機種変更したスマホ
毎日使うスマホやiphoneを機種変更って
・どの機種にしようかな
・iphoneとAndroid系どっちにしようかな
・スマホじゃなくってガラケーに戻そうかな
・ボディカラーは何色にしようか
って考えている時間幸せな時間ですよね。

考えている時は幸せだけど、いざ機種変更するとなると

スマホの買い替えって結構大きな出費ですよね。
お金も時間もかかって。

新型のiphoneなら10万円以上かかる出費です。

かなり痛いのわかります。

そんな思い切ってした機種変更を後から損した、後悔している人がいるって知っていますか?

その理由は、スマホの機種変更は
・ショップ
・家電量販店
がありますが
実はオンラインショップでするのがお得です。

機種変更をした後からオンラインショップの存在を知って、『損をした』と後悔している方が多いのです。

オンラインショップがなぜお得なのか、ショップや家電量販店の違いについてお伝えします。

最後まで読んでオンラインショップでお得に機種変更をして下さいね。

オンラインショップとは

オンラインショップがは初めて聞いた方もいらっしゃると思うので説明すると。

オンラインショップは、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が直接運営しているネットショップです。

★ドコモ
ドコモオンラインショップ

★au
auオンラインショップ

★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ

それぞれ、直営ショップのため、偽物を売るようなことがないため安心して買い物ができます。

量販店・ショップ・オンラインショップの違いは

家電量販店とショップとオンラインショップの最大の違いは直営店・代理店です。

直営店・代理店の違いでお客として一番関わっているのは、手数料です。

機種変更する時に頭金や事務手数料がかかります。直営なら運営費がかからないので、0円だったり代理店よりも手数料が安いことが多いです。

上記で説明したように、オンラインショップは各キャリアの直営店

一方、家電量販店・キャリアショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)は代理店がほとんどです。

家電量販店は、代理店が運営しているということは知っていても

・ドコモショップ
・auショップ
・ソフトバンクショップ
が代理店ということを知っている方は少ないです。

キャリアショップの中でも
auはau SHINJUKU  au NAGOYA  au OSAKA  au FUKUOKAが直営店としてあります。
でも4店舗しかありません。

ソフトバンクは全国で20店舗ほど。

ドコモは直営店は店舗として1店舗もありません!

じゃあ街で見るあのドコモショップはなんなのか?というとあれは代理店でドコモが運営している株式会社ドコモCSという通信設備の保守などをする子会社がやっています。

大体の人がドコモショップ au ショップ ソフトバンクショップという名が直営店だと勘違いしてしまっています。

その実態はキャリアと代理店契約を結んだ企業が経営しています。

直営店という名ではなくキャリアショップという呼び方が正しくなります。

キャリアショップにはある程度の価格の設定の自由が設けられています

なので、ショップによって頭金や手数料の金額が違うのです。

家電量販店・キャリアショップとの違いは

家電量販店とキャリアショップの違いは、できる契約・サービス内容が違います

キャリアショップ 家電量販店
・スマホの新規契約 ・スマホの新規契約
・スマホの機種変更 ・スマホの機種変更
・料金の支払い ・ネット回線等の案内
・各種サービス受付 ・ネット回線の契約
・故障、修理受付
・携帯電話の回収
・携帯電話のリサイクル
・ネット回線等の案内
・ネット回線の契約

 

家電量販店は携帯やスマホの契約だけできるのがです。

ショップは携帯やスマホの契約と契約以外の料金の支払いや故障受付などをすることができます。

キャリアショップで機種変更するメリット・デメリット

キャリアショップ

キャリアショップで機種変更するメリット

キャリアショップでするメリットは

①対面で機種の説明や利用方法、料金プランを教えてもらえる
②古いスマホが投げ売り価格で出ている場合がある。

ひとつずつ詳しく紹介します。

①対面で説明や利用方法、料金プランを教えてもらえる

新しい機種に機種変更をした場合、どんな料金プランがあるのがわからない時に自分にあった料金プランを教えてもらうことができます。

新機種で発売に前だと端末が無いのですが、既存機種の場合は端末がショップにあるため実際の重さや大きさを端末で確認することができます。

今は様々な種類のスマホがあります、メーカーによっても使い勝手は結構違っているので端末を確認できっていいですよね。

②古いスマホが投げ売り価格で出ている場合がある

在庫を抱えすぎてしまった場合、在庫処分で古いスマホがなげ売り価格で販売されている場合がありますいつもあるわけではないので注意が必要ですが、とりあえず安い携帯が欲しい人にとっては、この投げ売りは結構ありがたいのではないでしょうか。

在庫を抱えすぎるという場合は、売れない機種、人気のない機種の可能性が高いです。
スペックが高くて人気の機種というのは望まないようにしてください。

キャリアショップで機種変更するデメリット

①待ち時間・機種変更に時間がかかる
②頭金がかかる
③不必要な営業や勧誘営業が長い

①待ち時間・機種変更時間がかかる

とにかく混雑している時に行ってしまうと待ち時間が長いですよね・・・
土日なんて時間がムダになるといいますか、本当に大変です。

最近は来店予約システムもできていますが、やっぱり相談内容によるのか前の方との話が長く待つ時間はあまり変わって無い気がします。

子連れなんかで行った日には子供のぐずりとの戦いにもなりかねません。
契約するだけなのにヘタしたら半日潰れることもあります。

②頭金がかかる

頭金とは決して携帯の総額の前払いという意味ではありません
結論から言ってしまえば手数料の意味です。

キャリアショップが決められるキャリアショップの利益になる部分ですね。

スマホを買おうと思った時にこんな画像を見たことがありませんか?
スマホ頭金画像

先日イオン内のドコモにふらりとよってみたら
iPhone8の頭金が10800円でした。

つまり総額に+して更に1万円も支払わなければならないとなるとかなり痛い出費になりますよね。。

ただ頭金はショップによって価格を決められるから相場は3,000円円から1万円の間で設定されているとよく聞くのでもしかしたらこのドコモだけでなく1万円のショップって多いのかも。

中には「頭金0円!」と広告に書いてあるので無料なんだと思ってよく注意事項を見たらお持ち帰り価格は○○円と書いてありました。

頭金=お持ち帰り価格

同じ意味です。結局は支払わないといけなく拒否することはできません。

頭金についてさらに詳細が知りたい方はこちらにまとめています。

iphoneと書いてありますが、スマホの場合も同じように頭金がかかります。
ドコモ・au・ソフトバンクでiPhoneに機種変更する時の頭金とは?

③不必要な営業や勧誘営業が長い

・タブレットを併せて持ったらお得
・ネット回線をこっちに変えるともっと安くなる

という勧誘営業があります。

勧誘営業長いんですよね・・・。

売り上げや営業目標があるのでしょうがないのでしょうが、お客が初めから必要ではないとわかっているものは勧誘しないで欲しいですね。

受付の時に営業されても良いかどうかの、〇☓アンケートを取ってくれたら良いのにと本当に思います。

営業をしたい商品は壁にチラシで貼るとか、そのチラシを見て必要なサービスを選択する自由はお客側にあるのですが、この件を回避しようと思ったら無理な勧誘しないお店に行くしかないです。

それが後から説明するオンラインショップです。

オンラインショップなら、自分の意志で必要なサービスに加入を選択することができます。

オンラインショップについてチェックしたい方は
★ドコモ
ドコモオンラインショップ★au
auオンラインショップ★ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ

家電量販店で機種変更するメリット・デメリット


家電量販店とはヤマダデンキやヨドバシカメラ、Ksデンキ、ビックカメラなどの電化製品を取り扱っているお店です。
買い物に行ったことがある人ならそこで携帯やスマホも取り扱っています。

家電量販店のメリットもデメリットも基本ショップと似ています。

家電量販店のメリット

①キャリアメーカーを乗り越えた携帯・スマホに詳しい店員さんがいる
②在庫処分で安い端末を販売している時がある
③家電量販店独自のポイントがつく場合もある

家電量販店の場合この3つのメリットがあります。
ひとつずつ詳しく紹介します。

①キャリアメーカーを乗り越えた携帯・スマホに詳しい店員さんがいる

家電量販店の場合、ドコモ・au・ソフトバンクと全キャリアを扱っているお店によってはキャリアメーカーを乗り越えて料金プランを全プランを熟知している方や販売してる端末機種全般に詳しいかたもいらっしゃいます。

キャリアショップの場合、ドコモショップだとドコモには詳しいけどauやソフトバンクのことは知らない店員さんが多いです。

毎日、端末やキャリアのプランなどをお客様に説明しているから詳しくなるんでしょうね。

ただし、家電量販店の場合お店によっては人件費の面から携帯・スマホに詳しくないバイトを雇っていることもあります。詳しく説明を聞きたいのに、アルバイトの人だった場合は携帯・スマホに詳しい担当の人を呼んでもらいましょう。

②在庫処分で安い端末を販売している時がある

いつもあるわけではないのですが、お店の在庫が余り過ぎて在庫処分の時に端末を投げ売り価格で販売している時があります。

ただし、端末は安くても頭金や手数料が高い場合があります。
購入時は注意して下さい。

③家電量販店独自のポイントがつく場合もある

一括購入した場合、家電量販店独自のポイントがつく場合があります。

これも機種変更をしたら、全員にポイントが付くのではなく分割支払いをした場合ポイントはつかないので注意して下さい。

また、ポイントもその時によってつくポイントの数字も違うため買う時は家電量販店に確認して下さい。

新型iphoneは1台10万円以上するので、一括購入でもし10%ポイントがつくなら家電量販店で購入するメリットがあります。

家電量販店のデメリット

①機種変更・契約に時間がかかる
②希望キャリアが販売してない場合がある
③頭金がかかる
④営業や強制オプション・サポートをつけられる

①機種変更・契約に時間がかかる

例えばガラガラの空いてる家電量販店なら待つ時間短くて早く終わるかなと思うかもしれませんが1~2時間はかかってしまいます

混雑してないのになぜ?と疑問に思ったかたもいらっしゃると思います。

理由は、家電量販店の場合、手続きがすべて外部の処理になります。
書類・FAXなどのやり取り、開通するまでの時間がかかってしまいます。

だから、空いていても1~2時間はかかってしまうのです。

②希望キャリアが販売してない場合がある

家電量販店のお店によっては、販売していないキャリアもあります。

また、キャリアメーカーと提携をしていても在庫を持っていなくお取り寄せの家電量販店もあります。
キャリアメーカーに聞かないとわからないため、人気の機種になると入荷までにどれくらい時間がかかるのかわからないお店もあります。

③頭金がかかる

キャリアショップのように家電量販店も頭金があります。頭金を0円に見せるために名称を変える量販店も多いです。

例えば『お持ち帰り価格』という言葉を使っていたり。

名前や呼び方は違っても、頭金やお持ち帰り価格は同じ意味合いなので注意をして下さい。

④勧誘営業や不必要なサポートをつけられる

上記のキャリアショップと同じよう必要ないのに光回線やタブレットなどの勧誘営業があったりする量販店が多いです。

それだけでなく、電話帳の移行・バックアップなどキャリアショップだと無料、自分のPCを使えばできるようなこともお店によっては有料になってしまうお店があります。

また、ニュースでも話題になった購入後のサポートに加入させられて月額料金が毎月支払われていたり、解約時には手数料がかかるといった家電量販店の独自のプランもあるため購入時には注意が必要です。

キャリアショップ・家電量販店のメリット・デメリットまとめ

長くなってしまってわかりずらくなってしまったので、キャリアショップ・家電量販店のメリット・デメリットをまとめました。

【キャリアショップで機種変更】

・メリット
①対面で機種の説明や利用方法、料金プランを教えてもらえる
②古いスマホが投げ売り価格で出ている場合がある
・デメリット
①待ち時間・機種変更に時間がかかる
②頭金がかかる
③不必要な営業や勧誘営業が長い

【家電量販店】

・メリット
①キャリアメーカーを乗り越えた携帯・スマホに詳しい店員さんがいる
②在庫処分で安い端末を販売している時がある
③家電量販店独自のポイントがつく場合もある

 

・デメリット
①機種変更・契約に時間がかかる
②希望キャリアが販売してない場合がある
③頭金がかかる
④勧誘営業や不必要なサポートをつけられる

キャリアショップ・家電量販店のメリット・デメリットをまとめると
・待ち時間がかかる
・頭金や手数料の無駄なお金がかかる
・勧誘営業がうざい

というのが困りごとではないでしょうか。
中には、これが嫌で機種変更を敬遠している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この機種変更のデメリットを、オンラインショップなら悩まずにできるのです。

オンランインショップについて詳しくお伝えします。

オンランインショップが機種変更でお得な理由

オンランインショップ

待ち・無駄時間が無し

"待っている人画<br 希望の機種が決まっていて在庫があれば購入手続きまで入れても、早ければ15分もかかりません。

頭金や手数料の無駄なお金がかからない。

頭金無し画像
オンランインショップなら直営店なので頭金がかかりません。

またドコモオンラインショップなら、頭金だけでなく事務手数料もかかりません。

オンランインショップ ショップ・量販店
頭金 無し 有料
3,000円~10,000円
事務手数料 無し 有料
2,000円~3,000円

※au・ソフトバンクでは頭金は0円ですが、事務手数料はかかります。

長い勧誘営業がない

無駄にお金かからない画像
オンラインショップでは、勧誘営業がありません。

広告がでることはあっても自分でクリックで選択をして選ばない限り、時間を無駄にすることはありません。

自宅・ショップ受け取り側を選べる

自宅・ショップ受け取り画像
受け取り場所も、自宅・ショップと選ぶことができます。
配送時間に間に合わない方は、ショップ受け取りというように選ぶことができます。

また、時間の面だけでなく新しいiPhoneやスマホを買ったけど操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにしてショップの店員さんにスマホの使い方を教えてもらうことができます。

ショップ受け取りにしたからといって、オンラインショップで購入の手続きをすれば頭金などの手数料はかからないので心配しないでショップ受け取りにして下さい。

日本全国送料0円

荷物を無料で運んでくれる人画像
オンラインショップで買い物をすると送料がかかって高いですよね。
ドコモ・au・ソフトバンクではオンラインショップで機種変更をした場合無料でできます。

メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて大丈夫です。

オンランインショップでもあるデメリット

何かとお得なオンラインショップでもでメリットはあります。

対面で店員さんに相談できない


実店舗のドコモショップやauショップやソフトバンクショップのメリットは困った時に相談することができることですよね。スマホの料金プランなどよくわからない,
自分に向いている機種がわからない。

そんな困った時もショップなら対面で教えてもらうことができます。

スマホやパソコンだと対面じゃないから疑問を解決できないと思っている方が多いです。

しかし、オンラインショップでも相談や質問をすることはできるのです。

それがチャットです。
ドコモスマホチャット版

【ドコモスマホ版チャット】
オンラインショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)では購入前でも事前にチャットで質問することができます。

私も実際にしたことがあるのですが、要点だけをわかりやすく説明してくれて、文字の打ち込みに自信が無い方も、チャットの担当の方はじっくり待ってくれます。だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。

人気すぎて在庫なし機種が多い

オンラインショップ 在庫無し画像
オンランインショップが機種変更でお得な理由について説明したように、ショップや家電量販店に比べて待ち時間やお金の面からお得のでオンラインショップで機種変更をする方が増え続けています。

だからか、人気の機種iphone8やiPhoneXや新型iphoneなど在庫ありになってもすぐに、在庫なしになってしまいます。

在庫が無い場合は、予約をして入荷したら連絡がもらえるのですが今すぐ欲しいという時は数日時間がかかってしまいます。

ただ、数日かかってもお金の面を考えるとやっぱりオンラインショップがお得なためほとんどの方は予約待ちをされます。その予約待ちの方から端末機種が配布されてしまうためオンラインショップの在庫無し状態が多いのです。

売れないからではなく、オンラインショップは人気すぎて在庫がないのです。

まとめ

スマホ・iphoneの機種変更は、ショップと家電量販店よりもオンラインショップで機種変更をしたほうがお得です。
機種変更をショップや家電量販店でして後から、後悔している方の気持ちもわかったのではないでしょうか。

機種変更といえば、毎日使うスマホやiphoneがパワーアップしてさらに毎日の生活が楽しくなるものなので機種変更は楽しみですよね。
しかし、後から時間やお金が大幅に節約ができたとわかったら悲しい気持ちになりますよね。

浮いたお金で、ケースや画面につけるフィルムも買うことがでたな・・・。

そんな、後悔をしないためにも機種変更はオンラインショップでしてください。

ドコモ
★ドコモオンラインショップで機種変更をする方は
ドコモオンラインショップはこちら

au
★auオンラインショップで機種変更をする方は
auオンラインショップはこちら

★auオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
auで機種変更するならオンランインショップがショップより圧倒的にお得な理由とは

ソフトバンク
★ソフトバンクオンラインショップで機種変更をする方は
ソフトバンクオンラインショップ

★ソフトバンクオンラインショップのメリットやデメリットをもっと知りたい方は
ソフトバンク機種変更はオンラインショップが実店舗よりメリット6選

 

オンラインショップ関連情報
オンラインショップだから下取りができないと思っている方は要注意!
ドコモオンラインショップで下取りができる。流れと方法。店頭の下取りとの違いは?