ソニーモバイルは「Xperia XZ2 Premium」を日本現地時間の2018年4月16日に発表しました。

新型フラッグシップモデルで、1年ぶりのPeremiumなXperiaになっています。

まずは紹介動画から見ていきましょう。

 

なかなかかっこいいデザインですね~。

でもこのデザイン、早速ネットでは賛否両論あるみたいですね。

個人的には艶があって丸みを帯びているこのデザイン、悪くないと思うのですが。

今回の新しいスマホはどんなスペックなのか、気になる詳細情報も見ていきましょう。
<スポンサーリンク>



滑らかに手にフィットするデザイン

まずは、その気になるボディーです。艶があるのは、3Dガラスを使って滑らかなボディを演出しているからです。

でもこのガラスは「Corning Gorilla Galass 5」を採用しているようで、強度をしっかり向上させています。

普段使うのにも、ガラスだからと言って気を使わせない強度を保っているんですね。

画面比率が16:9になっているので、今流行っている縦長のベゼルレスのデザインではありません。

ちなみにこの縦長デザインは、Androidがデュアル画面に対応するようになり、一つの画面の中に多くの情報を入れようとした時に、縦長の方が見やすいという事なんです。

その流れで同じ画面比率を採用していないのは、ちょっと残念ポイントともいえます。 見た目に関しても、各社ベゼルレスを採用しているので、このあたりが見たの好き嫌いを左右しそうですね。

ちなみに、カラーはクロームブラックとクロームシルバーの2色展開になっています。

Xperia XZ2 Premiumのスペックは?

モンスターとも言われる、Xperia XZ2 Premiumのスペックを解剖していきましょう。

CPUはQualcomm社製のハイエンド向けのSoCである「Snapdragon 845」を搭載しています。

重たい動作もサクサク動きますね。メモリはこれまでで最大の6GBも搭載しています。

まさにモンスタースペックのスマホと言えます。 OSは最新のOSである、Android 8.0 Oreoを搭載しています。

X20 LTEにも対応しており、最新の高速通信にも対応しています。

イヤホンジャックが廃止されているのも、注目です。

これまでイヤホンを使っていた方は、少し不便だと感じる方もおられるかもしれません。

画面がなんと4Kに対応

今回のXperiaは画面が4Kにも対応しているのが注目です。

画面サイズは5.8インチ

画面サイズは5.8インチもあるので、動画も迫力満点に楽しむことができます。解像度は2160×3840ピクセルになっています。4K HDR対応の映像と写真を楽しめます。

4K HDRの各種サービスにも対応

これからの映像の基準になっていくであろう、4KとHDRを取り入れているので、これからの高解像度サービスにも対応できます。

Amazon Prime VideoやNetflixなど、すでにある4k HDRサービスに対応しています。

他にもYoutubeの4K HDRやdビデオにも対応しています。

音もばっちり!

Dynemic Vibration Systemを搭載しているので、再生されている動画や音楽に合わせて、本体が振動する機能があります。

本体に内蔵されているアクチュエーターが、力強く振動するので、映像の迫力が増加します。

まるでその場にいて、大きなスピーカーの振動を感じているかのような雰囲気を演出します。

S-Forceフロントスラウンドに対応しているので、史上最大の音量を楽しめます。

ソニー推奨しているLDAC規格にも対応していて、Bluetoothで高音質を伝送することもできます。

この辺りは、音質にこだわるソニーならばだと言えます。 今回も期待を裏切らない、進歩をしてきましたね。
<スポンサーリンク>



デュアルカメラできれいに撮れる!

このXperia XZ2 Premiumから「Motion Eye Dual」を搭載しています。

各社カメラはデュアルレンズが標準になってきていますが、Xperiaもついにデュアルレンズを搭載しました。

Xperiaシリーズとして、初めてデュアルレンズカメラを搭載し、その他の大手メーカーの流れに追いついたという形です。

カメラはモノクロカメラと、RGBカメラの組み合わせになっていて、ボケなどを演出するのに活用されます。

Huaweiが初めたこの構成は一般的になってきていますね。 f/1.8の1900万画素カメラとf/1.6の1200万画素カメラが組み合わされていて、スマホのカメラとは言えないほどの高感度撮影が可能になっています。

動画撮影ではISO12800、静止画撮影ではISO51200という超高感度撮影も可能にするレンズと、「AUBE」という画像信号処理装置の組み合わせの力があります。

モノクロ撮影モードとボケモードの撮影は、後のアップデートでの対応となっています。

しかし2018年6月から9月がアップデート予定になっているので、発売からすぐなので問題ありませんね。

動画は4K HDR撮影と、スローモーション撮影も可能です。

ワイヤレス充電と大容量バッテリー

このXperia XZ2 Premiumから充電機能も進歩しています。

スマートな充電機能

バッテリーは3540mAhと大容量なので、大きな画面でもしっかり長持ちします。

それだけでなくXperia独自でスマートスタミナに対応しているので、省電力モードが有効になります。

Qnovo Adaptive Chargingにも対応しており、接続時のバッテリーの状態を監視し、電流レベルを調整します。

通常の充電器だと、満充電になっても差しっぱなしにすれば電流は流れたままになります。

この状態がバッテリーを劣化させることになりますが、バッテリーケア機能が働くので、充電を90%程度にしておき、起床する前に100%になるように賢い充電方法をすることができます。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電にも対応するようになったので、別売りの充電ドックを使えば、簡単に置くだけで充電可能です。

置くだけで充電できるという気軽さを、Xperiaでも体験できるようになりますね。

日本での価格や発売日は?

日本での発売は未定になっていますが、噂ではドコモとauからの発売が予定されています。

5月頃にある発表会で、発売が予定されているのではと期待されます。 いずれにしても、国内の夏モデルの発表の際に、いくつかのキャリアから発売されることは間違いありません。 詳しいニュースを待ちましょう。

まとめ

新しいXperiaは、まさにフラッグシッップモデルにふさわしいスペックを提げて登場しました。

モンスターの名にふさわしいほど、超ハイスペックなスマホになっています。

モンスタースペックのXperiaが発売されれば、多くの方が欲しいと思うはずですよね。 今年の夏モデルの発売が楽しみになるニュースです。