようかと考えておられる方も多いでしょう。ワイモバイルは他の格安SIMと比べても、キャンペーンや割引をよくしているので、よりお得に利用できるのでお勧めです。大手キャリアとも比べて、安い価格設定であ...

まとめ

ドコモを安く利用するのであれば、docomo with対象機種をオンラインで申し込みするのがオススメです。

オンラインなら24時間申し込みが可能ですし、やっぱりドコモにしようかなと、気になる機種を比較することもできますよ。

ワイモバイルの場合は、キャンペーンをしている事もありぜひこの機会を逃さずに、お得にのりかえるのをオススメします。

キャッシュバックの金額が多くなっているキャンペーンは、よりスマホをお得に利用するチャンスですね。

ドコモでも、ワイモバイルでも比較して、申し込みをするならオンラインストアがオススメです。

下記のリンクから、お気に入りの機種を見つけて、新しい春を新しいスマホで迎えましょう。

コメント